思い出と現状…姉とアナル

ぴゅあらば

金太郎さんから投稿頂いた「思い出と現状」。

S学校2年の頃のお話です。私(男)には3つ上の姉がいます。
私は女性のお尻が大好きで、それは子供の頃から変わっていません。
ある日公園でHなマンガ本を見つけ、中を見てみるとアナルSEXする内容でした。
当時はSEXについて無知でしたが、何故かとても興奮してしまいました。
そこに姉がたまたま通りかかり、一緒に読んだのを覚えています。

その日から姉と毎日、家族に隠れてお尻の穴を弄り合いました。
父親は毎日仕事で帰宅が遅く、母親も週に平日はパートで夕方まで帰宅しません。
週に5日は学校から戻ってから18時くらいまでの姉と2人きりの時間に。
終末は公園のトイレや、子供部屋(姉と同室)で音を立てないように注意してやりました。
弄り合う時は当然ながら下半身は裸になります。

姉は指で肛門を触ってくる程度でしたが、私は肛門に直に鼻をつけて匂いを嗅いだり表面を舐めたりもしました。
最初の内はその程度で満足でしたが、徐々に行為はエスカレートしていきました。
数か月後には姉の肛門に人差し指を入れたり、ペニスを擦り付けたりしていました。
だけどまだペニスを挿入する事は頭にありませんでした

何故ならマンガのHシーンは挿入部分が真っ白に修正されていたから。
当時の知識では挿入すると言う事が分かってなかったんです。
そんな関係のまま1年が過ぎたある日、偶然父親の無修正ビデオを発見。
姉と2人で見ましたが、ビデオの中ではアソコと肛門にペニスを入れてました。
3Pのビデオだったんです。

初めてペニスはアソコや肛門に入れるものだと理解しました。
その日からは姉のアソコも弄るようになり、姉もフェラを練習するようになりました。
そしてその年の大晦日、親戚が我が家に集まり大人達はお酒を飲んでいました。
私達も遅くまで皆と話してましたが、両親に早めに寝て翌日の初詣に備えるよう言われました。
2人で部屋に戻り、しばらく大人達の様子を伺って安全を確かめました。

まだまだ宴会は続きそうだったので、姉と2人でいつものように弄り合いを始めました。
ただ、いつもと違ったのは2人で全裸になったことです。
部屋の鍵を閉め、部屋の明かりをオレンジ球だけにします。
薄暗い中でキスしたりシックスナインをしました。
全て父親の無修正ビデオで勉強して覚えました。

当時は仮性包茎で、勃起時に剥く事が出来たので行為に支障はありませんでした。
一度宴会途中で誰かが部屋の前まで来て様子を伺っている雰囲気を感じましたが、出来るだけ音を立てないようにしていたので寝てると思ったのかすぐに立ち去りました。
誰かが立ち去った後、ついに姉とSEXをしました。
来年から中学に上がる姉はSEXの事を理解していたと思いますが、コンドームなど買えるはずもなく生で受け入れてくれました。
最初は上手く入らず何度も滑って失敗しましたが、姉が手でペニスを固定してくれたお陰で無事にアソコに挿入出来ました。

何度も指を挿入していたせいか、あまり姉は痛がりませんでした。
すぐに射精しそうになってしまい、しばらく動けませんでした。
ジッとしてても姉の中は気持ち良く、一度抜いてしまいました。
ちょっと落ち着いてから再び挿入。
2~3回腰を動かしましたが、気持ち良過ぎて我慢できずそのまま射精してしまいました。

姉は私をギュッと抱きしめたまま射精が終わるのを待っていてくれました。
射精が終わって小さくなったペニスを姉はフェラで綺麗にしてくれました。
翌日は初詣に行った後、家族でマッタリと過ごしました。
正月3ヶ日が終わり、4日から両親とも仕事初めで朝から仕事です。
両親が家を出るのを見送り、玄関から見えなくなるとすぐに中に戻ります。

鍵を閉め、玄関でキスしました。
靴下を玄関に脱ぎ捨て、廊下にズボンとスカートを脱ぎ捨てます。
居間でパンツを脱ぎ捨ててシックスナイン。
キッチンで上着を1枚脱ぎ捨てて肛門を舐めます。
両親の寝室でシャツを脱ぎ捨てて肛門にペニスを擦り付けます。
トイレに姉のブラジャーを置いてフェラ。
一緒に風呂に入り、私達の部屋のドアにバスタオルを掛けてから入室。

家中にわざと脱ぎ散らかす事で、万が一の時に片付けが間に合うのか不安なのが興奮します。
もう一度シックスナインをした後、この日は姉の肛門に挿入しました。
かなり苦戦しましたが強引に挿入したので痛かったらしいです。
私も締め付けられて痛かったので数回動いて抜きました。
もう一度風呂に入り、部屋に戻ってバックでアソコに挿入しました。
まだ2回目なので、やはりすぐに逝ってしまいました。

でもこの日は出す直前に抜いてお尻にかけました。
それを姉は手でお尻の穴とアソコと胸に塗り伸ばします。
そして精子まみれの姿でペニスをフェラで綺麗にしてくれました。
3度目の風呂に入り、上だけ服を着て下半身裸のまま母親の帰る時間まで過ごしました。
ただ、予想よりも1時間くらい早く母親が帰宅したのには焦りました。
車の音が聞こえて急いでパンツやズボンなどをかき集め、部屋に戻って慌てて着ました。

冬休みが終わるまで毎日姉と情事にふけり、SEXも家中でやりました。
でも一番興奮したのは冬休みの最終日です。
朝両親が出た後、玄関の鍵を閉めずにその場で全裸になってSEX。
そして夕方母親が帰宅した後、夕飯の準備を始めたのを廊下で確認。
キッチンからは死角になる所でフェラしてもらう。
夕飯が終わって片付けが済んで両親が居間で寛いでる時、私達の部屋のドアを全開にしたまま下半身だけ脱いでその日2回目のSEX。
親がいる時間にするスリルがたまりません。

姉が高校卒業するまで自宅でSEXを続け、その後姉は一人暮らしを始めたので私が姉の所に通ってSEXしました。
今は私も家を出て、姉と共に暮らしています。
子供は作っていませんが幸せです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ナオキ より:

    エロい。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 921記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。