五十路の美魔女車校教官は青姦が大好き!!

PR

月桂冠Takashiさんから投稿頂いた「五十路の美魔女車校教官は青姦が大好き!!」。
以前投稿させていただきました『五十路の美魔女教官を飲みに誘ったら…。』の続きです。

とある夏の日、自宅駐車場に停めてあったマイカーのフロントワイパーに何かラブレターっぽい手紙が挟まっていた。
以前、セーフティードライビング教室でお世話になった五十路の女性車校教官でセフレとなっていた秀子さんからだった!!
電番はもちろんメアドも住所まで教えており、あの日以降、冬にもラブホで2回絡み合った。

手紙を開けてみると、なんとどこかの浜辺で彼女の赤いふんどし一丁の裸海女姿の写真が入っていた。

妙にキマっている♪

しかしメッセージは入ってないので、彼女に連絡をしたら、またしても「しようよ!!」の返事だった。

待ち合わせ場所は、人里離れた岩場。

到着して秀子さんの車はあるものの、彼女の姿は見当たらない。

俺は人目が無い事を確認して全裸になり、おかしいなと思って探してみるといきなり喘ぐようなかすれた声で俺を呼ぶ声がした。

「あは~ん…。こっちよ~!!」

剣山のような尖った岩場に挟まれた死角で秀子さんは生きたタコ2匹を使って全裸でオナニーをしていた。

「遅いんだもん…。待ちきれなくてさぁ…。」

所々にタコの吐いた墨がかかっている。

海水でで洗ってあげた後、既にしょっぱくなっている彼女の身体を愛撫した。

チクチクする彼女のウニの如き陰毛の感触も俺をイキイキとさせる。

彼女のおっぱいに生きたタコを這わせる。

そしてもう1匹のタコの足数本を、彼女のアソコに挿入。

吸盤が大陰唇にあたる感触がすごくイイらしい。

「アヒーッ!!アヒーッ!!」と秀子さんは金切り声で悶える。

彼女をタコでくすぐりながら俺はフェラしてもらう。

50歳を超えながらも彼女のフェラテクも次第に上達してきた。

得意はお掃除フェラ。

歯を立てなくなったし、舌先をちゃんとカリと亀頭の先端にしっかり這わせるようになった。

秀子さんを岩に押し付けてタコをおっぱいと脇腹に這わせて、オレの肉棒に小さなタコの足を巻きつけて立ち姿勢で正常位で挿入。

「ヒッ…!!あぐぐぐぐぅぅぅ~…!!」

この「タコ足ツイストスペシャル」はちょっと強烈らしく、彼女も力んだせいか涙を流した。

「アッ…!!アッ…!!……。」

振動波のように彼女を突き上げる。

閉経しているのでもはや中出しはOKである。

真夏の炎天下、理性を失った俺と秀子さんの中年カップルは生まれたままの姿で磯臭い匂いにまみれながら「海獣セックス」を展開した。

実に開放的だ(^O^)

この続きはまた投稿させていただきます。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1359記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。