熟女芸人との逢瀬…目眩く快感に魅せられて

ぴゅあらば

高円宮さんから投稿頂いた「熟女芸人との逢瀬…目眩く快感に魅せられて」。

3年前の、まだ春遠き日に、長年連れ添った妻と離婚。
傷心にふける私を、古くからの友人が励まそうとして開いてくれたパーティーに、彼女が来ていた。
正直その時は、余り気にも止めていなかった。
浴びる程、飲んでいた事もあり、気にならなかったのだと思う。
友人宅で開かれたパーティーに、安心しきっていたのか、途中からの記憶は全く無くなっていた。
腕の痺れに目覚めると、誰かの頭が腕の上にあった。
触れる肌の感触から、互いに全裸でいることは間違いないのだが、状況が全く掴めないでいた。

誰とこうして寝ているのか、ここは何処なのか、戸惑いながら思い出そうとしていた。
女は背を向けたまま、私の左腕を枕に寝息を立てている。
触れる素肌の感触が、私の欲望を駆り立てていった。
いつしか私は、状況を考えなくなり、その女の肌を、右手でまさぐり始めていた…
しっとりと吸い付くような肌に、ほんのりと甘い香り…離婚してから味わった事の無い環境に、私の理性は無くなっていった…
乳房に手を宛がうようにし、揉み…擦りながら感触を楽しんでいた…時折乳首を刺激しながら、硬く隆起するのを楽しむかのように…
女の背中に、身体を密着させて、その感触を楽しむ…

あえて顔は見ないようにしている私がいた…
顔も素性も、はては年齢すら分からない女だが、こうして後ろからなら楽しめると感じていたからだ。
右手を乳房から徐々に密林の方に近付けていく…
そこには、在るべき密林は無く、一筋の割れ目が存在しているだけだった…
筋目に沿って指でまさぐっていると、甘い吐息が囁くように聞こえてくる…
起きたのか?という緊張が頭を過り、一瞬で動きが止まっていた…
暫く動けずにいると、女が寝返りをうち、仰向けになってきた…
そっと顔を覗き込んだ私は、驚きの余り、言葉を失っていた。

私の横には、テレビで良く見かける、女芸人が寝ている。
しかも全裸で肌を合わせているのだ…
在るべき密林は無く、どうなっているのか知りたくなっていた…
そっと頭を持ち上げ、左腕を抜き取り、掛けていた布団を剥いでいた。
そこには、美しいプロポーションが…
寝ても型崩れしていない胸…括れた腰…パイパンの土手が姿を顕した…
こんな状況に、欲情しない男なんか居ないと勝手に思い込み、彼女の両足の間に身体を潜り込ませていた。
見てはいけない彼女の秘貝がさらけ出されている…
腰の下に枕を置き、割れ目が上を向くようにした私は、静かに顔を埋めていた…

普通にするクンニより、興奮度は増し、肥大したクリトリスがピクピクと動く様まで見えている。
舌を捩じ入れると…アンモニア臭と共に、粘りけを帯びた汁が滲み出てくる…
時折ピクッっと動く腰が、何とも色っぽい。
沸き上がる欲望が押さえられなくなっていった…
執拗に割れ目と、アナルの味を味わいつくし、我慢出来なくなった私は、彼女の割れ目に肉棒を宛がい、彼女の汁を肉棒に擦り付け…ゆっくりと挿入していった…
熟女ならではの熱い膣内…蠢くように吸い込んでいく…
使い込まれていないのか、締まりは良く、私を一気に飲み込んでくれた。

気付くと彼女の腰が動いている…顔に目を向けると…彼女と目が合った…
無言で笑みを浮かべながら、両手を伸ばしてくる…
応えるように身体を覆い被せていった…
首に両腕を絡ませ、キスをせがんできた…
そっと唇を重ねると…舌を捩じ込み絡ませてくる…
両足は私の腰に絡ませ…激しく動かしてくるのだ…
「気持ちいいね…」
「いつから気付いてたの?」
「最初から…寝られなかったから…」
「何でここに居るの?」
「酔い潰れて、拝み倒されたから…かな…」
「そうなの?でも、そのお陰で素敵な思いをしてる。素晴らしい身体だ…優しさも…」

「誰とでもなんて思わないでね。タイプだったし、独身同士でしょ。部屋に入るなり脱いだ貴方のアソコを味わいたくなっちゃったし…直ぐに寝ちゃって出来なかったけど…今味わってるから許してあげる…」
「夢みたいだよ…こんな素晴らしい女性をだけるなんて…溺れちゃいそう…」
「それは駄目…満足させてくれたなら別だけど…」
「離れたくないって言わせたくなるね…どうすればいいのか考えなきゃだ…」
「そうだね…頑張って…」
「ヒント位教えてよ…」
「素の私を引き出せた人ならまた会いたいと思うかも…」
「難しそうだから…今日を楽しませて貰うよ…」
そう言った私は、彼女の全てを目と…耳と…感触と…五感の全てに焼き付けようとした…

持てる性技の全て使い…何度も彼女を逝かせる事に費やしていた…
果てなく続く行為の最中…徐々に彼女の雰囲気が変わってくる…
自分の中の箍が外れたのか、淫語を連発しながら激しさを増していった。
その豹変ぶりに、興奮は更に増していった。
私は溜まっていた欲望を…彼女は欲求を解消するかの様に激しく燃え上がり、互いの全てを貪るかの様に求め合っていた。
あらゆる体液が混ざり、独特の香りを放つベットで、時を忘れてまぐわっている…
何度も彼女を逝かせるが、決して自分は逝かないように体勢を入れ替え、彼女の全てを味わっていた。
こんな機会は、普通では有り得ないと思い、満足するまで堪能してやるつもりでいた…
ブスだ、結婚出来ない女だ、等と揶揄されているが、目の前で喘ぐ彼女は…美しく、どんな女よりも素晴らしく思えた…

逝き疲れた顔をして…
「凄いね…ずっと入れっぱなしで逝かないなんて…初めてだよ。」
「溺れそうな身体を堪能したくてね。もう会えないんだろうし…そう思ったら、勿体無くて逝けないよ。」
「こんな女でひかない?」
「何で?綺麗だし素敵だと思うけど。」
「綺麗?ブスだよ。」
「そんな事は無いよ。今の姿を見た男は、放っておかないよ…もっと悦ばせてやりたくなるさ…自分のモノにしたくなる。」
「そんな事、言われたの初めてだよ。貴方ならまた会ってもいいかも。でも、性欲解消する為だけなら…本気にならない約束出来る?」
「そうしたいなら、それでも構わないけど…」
「私が会いたい時だけ連絡する…それでもいい?」
「夜はいつも1人だから…いつでもいいよ…」
「何処に住んでるの?」

「○○のマンションに住んでるけど。」
「後で住所と番号書いて教えてよ。」
「いいよ。」
「それと、この事は絶対秘密厳守だよ。」
「分かってる。誰にも言わないよ。」
「それと、逝く時は中に出して。ピル飲むから。」
「今日は?」
「安全日だから大丈夫。」
「奥を汚されたいなんて、エロいんだね。でも、そんなところもひかれる。」
「貴方も相当だよ。でも素の私を出せそう。凄いエロいかもよ。妄想凄いし。」

「全てしてやりたい。本気で溺れてるかも。身体にね。」
「私が会いたいと思い続ける限り、妄想に付き合える?」
「今みたいに?串刺しにされた格好で、話をし続ける?イヤらしい顔が素敵だよ。」
「あん…貴方も相当エロいんだね。」
「誰にでもじゃない。相手によりけりだよ。今は滅茶苦茶モノにしたくて頑張ってるかも…」
「私を?こんなエロいのに欲しいの?」
「エロいから欲しいの。もっとエロくしてやりたい。そう思ってね。」
「今日はオフだから、思う存分わたしを味わって…いいからね…満足させて…」
「時間の許す限り、味わい尽くすよ。」
それからの2人には何の遠慮も無くなっていた。
身体を求め合う、飢えた牡と牝になり貪り合った。

逝けば逝く程、妖艶に…私を虜にしていく…
彼女もまた…逝かされる度に私に夢中になったいった。
延々と続いているが、互いにもういいとは言わなかった…
「私の中…気持ちいい?」
「ずっと挿入してたい…それほど気持ちいい。」
「私も…繋がったままがいいかも…こんなにしてるの…初めてかも…」
「そうなの?このまま持ち帰りたいんだけど…」
「だぁ~め…私が外して持ち帰るから…」
「それは困るな…楽しめなくなっちゃう。」
「うふふ…ねぇ…来て…熱いので満たして…」
「いいよ…溢れさせてあげるから…」
フィニッシュに向けて、互いに腰の動きが激しくなっていった。

妖艶に喘ぎながら、私の射精を促すように、彼女は乱れている…その姿を見ながら…同時に逝っていた…
痙攣しながら肉棒を締め上げて…精子を吸い取るがの様にしながら…
「まだ出てる…このままキスして…」
応えるように彼女を引寄せ、唇を合わせた…
余韻を楽しむかの様に、舌を絡ませ唇を貪る2人の姿があった…
暫く抱き合い続けていたが、彼女から離れていく…
尻を突きだし…無毛の割れ目を私に見せ付ける…
彼女の愛液に混じり…逆流した精子が流れ落ちた…
「興奮する?」
「凄くね…またしたくなってきた…」
「だぁ~め…また会った時にね…」
そう言って彼女はそのまま下着を身に付けた…

化粧を直し、服を着ると、私にも服を着るように促し、したくが終わると、
「住所と連絡先教えて。」
私が紙に書いて渡す。
「また連絡するから。」
そう言って、私の手を取り、ホテルの部屋を出ると、何事も無かったかの様に帰っていった…
一人残された私は、帰路に着く電車内で、一夜の情事を思い浮かべていた…
連絡等来る事も無いだろうと思っていた。
あの日から、何事も無く時は流れた。
ある日の事、休みなのに朝から賑やかな物音が聞こえてきた。
どうやら引っ越しのようだった。
角部屋に住む私には余り関係無い事だ。
隣は埋まっていたし、その隣も入居当時から変わっていなかった。

昼過ぎには、引っ越しも終わったのであろう。
また静かな休日の午後が訪れていた。
好きなジャズを聴きながら寛いだ時を過ごす。
思い出されるのはいつも彼女との逢瀬だった。
突然携帯が鳴った。
休みに連絡して来る奴は居ないはずなのに…そう思いながら画面を見た…知らない番号が表示されている。
誰だと思いながら出てみた。
「もしもし…」
「連絡遅くなってごめんね…今何してる?」
彼女からの連絡に、胸踊らせてしまった。
「家で寛いでる。」
「なら、行っていい?」
「構わないけど大丈夫?どの位で来るの?」
「明日は休み?」
「日曜だから普通に休みだけど何で?」
「私も…オフだから…今から行くね。直ぐだから。」
言葉を発する前に電話が切れてしまった。

かけ直そうとした時、玄関のチャイムが鳴った。
仕方無く携帯を置き、玄関のドアを開けると…そこには彼女が立っていた…
固まる私を他所に、部屋に入って来た彼女は、玄関の鍵を閉めると、振り向き様に抱き付いて唇を重ねて来た。
一瞬でスイッチが入った私も彼女を抱き締め、舌を捩じ込んでいた。
長い口付けの後、
「良く入れたね…」
「越して来ちゃったから…」
「えっ?ここに?」
「そうだよ。これなら誰にもバレ無いで行き来出来るでしょ?」
「毎日でも?」
「毎日したい?」
「勿論だよ。忘れられなかったんだから…」
「私もだよ…だから越して来たんだもん…はいこれ…」
合鍵を手渡された。
彼女を抱き抱える様に、寝室に連れ込んでいた。

乱暴に服を脱がし…私も服を脱ぎ捨てていた…
彼女の眩しい裸体がまた…目の前にある…そう思っただけで肉棒は怒張している…
無毛の割れ目からは、淫汁が滴り、彼女も受け入れ準備は出来ていた…
「欲しかった?びしょびしょになってる…」
「貴方も欲しかったの?こんなになって…」
そっと手を添え、口に含んできた…
ツボを心得た絶品のフェラに酔いしれてしまう…
ベットに座り…彼女のフェラを堪能していた…
フェラをされながら…彼女の味を味わいたくなり、フェラを辞めさせた私は、彼女を立たせたまま…全身を汲まなく舐め回していく。
首筋から胸…乳首から腹…臍から無毛の割れ目…割れ目からアナルまで丹念に舐めあげてやる…
彼女の愛液はとても甘美で美味しい…
喘ぐ様も…付け合わせのように私を刺激した。
彼女をベットに押し倒し…割れ目に肉棒を宛がった…
彼女自ら腰を動かし、肉棒を呑み込んでいく…
無毛の割れ目に肉棒が食い込む様は、とてもエロく…2人の興奮を高めていく…

「これよ…これ…今日は寝かさないから…明日も…」
「いいよ…何回でも…溜まってる分…吐き出してあげるからね…」
「いいよ…沢山出して…中に出して…」
「セフレ以上…恋人未満…離れられなくしてやる…」
「暫くは…貴方だけにするんだから…満足させて…いつもよぉ~…」
「なら…毎日来てくれる?」
「都内に居るときは来るよ。いっぱいイヤらしい事してくれるなら。」
「イヤらしい事はしない。気持ち良くしてやる。子宮を精子で満たしてあげる。」
「ホントよ…約束よ…」
「ああ…変態になるまでしてやるから…もう逃げられなくしてやる…」
「逆よ…貴方はもう逃げられないから…私の…相手をするのよ…」
「逃げないさ…誰が手離すもんか…」

その日から2人の性活は充実していった…
互いの部屋を行き来しながら逢瀬を続けているからだ。
幾ら抱いても飽きない彼女に溺れきっている…
彼女もまた、私の肉棒からは逃れられなくなっている…
テレビで彼女を見ると…私に抱かれている時の顔と見比べて、笑みを溢している…

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1020記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。