エッチ体験談が11,000話を突破しました。

入院中に看護婦さんに小便のお世話をしてもらっていた

PR

入院中に看護婦さんに小便のお世話をしてもらっていたときのエッチ体験談。

今から3年前のことです。
その頃でも、30歳は過ぎていました。

夜遅くに、スクーターに乗り、近所のコンビニへ煙草を買いに出かけました。

煙草を買い、コンビニの駐車場で、一服して、
家に帰ろうと、スクーターのエンジンを掛けようとした時・・・・・

気が付いたら、病院のベットでした。
後から聞いた話しでは、スクーターに跨った時に、
飲酒運転の軽自動車に、突っ込まれたそうです。

コンビニと言うことで、目撃者も多数居たので、
呑気に気を失っていても、その後の処理は、とんとん拍子で、進みました。

しかし、右足の膝・大腿骨。そして、左手首と右肩を骨折。
手首と膝は、重症で、手術をしました。

初めの一週間は、小便の管を通されて、毎日のように、医者や看護婦さんに弄くられました。

仮性包茎なので、それは恥かしいものです。
その管が取れてからは、尿瓶・・・・

両の手を動かせない状態なので、これも看護婦さんのお世話になる。

大小あわせて、一日に何回も、手に持たされたナースコールのボタンを押さなくてはなりません。

担当の看護婦さんは、俺よりもうんと若いので、恥かしくてなりません。

俺の場合は、皆さんのように、Hな関係にはならなかったのですけど・・・・
こうして、尿瓶でや、ちりとりのような、便採取器??での生活にも驚くほどの短い日数で、順応できるものです。

している時など、看護婦さんと普通の会話ができるように、なってしまうのです。
しかし、3週間が過ぎた時、事件が起こりました。

次の月の初めに、ボルトだかワイヤーの手術を控えた時です。
夜中の12時に、小便を取ってもらい、眠りにつきました。

しかし、少しすると・・・・股間のあたりが熱いのです。
カーテンの隙間から、入り込む街灯の灯りに映ったものは、担当の看護婦さんでした。

入院着の裾を捲りあげ、俺のペニスに、唾液を垂らしながら、その小さな手で、優しく扱いてくれているのです。
普段は決して見せることの無い、淫靡な表情です。

何週間も射精してないので、あっという間に果ててしまいました。
しかし、ペニスは、萎む事もなく、元気です。

今度は、その口の中で・・・・肛門への刺激も堪らず、再び射精。
余りの気持ち良さに、目を閉じて、ぐったりとしていると、
看護婦さんは、何も言わずに、出て行ってしまいました。

俺も、そのまま眠りに就いて・・・・・・
次の日の朝、看護婦さんに、起こされました。

「よく眠れましたか?」いつもの、元気な笑顔です。
「はい。」と、こちらが恥かしくなり、赤くなってしまいました。

「それでは、もう出たいでしょ??」と、尿瓶を片手に、微笑んでいます。

また触ってくれるのか~~と、今度は、いつもと違う、感情を抱いてしまいました。

「え??何これ・・・・」看護婦さんは、驚いたように、俺の股間を見つめています。
そうです。この年になって、夢精をしていたのです。

毛も、肛門も、精子でガビガビです。
看護婦さんは、少し笑いながら、慌てて、濡れタオルを取りに行きました。

そして、戻ってきたときには、もう一人のベテラン看護婦さんと、二人です。
その二人に、冷やかされながら、肛門や、毛の一本一本まで、拭いてもらいました。

その、30過ぎのベテラン看護婦は、笑いを堪えながら、
「どんな夢を見て、こんなにまでに、なっちゃったの??」と、冷やかされました。

俺の方は、とっさに、担当の佐藤さんを見てしまい、また冷やかされました。

そして、それからは、毎朝、佐藤さんは、入院着の裾を捲って、冷やかします。
でも、その後の入院生活にも、佐藤さんとはHな事はなかったのですが・・・・

13+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR