エッチ体験談が11,000話を突破しました。

初めての…30以上年齢差があるパートナーと2…子宮に精子を注がれたいと疼く

PR

あきらさんから投稿頂いた「初めての…30以上年齢差があるパートナーと②」。

前回の記事を読んで下さった方がいたようなので、備忘録的にパートナーとの性生活を記すことにしました。

パートナーと付き合い出した時からモチロン愛はありましたが、年々身体を重ねるごとに愛情や愛欲が増し離れられなくなりつつある自分は彼の子供が欲しいと思うようになりました。

セックスの際は彼の精子を欲しがる私の子宮。女としての初めての感情でした。子供って単なる気持ちよさの副産物なんだなって。
彼との性生活で知ったことです。子供を作るセックスなんてのはセックスなんじゃないな、って。
純粋に、子宮に精子を注がれたいと疼く。

イッてもイッても彼の肉棒を咥えこみ離そうとしない私の陰部。
精液と愛液が混ざり合い、絶妙なローションになりヌチャヌチャと陰核を刺激し、彼の肉棒が私の膣壁を擦り上げ、昇りつめる。
夜毎彼から執拗にネットリ攻められ続けた私の敏感な突起はついに彼の肉棒なしには生きられないイヤラシイ女になったようだ。

去年までは2~3週間海外に行くことも多々あって、そのホノルルからの帰国便のこと。
滞在中は旅に集中しているせいか、身体が疼くことなどなかったのに飛行機に乗った瞬間、彼との性生活を思い出してしまった。
頭の中は彼の舌と肉棒で陰部を掻き回されたい慾望でいっぱいになり見る見るうちにパンティが湿り出した。

たまらずにトイレへ駆け込み、パンティの中にある肥大した突起を探して夢中で擦り、中指を挿入し出し入れしました。そして久しく彼を受け入れていない私の陰部は10秒ほどで達してしまったのです。中指を抜くと透明で、でも粘り気のあるお汁がタラーッと糸をひきました。その糸引きお汁を敏感な突起に塗り2回戦。今度は焦らすようにゆっくりゆっくり円を描くようにさすりました。

そして円を描くように2度おマメをさすったら次は中指を挿入しグチュグチュ掻き回し、抜いておマメをさすって…
「ピチャ…ピチャ…グチュ…ピチャ…」
そんなことを繰り返し、また30秒ほどで達しました。
ハッと我に返って恥ずかしくなり、彼に嫌われるんじゃないかと思い内緒にしようと決めました。

持参したウェットティッシュでキレイにお汁を拭き取り席に戻り、気付くと眠り込んでしまったようです。
帰国したその日は必ず彼と会い、彼の慾望を受け入れるのが暗黙の了解になっていたのですが、その日は私が彼に慾望をぶつける感じでした。
会うとすぐに彼の太ももにお股を押し当て、腰を振り唇に吸い付きました。

今までは受け身だけの私だったから、
「今日はどうしたの?」と不審気な彼。
「実は…」と、飛行機での痴態を正直に話し、「ガマン出来ないの。」と言うとその場でクリトリスをヌチュヌチュと揉みしだいてきました。
散々指で攻められた私のクリトリスは肉棒に餓えているので、
「もう指じゃ嫌なのぉ…」と遠慮がちに伝えると、
「じゃあどうして欲しいか言ってごらん?」
「…おチンチン…を…入れて下さい。」
「どこに?」
「私のアソコに…」
「僕のおチンチンでいいならたくさん入れてあげるよ…」

それから二階へ行き、激しく彼の唇に吸い付きました。私のミニスカートを捲り上げ、パンティをずらし挿入。
濡れそぼったヌラヌラした私の陰部は「ヌプン…」と音を立てあっさりと彼を迎え入れました。ゆっくりと亀頭部分を陰部で弄ぶようにピストンし、たまに奥に「ズリュッ」と突き刺し、「アァ…」と私がヨガリ奥に導こうとすると肉棒を抜いて、膣の入り口部分に亀頭を擦るのです。私が”おねだり”出来るまで何度も焦らされました。

「ァアン…入れたいの…突いて下さい…クリちゃんが…クリちゃんが…ガマン出来ないのぉ…」
「やっとおねだり出来たね…飛行機でオナニーしたお仕置きにたくさんおチンチン入れちゃうからね…」そう言うとゆっくりゆっくり膣に亀頭を出し入れし「ズブッ」と子宮を突いてきました。「ヌップ…チュップ…ズリュン…ズブン…」皮がズル剥けになるほど興奮し肥大し突起した私のイヤラシイ肉芽は30回も擦り上げられると膣がヒクついて「ビクン…ビクビク…」と昇りつめてしまったのです。

「アッ…アァ…イッ…イクゥ…」
「スゴイね…僕にも分かるくらいビクビクして締め付けがキツイよ…」
そうすると、おチンチンを抜いて私のクリトリスに「チュップ」と吸い付き、「今日はグッタリするほど攻めちゃうよ…お股開いてごらん…」次の瞬間、「チュッ…チュッ…チュプ…」と優しく唇でクリトリスを包皮ごと口に含み、膣口を舐め上げながらまたクリトリスを包皮ごと口に含み、吸い、揺さぶり…3分もしないうちにイカされました。

「今日はおねだり出来るまではおチンチンは入れないよ…」
「アッ…おチンチン入れて下さい…」
「どこに?ちゃんと言ってごらん。」
「私のオマンコに生のおチンチンを入れて欲しいです…」
「生がいいのかい?」
その瞬間、「生のおチンチンを入れて下さいなんて言われたら興奮してここにすぐ浸入しちゃったよ…」と、生のおチンチンを挿入してきました。

60をとうに過ぎたおチンチンは硬すぎず、女芯の気持ちいい箇所ばかりを微妙なタッチで刺激されたまらないのです。60をとうに過ぎたおチンチンで夜毎攻められヨガり狂う私は淫乱なんだと思います。
再びおチンチンで突き上げられ、擦り上げられた私は達しグッタリしました。
「これからは旅行中のオナニーは禁止だよ…イクなら僕のお口とおチンチンだけだよ…」と、またムクムクした彼のおチンチンに攻められ貫かれました。「今日はグッタリしても赦さないからね…突き上げるよ…」それから3度目の射精を終えるまで、オッパイを揉まれ、乳首を吸われ、クリトリスを揉みしだかれ、アナルを弄ぶようにキスされ、彼の肉棒を挿入され続けました。
多分、私の中にあった、彼との性生活に対する恥ずかしさや色々な感情はこの日を境に無くなり、色々なおねだりが出来るようになりました。

昨晩は彼が帰宅する前にシャワーを済ませ、ベッドでテレビを観ていました。「そこに帰宅した彼がパンティをずらしてすぐにクリトリスに吸い付いてくれないかな。」なんてパンティを濡らしていました。
そんなことを考えていたら帰宅した彼。
「今日は何だかいつにも増してムラムラしてるんだよ…すぐに挿れさせてくれないか。」とシャワーを浴びに行きました。
服を脱がされ、パンティを剥ぎ取り、脚をグイッと開かれ、「オマンコに擦り付けて大きくするよ…」といい、私の秘部にペニスを擦り付けてきたのです。でも、既にグチュグチュになっていた私の秘部に興奮し、見る見る間に勃起したようで、一気に貫き腰を振ってきました。

「今日もオマンコがびしょ濡れだよ…」
「アッ…言わないで下さい…最近はおチンチンが欲しくて欲しくて1日もガマン出来ないんです…」
「スケベなオマンコだね…いっぱい出し入れしてあげなきゃね…それともオマンコにキスしようか…」
「アッ…おチンチンがいいです…」
「たまには先にオマンコを気持ち良くしてあげるよ…」
「プチューッ…ベロベロ…ハム…」
「あっ…あぁっ…それ…いぃ…」

3分もしないうちに彼の唇に突起を押し当て果てました。それからまた、私のお股を掻き分け肉棒を刺し込みました。ゆっくりゆっくり突き上げました。硬くなった肉棒が膣襞を擦り付け、子宮に到達した亀頭で突き上げられ、彼の腹部で赤く膨れ上がった肉芽をいたぶられ堪らなくなった私は自ら腰を振り、硬くなった彼の肉棒を出し入れし、自ら突き上げたのです。
「今日も中に出して…」
「1回目は外に出さないと危ないよ…」
「精子が欲しいの…」
「妊娠しちゃうよ…」
そう言うと激しく腰を振り、私の中に肉棒を差し込み、貫き、突き上げました。

「ウッ…ゥア…」
ドクドクと彼の精子を注ぎ込まれた感覚に堪らなく興奮し、射精した肉棒をぐいぐいハメました。それに興奮したのか、彼はまたすぐにそそり勃ち、私の子宮を突き上げてきました。
「ヌチャ…グチュ…ピチャ…ヌチャ…」
私の秘部から流れだしたお汁と中に注ぎ込まれた彼の精液とが混ざり合い、最高のローションになり私の肉芽を刺激されました。
「ヌチャ…グチュ…ピチャ…ヌチャ…」
「あっ…あぅ…ひぃ…あんっ…」
「イヤラシイ音がするのはオマンコから僕の精液が流れ出ちゃってるからだね…」
「あんっ…もっと精液が欲しいのぉ…」
「仕方ないなあ…キレイな可愛いオマンコが僕の精液で汚れちゃうじゃないか…」
「あぅ…子宮に…奥にタップリ出して欲しいのぉ…お願い…」
「ウッ…ウッ…ア…で、出るっ…」

三度目の射精は一度目に比べると弱かったけど、タップリ子宮に注ぎ込んでくれました。
もうこれからずっと彼とは避妊せずに中で射精して貰うつもりです。
どうやらついに子宮も彼を愛してしまったみたいです。
別れた夫との性生活では中出しが当たり前だったせいか、こんなに子宮が精液を求めた経験はありませんでした。

4年も抱かれて遂に彼の肉棒以外考えられなくなりました。
毎日毎日彼の肉棒で突き上げられたいのです。
そしてまた今日もこれを書いていながらグッショリしています。
毎日彼を求めてしまう私は淫乱なのでしょうか…

48+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR