エッチ体験談が10000話を突破しました。

初めての…30以上年齢差があるパートナーと。

あきらさんから投稿頂いた「初めての…」。

30以上年齢差があるパートナー。
段々と相性が良くなるものだから、最近では会う前はいつも早く舐めて欲しくてパンティがぐっしょり。
待ち合わせは彼の別宅。
だから、ソファでテレビを見ながら彼の帰りを待つのがデートの日課。

この前は1週間ぶりだったせいか、子宮の奥が苦しいくらいにジンジン疼き、ソファに座ったら「グチュグチュ」ってアソコから音がしちゃった。
思わずパンティを下げたら、クリが赤く膨れ上がり勃起していた。

早く舐めて欲しい…

そしたらちょうど彼が帰宅。
1週間ぶりのデートだから、思わずお互いハグ。
からの、彼の指が早速私の胸をまさぐりワンピースの上からアソコにタッチ。
パンティの隙間から指で私の突起をさぐる彼。
グチュ…ヌチャ…

「あ…すごい愛液だね…早く舐めてキレイにしなくちゃ…もう今日は上(二階の寝室)へあがろうか…」

私も思わず彼の指に赤く膨れ上がったクリを擦り付けながら頷く…

もう頭の中は彼の舌とおチンチンが欲しいだけでいっぱい。

シャワーを浴びた時にアソコに触れたらドロリとした本気のお汁が流れ出し、どうしてこんなに淫乱なんだろうと嫌になっちゃうくらい。

寝室に戻ったら既に彼は横になっていたから私も急いでベッドへ。
その時に太ももから、ツツーってまたお汁が垂れて来た。
それを見つけた彼が、
「もうガマン出来ないよ。」
と私のアソコを1~2回舐め上げると愛撫より先におチンチンを挿入してきた。
「今日も生だよ…」
と耳元で言われたら、私のアソコからはお汁が溢れ出し、おチンチンを出し入れするたびにヌチャヌチャ音がしちゃった。
「もうずっと生でおチンチンちょうだい…」
「オマンコの中でイケないじゃないか…」
だから、付きあって初めて、
「今日は中でイッて…」とおねだりしてみた。

「…」
「まだ今日はアソコにキスしてないからキスが終わったらね…」
その瞬間、頭が真っ白になるくらい気持ち良くなり夢中で彼の腰を押さえ付け彼に私の赤く膨れ上がった突起を擦り付けた。
「ヌチャヌチャ…グチュグチュ…」
「ヌチャッ…グチュ…」
「あぅ…あっ…あぁ…」
私のアソコの卑猥な音と快感の声だけ…
そんな淫乱な自分が恥ずかしく、そんな恥ずかしさにまた感じてしまう。
「あっ…ダメだ…イッ…逝くよ…」
彼はティッシュをつかみ、果てました。

そして私のアソコに、
「チュ…チュパ…チューッ…ペロン…」
ヒダヒダを唇でハムハム…
膣から赤く膨れ上がった突起目掛けて ペローッと舐め上げられ…
「ウッ…アッ…ヒィ…」
その突起を包皮ごと咥えて、
「チュパ…チュパ…チュー…」
「イッちゃう…イッちゃう…ダメえ…おチンチンでイキタイのお…やめてぇ…そんなに吸いつかないでぇ…」
「逝くまでおチンチンはお預けだよ…クリちゃんチュパチュパされるの気持ちいいかい?」
次の瞬間、クリちゃんに触れるか触れないか微妙なタッチの唇でクリちゃんを擦り上げられました。

「アッ…アヒッ…アッ…クリちゃんに吸い付いてぇ…」
「吸い付いていいのお…?」
「アン…咥えてぇ…吸い付いてぇ…」
その瞬間、
「ジュル…ズズッ…ズズーッ…チュパ…チュッ…ジュー…」
とクリを包皮ごと咥えられ吸い上げて来ました。
「ウ…ウッ…」
思い切り腰を振り、彼の唇にクリを擦り付け…イッちゃった。
そして彼はすぐに、グッタリ動けない私の脚を開き、「ジュプ…」と挿入して来たのです。

「このおチンチン好き?僕のおチンチン好き…?」
「うん…もうこのおチンチンじゃなきゃダメ…アゥッ…」
「あ…耳元でそんな事言われたらイッちゃうよ…」
「中でイッてぇ…」
そう言うと私はまた彼に押し付けました。
彼のおチンチンが私の赤く膨れ上がった突起と子宮を刺激し、ゆっくりとピストンするたびにやらしく膣の中で擦れ…
「アッ…アッ…イッ…」
「い…一緒に…一緒にイこう…」
「ああん、ソコ…ソコなの…ソコもっと擦ってぇ…」
「うん…ここかい?こう?ヌチャヌチャしてるとこかい?」
「アッ…アッ…イイ…イ…ク…イクゥ…」
「あ…ダメだ…僕も出ちゃうよ…」
その時、彼は子宮に思い切り突き上げて来てドクドクと精子を送り込み…

またまた私はイっちゃいました。
「中に出しちゃったよ…」
「いいの…あなたの精子が欲しかったの…初めて一つになった感じで嬉しいの…」

その後、抱き合いいつもの後戯。
「マッサージしてあげるよ。」
と、腕や肩をいつものように揉みほぐしてくれました。
いつも「凝ってるね。」と脚や肩、腰をマッサージしてくれる彼。
何故か私はまだまだ下半身が疼き、ワザと彼の指や腕がワンピースの胸に当たるように体をズラしイタズラしちゃった。笑

そうしたら、
「ただマッサージしようとしただけなのについつい胸に触れちゃうんだから自分でも嫌になるなあ。笑」
と言われ、内心申し訳なくなっちゃったけれど…笑

「脚をマッサージしていたらオマンコからお汁が垂れてきたのが見えてガマン出来なくなっちゃったよ。」
と、クリちゃんを人差し指でこねくり回されたら私もたまらず彼の股関をまさぐりおチンチンをしごき、自分のクリちゃんに擦り付けました。
「チュプン…ヌプ…」
「あぁーあ…また僕のおチンチンが浸入しちゃった…」
そして3回目の挿入。
クリちゃんはイカされすぎてジンジンしてるのに、子宮が疼きおチンチンを欲しがりました。
横にされて松葉崩しの体制になった時には、彼の太ももにアソコを擦り付けさらに果てました。
背後から挿入され、彼の右手でクリをまさぐられ、私の太ももからはお汁が流れだしシーツはびしょ濡れ…

彼は、私の太ももから流れだしたお汁を見て興奮し3度目の射精。
おチンチンを抜くと私のアナルにキスし、背後からクリちゃんをペロリて舐め上げまたイカされました。
更には「おいで…」と彼の顔に股がされ、下からクリをしゃぶられ、吸い上げられ、自然に彼のお口に膨れ上がった突起を擦り付けていました。
彼の顔が汚れたら申し訳ないと分かっているからガマンしなきゃと思えば思うほど昇天に達してしまった私は彼の顔に愛液を飛び散らし…
そんな私に怒りもせず、イッた後の私の肉芽や膣の愛液をキレイに舐め、タオルで拭いてくれました。

一晩で何度イカされたかわからない程の経験をしているこの頃…週に何度もしているのに会わない日は知らず知らずのうちにパンティに手を入れクリちゃんを慰める毎日。
そして、これを書いてる今もパンティはぐっしょり。
今夜も彼のおチンチンとネットリとした舌使いに癒されてきます…

30+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!