不倫…バイブをおまんこに入れてください!!

ぴゅあらば

鈴木美香さんから投稿頂いた「不倫」。

不倫相手の亮に連れてこられたのは某都市でした。その部屋には亮の「先輩」という男が待っていました。
「先輩、こいつが由美ですよ」
ベッドと、椅子に座って先輩が座っており、テーブルの上には大型のバイブが置いてありました。思わず、「いやっ」と言っていました。

「由美、これおまえ大好きだろう。先輩に入れてもらえ」
「え?いやあ、いや、亮・・・・」
ベッドの上に亮と一緒に座らされ、亮が私にディープキスをしながら服を脱がせ始めました。
「いやよ、いや・・やめて、亮」
抵抗したのですが、
「お前、最初はいつもそう言ってな。そのうちアヘアヘ言い出すくせにな」
「やだったらあ」

しかし、あそこはもうぐっしょりと濡れています。亮にパンティを外され、あそこを触られ、ぺちゃぺちゃといういやらしい音をさせながら、
「いやってなんだあ!この音は!」
「はあーん、いや、恥ずかしい・・」
亮はすでに全裸になった私の身体から身を離し、
「そうか、嫌なら今日は家に帰ろう。帰るぞ!」
と、どうしようもなくあふれ出ているのを知っていて、わざと言うのです。

「あ・・いや・・いやよう・・」
「嫌なんだろっ、それとも俺と先輩に犯されたいのかよ」
身体が抵抗できず、こくっとうなずいた私を、亮は、
「よし、こっち来い」
と、私を自分が座っている体の上に乗せ、私の両足をつかみ、先輩の前で大開きにしました。

「ああっ・・・!」
恥ずかしさといやらしさで頭の中が真っ白になりました。
「さあ、由美、何が欲しいんだ、言ってみろ、どこに、何を入れてくださいって先輩にお願いするんだ」
「ああ・・いや、いやあ・・」
「嫌か?いやなら帰ってもいいんだぞ、どうするんだ」

「ああ・・バイブを・・おまんこに入れてください・・・」
消え入りそうな声でやっと言うと、
「なにいっ、聞こえないだろうっ」
と亮が叫びます。
「ああっ、バイブをおまんこに入れてください!!」

大声で叫ばされ、
「よし、じゃあ先輩」
と合図する亮。先輩はぎらぎらした目でバイブを入れたり出したりを始めました。
「あっ、ああっ、あっはーーーん・・・」
激しい快感の中、大きな喘ぎ声を出す私。

「亮、この娘、すっげーいいよ」
先輩のそんな言葉も嬉しくなってき、より一層喘ぎまくる私でした。

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 956記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。