お兄ちゃんにイタズラされた

PR

りゅあさんから投稿頂いた「お兄ちゃんにイタズラされた」。

前にも体験談投稿しました、りゅあといいます。前回は、クラスメイトとの体験談でした。
今回は、そのちょっと後に起きた話をします。…お兄ちゃんにみられないことを祈ります笑

私が勉強していると、お兄ちゃんが私の部屋に入ってきました。両親は一泊二日の旅行中だったため、家には私たち二人だけでした。
お兄ちゃんは明るくて元気な人です。いつも面白くて、しかも女の子には優しいです。ただ、勉強面においてはバカですね。

私はかっこいいお兄ちゃんを慕っていました。

私「勉強の邪魔しないでね」
兄「もちろんだ」

お兄ちゃんは私の隣に座りました。私は黙々と勉強していました。
すると、お兄ちゃんが急に、私のスカートの上に手を置きました。

私「お兄ちゃん?」

お兄ちゃんはニコッと笑いました。あ、書き忘れてた、お兄ちゃんは当時高一です。

兄「精神力も鍛えなきゃダメなんだぞ」

そう言うと、スカートの上からクリを的確に触り始めました。経験があるのか、お兄ちゃんは慣れた様子でした。

私「あっ、お兄ちゃん…?」
兄「ほらほら、勉強しな」

お兄ちゃんが正しいと思っていた私は、素直に勉強を始めました。でも、プルプル手が震えました。
お兄ちゃんは左手で胸も触っていたけど、私が胸は感じないことを知ったのか、クリ責めに集中していました。

私「んっ、ぁん…」
兄「あれ、勉強進んでないじゃないか。進めないとお仕置きだぞ?」
私「わ、わかった…」

でも耐えられなくなって、ペンを落としてしまいました。
すると兄はふふふと笑って、スカートの中に手を入れてきました。

私「やっ、んぁぁ」
兄「ペンを持って。はい、勉強」

なんとかペンを持ち直し、文字を書きます。

私「お兄ちゃん、それ本当に必要なこと…?」
兄「当たり前だ。いろんなとこ鍛えなきゃ」
私「ひゃう!」

お兄ちゃんはパンツ越しにクリを摘んできます。もう勉強どころではありません。

私「もう無理なの…お兄ちゃん」
兄「もう勉強はいいんだよ」

微笑んで、お兄ちゃんはパンツの上から、クリを撫でたり、側面を擦ったり、先っちょの方を弄ったりしてきました。

私「嫌っ、いやぁ…うぅー」

お兄ちゃんは私のペンを手にとって、それをパンツの中に入れてきました。

私「えっ、えっ」
兄「クリちゃんぶるぶるー!」
私「んああ、だめっ」

ペンでクリをつついてきます。さらに、顔を近づけて息を吹きかけてきました。

私「ぁんっ、やば…ぅうう」
兄「イキたいときにイキな?」

そのあと、私は絶頂を迎えました。

まだ続きあるんですけど…
コメントくれれば書こうかな!

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. コス より:

    続きみたい!

  2. キモエロ親父 より:

    うはぁっ!
    羨ましいですよおぉぉ!

  3. 匿名 より:

    ややうはは

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1358記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。