エッチ体験談が11,000話を突破しました。

公園で話しかけてきた巨乳小学生に口内発射した

PR

日曜日、俺は近所の公園に散歩に出ることが多い。
目的は、そこに集まる人妻達を見に行くことだ。

生活の中でもまれている人妻達は自分の子供を連れ、井戸端会議なんというものをやっているみたいだが、普段着にもまして最近はすっかり夏気分なのか薄着が多く、日光に透けた下着やカラダのラインが妙にイヤらしい。

ふと見ると、公園の端の方で母親と来たというには少々大きな(小学校中学年くらいか?)ポニーテールにした女の子がしゃがみこんで遊んでいた。

何やってるのかな?俺は別に興味があった訳ではないが、背中を向けてゴソゴソと何かをやっているその子をぼーっと見ていた。。

どうやら、公園の様子を画にしているようだ。
小さめの画用紙に一生懸命書き込んでいる。
呆然と見つめている私に気が付いたのか、こちらをチラチラと見ている。

そして何を思ったのか突然立ち上がり、私の座るベンチの方に歩いてきた。

「あのぉ・・・」少女が私に話しかける。
「ん?どうしたんだい?」私が答える。

一瞬、少女の胸に目がいった。
最近の子は発育が・・というが、これは尋常ではない。
その辺の大人の女よりデカい?

しかもブラはしていないらしく、Tシャツ1枚の向こう側にある大きく張りの良い、しかし未熟な乳房の先がTシャツの一部分を押し上げていた。
(ガキとはいえ、スゴいな・・)そう感じている私に少女は言った。

「何か飲むものありますか?」
「え?飲むもの??」

街を歩く若者じゃあるまいしそんなもの持っているはずは無い。
しかし公園の端に公衆トイレがあって、そこに水道があるのは知っていた。

「あそこのトイレで水が出るよ」私は親切なオジサンだった。
「さっき、そこに行ったんだけど、届かないのー」少女は言った。

そうか、手を洗うならともかく、蛇口まで口を届かせるのはちょっと難しいか・・・。

ピンク色のTシャツに膝の上のスカート、化粧などしなくても、桃色できめ細かい肌の少女。

まるで親戚の子供・・とでも言うような気分で私は「じゃあ、オジサンが持ち上げてあげるよ」と言った。

「え?あ!そうか!ありがとー!」
少女は無邪気な笑顔を浮かべ、その場でピョンピョンと跳ねた。

と同時に、ブラで押さえられていない大きな胸はTシャツの中で大きく上下していたのがハッキリと見えた。

「行こう行こう!」少女に手を引かれ、私は自分の子供に催促されるようにトイレに向かった。
柔らかくて小さい手だった。

少女を見下ろすと、首元が大きく開いたTシャツからは少女の胸の谷間がハッキリと分かった。

私はそのとき初めて「直に見てみたい」と感じた。
しかも少女は無意味にも跳ねながら歩行をしている。

二つの乳房は、無規則に左右上下に運動し、その若さ故か、まるでバネのように反動している。
しばらく少女の胸に惹かれているうちにトイレに着いた。

少女はためらうことなく私の手を引き、女子トイレに入ろうとしていた。

「おっとっと!オジサンは大人の男の人だから、こっちで飲もうね」
私は手を引き、男性用に入った。

「そっか!パパといるときも男の子のほうに入るもんね」
可愛い子だ、何を言うときでも笑顔なのだ。

「ね!ね!届かないのー」
少女は蛇口に口を近づけるように身体を伸ばして見せたが、確かにもうちょっと・・という感じだ

手ですくって飲めば良いものを・・等と大人感覚の可愛くない考えを浮かべながら私は、

「よし、じゃあ持ち上げてあげるから、そしたら飲めるよ」
と言いながら、少女の後ろに回り腰のあたりを両手でつかんで蛇口に近づけてあげた。

前屈みになった状態で、なにやらきゃっきゃと喜びながら口を伸ばし、少女が水を飲みだした。
前屈みになっているだけに、身体のサイズの割に大きなTシャツの袖から、少女の乳房全体が見えた。

小さな乳首、それも大人の物とは違う発育途上の乳首だった。

しかし、大きさは一人前以上のものとなっており、ピンク色の乳首とは、まさにこれを言うのだなと思いながら、触るとどんな感触なのだろうか・・・と考えると、自分の股間にあるものが反応を始めていた。

「もいいいよー」少女がこっちを振り向きながら言った。
「そうかそうか、良かったね」

大人であることの理性を保っているだけに、優しく答えてあげる自分に背徳という文字がイタズラを始めていた。

「ふー、カラカラだったの、よかった~」
少女は満足そうに口元を手でぐいっとぬぐいながら言った。

「あれれ?これなぁ~に??」少女が指を指しながら言った。

指した先には私の股間があった、言われるままに自分の股間を見た私は、自分ながら動揺した。
勃起してしまっていたのだ。

しかも散歩だけに、スウェット地のものを履いていたので、硬くなった陰茎がハッキリとみてとれた。

「こ。これはね、男の人だけがなるものなんだよ」
なんだか答えにもならない言い訳をしている自分が恥ずかしかった。

「ふぅ~ん、パパのも見たことあるけどーこんなになってないのになぁー、不思議ー♪」

それ以上ツッコまないでくれ・・。
正直私は恥ずかしさの境地にいた、と同時に私のなかで悪魔がささやいていた。

(イタズラ・・・)
(いや、なんて事を、こんな子に)

少しの時間、意識が途絶えるような感じであった。
次に正気になったとき、それは衝撃の瞬間だった。

少女が私の勃起した陰茎をスウェットの上からとは言いながら手で触ったのだ。

性的な経験からは感じたことのないものすごい刺激が私の全身の神経に伝わった。

「ほんとだ!なんか硬いよー!痛くないのー??」
「オジサン、病気になっちゃったのー?」

少女は全くの好奇心から、私の勃起部分を揉みしだくように触り矢継ぎ早に質問を浴びせてくる。

(もう限界だ・・・)
私の理性はリミッターを過ぎた。
そして心の中で増殖を始めていた悪魔が言わせた。

「オジサン、硬くなると痛いんだよ、お嬢ちゃん治してくれるかい?」

無理に作った優しい笑顔を見た少女は迷うことなく答えた。
「うん!いいよ!どうやったら直るの?」

私は少女の身体が発している甘い体臭を感じながら悪魔にささやかれるままに少女の手を引いて一番奥の個室に連れて行った。

奥の部屋は洋式の便座であることは知っていた。
私は便器に蓋をし、そこに腰掛けた。
少女は相変わらずの笑顔でキョトンとした目で私を見つめていた。

「じゃあ、まずは上のシャツを脱いでみてくれるかい」
既に性欲の虜となった私の内面には、ありとあらゆるイタズラの方法が思い浮かんでいた。

「うん、でも恥ずかしいなぁ・・脱いだら痛いの治るの?」
少女らしいはにかんだ笑顔を見せながら少女は大きめのTシャツを脱ぎだした。

少女とは言いながら、まだ幼女と言える女の子の腹部の形状が目の前で晒されている。

次第に上げられていく少女のTシャツの下から、この女の子には似つかわしくないような巨乳があらわになってきた。

下着をしていない乳房であったが、その大きさ故の重みで垂れることなどは無く、ピンク色の乳首は若さを誇示するようにツンと上を向いていた。

「脱いだよー!」
シャツの下から出た笑顔の少女は幼いながらに恥ずかしい様子をうかがわせていた。

「次はどうるのー?」
私は感じていた。
私の背徳の欲望に洗脳された陰茎は既に淫らな液を吐き出し始めていたことを。

「じゃあ、こちに来てごらん」
「うん・・・で?」
「ちょっとおとなしくしていてね」
「うん」「触るの?」
「そうだよ。優しくするからね」

私は少女の乳房を下から揉み上げるように優しく両手で包み込んだが、こんな幼い少女の乳房でありながら私の両手には収まりきらない大きさに成長していた。

正面から乳房を掴んでみる。
全体を掴んでみたいために大きく開かれた私の指の間から、少女の乳首が覗いていた。

「なんか変な感じ、うふふふ」
「ここ触られると、どんな感じがする?」
私は親指と人差し指で彼女の小さく桃色の乳首を優しくつまんでみた。

「きゃはっ♪」少女の身体が小さく震えた。
こんな幼い少女ながら、乳首は十分に感じることができるようにまで発達しているようだ。

「両方してみようね」私は両手の指で乳首をつまんでみた。
「うふっ、きゃはは♪」
両腕をよじって少女はくすぐったさを感じていた。

「オッパイ大きいね」私は正直に思ったことを口にしていた。

「うん、クラスの舞ちゃんと私だけこんなに大きいの」
「じゃあ男の子に触られる?」
「うん!山口君とかに触られるのー」困った顔をした。
「ブラとかしないの?」私は少女の胸を揉みながら時として指先で乳首に軽い刺激を与えながら聞いていた。

「ママがそろそろ付けないとねーって言ってるけど・・」
「あれ、なんか苦しそうだからイヤなの・・・イヤだなぁ」
「そうかー、でも大きいと揺れるから大変でしょ?」

私の問いに少女は恥ずかしがることなく答えてくれていた。

「うん、そうなのー、走ったりすると先が痛くなるの」
「そうかぁ、痛くなるのか・・かわいそうだね、よしよし」

私は同情するような顔を見せ、少女の乳首に顔を近づけかわいらしい乳首に口を付けた。

口の中に乳首を優しく吸い込み、舌先で乳首をゆっくりと転がす。
「いやはっ・・うんっ」少女が初めて「感じる」という仕草を見せた。

私は手のひらで乳房を掴み、乳首をさらに吸い、徐々に激しく舌先で乳首を転がしていると、次第に乳首は硬くなり始めていた。
(やはり、子供とは言え「女」なのだな)

私は次に何をしてやろうかと試行錯誤していた。

「ねぇねぇ、硬くなって痛いの治った?」
少女の言葉が私を決断させた。

「うん、これは特別な方法じゃないと治らないんだよ」
「どんな方法?」

「君の可愛いお口と手で治してくれるかい?」
「えー?どうやるのー??」

「やってくれる?」
「うん、いいよ!できるかなー?」

「大丈夫だよ、やってみてね」
「はぁ~い♪」

可愛く片手を挙げる少女。
同時に手を挙げた方の乳房が軽く持ち上げられる。

私は、おもむろに自分の下着ごと下半身を露わにした。
鋼鉄のように硬くなった陰茎が天を向いて飛び出してきた。

「わぁ・・硬くなってる!痛い?大丈夫?」
「うん、とっても痛いんだよ・・・」

「どうやったら治るの?」
「じゃあこっちに来て、ここに膝をついて」

少女はトコトコと近づき、便座に座って大きく開かれた両足の間にちょこんとひざをついた。
少女の目の前には、自分でも信じられいくらいに勃起した陰茎が、今か今かと刺激を待っていた。

既に亀頭の先からは、透明な液体が流れ出していた。
少女は何も言わずに、だた初めて見るものに興味を示し両手を恐る恐る伸ばしてきた。

「そうそう、ちょっと触ってみてごらん」
「うん・・・・」

初めて目の当たりにする大人の男の勃起した陰茎。
かすかに震える少女の指先が私の男根に触れる。

快感・・いやもうそんな言葉では言い表せない。
白く大きな乳房を露わにしたあどけない少女が私の陰茎を握っていた・・。

そう、恐ろしいものを触るようにオドオドとしながら、

「どうしたらいいの?」
ちょっと顔を赤らめた少女は自分が恥ずかしいことをしているのが分かるのか先ほどのような笑顔は消えていた。

ここまできたら、もう後戻りはできない。

「この硬くなった先の方をペロペロしてみて」
「うんとね、この・・そう、先のここのところ」
「ここ?うんわかった・・」

少女が上半身を傾けて頭を股間に深く入れてきた。

少女が口元を陰茎に近づける・・。
と同時に少女の可愛い唇がそっと開いてくる。

開かれた小さな唇の奥から、小さな、そしてわずかに濡れた舌が出てきた、その舌の先には私の怒張した陰茎がある。

舌先が陰茎に到達したとき、私はついに悪の仲間入りを感じた。

「うんとね、そうやって、その辺りをペロペロしてごらん」
言われるがままに少女は舌先をうごめかせる。
陰茎を通じて走る快感に私は溺れていた。

不意に、少女が右手で私の陰茎の根本を握った。
前傾姿勢に疲れたのか・・。

少女の小さな柔らかい手は私の硬直を握りきるにはあまりにも小さかった。

「そう・・・握った手をこうやって・・」
私は陰茎を握りしめた手を上下に動かして示した。

少女は舌を動かしながら私を見上げ、コクリと小さく頷いた。
すばらしい光景ではないか、たまらない快感ではないか。

私はもう止まらなかった。
「こっちの手を・・そう、こっちの手はここのところに添えて」

私は少女の左手を陰嚢に持っていき、下から持ち上げ包み込むようにやってみせた。

「優しく握るように動かして」
彼女は上半身を晒し、巨乳が重力に引かれている。
彼女の左手は陰嚢を揉み、右手は陰茎を上下に擦っている。

そして彼女の舌は亀頭の裏側を這い回っている。
もうこれだけでも背信であろう。

しかし私はさらなる欲求に襲われていた。

「じゃあ今度は先の方から口の中に入れてみて」
「歯があたると痛いから気を付けてね」

ぐふっ・・さすがに少女の唇には大きい。
しかし私は少女の頭を押さえ、躊躇する彼女の口の中に陰茎を押し込んでいった。

「ぐむっ・・うう・・」彼女の顔が苦しさに歪んだ。

しかし、彼女が口を話すことはなく何とか口の中に納めようとしていた。
(可愛い、可愛いすぎる・・もっとイタズラしたい)

教えるわけでもないのに、彼女は口内に入ってきた陰茎を舌先で刺激してきた。
(おうっ・・たまらん)

小さな舌先が、陰茎の先から尿道口の中まで入り込んできた。
彼女は大きく口を開き、大人の陰茎をくわえ込んでいる。

限界まで開かれた口・・・張りつめた彼女の頬を見ると、口の中で一生懸命動いている舌の動きが分かった。

ぎこちない動きであり、時として歯が当たったりもしたが、それを払拭するだけの十分な快感であった。

さすがに亀頭しか入らない彼女の口内であったが、彼女の右手はそれをサポートするように男根を上下に擦っている。

「そうそう、頭を動かして、硬いのを出したり入れたりして」
ちょっと考えたような顔をして、彼女は自分の頭を上下に振りだした。

口いっぱいになっているだけに、じゅぽ・・くちゃ・・かぽ・・という淫らな音がトイレの中に響いた。

「もっとこっちの手を早くして」
陰茎に被さるように頭を動かしていた彼女が一瞬、くわえたまま私を見上げた。
(う・・その目がたまらん)

そしてまた頭を動かし出した彼女であったが男根を擦っていた右手の動きが強く、早くなった。
(い・・いかん・・・イきそうだ)

もう限界であった。
どちらかというと長く持たせることができる私であったが、この感じはガマンできないようだ。

考えるまでもなく私は少女に言っていた。

「口を開けて上を見て」
え?もういいの?という不思議そうな顔を見せた少女のあごを持ち上げて、私は便座から立ち上がった。

跪いた少女は言われるがままに、顔を上に向けて小さな口をいっぱいに広げてこっちを見つめている。

「舌を出して・・そうそう・・そしてペロペロしてね」
私は上を向いている少女の口に爆発寸前の陰茎を持っていき出された可愛い舌の上に乗せた。

少女は訳も分からずに乗せられた陰茎をペロペロと舐めだした。
(おおうっ!!出るっ!!)

次の瞬間、私の亀頭の先から大きく開かれた少女の口の奥めがけて精液が飛び出した。
その量は半端では無かった。

ビュッ!ビュッ!ビュッ!とどまること無く精液は弾き出された。

少女の口内はあっという間に私の精液で満たされ、それでも足りなくて口の横からこぼれ落ちた。

まさかそのような物が出てくるとは思っていなかった少女は驚きの顔をしたが、想像を超えた事態に身体が硬直したのか、ぶるっ!と軽く震えただけで身動きしなかった。

何度も跳ね上がる感覚と共に、射精はやっと収まってきた。
しかし、いつもならダランとしてしまうはずなのに今日は硬くなったままだった。(こんな事もあるのだな)

少女がパチリと目を開け、こちらを見た。

彼女は「どうしたらいいの?」というような表情をして私を見ているので、

「それは飲んでくれないと、オジサン治らないんだよ」と言うと、これ苦いのに・・・といった困った顔をしながらしぶしぶ可愛い唇を閉じ、口先に溜まったドロドロとした液体を喉の奥まで移している様子を見せた。

そして、わずかにうつむき加減になり「えーん」とでも言いそうな可愛らしく困った顔をして見せた。

次の瞬間、ゴクリ、ゴクリ・・と、彼女の喉が可愛い音を出した。
「にがぁーい!うー!!」何とか飲み干した少女が私を見上げた。

その口周りにはドロリとした精液の残りと、口から溢れたものが口を伝って彼女の大きな、そして幼い胸に糸を引いて垂れていた

77+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR