17,000話以上掲載!!毎日更新!!

~フォスター~ 妹になれないなら・・・。

[AD]

[AD]

てええnさんから投稿頂いた「~フォスター~ 妹になれないなら・・・。」。

ジュリアン・アダムスは、16歳。白人。親がいない。
過去、4件の家で里子になったが、里親にレイプされたり、監禁されたり、虐待されたりしたため、5件目を探していた。

5件目候補はウォーレン家だった。
ウォーレン家は6人家族。白人の父親(51)、母親(47)、実の息子(18)、黒人の養子息子(17)娘(14)、ラテン系の娘(8)

そこへジュリアンも入れる話が進んだ。
ウォーレン家は大歓迎で、ジュリアンも喜んでいた。
家族はジュリアンと何度も会っており、すぐに仲良くなった。

12月の暮れ、彼女のためにウォーレン家はパーティーを開いた。
簡単なものだったが暖かいものだった。ジュリアンは初めて幸せを感じた。

その翌日、待ちに待った養子縁組を裁判所にて行った。
ウォーレン家も、ジュリアンも、おしゃれをした。大事な家族が一人増える日だからだ。
彼らは判事の話を楽しみにしていた。判事が言った。
「これより、ジュリアン・アダムスを、正式にウォーレン家の養子とする。」
皆、抱き合って喜んだ。

しかしその時、ある女性が叫んだ。
「彼女は悪魔よ!」
皆は静かになった。

「彼女、レイプされたとか言ってるけど、私の主人を陥れたかっただけなの。」
「私、見たのよ。あなたが主人におねだりしてるところ。」
「この悪魔目!こんな縁組間違ってるわよ!ウォーレンさん、この子に家庭をぶち壊されてもいいの?」

ジュリアンは涙も出なかった。ただ、いつもこうなるのだ。あと一歩のところで、幸せになれないのだ。
ウォーレン夫人はジュリアンを抱きしめ、「大丈夫よ。」と言った。
だが、判事が別のことを言った。「ジュリアン、それは本当ですか?」ジュリアンは反論した。
自分は当時12歳で、ただレイプされたのだと、言いたくもないことを大声で言った。
それは、夜まで続いた。だが、判事はこう決断を下した。
「念のため、男性がいない家族を探しなおしましょう。」

ジュリアンはウォーレン家に入れなくなった。
悲しみと混乱のあまり、ジュリアンは法廷を飛び出し、裁判所を飛び出し、町のはずれにある9歳の時まで隠れ家に使っていた誰もいないボロ家に入った。扉を閉め、彼女は泣きわめいた。

しばらくすると、扉があいた。
そこにはブロディ・ウォーレン(ウォーレン家長男18歳)がいた。
彼は、そっとジュリアンに近づきこういった。
「あんなの間違ってる。」
ジュリアンはこういった。
「ええ。有難う。でも、もう私は大丈夫よ。」
「嘘だ。」
「ほんとよ。」
「・・・僕が大丈夫じゃないかも。今日は君と一緒にいたい。」
「有難う。でも、もうあなたの家には帰れないわ。」
「ここにいよう。・・・さぁ、今日はもう寝たほうがいい。」
「えぇ。あなたが来てくれてよかった。」

しばらく沈黙の中、二人は見つめあった。お互いにキスを想像した。
だが、ブロディは彼女をベッドのある部屋に行くように促した。それで、その危険な空気は終わった。

ジュリアンは理解して、ベッドのある2階の部屋へ行った。
しばらくして、ブロディもソファで寝ようとした。
しかし、目をつむると、ジュリアンのことばかり考えてしまい、苦しくなった。

とうとう、彼は二階のジュリアンが寝ている部屋に行ってしまった。
ジュリアンはまだ寝ていなかった。ベッドに腰を掛けていた。ブロディの姿を確認すると、彼女は、自分の隣にスペースをあけ、ブロディが座れるようにした。
ブロディはそこに座ると、彼女にキスをした。彼女もキスを返した。二人は激しくキスをした。

ジュリアンはブロディのシャツのボタンを取り始めた。
ブロディは、彼女の背中のファスナーを下まで下げた。二人は押し倒しながらベッドに横になった。

何も言わず、ただキスをして、服を脱いで、抱き合った。
ジュリアンの乳首が固くなった。ブロディが撫でるたび、彼女は吐息をもらした。
彼はそれを舐めまわし始めた。ジュリアンの吐息が強くなった。

ブロディは次に彼女の足と足の間を舐めた。彼女は次第に吐息をはかなくなった。それは、喘ぎに変わった。

”あん あん あん”
ブロディは興奮して、熱くなった。彼は自分の固いものを彼女の柔らかい穴に入れた。
二人は激しく動いた。ブロディが腰を動かすたび、ジュリアンの胸が揺れた。

”オウ ゴッド!”
”あああぁぁぁん”

二人は我を忘れてオルガスムスを目指した。

二人はほぼ同時にそれに達した。しばらく横になりながら、ブロディはジュリアンの髪を撫でた。
ジュリアンは、彼の大きなものをマッサージしてあげた。また彼は感じ始めた。

”はぁ はぁ・・・ジュリアン、好きだ。”
”私も・・・。ずっとこうしていたい。”

二人はまた腰を振る動きに戻った。ジュリアンの喘ぎが、家中に響いた。

”ああああああぁあああああぁああああぁぁぁんん”
ブロディも我慢できなくなった。
”うううぅぅぅぅぅ”
二人はそのまま疲れて眠ってしまった。

朝、ブロディが目覚めると、ジュリアンの姿はそこにはもうなかった。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (44件)

    • ちゃんと読んだの?偉いね!
      俺はタイトルだけで読む気がしなかった。

  • 下らないけど何故か記憶の底にあるんだよね…
    てええn?…何だっけ?
    思い出せない?

  • 俺、これ知ってるよ。
    フォスター家の事情ってドラマのパクリじゃない?
    違ったらゴメン。

      • 夢は大きく!目標は高く!
        目指せ殿堂入り!
        さすがに無理だけど…

  • じゃあ俺もいいねします。オウ ゴッド!っと

  • 話としてはそんなに悪くもない気がしてきました。
    抜けるかどうかは別として…

    • 探してみたがわからん。
      確か海外のこの手のサイトだったと思う。
      この話より面白いのがいっぱい見つかったけど、これはどうも見つからん。

  • ところで、海外では最後、必ずジュースが出るよ。
    これも出してみればよかったのにね。

  • こんにちは。
    文、まだ読んでないけど
    とりあえず協力しときました。

  • こんにちは。
    作者のてええnです。
    皆さんありがとうございます。
    はい。その通り、
    こちらはある英語のポルノ雑誌に記載されていた
    短編小説の一部をさらに短編にして翻訳したものです。
    オウゴッドと言っていただけたら幸いです。
    いいね10記念と言ってはなんですが
    新作「私服捜査官」が昨日更新されましたので
    こちらもお目通り願います。
    また皆さんの何だコレ?コメント、お待ちしております。
    今度はいいねが20いくことを願っております。
    ではまた。

  • 最近ここのコメントを見るのが少し楽しみになってた。
    何と言うか、絶妙!
    何コレ?体験談?って感じの
    唐突で場違いな感じが色んな意味で丁度良かった。
    真面目に語る人、質問する人、罵倒する人、いいね10を目指す人
    それぞれの楽しみ方が面白かったです。
    出来れば続いて欲しいな。
    てええn様ありがとうございます。

    • てええnさんもある意味すごいけど
      あなた立派だね。
      確かに、コメントは魅力的。
      みんななんだかんだこの作品が好きなんだね。
      殿堂入りは難しくっても
      コメント数1位にはなれそう・・・。
      それ目指してみない?
      そういうランキング作ってくれないかな。

      • お褒めに与り光栄です。
        こんなことならもう少しマシな名前にすれば良かったです。

        まだまだ楽しいコメントが続くと期待しています。
        これも一際異彩を放つ作品の魅力ではないかと思います。

        • 「クソもミソもスカトロも一緒」
          という名前のまま、
          何かの文学賞の批評家になられてみては?
          言葉の紡ぎ方がお上手です。
          もし、実現したらこの作品を紹介してくださいねww

  • いやいやマジでさww

  • あれ?まだ増え続けてる!
    昨日10だったのに!?

  • ちょw
    朝見た時は17だったのに18になってるww
    19コ目のいいねしときますね!

    • いつのまに?
      大人気だな
      あと1で20じゃん
      誰かもうひと踏ん張りなんでお願いします
      だが、殿堂入りへの道のりはまだ長いな

  • 改めて読むと
    文学的にはすぐれた作品かもしれないと思い始めている
    初めはジュリアンがかわいそうな子みたいで同情を誘っているが
    最終的に彼女は兄になるはずの奴とセックスしてしまう
    抑えきらない彼女の獣の本性が本質をついているように思う
    「さみしさが過ちを生むのか、過ちが孤独を生むのか」
    考えさせられる話だった

コメントする

目次