エッチ体験談が11,000話を突破しました。

家庭を棄て、肉欲に溺れた女

PR

高杉新太さんから投稿頂いた「家庭を棄て、肉欲に溺れた女…」。

とあるSNS…日々のありふれた日常を書き込んでいた私…
いつしかファンというか、仲良くなった女が居た。
趣味や仕事が似通って居たからかも知れないが、兎に角気が合った。
メールのやり取りは勿論毎日の様に行うようになり、気を許して居るのが手に取るように分かる。

惜しむらくは互いに既婚…
そんな壁が会う事を躊躇わせていた…
私が46歳、女は33歳の時の事だ…
仕事柄、自宅とは別にマンションを所有し、自宅に帰るのは月に2・3日という生活の私…
女は仕事をしながら結婚生活を送って5年…スレ違いに疲れて居たのかもしれない。

ある夜の事…女から電話が入った…
「結婚5年も経つとしなくなっちゃうものかな?…」
「どうかね…人其々だから…」
「ウチなんか何も無くなっちゃったよ…」
「誘ってみたら?…」
「そんな気にならない…つまんない男だなって…失敗したかな…」
「んな事言ってどうするの?…」
「煮詰まっちゃった…」
「ストレス発散して来なよ…」

「不思議だよね…会った事も無いのにこんな話までして…会いたいと思わないの?…」
「独身なら直ぐにでも会ってたかも…でも互いに既婚だからね…会ったら歯止めが効かなくなるのが怖いでしょ…だからね…」
「歯止めが効かなくなるか…其でもいいから会いたいって言ったら?…」
「どうだろ…会ってガッカリされるのも嫌だしな…」
「それはお互い様だよ…会いたいな…話だけでもいいから…」
「困った奥さんだ…」
「駄目?…」
「会ったら有無を言わさずホテルに連れ込んじゃうよ…日常じゃ出来ないことしちゃうけど?…」

「どんな事?…」
「縛ったり、磔たり、露出させたりしてみたい事全部…」
「意外とエッチなんだね…」
「男の本質はこんなもんさ…一皮剥けば性欲の塊だよ…」
「旦那には無いな…余計に会いたくなっちゃった…」
「会って直ぐホテルだよ?…拘束されてるから中出しされても抵抗出来ないんだよ?…」
「興奮するね…それでも会いたいって言ったら会ってくれる?…」
「不倫したいの?…」
「貴方とならいいかなって…」

「どうしても会いたいなら…いつも中出しで…身体だけの関係を保てるならいいよ…」
「会いたく無いからそんな風に言って来るんだ…」
「違うよ…スキンが嫌いなだけ…後は逝くなら中に出したいからさ…征服感が違うから…ポリシーだよ…」
「明日の昼間…貴方の家の方に行く仕事が有るんだけど…直ぐに終わるからその後会いたい…」
「マジで?…どうしてもっていうなら時間空けるけど…中出しだよ…」
「いいよ…11時に…駅前で待ち合わせたいな…」
「いいけど…顔も知らないよ…」
「写メ送るから…貴方のも送り返してくれない?…」
「分かった…こんなに話してて旦那さん平気なの?…」
「もう寝てる…」

「そっか…なら明日ね…」
「うん…此れから撮って写メ送るからね…」
「分かったよ…」
電話を切った私…
暫くすると女から写メが届いた…
開くと其処には全裸の写真…
濡れた割れ目のアップも…
顔立ちも好み…いい身体をしている…
同じ様に全裸になり…怒張した肉棒も含めて送り返してやった…

すると直ぐ返事が…
「素敵な男性で良かった…今から興奮しちゃってる…早く明日にならないかな…お休みなさい…」
シャワーを浴び横になる私…
目覚めと共に仕事をこなす…
約束の時間…駅前には女の姿が…
「早いね…待たせた?…」
「予定より早く来ちゃったから…」
目的は1つ…
肩を並べて歩き出す2人…
車に乗り込み郊外のラブホテルに向かっていた…
「興奮して寝れなかった…」
「そうなんだ…これからいけないことするんだよ…」
「そうだね…」
「止めるなら今のうち…もうすぐ着いちゃうよ…」
「いいよ…我満出来ない…」

「いけない奥さんだ…不倫相手に中出しされるのを望むなんて…」
「卑猥な事言って…」
「家庭を壊す気は無いから…本気にならないようにね…旦那ともたまには中出しセックスしなきゃだよ…」
「分かってる…たまにはするよ…」
ホテルの駐車場に入る…
降り立つ2人…
不毛の関係に踏み出した…
余程飢えていたのか、部屋に入ると抱き付き唇を求めてくる…
舌を絡めながら服を脱がせていく…
下着姿で抱き合う2人…
そのまま磔台の方に移動する…
女を磔台に固定した私…
身体全体を撫で廻し…敏感な部分を探っていく…
身悶えしながら感じる女…

「凄い…興奮しちゃう…いい…」
「奥さんの秘密の花園から蜜が溢れてる…舐めちゃうよ…」
「エッチぃ…舐められちゃうのね…恥ずかしい部分を…あぁ…」
蕩けた顔で腰を突き出す女…
秘貝を覆う部分をずらされ…濡れ絞った割れ目が露になった…
クリトリスは肥大し…ピクピクと…
舌を這わせるだけで歓喜の声をあげている…
「いい…気持ちいい…あぁぁ…おかしくなりそう…いいの…」
久々に味わう快感に陶酔する女…
感度もいい…吸い付くような肌質も堪らない…

こな女に中出し出来るのかと思うだけで更に怒張する肉棒…
蜜の味を堪能した私…
磔台を横にする…
台に乗り…口元に怒張した肉棒を押し付けてやる…
「凄い大きい…写メの時より大きくなってる…」
「奥さんに中出し出来るからだよ…」
「嬉しい…私で大きくなってくれたのね…あぁ…」
舌を絡めて味わう女…
上手くは無いが…私を気持ちよくさせようとしているのが分かる…

舌技を味わった私…
磔台から降り…割れ目に肉棒を押し当てた…
焦らしながら擦るようにゆっくりと挿入してやる…
入口は狭い…亀頭がやっと入り込む…
喘ぎ声をあげながら悦ぶ女…
肉棒を締め付けながら…早く…もっと入れてと言わんばかり…
肉襞が包み込む…
ザラザラとした感触…蠢きながら奥へと誘ってくる…
「生肉棒は如何ですか?…」
「いい…凄くいい…」
「旦那以外の肉棒を生で受け入れるなんて…いけない奥さんだ…」
「だって…いいんですもの…焦らさないで…奥まで…」
感触を楽しむ様に挿入を続ける…

奥に到達した時…涎を垂れ流しながら恍惚の表情で私を見ていた…
子宮口を突いているのが分かる…
突かれる度に歓喜の声を発し…身悶えしながら悦ぶ女…
「いい…いいのぉ…当たる…当たってるのぉ…」
厭らしい音を奏でながら女は上り詰めた…
痙攣しながらも腰を左右に…
もっとしてとばかりに私を悦ばす…
亀頭が子宮口を抉じ開けた…
ズブズブと侵入し…女の中に肉棒の全てが挿入される…
白眼を剥きながら感じる女…
「また逝っちゃうぅ…あっ…」
言いながら果てる女…
堪能する私の姿があった…

何度も気を遣りぐったりとした女…
両手、両足の拘束を解き…抱き抱えるようにベットに…
「此れから奥さんの中に中出ししてあげるから…溢したら駄目だよ…」
「うん…いいよ…何回も出して…私を汚して…」
「旦那に聞かせてあげたいね…」
「言わないで…旦那なんかどうでもいい…貴方がいい…」
「本気にならない約束だよ…」
「無理…もう無理…でも困らせない…だからまた会って…」
「したくなったら連絡してくれば…」
「毎日しちゃう…」
「其れは無理だよ…仕事もあるし…」
「分かってる…でも…毎日されたくなっちゃう…」
「はは…なら私の助手としてウチで働くかい?給料安いけど(笑)…」

「いいの?…」
「本気かい?…」
「給料安くてもいい…抱いてくれるなら…」
悪くないなと思いながら女を弄ぶ私…
唇を重ね…舌を絡め合いながら…女の子宮奥に精子を注ぎ込んでいた…
その全てを受け止め…両足を私の腰に絡めて離さない女…
「どう?…中に出された気分は?…」
「いい…女に戻れた気分…あっ…動かさないで…感じちゃう…」
「そうなんだ…いつからウチに来るつもり?…」
「本当にいいの?…」
「来たいんだろ…」
「うん…明日…辞表出す…」
「そっか…いつでもいいから…」

「早くいきたい…有休纏めて取るから行ってもいい?…」
「いいよ…後で名刺渡すから…会社にも伝えておく…」
「嬉しい…」
寝物語の様に抱き合ったまま話は続いた…
萎えた肉棒を女から引き抜く…
奥深くに注がれた精子の逆流は無かった…
綺麗に舐め洗いをする女…
背徳の時間が終わる…
名刺の交換をし、初めて女の名前を知った…
ハンドルネームとはかけ離れた名前…
雅代との淫らな関係の始まりであった…
ホテルを出て車に乗る2人…
雅代は恋人気分…私は都合のいい女を手に入れた気分で盛上った…

雅代の会社近くで下ろし、会社に戻った私…
総務に立ち寄り…
「近々一人入るから…社長室付で机を用意しておいて…私の部屋の中でいいから…」
部屋に戻り暫くすると雅代からメールが…
「少し漏れちゃった…継ぎ足して欲しいな…」
と写メ付で送られて来た…
その写メを見ながら笑みが溢れる私が居た。
夜になるとまた電話が入る…
「今日はご馳走さま…お腹いっぱいになった…」
「よかった…満足できた?…」
「大満足…もっと食べたいって…」
「パンクしちゃうよ?…」
「大丈夫だよ…底無しだもん…」
「そっか…次に会う時はどうしてやろうかな…」
「楽しみだな…」

「露出させちゃうかな…」
「もう…興奮させてどうするのよ…」
「旦那に慰めて貰いなよ…」
「駄目だよ…もう寝てる…」
「そうなんだ…下半身剥き出しで首輪を着けての散歩…雅代が我満出来なくなったらその場で挿入なんてどおかなって…」
「興奮するね…声だけで逝けちゃう…欲しくなっちゃったよ…」
「そうなんだ…明日辞表出す準備は出来たの?…」
「今日出して来ちゃった…明日・明後日が引き継ぎで…その後は有休…」
「土曜から休みか…遊びに行く?…」
「行きたい…」
「なら金曜の夜から泊まりがけで出かけるよ…7時に会社の前に迎えに行くから…旦那を誤魔化しときな…」
「強引だな…いいよ分かった…何とか誤魔化す…」
「帰りは日曜の夜ね…」
「うん…」

そんな会話も弾む…
金曜の夜…待ち合わせの場所に雅代は居た。
車に乗せ、軽井沢を目指す…
「ドラフェラしてよ…」
「エッチなんだから…」
飛ばす車…しゃぶる雅代…
堪能しながら路側帯に車を停めた私…
外に雅代を連れ出し…車に手を付かせて尻を突き出させた…
パンティーを剥ぎ取り…割れ目に挿入してやる…
「凄い…興奮する…いい…」
走り去る車…
見られているかもしれないという羞恥心が雅代を興奮させる…
逝く寸前で肉棒を引き抜く私…

「続きは着いてから…」
「もう…」
慌てる様に車に乗り込み飛ばしていく…
軽井沢に着いたのは10時を回った頃…
我満出来なくなっていた雅代は自ら股を開いた…
時間の制約もない2人…
狂った様に求め合う…
寝食すら忘れたように求め合い…何度も果て合う2人がいた…
日曜の夜…雅代の家の近くで降ろす…
「明日から会社に行ってもいい?…」
「来なよ…机は用意してあるから…」
「分かった…」
帰路に着く私…
翌日、雅代が会社に来た…
社員達に紹介し私と共に私の部屋に…

「ここが職場だから…」
「2人きりなんだね…」
「したくなったらいつでも出来るってか?…」
「そうだね…ここで暮らしてるの?」
「そうだよ…だから別の階にある…」
「そっか…」
その日、その時から…雅代の生活は私中心になっていく…
自宅には寝に帰るだけとなり…内縁の妻の様な生活に…
出来にくい体質なのか…貪り合う日々の中で妊娠の兆候は見えなかった…
あれから2年…雅代は家にすら帰らなくなっている…
24時間私の近くで私を求めてくる様に…
肉欲に溺れた雅代…最早亭主の事は頭から消えて無くなったようだ…
近々…雅代の動画を亭主に送りつける予定になっている…
漸く雅代が妊娠したからだ…
これからも内縁の妻として…私に仕える事を選んだ雅代…
その決意が、旦那に動画を送る事を提案してきた…
今では私のツボを心得…誰とするセックスよりも楽しませてくれる…
雅代も私以外の男には興味を示さない程になっている…

13+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR