歳上上司、未来姉さんとのセックスの詳細はやっぱり未来はエッチだったけど俺には大好きな人でした

PR

未来姉さん大好きだよ!もう誰にも抱かせない!さんから投稿頂いた「歳上上司、未来姉さんとのセックスの詳細はやっぱり未来はエッチだったけど俺には大好きな人でした」。

会社の美魔女の未来姉さん。色白で細い身体に括れた腰つき、エッチなお尻に細い脚、長い髪に可愛い笑顔、色っぽくてたまらない。未来姉さんは45歳だけど、俺には若い女性よりずっと魅力的だ。

社長の愛人だとか、他に男いるとか、会社の男何人もとか、、、噂が絶えない女性。未来姉さんはみんな「未来姉」って呼んでる。

俺は未来姉をオカズに何度もオナニーして来た。いつかヤりたいって思ってもう五年が過ぎ、俺は29歳。未来姉とは16も違うけど未来姉とセックスしたいってずっと思ってた。

未来姉は離婚していてバツイチ。だけど俺みたいな若いのは相手にしてくれないって思ってた。そんな俺にもチャンスが来た。
残業で遅くなり先に会社を出た未来姉の車がパンク(笑)して止まっていたとこに俺が通り直す事に。だけど未来姉の車にはスペアタイヤがなかった!今の車ってスペアタイヤないやつがあって、パンク修理キットで直すんだが、これが厄介!これを使うとタイヤがまた使えなくなる場合があるって知ってた。

未来姉の車は新車だったし。俺は未来姉を車に乗せて会社からトラック(積車)を出して未来姉の車を会社の車庫に入れてパンクしたタイヤを外し「明日知り合いにパンク直して持って来るから今日は俺が送って行く」って事にした。新車だったし会社の車庫に車おいて置けば安心だろ?って、会社は運送会社だから積車もあるし、車庫もヤードもあった。

家に送り、次の日も会社に送迎してパンク修理して車に付けて完了。
「ありがとう助かったよ、今度お礼するね、御飯食べに行こう」
「じゃあ未来姉!土曜日俺と1日デートしてよ」って言ってみた。
「え~っ こんなオバサン連れてたら笑笑れるよ(笑)お母さんですか?って」
だけどデートに行く事になり、土曜日に未来姉を待ち合わせ場所に迎えに行った。

未来姉は凄く可愛綺麗で驚いた。白のスカートに白と紺色のストライプシャツ、青いシャツを羽織っていた「なんだ!こんなに可愛いかったか?」

うちの会社地元では大手なんだけど、その中ではかなり上の人なんだよね、会社でも厳しいし仕事もよく出来るやり手なんだよ。俺みたいな下ッパとは訳が違うわけ。

「おはよ~ 今日はどこ連れて行ってくれるのかな~(笑)」
俺の車に乗り込んできた。超いい匂いがする~!ドキドキした。
「どこ行きますか?遠くでもいいんすか?」
「いいよ~任せるから~どこにでも連れてってぇ(笑)」
少し小さな未来姉は上目遣いでそう言った。
「スゲく可愛い」じゃあいきなりホテルとか(笑)って思ったわ。

半日走ってかなり遠くの観光地まで行った、ずっと楽しい話ししてたから疲れなかったね。
車降りて歩いてる時に未来姉にふざけて手を出したら手を繋いでくれた。御飯ご馳走してもらってまた別の場所に行ったら「ねえっ?」って未来姉からふざけて腕組んできた。

「ヤベェ可愛い!」
こんな歳上の未来姉を凄く可愛いと思ってしまった、45だけど37くらいに見えた。
結構遠くまで来たから帰りが遅くなりそうだ
「未来姉遅くなったね、明日休みだから大丈夫だよね?」
「全然大丈夫だよ(笑)泊まって行ってもいいし(笑)」
「!!!…..そんな事言ってると本当に泊まって行きますよ…なんちゃって(笑)」
左手でギアを変える俺の腕を未来姉が掴んできた、心臓がイッキにドキドキしてギアが入らなくて「ギャーギャー!」って鳴った(笑)

「未来姉ドキドキさせっからギア入らないじゃないっすか!もう!」
「何回も言わせないの!私でいいなら…..ね」
「未来姉…」
ドキドキして何が何だかわからなくなっていた、心臓の音が聞こえるんじゃないか?ってくらいドキドキしてチンポも起ってた。

走ってると普通のホテルや旅館があった「空室」ってラブホもチラホラと。俺は無意識に旅館に車を止めて受付に聞きに行った、大丈夫だった。「未来姉…空いてるって..泊まろう」

部屋に案内され晩飯はバイキングだった、直ぐに晩飯を食べに行ったけど緊張して飯がのどを通らない。
未来姉は楽しそうにビールを飲んでいた「どういう神経だよ」って思った。

部屋に戻り互いに温泉に入ったがチンポが治まんなくて直ぐに出て部屋に戻った。未来姉が中々戻ってこない、凄く長い時間に感じる「ガチャン」未来姉が戻って来た。両手にビール、浴衣姿だった。

未来姉はいきなり俺の直ぐ隣に座って「はい!」ってビールを渡した。
「緊張してるんでしょ?」
「そりゃあ緊張するよ!未来姉とだもん」
「それはいい方に取ればいいの?それとも悪い方なのかな?」(笑)
「いい方だよ!未来姉!」

未来姉は可愛い笑顔で「良かった」っていいながら俺のあぐらの上に横に座って来たんだよ左手には直ぐに未来姉!
チンポ起ってるし「もうダメ」左手で未来姉を抱いたら未来姉からキスしてくれた。緊張してたから気が付かなかったけど未来姉スッピン!しかも全然可愛い!「ふふふふふ 楽しいね」って未来姉は笑ってる。

浴衣の隙間からブラ丸見えで細いのに白いオッパイが案外おっきそうだった「今日これを自由に出来る」って実感したよ。未来姉はビール飲みながら俺に甘えてきた「ねーまだ緊張してる?大丈夫?私も緊張してるけどね~(笑)」って。

「もうっ!もういいかな未来姉!」
「未来でいいよ…」
キスしてビール飲んで二人で笑って、未来姉が俺に対面で股がってダッコされて来た、浴衣の隙間から青のパンティが見えた!
「(笑)さっきからずっとチンチン起ってるでしょ(笑)当たってる(笑)」
まだ残ってるビールを飲みながらダッコしたまま。
すると未来姉がダッコされたまま俺に寄り添ってきた、俺はどのタイミングで行けばいいかわからない。

「も~ ヘタなんだから…」
未来姉は俺の浴衣をまくり乳首にキスしてペロペロしてきた。
「あうっ!」
「心臓凄いドキドキしてるよ…」
未来姉は俺の浴衣を肩から脱がせて今度は思い切りキスしてきた。舌も絡めてペロペロと濃いやつ。

「未来姉のキス気持ちいい…」
未来姉の浴衣を肩からはだけた。AVのシチュエーション的な絵に。色白の細く華奢な肩が露出して、青いブラの中に少し垂れ始めた白い柔らかそうなオッパイがブラに背負われて「タフタフっ」ってしてる。未来姉は少し恥ずかしそうに顔を赤くしてる。

「恥ずかしぃ もっと若ければ良かったね」
首筋からキスしながらペロペロと舐めた、身体からは石鹸と未来姉のいい匂い…吸い込まれそぅ
「あっ あんっっっ」
後ろに手を回してブラのホックを外す、ブラに背負われてた白いオッパイが重力に負けて(笑)少し垂れ下がり、小さな乳輪と乳首は左右に向いた、見るからに柔らかそうだ。

乳首に吸い付き舌でコロコロと転がした、チンポがイッキに最大限まで力かかり「メキメキ!」って音がしそうなくらいに勃起する。
「はあぁぁん! あん!」未来姉は聞いた事もない声を出した、メチャクチャにエロい声。
「未来姉ぇ 可愛いぃ」右に行ったり左に行ったり左右同じくオッパイを可愛いがる。

口に入れてジュルジュル!口の中でコロコロ??!
未来姉の乳首は硬くなってピンとして両方が外側を向いて垂れ下がっている。それにしても柔らかい。針を差したら破れてしまうくらい凄く柔らかい水風船みたいだ。若い女性は張っていて弾力があるけど、俺は断然こっちがいい!

「あんっ! あんっ! 気持ちぃぃ!ハアハアっっっっ 」
「未来っ! 未来姉っ! 」
オッパイ舐めてるのに未来姉の腰がクイックイッて動いてチンポを刺激するんだ。
「未来姉ダメっ!腰動かしたら!」
「オッパイ舐められたらアソコがムラムラして来て勝手に腰動いちゃうよ…はあはあ」

未来姉を布団に連れていき、浴衣の紐をほどき、浴衣を捲る。物凄くイヤらしい~!
浴衣のを剥がされパンティだけの未来姉が布団に仰向けに!

若い女じゃこんな色気はない!やっぱ未来姉最高だ!まさに45歳美魔女超可愛い!
これから一晩中未来姉を好きに出来るって考えただけでチンポが爆発しそうだ。

未来姉の隣に横に添い寝して未来姉を抱きしめる、細い腰つきがたまらない、未来姉が横になると更に腰の括れが強調されてエッチな腰つきになる。キスしまくりながらオッパイを揉む「気持ちいい」最高!
俺の浴衣を未来姉が脱がせてくれ、乳首をペロペロされた。上手い!凄く上手い!45歳にもなると経験豊富なんだろう。
パンツの上からチンポを優しく扱かれた既にチンポ汁が出てパンツにシミが付いていた。

「もう少し出てるね 若いね」
未来姉はチンポの扱いも上手い。チンポを手でゴロゴロと撫でカリを擦ってくれる、気持ちいい。
俺も未来姉のパンティの上から割れ目に添って触る、少しふっくらした恥丘の上をなぞりながらオマンコへ手を伸ばした。
パンティの上からじゃ濡れているのはわからないけどとても熱くなっていてマンコの当たりを押し込むとパンティが湿っているのを感じた。

「はあはあ…あん…」
パンティをふざけて上に引っ張りマンスジに食い込ませると
「いやん~ダメ」
お尻の方もパンティを食い込ませふんどし状態で触ると
「ホニャホニャ」と柔らかい感触で、中身が少し減ったみたいな柔らかさだ。

未来姉がパンツに手を伸ばし直にチンポに触れてきた、チンポを握られる。
「もしかしてオッキい方!?」
「わかるの」って野暮な事聞いてしまった。
「ごめん未来姉変な事聞いたね」
「いいの 私45よ 何人も経験してるもの だいたいは分かるよ オッキイねチンチン」(クスッ)
ちょっとショックだった…

「何人も経験してるもの…」
45でバツイチなら経験の7~10くらいはいるだろう… だろうな…こんだけチンポ触るの上手いし…
ちっ!何だよ!未来姉は今までいろんな男とこんな事して来たっていうのか!? 決まってんだろ!
こんだけ可愛いんだもんよ男が黙ってるわけねーじゃん!みんな未来姉の身体で楽しんだんだよ、メチャクチャに好きな事して「あんあん」言わせてイカせて!

何でこんな気持ちになるんだ!ヤレるんだからヤッちまえばいい!
いっぱいヤって未来姉にいっぱい出して気が済めばいいだろ!
未来姉だってスケベ女だろうからいっぱいイカせまくってやれば満足すんだろ!未来姉だってヤりたくて誘ったんだよ!

「どうしたの? ねっ? 何か気に触る事言っちゃた…?」
俺は未来姉のパンティに手を入れて乱暴にマンコを弄った。マンコは超濡れててネットリとマン汁が出ていた、触った感じ濃いマン毛だった。

「ああああん そんなにしたら私!!ダメだよぉぉぉぉ!あんあん!」
腰を仰け反らせて激しく喘ぐ未来姉!いろんな男の前でこんな事してきたんだろ!だから離婚してバツイチなんだろ!バツイチになって遊んでんだろ!パンティをイッキに脱がして脚を大開脚させてオマンコにしゃぶりついた、ネチョネチョしていてチンポ入れたら気持ち良さそうだ!マン汁をジュルジュルさせながら飲んだ、ちょっとおしっこ臭い感じもしたがマン汁飲むとチンポがギンギンになってく。

「あんっっっ!ねっえっっっ!どうしたの? 怒ったの? あんあん! アアアン!」
そうだ!何で怒ってんだ!?「嫉妬? ヤキモチ!?」「そっか未来姉に嫉妬してた!?」
俺はマンコ舐めるのを止めた「はあはあ…ねえっっっ? 急にどうしたの? 怒ってるの? どうして?」

「…….. ヤキモチ…」
「どうして? だって?私の事…好きなの? まさか(笑)」
俺は黙った、超気まずい。折角未来姉と一晩中エッチ出来るのに、台無しだわ。
「さっき何人も経験してるなんて言われて….」
「そっか…ごめんね… 私が悪いね…気持ちに気付いて挙げなくて…ごめんね…帰ろっか…私何かを好きなの?」
「….うん 未来姉が好き」
「ごめん…ありがとう…どうする? 」
「….」
「もー 若いなぁ~」
未来姉はキスしてパンツを脱がしてチンポを舐め始めた。

ングっ!ちゅぴちゅぴ!ジュルジュル んぐっ!はあはあっ!んっ!んんんんん!
未来姉の舌が俺のチンポに絡みついてカリの周りをベロベロ!先をちゅぴちゅぴ!喉の奥までチンポを入れてジュルジュル!玉玉も丹念に舐め回してくれる!

「未来姉…気持ちいい…」
「もー 未来って呼んでよぉ..」
「未来…未来気持ちぃぃ」
未来はしばらくずっとチンポを沢山舐めてくれた、可愛い顔でチンポをずっと舐めてる未来…
「ねっ 今度は私にもして…」
未来は仰向けになった俺の上に股がって来た、俺から見ると69の状態で未来が起き上がった状態だ。

未来のオマンコが真上に!しかも未来から舐めてって。マンコはチンポを舐めて興奮したのかマン汁が脚に伝っていた。舌をマンコに入れるとニュルとした。クリトリスからマンコを行ったり来たりして割れ目に添って舌をペロペロと這わせた。

「あんっ!あんっ! ぃぃっ!オマンコ気持ちぃぃっ! 」
「もっとっ! もっと沢山してっ!いっぱいして自分のモノにして..お・ねが・い…」ハアハア
未来の両手を背中に回して浴衣の紐で軽く縛る。
「未来…大好き…」
少し頭をずらせて未来のケツの穴へ。両手で未来のケツをバックリと開いた、柔らかいから簡単にケツの穴が露出した。

未来の恥ずかしいアナルをペロペロしてやる。アナルはヒクヒクして締まったりする、両手でお尻を開き揉みながらアナルを執拗に舐めてやる。「やあん、っ! 恥ずかしいっ!ダメぇぇ!」

未来は手を縛られて興奮しているみたいだ、それでアナル舐めらてるし、アナルからクリトリスへ割れ目を行ったり来たりした、俺の両手で未来のオッパイや乳首を弄くり回す「あんっ!あんっ!あんっ!いいっ!イクっ!イクイクぅっっっ!」腰をびくびくさせながら未来はイッてしまう、でも俺のモノにしたいから俺はクリトリスを執拗に舐める!

「またイクぅイクぅイクぅイクぅああああああいいっ!」
未来はその後も連チャンで腰をびくつかせ何度もイッた!

紐をほどいて挙げると未来はチンポに舐め付き口でチンポを扱き上げてきた、もうチンポが欲しくて我慢出来ないってわかる!
俺が直ぐ入れる洋にチンポを扱き上げてるのがわかった!

でも俺は未来のマンコを、ずっと舐めて我慢していた。未来から「チンポ欲しい」って言わせたかった。未来はチンポや玉玉を一生懸命舐めてくれた、もう俺もイキそう!限界だ「もう我慢出来ないよぉ チンチン入れて欲しい…」

未来は我慢出来なかった「未来..このまま入れて」
未来は騎乗位で自分からチンポをオマンコにゆっくりといれてきた。
ニュルニュルってズブズブっと未来の体重が、かかり未来のオマンコにチンポがズブズブと入っていく。
マン汁はかなり出ていたのでアッサリと未来に入っていった。未来のオマンコは小さかったが、入れると案外ガバガバでユルユルだった。マンコの、中は凄く熱くて気持ち良さがパンパない。

「あんっ!オッキい!気持ちぃぃっ!」
未来は腰を前後に波打つ様に降り始めた、濃い目のマン毛の当たりからニチャニチャってイヤらしい音がした。
「未来!未来の気持ちいい!もっともっと激しく腰振って!」
未来は言われた通りに激しく腰を振る、前後上下にイヤらい腰つきでセックスを楽しんでいた。未来のオッパイもブラブラと揺れて俺のセックスも楽しめた。

「あんあんあんっ!あんっ!奥まで奥まで凄く当たる!気持ちいい!」
「今度は私にいっぱい突いてえ!沢山突いてっ!お願いっ! オマンコイカせてぇ!」

俺は下から突き上げた。未来のやつれたお尻がパンパンと音をたてる。
パンパンっ!パンパンっ!パパパパパパパパパっ!
「いいいいいっ!イクぅイクぅイクぅイクぅイクぅっっっっ!はあああああぁぁぁぁぁ!」
未来はガクガクしてまたイッた!

未来を仰向けにして力任せに突きまくってやる。未来のオマンコはグッしょりとマン汁と汗で濡れている。
そこに俺のチンポがピストンして奥まで行ったり来たりしている。マンコを前後左右に掻き回すと未来のマンコはガバっと柔軟に広がる。なんともイヤらしい!

オマンコとチンポが繋がり。未来は喘ぎ狂っている。
「あああああん!もっともっと沢山欲しい…っ! いっぱいオチンチン欲しいっ!」

未来は会社のかなり上の人。俺は今、未来をセックスで喜ばせている。そう思った瞬間!
チンポがドクドクして「未来っ!イクイクイクっ!」
「イッてぇ!イッて!ぇぇぇぇ!」
チンポを抜くと同時に未来のオマンコにビュッ!ビュッビュッ!ドクドク!ドックんっ!

俺の精子が未来の身体をオマンコを汚した。45歳の未来の身体は俺をまだまだ満足させてくれる。
未来はチンポをペロペロと舐めて精子を飲んでくれた、凄く嬉しい。

精子を汚ないって思わないって嬉しいよね、俺は好きな人のマン汁も汗も全然汚ないなんて思わない 。

だから未来のそれは凄く嬉しかった。

続く

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1154記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。