色狂いの熟女…精子を注がれる為になら何でもする女

怒張肉棒さんから投稿頂いた「色狂いの熟女…精子を注がれる為になら何でもする女」。

都内で某大手無線グループのタクシー運転手をしている私は、50歳で独身である。
そんな私に、先日上得意客が出来た。
その女は、かなり有名な芸能人なので、名前は伏せておく事にする。
先日も、出庫し、回送のままとあるテレビ局からの無線を狙って、目的地まで急いでいた。
目的地に着いた私は、空車にして車を停めていた。
「ピピピ…ピピピ…」
無線が飛び込んで来た。

了解ボタンを押し、内容を見ると、取材車輌での呼び出しであった。
拘束時間から考えると、5~6万の仕事だと、微笑みながらテレビ局の車輌課に到着を告げにいき、指定場所に待機していた。
5分程すると、車輌課の人間が来て、
「取材出発が延びてるんで、長距離大丈夫ですか?」
「ガスは満タンなんで大丈夫ですが。」
「後、往復になるんで、時間は平気ですか?」
「明日の朝帰庫ですけど。どちらまでですか?」
「群馬のゴルフ場でのロケなんですけど、ゲストさんの送迎をお願いしたいのですが、マネージャーの方が来られて無いんですよ。荷物運びもお願いする事になってしまうんですが。」
片道3~4万の往復に待機料かと瞬時に計算した私は、色好い返事をしていた。
チケットを渡され、ゲストが待つ場所へ車を移動させて、置かれている荷物をトランクに乗せ終わると、ゲストがやって来た。

「今日は宜しくお願いしますね。静かに運転してよ。」
テレビでも良く見る彼女は、美しさが違っていた。
仕事柄、様々な芸能人を乗せるが、いい女とは彼女の事を指すのだろうと思えた。
気さくな彼女は、車内でも気軽に話し掛けて来る。
「初めてですよね?」
「そうですね。中々タレントの方をお載せしませんから。今日はついてます。」
「もう長いんですか?」
「まだ2年です。上級試験に受かって2ヶ月ですね。」
「そうなんですか?車も新車ですよね?」
「ええ。担当変えがあって、この車輌管理を任されましたので。お気に召して頂けたのでしたら、また宜しくお願いします。」
「そうですね。考えさせて頂きますね。ご結婚はなさってるの?」
「以前は。今は独身です。」

「人気あるでしょ。静かな運転されるから。」
「とんでも無いです。まだテレビ局デビューして間もないですから。たまに芸人さんの送迎があるくらいです。後は取材対応だけですから。今日みたいにロケ対応なんて、初めてです。」
「そうなんだ。初体験が私じゃあ悪いことしちゃったかもね。」
「とんでも無いです。光栄ですよ。」
「そうなの?」
「ええ。美しい方だなと見とれてましたから。後でサイン頂けますか?本当はいけないんですけど、記念に残しておきたいので。」
「いいですよ。感じのいい方で良かったわ。どのくらいで着きます?」
「このまま混んでなければ、10時には着きます。遅いですか?」
「大丈夫よ。帰りもお願い出来るのよね?」
「はい。承っておりますのでお待ちしてます。」
「ロケ終わりが2時から3時だから5時か6時戻りね。なら自宅に送って下さい。」

「はい。かしこまりました。後程、ご自宅の住所をお願いします。ナビに入れておきますので。」
「帰りに教えるわね。」
「はい。宜しくお願い致します。」
楽しく会話をしながら目的地のゴルフ場に着いた。
到着すると、局のスタッフが来て、待機中のトイレ等を指示していく。
退屈な待機中に、車輌課に連絡をした。
「ゲスト様ですが、帰りは直接ご自宅との事になりますが宜しいですか?」
「自宅にって言われたの?しょうがないか。お願いしますね。」
何かあるのか?と思いつつもLPGの補給が出来るスタンドを調べていた。
すると、インター近くに補給可能なスタンドが有るとわかり、様々な事に対応可能なようにと、スタッフに告げて給油をしに行き戻った。
すると、スタッフが駆けて来て言ってきた。

「ゲストさんが呼んでるんだけど来てくれないかな?」
「私ですか?」
「他に誰が居るのよ?」
「はい。」
走るスタッフに続くように、走りながら控え室に入っていった。
「来た来た。帰りなんだけど水澤うどん食べてから帰りたいから、大澤屋に寄ってね。渋川の近くだったはずよ。」
「はい。分かりました。大澤屋でしたら分かります。」
「ほら。私の言った通りでしょ。これからロケの時は、この方にしてね。」
「運転手さん。良かったね。気に入って貰えたみたいだから、これから宜しく頼みますね。」
「えっ?お話が見えないのですが。」
「後で話すから、ちょっと待ってて。彼女が出るまで。」
「はぁ。」
撮影の為にスタッフが出ていくと、
「運転手さん。出勤日は固定なの?」
「はい。水・金・日ですけど何か?」

「丁度いいかも。出庫時間は何時?」
「7時です。帰庫は翌4時ですけど。」
「そうしたら、水曜は朝7時半に局に来て。日曜は8時に来てよ。ウチの番組で使うからさ。ほぼ彼女の専属になるだろうけど。グループには今から連絡するから。」
「いいんですか?」
「こんなに気に入られたの初めてだよ。良かったね。基本的に12時間拘束ね。」
「分かりました。ありがとうございます。」
会社にその旨の連絡をしてくれているのを確認しながら、有頂天になって車に戻った。
暫くすると、会社から電話が入って来た。
「聞いたと思うけど、水・日は朝から12時間ね。仕事が無くても、12時間は先方の言う通りでお願いします。最低4万8千円の売り上げ確定だからね。」
「了解です。」
ついてると思った。

これで、金曜だけ集中して稼げば、かなりの稼ぎになるからだった。
軈てロケも終わり、彼女の姿がロビーに見えた。
車を移動させ、荷物を積み込んで、彼女が来るのを待っていた。
スタッフに見送られながら、彼女が車に乗った。
ドアを閉め、運転席に乗り込んだ私は、
「ありがとうございます。私に出来る事はしますので、仰って下さい。」
「安心して乗ってられたからね。水・金・日なんだって?携帯の番号教えてね。呼ぶからさ。」
「はい。ありがとうございます。」
「じゃあ大澤屋に行って。」
「本当に行かれるんですね。畏まりました。」
車を走らせると、彼女は転た寝を始めた。
バックミラーでチラ見しながら目的地まで行く。

目的地に着いて彼女に声をかけた。
「大澤屋に着きました。」
「着いたの?生麺と、舞茸の天ぷら買って来て。持ち帰りの奴ね。」
「あっ、はい。」
「2人分ね。」
「分かりました。」
車から降りて、頼まれた品を買い、戻って渡す。
「はい、住所。」
名刺の裏に手書きで書かれた住所を渡され、ナビ入力を済ませると、
「携帯の番号書いてあるから掛けて。登録するから。」
「あっ、はい。では駆けさせて頂きます。」
書かれた番号に電話を掛けてやると満足そうな顔をして、「他の局からも呼んでいいんでしょ?」

「はい。大丈夫です。」
会話を交わしながら帰路に着いていた。
途中、渋滞に嵌まると、
「遅くなっちゃうね。時間は大丈夫?」
「大丈夫です。一番のお客様になって頂きましたので、常に最優先させて頂きます。」
「はっきり言うのね。でも嫌いじゃ無いな。運転手さんから見て私ってどう見える?」
「そうですね、歯に衣着せない素敵な方だとお見受け出来ます。美しいですし。」
「お世辞でも嬉しいわ。何で結婚出来ないのかな?」
「ガードが固いのでは?皆さん美しさに気後れしてしまうのでは?」
「私ね、好きにならないと駄目なんだよね。素で居られる人じゃないとキツい物言いになっちゃうみたい。」
「良かった。私にはキツい物言いじゃ無くて。誰しも好き嫌いはありますから。」
「運転手さんも?」

「この仕事をしてますと、余計にかもしれませんけど、色々とありますね。」
「芸能人でも?」
「ええ、まぁ。お断りする方もいらっしゃいます。」
「私は大丈夫だったの?」
「喜んでます。はっきり物事を仰って頂けますし、心の美しさが伺えましたから。」
「営業上手いですね。見習わないとだな。」
「営業じゃ無いですよ。本音でお話しさせて頂いてますので。」
「そうなんだ…」
「ええ。乗って頂いた中で、一番のお客様です。」
「ありがとう。何時に着きそうかな?」
「ナビですと、7時頃になりますね。」
「着いたらその後は?」

「営業区域に戻って仕事をこなすだけですね。でも今日は目標額をクリアしてますのでのんびり無線待ちです。」
「なら、一緒に買って来たうどん食べて行けるよね?」
「無線が飛び込んで来ない限りは問題無いですね。」
「区域外でも入るの?」
「成田からの予約配車や、局関係の方から。」
「1時間幾ら?」
「停車したままだと、4千円いかない程度です。」
「なら、3時間で1万2千円ね。付き合える?」
「宜しいんですか?お邪魔してしまって?」
「荷物もあるし、これから迎えに来て貰うんだからいいのよ。お願いね。」
「はい、畏まりました。」
その時は、なんて気前のいい女だと思っていた。
結婚出来ないのが不思議な程であったのだが…

とあるマンションに着き、メーターを落として、一旦精算を済ませてから、再度メーターを入れエンジンを切った。
荷物を運びながら、彼女の後に続いて部屋に入った。
広めの1LDKには、洒落て落ち着いた家具が並んでいる。
男っぽさが溢れている室内に驚いた。
「座って寛いでて。着替えて来るから。」
そう言って、彼女は寝室に消えていく。
取り残された私は、ソファーに座り、室内を見回してしまった。
女性の独り暮し、もう何年も入った事が無かった。
いい香りの漂う室内に酔いしれるようだった。
彼女が戻って来た。
ロングTシャツ1枚の姿にドキドキしてしまう。
「部屋着はこんな感じなんで許してね。雰囲気変わる?」

「お仕事での服装もセンスが有りますけど、私としては今の方が好きですね。目のやり場に困りますけど。」
「ドキドキする?女を感じちゃってるの?」
「最初から女性を感じてますよ。今は輪を掛けてドキドキしてます。」
「はっきりした上に、素直なんだね。益々気に入っちゃった。誘惑しちゃおうかな?」
「それは困ります。大切なお客様ですから。冗談は止めてくださいね。」
「本当に大切なお客?なら誘惑に乗っても良くない?」
「そんな…困りますよ。」
「貴方と話してたら、女が目覚めちゃったのよね。それとも私みたいなオバサンじゃ嫌なの?」
「オバサンなんてとんでも無いですよ。お綺麗で美しい女性です。」
「ならなんで?」
「お客様とその…不味いかと思いまして…」

「恋人じゃ無いんだから、気楽に考えましょうよ。貴方は仕事の一環として捉えて。私は癒しの時間と捉えるから。ギブアンドテイクの関係。」
「本当にお望みなんですか?自信ありませんけど、どうしてもといのなら…」
「決まりね。こう見えて、奉仕好きなの。何もしなくていいから、任せて頂戴ね。」
「はぁ…」
返事もまともに返せないまま彼女が覆い被さって来た。
唇を重ね、舌が挿し込まれてくる…応えるように舌を絡めていた…
制服の上着を脱がされ、ネクタイを外しに掛かる彼女の吐息が粗くなっている。
ネクタイを外され、シャツのボタンを1つ1つ外しながらも、首筋や喉元に舌を這わせている。
シャツを脱がされ、露になった乳首を丹念に舐めあげながら、吐息が喘ぎに近付いていった…

ベルトに手を掛け外した…ホックを外し、ファスナーを下ろすと、体勢をずらし、トランクスの上から勃起したぺニスに舌を這わせている。
腰を浮かせてやると、ズボンとトランクスを一緒に下ろして…
「立派なのね…大きくて硬いわ…」
手で扱きながら言ってきた…
「そうですか?比べた事は無いんで…」
「大きいわ…こんなに硬くなって…美味しそう…」
その瞬間だった…頭の先から足の先まで快感が突き抜けていく…
柔らかな舌が…唇が…私のぺニスを頬張っている…有名芸能人が、1タクシー運転手に過ぎない私のぺニスに、むしゃぶり着いている…そう思うだけで快感が増大し、興奮度があがっていく。

「あうっ…なに?まだ大きくなるの?…あぁ…凄いわ…こんなの初めてよ…」
そう言いながら、彼女の舌技は熱を帯びていった。
いつの間にか、自らの股間に手を充て…くちゅくちゅと淫靡な音が聞こえてくる…
身を任せ、快楽に酔いしれていたが、彼女の反応が見てみたくなり、そっとシャツの上から胸を触ってみた。
乳首は硬く隆起し、コリコリになっている…
「あっ…駄目…胸は弱いの…」
そう言った彼女は喘ぎ出していた。
Tシャツを捲りあげると、一糸纏わぬ彼女が現れる…
直に乳房を揉みながら、乳首を刺激し続けた…

「駄目…我満出来ない…」
そう言った彼女の動きは素早く、対面座位の体勢になり、自らの私に跨がったかと思うと、ぺニスを割れ目に喰わえ込んだ。
「あうぅ…凄いわ…キツい…擦れて気持ちいい…」
夢中になって腰を打ち付けてくる彼女の容姿に、更に興奮を覚えた。
「あうぅ…また…また大きくなったわ…駄目…癖になる…」
淫らに悶え、喘ぐ姿は、芸能人では無く、一人の飢えた女そのものであった。
有名芸能人が私のぺニスに、よがり狂っている事に優越感を覚えると共に、快感が私を支配していった。
悶え狂いながら、何度も気を遣る彼女のイキ顔が、更なる快感と優越感に浸らせていった…
「貴方、休みの日は何してるの?…」
「明けは帰って寝るだけですけど…」
「そうなのね…あっ…あんっ…月曜明けは…泊まれる?…」

「火曜休みですから…大丈夫ですけど…」
「なら…水曜ロケの後…貸切りにするから…金曜は呼び出すから…日曜は早めにあがって来てよ…」
「えっ?…」
「気に入ったの…凄いの…だからお願い…」
「それって…セックスの相手をしろと?…」
「そうよ…して欲しい…駄目なの?…」
「私でいいんですか?…」
「ギブアンドテイクよ…結婚相手が見付かるまで…セフレになって…」
「喜んでなりますよ。断る理由が無いです。」
「あっ…ありがとう…お願い…だから、逝きそうになったら教えて…」
「はい、生でしちゃってますもんね…」

「そうよ…生でしてるのよ…初めて会ったのに…生じゃないと…感じないから…逝きそうになったら…教えて…」
乱れに乱れた彼女を、これからも抱けるという悦びと、優越感が私の理性を失わせていく…
淫らな結合部の音…舌を絡め合う音…ソファーの軋む音だけが鳴り響いていた。
私の下半身も、ソファーも、彼女の垂れ流した淫汁でベトベトになっている。
軈て我満の限界が近付いた私は、
「もう逝きそうです…体勢を変えないと…」
「逝くの?…逝くのね?…」
そう言った彼女は、より一層腰を使い始めた…
グラインドさせながら、締め付けてくる…
必死で我満をしていたが…限界を超え…彼女の中に吐き出してしまった…
その瞬間…大きく身体を仰け反らせて痙攣した彼女の満足そうな顔が見えた…

慌てて抜こうとする私に抱き付き、唇を重ねて舌を求めてくる…余韻に浸る様に…何度も何度も舌を求めてきた。
妖艶な彼女の姿に、抱き締めながら舌を絡め続けていた。
抱き合い、繋がったまま余韻に浸りながら、舌を絡め続けていた。
どれだけの時間が経ったのだろう…萎えるべきぺニスは一向にその気配すら見せなかったのだが、無情にも約束の3時間が過ぎ去ってしまった。
名残惜しむ様に身体を離す彼女の表情が、とても魅力的だった。
料金を渡され、
「電話したら会える?」
「いつでもいいですよ。」
「分かった。電話するから来てね。」
後ろ髪を引かれながらも、彼女の部屋を後にしていた。
車に戻り、エンジンをかけてメーターを切った。

少しオーバーしたが、自腹で補填すればいい。
それほどに稼がせて貰った上に、いい思いが出来たのだからと思い、営業区域に戻り始めていた。
暫く走っていると、予約配車が入って来た。
彼女では無かったが、この方面は予約配車が有るんだと認識させられた。
了解した胸を無線局に伝えて迎えに行く。
予約時間の1時間前に到着して、現着報告を入れ、待機し始めた…
休憩には丁度よいと思い、車外に出て、煙草に火を着けると、彼女からメールが入って来た。
「後輩をスタジオまでお願いします。頼んでおいたから。手を出したら駄目だよ。貴方のは私のだからね。」
その内容に、思わず吹き出しながら、返事をした。
「手は出しません。早く会いたい。会って激しく求めて欲しいけど…」
直ぐに返事が来た。

「我満出来なくなる。仕事終わりに会いたい。」
「いいけどどうします?戻ればいいですか?」
「明日は午後からだから、私が近くまで行く。何時に何処に行けばいい?」
「4時上がりだから、4時以降なら。会社は○○区ですけど。」
「4時に○○駅に着くように行くから、楽しませて。」
「分かりました。待ってますね。」
「じゃあ後でね。」
笑みを浮かべながら、この幸運に感謝していた。
暫くすると、彼女の後輩タレントがやって来た。
「宜しくお願いします。」
そう言って、車に乗り込んだのを確認してドアを閉めた。

予め聞いているスタジオに向けて車を走らせると、
「先輩のお気に入りなんですってね。」
「そうですか?昨日からお世話になってるんです。」
「聞いた聞いた。運転静かで上手な運転手さんだって。気が利くいい方だって。」
「ありがたい事です。」
「本当に静かな運転されますよね。ガクガクしないから車酔いも無さそう。またお願いしてもいいですか?」
「此方こそお願い致します。空車の時はいつでもお伺い致しますので。」
「先輩最優先ですものね。空いてる時はお願いします。先輩に確認すれば分かりますよね?」
「はい。そちらでお願い致します。」
深夜の道程は早く、あっという間にスタジオに着いた。

精算を済ませ、空車にして少し走った所で車を停めた。
売上を確認しながら、後2時間で帰庫だと思い、会社に向かおうとした時、また予約配車が入って来た。
見ると彼女からの予約配車であった。
了解して、迎車に切り替え来た道を戻っていた。
車を飛ばし、彼女のマンションに着いた私は、現着報告を入れ、彼女にメールした。
「玄関前に着きました。」
「直ぐに行くから。」
5分もしないうちに彼女がやって来た。
ドアを開け、彼女を誘う。
運転席に戻り、
「どうしたんですか?」
「早く会いたくなっただけ。あんなメールくれるから。」
「すいません。名残惜しくて書いてしまいました。」

「いいの…嬉しかったんだから…それに…」
「それに何ですか?」
「もっと熱いのを頂戴…」
「中に出してしまったけど大丈夫なんですか?」
「大丈夫だから…中に出して欲しいの…」
「ずっとですか?」
「貴方が望むなら…それでいいわよ…その代わり…たくさん会ってよ…」
「勿論です。何なら、近くに越してもいいですよ。」
「見掛けによらないエッチなところもいいわ…あっちも強いし…当分ギブアンドテイクは続きそうね。」
「そうですね…末永くお願いします。」
「うふふ…行きましょう…」
「どちらに向かえば良いですか?」
「貴方の自宅で待ってるから早く帰って来て…」

「分かりました。」
自宅に向けて車を飛ばしていた。
家の前で車を停め、辺りを気にしながら家の中に彼女を残して、帰庫に向かう。
回送表示で走る私を同僚が驚いていた。
30分早く帰庫し、売上げ計上を済ませた私は、そそくさと会社を後にしていた。
原付バイクを飛ばして自宅に戻ると、急いで中に入っていた。
リビングには彼女の姿は無かった。
寝室のドアを開けると、ベットに横になり、私を見ている彼女の姿がある。
既に全裸で私を誘っていた。
その姿に急いで服を脱ぎ捨てている。
既に勃起したぺニスを見て、彼女が微笑んでいた。
ベットに滑り込むように入って彼女の唇を奪っていた。
「もうこんなになってる…」
ニコッとしながら、彼女は体勢を入れ替え、そそり立ったぺニスを口に含んだ。

「これは私のだよ…」
「えっ?そうなの?…」
「そうなの…私だけのオチンチンなの…」
「彼氏でも、旦那さんでもないけど…」
「でも…私だけのオチンチンなの…いいでしょ。」
「気に入ったんですね。ならギブアンドテイクを忘れないで下さいね。それと、他のは喰わえないと…」
「良いわよ…毎日会える?何でもしてあげるわ…」
「近くに越しますよ…そうすれば毎日でも…中に出してあげますよ。」
「約束よ…これは私のだからね…」
没頭する彼女とのセックスは素晴らしい。
互いの欲望をぶつけ合い、心行くまで楽しめる。
彼女のお陰で収入もうなぎ登りになっていった。
ピルを服用し始めた彼女には遠慮無く中出しをしてやっている。
テレビでは澄ました顔をして出演しているが、私の前ではただの飢えた熟女になりきって精子を貪っているのだ。

人知れず優越感を保ちながら今日もまた、彼女との肉弾戦を待ち望んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 元愛人 より:

    WSじゃない?
    弩淫乱だからwww

  2. ポチ君 より:

    こんな美味しい話が有るのかなあ?

  3. たろへい より:

    緑色のタクシー会社だね。
    局関係だと黒車に乗ってる奴だね。
    芸能人の利用多いからあり得るかもね。
    あやかりたいね。

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 768記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。