『高1生の大人しい真面目な女の子』の話

ぴゅあらば

グレたPOOHさんさんから投稿頂いた「『○1生の大人しい真面目な女の子』の話」。

僕は一人っ子で育ち、高校は男子校。文化祭で知り合った女子高生とお付き合いしたことがありました。家では母がお店をやっていました。その母が、僕が高校一年生の時結核にかかり、遠くの病院に長期入院しました。祖母がお店を切り盛りするために来てくれましたが、父との仲が悪く、親戚も年寄りを使うなと言ってきていました。

高校二年生の夏もまた、母が別の病気で入院。結局僕がお店を切り盛りするハメになりました。夏休みだというのに何処へも行けず、ただ店番と店の切り盛り、学校の宿題に精を出していました。

申し訳ないと思いながらも、当時付き合っていた女子高生に僕の家に来てもらって、一緒に宿題をやったり、テレビを見たり、喋ったりしていました。その女子高生も真面目な子です。それでも、ずっと一緒に同じ屋根の下にいると、お互いに何となく良いムードになり、キスやハグをするようになりました。彼女の方も嫌がることなく、電車に乗って僕の家まで来てくれていました。

彼女は女子高に通う女の子で、色の白い、身長153~155くらいの少し大人し目の子でした。彼女と仲良くする中で、だんだんエスカレートして大胆になり、お互いの身体を自然に求めるようになりました。彼女の方も嫌がるどころか、夏だったせいもあり、薄着や露出の多い服、時には短いスカートを履いていました。 それでもそこは当時の高校生。しかもお互いに真面目で、ウブな者同士。なかなか、H(sexのこと)にまでは恐る恐るで到達せず。お互いにそのことが頭にあるのに、体験の無い未成年で、行動に移すことが出来ませんでした。

ある日、プールか海に一緒に行って、羽根を伸ばしたと思います。帰りに僕の家へ二人で直行して、水着の上から服を着て急いで出てきて身体が気持ち悪いので、お風呂に入って身体を洗おうということになりました。 僕の家は狭い家。母は入院。父は仕事。兄弟はいません。出かけた時は、店のシャッターを閉めていました。誰もいない家に帰ってきて、玄関からすぐに居間に入りました。所謂お茶の間で、二階もありましたが、此処でテレビを見たり、勉強したりしていました。

隣に台所と続きでお風呂がありました。お風呂に行くには、台所を通らないといけません。何となく一緒に台所へ向かいました。一つ年下の女の子だったので、いつも何となく僕に付いてくるという感じでした。その時も、プールバッグを持ったまま台所まで付いてきました。打ち合わせも何も無かったのに、一緒にお風呂に入る感じになりました。まだ昼間だっただったので、薄明るく、台所の蛍光灯はついていませんでした。

お風呂場の扉の前には冷蔵庫があってその前にきた時、抱擁がありました。暫くそうしていましたが、ずっとそうしているわけにもいかず、僕は上の服から脱ぎ始めました。彼女は一瞬、「ハッ」のような小さな声を上げたと思います。下を向いて俯き加減になったと思います。僕がズボンまで下ろした時、彼女も上の服から脱ぎ始めました。僕は自分のお尻の方を彼女に向け、水着を下ろして脱ぎました。後ろから彼女が抱きついてきました。僕は心臓がドキドキしてしまって、彼女のことを思うと無理強いするつもりなんて全くなく、でもお互いにいつか来る難門で、この日ばかりは泳いできて気持ちも高揚し、もっと仲良くなりたいというような感じでいたと思います。

ヤラシイ感じでは無かったと思います。そもそもお互いにウブで、真面目な性格だったので、性に対するテクニックも何もあったものではありません。だから、物凄い純粋で、ゴールは仲良くなること、お互いにもっと知ることしか無かったように思います。

「私の水着も脱がして!」この時の彼女の小声は今もなお、脳裏に焼きついています。恥かしさと好奇心、自然な流れで此処まできてしまって何となく逆らうことの出来ない見えざる神の力。彼女がこの時ばかりは、あまりの恥かしさで、自分で水着を脱ぐことが出来ないんだなっとすぐに理解出来ました。僕の方も男とはいえ、まだ高校二年生でしかも一人っ子で育ち、男子校に通っていましたから、凄く恥かしかったです。彼女も、名門女子校に通い、男子との交わりが全くない子で、年齢的にもまだ高校一年生ですから、その恥かしさといえば、今から考えても想像を絶します。

抱きつかれたまま僕は向きを変えて、向かい合わせになろうとしました。そうしないと僕の性器が見えますし、その時には多分ペニスは勃起していたと思います。手で押さえていたかもしれませんが、彼女の両肩越しから背中部分の水着に手をかけ、下ろそうとしました。水着は当時流行りのハイレグっぽい肩に紐のない、上半身から下半身まで繋がっているタイプだったと思うのですが、水着に関しては記憶が曖昧です。ペニスが彼女の足かお腹かに当たっていたと思いますが、彼女は何も言わずに黙っていました。

嫌がらずに、よく頑張っていたと思います。彼女に、「いいの?」か「大丈夫」だか声をかけたら、彼女はコックリと頷いてくれました。髪の毛が頭ごと胸にぶつかってきましたから、それが分かりました。泣いているようにも見えました。出来るだけ優しく、水着をさらに下まで下げました。横にも広げながら。水着を腰近くまで下げたら、彼女の胸が見たくて、彼女の顔を覗き込むように上から見ました。色白な中に小ぶりな乳房、もっと眼を凝らすと、ピンク色の乳輪と小さな乳首が見えました。もう彼女のことが愛おしくなってしまって、思わずぎゅっと抱きしめて、キスをしました。そのまま胸を吸いにいこうとしましたが、さすがにこれは、「水着を脱がして!」という言葉で断念しました。

胸を吸われるのを彼女が拒否して、水着を脱ぐ方を訴えたのは、今なら分かる気がします。でも、当時は分かりませんでした。ちょっと意外な展開に戸惑いました。しかし意を決して覚悟を決めた彼女の気迫に圧倒されました。男として嬉しい気持ちも正直あったように思います。軽蔑されるかもしれませんが。

僕も意を決して、彼女のお尻辺りの弛んだ水着の後ろをゆっくり、膝を曲げながら下ろしていきました。見たことのない彼女のお尻の肌が、彼女の腰から斜交いに見えてきました。更に真っ白な肌でした。だんだんと水着のゴムを指先に感じながら、お尻よりもう少し手前に手を持ってきて更に下げていきました。とうとう水着は、全て彼女の太腿辺りまで下がって、彼女の性器を見ることが出来ました。何しろ初めて見たので、色々な気持ちが交錯して凝視することが出来ませんでしたが、面積は狭いながらも5~6センチくらいのしっかりと陰毛が生えておりました。男としては、僕がまじまじと見ているならば彼女が可哀想なので、早く次の行動に移ってあげようと思い、そこからは素早く水着を全部脱がして、お風呂の扉を開け、彼女の肩か背中辺りを押しました。

背中を丸め、両手をXのようにして胸を隠すようなしぐさ。当たり前ですよね。まだ恥ずかしいままです。お風呂場の電気は点けたと思います。とは言っても、黄色電球にカバーのついた照明、外からの光で薄明るく、窓も少し開けたように思います。 この彼女はとにかく大人しく、一つ下だったからか、可哀想なくらい従順。血管が見えるような白いお尻を見ながらお風呂の中に入りました。そこからは、湯舟に浸かったり、洗い合いっこをしていたと思います。お風呂に入る前のことの方が、記憶に残っていますね。 お風呂の中では、会話の方が記憶にあります。ざっと、こんな感じ。

「こんなお風呂場でゴメン。ムードないよね。」
「いいのよ。」
「自宅まで来てもらっているけど、大丈夫?駅から遠いでしょう?」
「平気。お陰で宿題は捗っているわ」
「お店があるから、付き合わせて・・・お陰で助かっているよ」
「映画とかショッピングとか付き合ってもらうわ。借りは返してもらわないと(笑)。」
「とうとう裸になっちゃったね」 「・・・(恥かしそうに)」
「いつから生えてたの?(Hな質問をせずにおれないくらい興奮していました)」
「中学の時には、・・・ちょっと分からないわ。あなたは?」
「僕は、中1の時!ゴメンね、大きくなってしまって・・・」
「うん、さっきから何でって思ってた。オシッコがしたいの?」

このあたり、全くウブな女の子だったんですね。さぞ驚いたと思います。
「実は、女の子とかを見て意識するとこうなるんだよ。今、君の裸を見て物凄く興奮してしまったんだ。ゴメン。」
「あの~触ってもいい?」
「君ならいいよ」 「あったかい!硬いのね。」
「・・・。本来は、柔らかいんだけど。触って嫌じゃないの?」
「好きな人のを触ってそれはないわ」

そこからもう夢中。お風呂から上がってキス、抱擁。しかし、彼女の胸を吸ったり、SEXはせず。このあたりが、お互いにウブで勇気も知識も無かったんですね。

こんなに好きだった彼女、今はどうしているのかな?実は、あの後も続いていたんですが、学校が始まり、勉強も忙しくなって、だんだん疎遠になってしまったのと、お互いに新鮮な人を求めていたのか、別れてしまいました。自然消滅だったので、お互いに後腐れもなく、制服の校章の入ったバッヂだけ何処かのタイミングでもらいました。僕も何かあげたと思いますが、覚えていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 821記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。