上司の息子に処女を捧げたOLです

PR

小雪さんから投稿頂いた「上司の息子に処女を捧げたOLです」。

 私はOLの小雪と言います。
 初体験は23歳の時でその時の事を書きます。
 色々ちぐはぐな所がありますが突っ込まないでください。
 だいぶ前、好きだった上司と飲みに行き「私、上司のムスコになら処女を捧げてもいいな」と告白。
 そのまま、酔っぱらってしまい寝てしまう。
 気が付くとラブホにいた。
 上司に抱かれているのかと思ったが相手は若い男の子だった。

 それは上司の本当の息子の勇一くんであった。
 ビックリして逃げようとしたが手足は縛られて身動きがとれなかった。
いいようにファーストキスを奪われ、おっぱいをねぶられ、クンニと手マンで何度か逝かされた後、パイパンにしたおまんこの入り口におちんちんの先を当てられ、一気に挿入された。
 処女膜を破られ、激痛に襲われる。
(痛いやめて)
 その言葉はキスされてでなかった。
 彼は腰をリズミカルに振り、私の処女膣を硬く太いおちんちんで蹂躙する。
「すごい気持ちいいよ、小雪。処女何て初めてだから興奮するよ」
 そのうち、私も痛みより気持ちよくなってきた。

「もっと」
「気持ちいい、勇一くん好きよ」
 思っていない言葉が出る。
「うん、小雪を僕のお嫁さんにするよ」
「嬉しい」
 そんな言葉が漏れる。
 やがて、勇一くんはラストスパートにはいる。
「行きそう」
「中に出して」
 私は快楽に負けた。

 セックスをしている間に私の戒めは取れていた。
 勇一くんは私をしっかり抱き寄せ、私は勇一くんを抱き寄せる。
 逝くと同時におちんちんは膣内深くに差し込まれ、精液を吐き出し、私の子宮に注ぎ込まれる。
 私と勇一くんはキスを交わした。
 激しく呼吸が落ち着く頃に勇一くんが私とセックスをしている理由を話す。
「お父さんから小雪が僕の事が好きだって聞いた時はビックリしたよ。僕も小雪の事が気になっていたからすぐ来たんだ」
 どうやら上司は勘違いしたようだった。
 でも、あえてその事は言わない。

 少しであったが私は勇一くんの事が好きになっていたから。
 ちなみに勇一くんは16歳の高校生です。
 友達のお母さんたちにセックスを仕込まれたそうです。
 今は私の婚約者です。
 ちなみに上司はお義父さんとなり、それ以上の関係は無理です。
 勇一くんに聞いた話ですと、お義父さんの前任者は部下の奥さんを調教としていたらしく、それがばれて大変だったそうです。
 お義父さんは会社からその後始末、尻拭いを全部やらされ、あげく変わり果てた前任者の第1発見者にもなって、もう、不倫嫌いが完全なトラウマになっていたのです。

 だから、私が好意を持っていたことに気づいていて、どうしようかと飲みに行った時、私の言葉を勘違いしたお義父さんは、それなら息子に押し付ければいいと思い、勇一くんにすぐに連絡し、酔いつぶれた私を渡したそうです。
 ご丁寧にラブホのお金をくれ、「手足を縛って確実に物にするんだぞ」と勇一くんを炊きつけたそうです。
 やられ損はいやなのでラブホから帰った後、勇一くんと一緒にお義父さんに会うと「よし婚約だ」という流れになりました。
 その時のお義父さんは本当に人生の危機を回避したにホッとした表情をしていました。
 なのでお義父さんはもう諦めるしかありません。
 幸い勇一くんはお義父さんに似ていますし、体と心の相性はとても良いです。
 だから今はとっても幸せです。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1197記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。