エッチ体験談が11,000話を突破しました。

痴漢されてあやうく挿入されそうになった

PR

痴漢されてあやうく挿入されそうになったときのエッチ体験談。

15年ぶりの女子校の同窓会の帰り、少し酔って電車に乗りました。

電車に入るなり後ろからされ私の正面にいた男の人にぶつかる様に奥へ入りました。

男は、私のロングコートに手を入れて腰を持って抱き寄せるように密着してきましたが混んでいて逃げられませんでした。

コートで男を包む様な形になりイヤな感じがしました。
男は、コートで見えないことを利用して、ミニスカートを腰までたくし上げてあそこを触ってきました。

すぐにパンストとパンティーをずらしに掛かり、
コートの中であそこがむき出しにされてしまい
下手に動くと周りの人にもあそこを見られてしまうので大人しくしました。(早業でした。)

今までにも生で触られた事はあります。

片手でなら腰を引けば濃厚なタッチはされないのですが
コートのなかで両手が自由に使えるので個室で玩具にされているのと同じでした。

お尻を固定されあそこの割れ筋を広げて指を入れてきます。
入れた指を曲げて外れない様にしてから
もう一方の手でクリトリスを摘んで刺激してきます。

これだけ好き勝手に痴漢されてしまうと生身の女ですから当然変になってきました。

男には私のあそこがヌルヌルになっていることは判っているはずです。
気持ち良いとは思いませんが体を火照らされて
あそこが男のあれを受け入れる準備が出来てしまいました。

再び、お尻を固定され密着してきた時、独特の肉感があそこを襲いました。

硬くなったアレを生で出して割れ目にあてがい入り口を探っています。
もし、入ったら逝かされてしまうかもしれない。

正直、電車を降りて男を無視する自信がありませんでした。
もう少し下にアレを下げられると入り口がるヤバイと思った瞬間、
ヌルと滑るように私のあそこが男のアレに串刺しになり、両手で腰を前後に動かされ完全に一体にされてしまいました。

電車が駅に着き男を振り払うように降りました。
助かった事に逝かされずに済み、射精をする前に終わってホットしました。

夏の薄着は、触られますが冬のコートは一歩間違えば犯されてしまうのを経験しました。
それ以来ロングコートは着ないようにしています。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR