混浴での苦い体験

やべっちさんから投稿頂いた「混浴での苦い体験」。

彼女の真奈美と二人で初めて混浴に入ったときの体験をお伝えします。

真奈美は私が言うのもなんですが、スリムである程度背も高いモデル体系の28歳。顔もそこそこ美人なので簡単に言うとデパートの化粧品売り場で働いてそうな奇麗なおさんって感じです。そんな真奈美なので、私も混浴で男の目を集めることになるだろうとは覚悟の上でした。

私たちは2泊した2日目のチェックアウト/チェックイン時間の間を狙って混浴風呂へと向かいました。一応空いてるか再確認するためにフロントに寄り、立っていたスタッフの女性に問いかけました。少し恥ずかし気に”混浴って今でも入れるんですか?”と聞くと、女性は通りすがったおっちゃんに”今日混浴の清掃に入ります?”と確認してました。中年っぽい小太りのおっちゃんは”まだ一時間くらいは入らないよ”と私たちを見ながら答えて去っていった。

初日は男女別の風呂に入り、2日目に二人で人生初の混浴風呂に入るので、ドキドキしながら脱衣所へと向かいました。入り口に着き、扉を開けて中に人がいないことを見て二人でホッと一安心。早々と二人で浴衣を脱ぎ、真奈美は下着を棚カゴの一番下に押し込み、フェイスタオルで前を隠し、私の後ろに身を隠しながら着いてきました。私が先頭に温泉への入り口を開き外へとすすみ、彼女は直に”誰もいない?誰もいない?”と緊張しながら問いかけてきた。目の前の湯船には誰もいなかったので彼女も姿を現し、緊張も解け一目景色を楽しんでました。

洗い場がなかったので二人で桶に湯をくみ体を流して急いでるかの様に温泉に入りました。もちろんタオルを入れることはできないので真奈美は頭の上に乗せて二人でのんびり貸し切り状態をしばらく楽しみました。

しばらく最高の気分で景色を眺めながら浸かっていたら、脱衣所に誰かが入る音がしたので彼女は少し緊張した顔で自分の体が見えてないかチェックし始めた。しばらくして扉が開くと、一人の男性が”失礼しまーす”と言いながらのれんをくぐって現れました。良く見ると先程フロントにいた管理人のおっちゃんじゃないですか。私たちは軽く会釈をし、おっちゃんが何をしにきたのか黙って見てました。するとおっちゃんが、裏から脚立を運び、入り口付近の電球交換を始めました。ガチャガチャカバーを外したり脚立を動かしながらチラチラ目線を感じて、ムードは台無ししでした。

私は彼女にそっと”奥の温泉に移動しようか?”と聞くと彼女はうなずき二人で意を決して奥に移動することにしました。私が立ち上がり、彼女もタオルで前を隠しながら温泉から上がり奥へと進む。短い濡れたフェイスタオルで前を隠している真奈美ですが、どこまで隠しきれていたのか。それと、もちろん後ろは隠せません。

”ごめんなさいねー”とおっちゃんが私たちに言ってきたので私は”イエイエ”と振り返って愛想良く返しました。脚立の上から見てるおっちゃんの目は彼女に釘付け。手は作業してるかの様に見せてましたが、目線は真奈美の後ろ姿を舐め回すかの様にガン見です。

20メートル程離れた奥の温泉に着くと今度は先客がいるじゃないですか。”何でおじいちゃんが一人で何でいるんだよ”と思いながらも私はまたまた愛想良く会釈しました。彼女のことを遠慮なく拝見しながら”どーも”とおじいちゃんは挨拶してきました。彼女も恥ずかしがりながら挨拶をし、二人で入ろうとしましたが源泉掛け流しなので熱いのなんの。私は耐えながら無理矢理浸かりましたが、熱さに圧倒された彼女は自分を隠すことを諦め、苦笑いしながらゆっくり入らざるを得ない。片手で湯をすくいあげ、片手で股間を隠すような状態だったので真奈美のお椀型の小振りの胸はおじいちゃんが見放題でした。”若い子には熱いかもしれないね。私にはちょうどいいんだが”とおじいちゃんは遠慮なく真奈美の若い体をやらしそうに見つめてました。彼女もようやく胸まで浸かり、ホッとしながら川治の景色を楽しむことができた。おじいちゃんとも少し会話を交わし、想像していたシナリオとは少し違いますがその時を楽しんでいました。

しばらくすると、会話の途中でおじいちゃんがいきなり立ち上がり、前も隠さず平然と淵の部分に腰を掛けた。おじいちゃんの垂れ下がったムスコを見て真奈美は戸惑いながら私の方を向き、何もなかったかの様に会話を一生懸命続けてました。その後もおじいちゃんとの会話は続き、15分程浸かって熱さに耐えられなくなった私と真奈美は部屋に戻ることに。

二人で最後に挨拶し、私たちはさっさと脱衣所の方に向かいました。管理人のおっちゃんの姿もなかったので、のれんをくぐり脱衣所の中へと二人で入っていきました。

”おじいちゃん見せ過ぎでしょう?”と二人でクスクス笑いながら自分たちの棚カゴに着くと真奈美がすぐさま異変に気づきました。”あれっ?さっき一番下に入れたよね”と自分の黒いレースの下着がカゴと浴衣の隙間から出ていることを訴えてきた。私は直感的にあのやらしそうな管理人のおっちゃんがあさったと思いましたが、真奈美が後味わるい気分で帰って欲しくなかったので”本当に?気のせいでしょう”と流し、体を拭き始めました。

”えー、絶対隠したんだけど”と真奈美は言いながら下着を確認してました。何も変な液体が付いてなかっただけ良かったです。”早く部屋に戻ろう”と優しく真奈美に声をかけ、彼女も支度を始めました。

体を乾かし真奈美が下着をはくのに私に背を向けた瞬間、ガラガラっと扉が開き管理人のおっちゃんと下着に片足を通した真奈美がご対面。”あっ!ちょっと待ってください!”と真奈美は焦りながら変な発言をとっさに発し、下着を上げて恥ずかしさのあまり笑っていた。真奈美は私に背を向けて扉方向を向いていたので、突然入ってきたおっちゃんには小振りの胸とヘアーまで全部お披露目状態だったそうです。その上、ちょっとセクシーな黒いレースの下着を履いていたので相当恥ずかしかったとのこと。”あーびっくりした、誰もいないのかと思った”とわざとらしくびっくりした仕草で立ち止まりながら浴衣をカゴから出す真奈美の横姿を眺めてから去っていきまた。”ちょっと待ってくださいじゃないよね。超恥ずかしいんだけど”と苦笑いしながら真奈美は早々と浴衣を羽織り二人で部屋へと戻りました。

その日も泊まりましたが、混浴風呂には行くことなく、それが最初で最後の混浴体験でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ポチ君 より:

    え~やん。見せる位。混浴やから仕方無いで(笑)

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 771記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。