エッチ体験談が11,000話を突破しました。

肉体契約を求めた女…

PR

エロ魔神さんから投稿頂いた「肉体契約を求めた女…」。

世の中には凄い女が居ると実感しながら生活をしている。
大人しい、人当たりのよい取引先の女がそうだった。美人では無いが、愛嬌のある笑顔が可愛い雰囲気の女。まさかこんな関係を求めて来るとは思わなかったのだが…

切っ掛けはとあるプレゼンだった… 競合数社のプレゼンで私と、もう1人が残ったと聞かされた…

会社には契約を何としても取るように言われ、社長と共に接待をする事になった…
楽しく会食しながら飲む2人…私は彼女を送る手前、一滴も飲めないで過ごしていた…
接待も終わり、彼女を送っていく…
白金から川崎迄の道程…
長いなと思いつつ運転する私…
彼女が話をしてきた…
「契約欲しいですか?…」
「えっ?…勿論ですよ…」
「そうですよね…欲しいですよね…」

「喉から手が出るほど欲しいですよ…発注して頂けるのですか?…」
「まだ悩んでます…話は変わりますけどゴルフ…お上手なんですってね…私も始めたいなって思ってるんですけど…出来ると思います?…」
「出来ますよ…何なら専属コーチになりますけど(笑)…」
「約束出来ます?(笑)…初心者ですよ私…」
「周2・3日練習すればすぐ上手くなりますよ…」
「決めました…専属コーチをしてくれるなら…契約してもいいですよ…」
「本当ですか?…なりますとも…」
「なら…火曜と金曜はレッスン日という事で良いですか?…」
「いいですよ…何時に何処に行けば良いですか?…」
「7時に自宅で良いですか?…」

「ギリギリになるかもしれませんけど良いですか?…」
「なら、明日の金曜は道具を買いに行きましょうね…」
「明日から?…分かりました…契約の方が大事だから(笑)…」
「今日は有難うございました…送ってまで頂いて…お茶でも飲んでいかれませんか?…」
「宜しいんですか?…」
「遠慮しないで下さい…」
これが肉体契約の前兆だとは気付かなかった…

彼女のアパートに着き、部屋に案内された私…
独り暮しの女の部屋に上がるのは何十年振りだろう…
36歳になる彼女、男の影は無く、スラリとした身体…胸は無いが、尻は大きめで後ろからムシャブリ付きたくなるような女…
関係を持ったら…しつこそうなセックスをするだろうな…等と勝手に想像していた…
1ルームのアパート…ベットに座らされ、珈琲を入れにいく彼女…
「奥さんとは上手くいってます?…」
「えっ?…まぁ…」
「結婚されて何年ですか?…」
「もうすぐ20年ですかね…」
「夜の営みは有るんですか?…」
「えっ?…無いかな…」
「不自由してません?…」
「どうしたんです?…」
「専属コーチになって頂くんで聞いとかないと(笑)…」

「其なりにですかね…」
「そうなんだ…そっちも専属になりません?…」
「えっ?…不倫のお誘い?…」
「違いますよ…専属コーチ(笑)…ゴルフを教えて貰った後…ストレス発散させて欲しいなと…嫌ですか?…」
「私でいいの?…10歳も上だよ…他に沢山居るでしょ…」
「んん…彼氏とか面倒になっちゃったんですよね…けどしたいかなみたいな気持ちも(笑)…○○さんなら秘密守ってくれそうだし…結婚されてるからいいかなって(笑)…専属コーチになってくれるんだし…」
「願っても無いけど…」
「その代わり…コーチの日は楽しませて下さいね…取引継続の為に(笑)…」
「いいですよ…契約の全部頂きますからね(笑)…」

「ふふ…満足させてくれたらね…○○さんが満足させてくれ続ける限り…他の方には発注しませんから…」
「肉体契約みたいですね(笑)…」
「そうですよ…ゴルフだけじゃなく…あっちも上手そうですし(笑)…」
「それは分かりませんよ(笑)…」
「謙遜しなくていいですよ…友達の美優から聞いてますから…」
「えっ?…美優ちゃんと友達?…」
行き付けのクラブに勤める女…
何度か肌を合わせた事がある女…
超が付く淫乱な女だが、中々楽しませてくれるお気に入りの女だ…

接待で使った日は必ずアフターで一夜を共にしていた…
「そうですよ(笑)…美優のお気に入りって聞いてますから(笑)…」
「参ったな…」
「大学の同級生で親友なんです(笑)…たまたま写メを見せて貰って…○○さんが写ってたんで(笑)…」
「写メ?…どんなの?…」
「普通に写ってましたよ…待ち受けにしてましたし(笑)…凄くて離れられないって(笑)…」
「そうなの?…知らなかった…」

「でもこれからは…私専属ですから…忘れないで下さいね…たまに美優に貸してあげるけど…」
「佐知子さんも意外とエロいんですね(笑)…」
「ふふふ…むっつりかも(笑)…でも今日からは○○さんに解消して貰えるから(笑)…」
「いいですよ…どんなのが好き?…」
「みんな好きかも(笑)…」
「美優ちゃんみたいに?…」

「美優以上かもよ…モテない妄想女になってるから(笑)…話してるだけで濡れちゃいそう(笑)…」
「なら静めてあげようか?(笑)…」
「いいですよ(笑)…帰れなくなりますけど…いいんですか?(笑)…」
「これで帰ったら馬鹿でしょ…佐知子さんをモノにしなきゃ…」
抱き寄せ唇を奪いながら…小さな胸に手を掛けた…
「あっ…んぐっ…」
舌を絡めてくる佐知子…

佐知子の部屋にピチャピチャと舌を絡め合う音が響く…
「あん…あっ…はぁはぁ…んん…」
私の肉棒をズボンの上から擦ってくる…
ブラウスのボタンを外し…ブラジャーを捲る私…
小振りの乳房を弄びながら…硬く肥大した乳首を指で摘まんでやる…
「あっ…あうっ…弱いの…あぁ…」
感度が凄くいい…少し摘まんだだけで身体を震わせ感じる姿…

いい顔をして喘ぎ悶えた…
舌を這わせてやるだけで気を遣る…
美優以上に楽しませてくれそうだ…
しかも金は掛からない…
満足させてやれば仕事も…
なら本当に落としたら…
等と考えながら愛撫を続ける…
パンティーの中に手を忍び込ませてやる…

既に洪水になっているのが分かる…
クリトリスは肥大し硬く隆起し…淫汁は止めどなく溢れてくる…
「舐めてあげようか?…」
「駄目…流してないから…汚れてるから…」
「なら舐めちゃう…佐知子の臭い…味を堪能しちゃうから…」
「あっ…駄目よ…駄目…」
パンティーをずらした私…
佐知子の胯間に顔を沈めた…
舌先でクリトリスをつつく…

「あっ…あぁ…いい…」
全身で悦びを表す佐知子…
香りも味も私の好み…貪る様に音を響かせながら佐知子をいたぶる…
何度も気を遣る佐知子…
その切なそうな逝き顔が堪らない…
自ら腰を突き上げ…もっと…もっとと顔に近付けてくる…
「気持ちいい?…」
「あぁ…いぃ…私も…舐めたい…一緒にぃ…舐めさせて…」
佐知子の割れ目を舐めながら服を脱ぎ捨てた私…
男上位のシックスナインに…
佐知子の顔前には私の肉棒が…

「あぁ…凄い…ピクピクしてる…美優が好きになるのも分かる…私のよ…私のオチンチン…」
そう言って舌を這わせてくる…
口に入りきらないのか…味わっているのか…その舌技は私を悦ばせる…
互いの性器を貪る2人…
淫らな音だけが響く部屋…
いつまでも続けばいいと思うほどであった…
「入れて…欲しい…」
「何処に?…口に入ってるよ…」
「私のオマンコに…オチンチン入れて下さい…」
「欲しいの?…」
「欲しい…お願いします…」

「入れたら…佐知子は俺のモノだよ…ずっと…佐知子の性欲は俺が満たしてやる…一生…いいの?…」
「いい…満たして…満足させて…」
「他に契約出さない?…いつ来てもいいかい?…」
「いいわ…欲しいの…」
体勢を入れ替えた私…
ゆっくりと佐知子の割れ目に肉棒を這わせながら…焦らしてやる…
我満の限界だった佐知子…
自ら腰を動かし…肉棒を喰わえ込んでしまった…
「あっ…いぃ…凄い…抉られる…あぁ…いぃ…」
「いいのかい?…生の肉棒が佐知子の中に入ってくよ…1つに繋がってるんだよ…」
「いい…きつい…あぁ…」
ズブズブと挿入されていく肉棒を悦ぶ佐知子…

締まりも感度もすこぶる良い女…
早漏気味の佐知子…
狂った様に感じ…逝きまくる…
その仕草が余計に私を悦ばせる…
征服感が満たされていく…だが更に征服してやりたくなる女…
最高の玩具を手に入れた喜びが込み上げてくる…
美優とは比べるべくも無く…
佐知子をモノにする事しか考えなくなっていた…
卑猥な言葉を囁きながら…佐知子を蹂躙するかの様に責め立てる…

「佐知子には頑張って貰わないと…沢山仕事を発注してくれれば…その分会えるだろ…生の肉棒を喰わえ込ませてやれる回数も増えるよ…もっとエロくしてやれる…」
「本当に?…頑張る…素敵なの…駄目…離れたくない…」
「明日…道具は買いに行かない…来たら佐知子を犯してやる…ゴルフなんかどうでもいい…寝かさないから…」
「いい…嬉しい…したい…して…」
後少し…佐知子を完全に落とせば年間ノルマも楽して達成出来る…

草臥れた空気みたいな存在の古女房ともしなくて済む…美優みたいに飲みに行かなくても抱ける私にしてみれば若い女…
最早、佐知子を落とす事しか考えて居なかった…
私の肉棒を喰わえ込み…喘ぎ悶える佐知子を見ながら…逝かせ続けてやったのだ…
自らの淫汁で布団には染みが…
構わず逝きまくる佐知子…
白く透き通る様な肌は紅潮し…艶かしく輝きを放つ…
「佐知子…何処で逝って欲しい?…」
「何処で…もいぃ…任せるから…」
「本当に?…」
「いぃ…いぃよ…」
「顔にかけてやるよ…明日は中に出してやる…」
「いぃ…一緒に…また逝っちゃう…」

身体を震わせながら痙攣する佐知子…
激しく腰を振り…口を開かせた佐知子の顔に熱い精子を…
「全部飲んで…溢さないように…」
迸る精子を口に貯め…飲み込む佐知子の姿が…
「想像していた以上かも…癖になっちゃったかも…」
「んっ?…明日はもっとだよ…」
「うん…抱いて…いっぱい…」
「佐知子は本当に俺のモノになったのかな?…」
「何で?…」
「本当に俺の専属になるの?…」
「専属だよ…他の男は居ないよ…」
「そうか…なら子供作っちゃうかもしれないよ…」
「いいよ…」

「佐知子を未婚の母親にして…俺だけの女にしてやる…」
「エッチ…いいよ…これからどうするの?…もう2時だよ…」
「泊まるよ…」
「嬉しい…」
抱き付いて舌を絡めて来る佐知子…
そのまま抱き合い眠りについた…
目覚めると会社に行く時間…
化粧をする佐知子の後ろから抱き付き…乳首を弄ってやる…
「あっ…駄目…欲しくなっちゃう…」
「今晩まで悶々とさせてやる…」
構わず乳首とクリトリスを弄る私が居た…
我満出来なくなったであろう頃…
悪戯を止めて服を着る私…
不満そうに化粧をし、服を着た佐知子が居た…

佐知子を車に乗せ…会社に向かう…
佐知子の会社に送り届けた私は自分の会社に…
嫁に連絡を入れてやった…
「急な接待で会社に泊まったから…今晩から泊まりでゴルフに行くから、後でクラブ取りに帰るわ…帰りは日曜の夜になるからな…」
信用しきっている嫁は疑う事もしないで分かったかの様に…
これで佐知子の所に二泊三日できる…その間に佐知子を躾続けてやると思いながら居た…
午後になり…出掛ける私…
自宅にクラブを取りに行き、その足で佐知子の家に向かう…
夕方6時には佐知子の家の前に待機していた…
6時半…佐知子が帰って来た…
私の車を見付けると走って来る…
「早い…今開けるから…」
連れ立って部屋に入る2人…

玄関ドアを閉め…鍵を掛けた佐知子が抱き付いて来る…
「我満出来なかった…」
「そうなの?…二泊三日…日曜の夕方迄一緒に居れるけど…」
「嬉しい…」
「部屋から一歩も出さないかもよ…」
「いいよ…したい…繋がってたい…」
狂った獣の様に求め合う2人…
妖艶に乱れ…悶え喘ぐ佐知子…
何度も私の精を受け止め…淫らになっていく佐知子の姿…
食べる間も…寝る間も惜しんで求め合う2人…
佐知子は完全に堕ちていた…
何でも私の求めに応じる女に…
性欲を爆発させた佐知子の凄まじさとギャップは…私を悦ばせる…
止まる事を知らなくなった佐知子…
自らの欲望に身を任せ…私を悦ばせる事に没頭している…

あっという間の二泊三日だった…
「明後日はどうする?…クラブ買いに行く?…」
「行かない…ゴルフはもういいよ…抱いて欲しい…」
「そうか…いいよ…」
「あっ…明日なんだけど…3時に会社に来て…契約と、次の案件の相談が有るから…」
「毎日会うようになるかもね…」
「いや?…私は会いたい…」
「嫌じゃないよ…会うとしたくなっちゃうかもよ…」
「ふふ…もうしたいもん…」
「スケベな女だな…」
「そう思わせるのは誰かしら?…」
「さぁ?…何処の何方?…」
「もう…貴方しか居ないよ…」
「そっか…じゃあ明日ね…」
「待って…キスして…」
「嫌だ…したくなるから…」
と言いつつ…佐知子を抱き寄せ唇を重ねていた…

以来5年…佐知子は一児の母に…
未婚の母親として子供を育てながら部長職をこなす…
今では自宅に居る時間より…佐知子の家に居る時間が多い私…
妻には佐知子の事がバレたのだが離婚には至らず…火曜・木曜だけ自宅に帰る日常に…
今、佐知子と私は2人目の子供を作ろうとしている…
佐知子の会社には私の事はバレて居ないが…いつバレる事か…
佐知子の性欲は日々強くなるばかり…其に応える私…
時折…美優を交えての3Pも楽しみながら…佐知子に溺れる私…
素直な佐知子…
白く透き通る肌には真っ赤な縄化粧が良く似合う…

無毛にされた割れ目から滴る淫汁…
今では屋外からSMまで何でもこなせる様に…
私が佐知子を手放す事は無いだろう…
これ以上の女は居ないと思えるから…
41歳になった佐知子…
だがその若さは30代前半の様に…
乾く暇の無い肉棒…
毎夜の様に佐知子を求めて怒張し…欲望汁を吐き出している…

39+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR