エッチ体験談が10000話を突破しました。

エッチが気持よくなりたい女の子と軽いSMプレイ

寒くなってきたので、思い出した話。
アパレル関係のY子当時24才と遊んでいて、エッチがもっと気持ちよくたいっとかって話になり、ウチに遊びにくることに。

Y子は、スレンダーで綺麗系、お洒落なファッション。
ウチでビールやら梅酒やら飲んでて、お互いいい気分に♪

Y子は逝けるけど、一回のエチで一回しか逝けないらしい。

どうしょっかぁ~って言って、まずベッドに移動。
MなY子の両手と両足首を紐で縛り、M字開脚の状態に。

ミニスカートなので、ピンクの下着が丸見えに。

「バンツ丸見えやで~」
「恥ずかしいから見ないで。。」

Y子も笑いながら返す。
ニーハイのソックスの上くらいから、股の近くまで触るか触らないか程度でゆっくりと撫でる。

「くすぐったいからダメ~」

それでもY子は動けないので、続ける。
Y子の吐息と体の反応が変わってくる。
膝あたりにキスをすると、それだけで、

「あっ!」

Y子が反応する。

ゆっくりと両足交互に、股の間に近づくと、女性の匂いが溢れてきている。
股に近づいたときに、そっと下着を捲ると、汁が溢れてて尻にまで垂れてる。

「気持ちいいの??」

Y子は恥ずかしがり屋なので、何も言わない。

「気持ちよくないなら、やめようか??」

意地悪に質問。

「きもちいいよ。。」
「触って欲しい??」

そう言いながらも、ずっと太ももは触り続けると、、

「いっぱい触って欲しい。。」

Y子の中で何かハジけたみたいに、腰を近付けてくる。

「じゃあ舐めてあげるね。」

と言って、下着の隙間からマメを舐めると、

「やっぱりダメ~」

と言いながら、あっという間に逝ってしまった。

ちょっとの潮を噴きながら・・。

ビクビクしているY子。

そして手首と足首を縛っている紐を解いてあげて、キスしてじょじょに服をあげて胸を触る。

小ぶりだけど、乳首は硬くなっている・・・
口元に俺の指を持っていくと、ペロペロし始めるY子。

ゆっくりと胸全体と乳首を舐めていると、Y子の声がまた出始める。

空いている手で、太ももを撫でてゆっくりと足の付け根に近づける。
そして穴の入り口をわざとぴちゃぴちゃ音をたてて触る。

そのままゆっくりと挿入。

出し入れしながら、マメを触ったり。
指を舐めている口が止まり始める。
そのまま胸を舐めながら、Gあたりをコリコリし、手のひらでクリを触るようにしていると

逝っちゃう・・・・・
そのまま、また逝っちゃいました・・・

一回しか逝けないって言ってたのに・・・
Y子はぐったり。
俺も酔っていたこともあり、そのまま寝ちゃいました・・
早朝気づいたらY子がフェラしてたので、そのままエッチしましたけど・・・

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!