エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ラブホにふざけて男友達とはいったら案の定セックスした

PR

りかさんから投稿頂いた「ラブホにふざけて男友達とはいったら案の定セックスした」。

小学の頃から仲の良かった男友達・祐樹と酒に酔った勢いで介抱ついでに、とある町外れのラブホに入りました。
とても祐樹はとても酔っていたので、ベットに寝かせようとした時、いきなり腕を掴まれ押し倒されました。
祐樹には彼女がいて、私にも付き合って8年の彼氏がいます。

いきなり、キスをしてきた。激しいキス。舌が口の中に入ってきた。
ちゅっ、ちゅっぱ じゅっっ、唾液の音が聞こえるほど激しいキス。
唇を離した時、よだれの線が見えた。
彼は私の耳元で唇を鳴らし”りか。エッチしよ”と言われ、その声がとてつもなくイケボだったので彼を受け入れることにしました。

唇がだんだん下に降りてきて最終的には陰部に。
私のクリをした先でちょんちゃんとらつついてきて私は本の一二分でイッてしまいました。祐樹の彼女も彼の舌技にイカされているのかと思うと羨ましく思いました。私も彼氏とエッチはしますがそう上手くないので本気でいったことがなかったので、そのことを祐樹に伝えると、”俺が、お前にイク気持ち良さを失神するまで教えてやるよ”と言われヒートアップ。

彼のものが私の中に入ってくるまでに時間はかからなかった。入れてすぐ
ぱこぱこされました。何回かされているうちに頭がだんだん真っ白になってきました。
私:だめ、あっ、ん 祐樹、私我慢できない。あっん、あっ、

祐樹:いいんだよ。あっ、あっ、
ほらっ、イキな。中に出してやるからあっっ、ふっ、あっ、あっぁぁ
俺が逝きそうダメ。いく

私も中に解き放たれた熱いものを感じながら祐樹は中に熱いものを解き放って失神した。
そして今に至ります。
罪悪感はありますが、これからも祐樹との関係を続けたいと思う。

35+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR