エッチ体験談が10000話を突破しました。

お兄ちゃんと…

かなさんから投稿頂いた「お兄ちゃんと…」。

私はお兄ちゃんとえっちしてます。
7月の初めおじいちゃんが亡くなり両親が田舎に帰る事になりました。
私(高1)とお兄ちゃん(高3)はテストがあるので家に残りました。

その日の夜、お風呂から上がり脱衣場で濡れた体を拭いていると突然ドアが開いてお兄ちゃんが立っていました。私はとっさにタオルで体を隠しましたが、お兄ちゃんにタオルを取られ抱き締められてキスをされました。

あまりにも突然だったので『えっ?』とか『何?』とかしか言えなかったと思います。突き放そうと抵抗もしましたが力では勝てず、そのうちお兄ちゃんの手が私の敏感な所を触ってきました。
知らない男の人じゃなくお兄ちゃんって事で乱暴される心配はないと安心感があったのかポーっとしてきて力が抜けて座り込んでしまいました。頭の中が真っ白で全然覚えてないんです。
後日お兄ちゃんから聞いた話では、その後ズボンとパンツを脱いだお兄ちゃんのおちんちんを舐めさせられ胸と太ももに射精され汚れた体をお兄ちゃんに洗ってもらい自分の部屋に帰ったようです。

次の日お兄ちゃんに合うのが気まずくて朝早く学校へ行きました。でも、その日はずっとお兄ちゃんの事を考えていました。
帰宅するとお兄ちゃんは先に帰っていました。鞄を置いて制服のままお兄ちゃんの部屋のドアをノックしてました。
少ししてからドアが開きました。

お兄ちゃんの姿を見たら抱き付いて、どう説明したらいいか分からないけど泣いてました。昨日と違いお兄ちゃんは優しくて『ごめんね』って頭を撫でてくれて、少し落ち着いてから部屋の奥のベッドに座らせてハグしてくれました。
優しくキスしてくれて制服を脱がされふたり共はだかになって私の初めてをお兄ちゃんに捧げました。

ズンって重い痛みがあって動くとそれが続いたけど幸せを感じました。
それから両親が帰ってくるまでの3日間ご飯もお風呂も寝るのもお兄ちゃんと一緒でした。
夏休み、お母さんは専業主婦なのでいつも家に居るから買い物に行った短い時間で愛し合いました。

来年お兄ちゃんは大学に合格したら東京で一人暮らしをします。毎日会えないのは悲しいけど遊びに行った時には二人だけの時間を過ごせるのでちょっぴり楽しみです。

えっちのところは恥ずかしくて詳しく欠けませんでした…ごめんなさい。

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!