17,000話以上掲載!!毎日更新!!

同じマンションに住む彼氏持ちの女子大生とエッチしちゃった

[AD]

[AD]

とあるきっかけで、同じマンションに住む女子大生と話すことになった。
単身者向けで比較的綺麗な物件なので、女性も多い。

アドレス交換して、いろいろメールして、ウチに遊びにくることに。

「変なことしないでね。」

って約束して。

ゆっくり話すのは、初めてで、同じマンションの住人ということもあって、部屋
の話とか、他の住人の話とかをしていたけど、徐々に恋愛の話に。

その子が彼氏と一緒のときにエレベータが同じだったこともあるし、俺の彼女も
見ている。

彼氏とはラブラブなんだけど、満足してないとかって話になって、理由を聞くと
子供っぽいとか、ときめきがないとか。

軽く飲んでたこともあり、エッチもあまりしなくなってきているとかの話まで。
夜も遅くなってきたし、眠くなってきたので、

俺「どうする?ウチで寝る?」
彼女「無理無理!彼女にも悪いし。」

「ちょっと寝て帰ったらいいよ」って手を引っ張ると、すんなりベッドに。

そして、どちらともなくキス。
酔っているからか、彼女の方から舌をねっとりと絡ませてくる。

最近まで他人だったご近所さんと、いきなりこうゆう関係になっていることに、
嫌でも興奮が高まる。

近所の不倫が多いのも、そうゆうことなのかな。
Tシャツの下から手を入れて、背中をゆっくり触ると、彼女から声が漏れはじめる

「ダメ・・・」
俺の手をおさえる力が弱い。

そのままブラを外して、手を胸の方に・・
乳首に触らないように、ゆっくりと胸を触る。

そしてゆっくりと乳首に触れると

「んっ・・・・」

乳首はビンビン状態。

乳首をやさしく触りながら、残りの手を下半身に滑らせていく。
そして一気に下着の中に手を入れて、アソコに手をあてる。

「ダメ~・・・」

下着とアソコの隙間がグチョグチョになるくらい濡れている。

彼女も同じように興奮してるのか。
彼女の愛液でアソコの周りをびちゃびちゃになるように触ると、

「あ~・・・」

太ももが締まる。

焦らすようにしてクリを触り始めると、

「ヤバイ・・もう逝っちゃうよ・・・」

最近、すぐに逝っちゃう子が多いかも。

「逝っちゃダメだよ。」

イジワルに答えて、穴の入り口あたりを触り始める。

彼女が我慢しているのがかわいい。
そのまま体勢を移動して、彼女を触りながら俺のモノを彼女の口に持っていく。

何も言わずに、手を添えて、自らの口に入れむしゃぼりつく。
フェラは若いのに、上手い。

やさしくねっとりとした感じのフェラ。
フェラをしながら喘ぐのが気持ちいい。

「どうしたい???」

完全Sモード。
イジワルな質問。

「・・・・」
「足開いてみて・・」

恥ずかしそうに足を開く彼女。

「入れる??」
「うん・・」

クリをゆっくりと触りながら挿入。
正上位の体勢で密着して、上下にゆっくりと動かす。
最近好きな体勢で、女性うけもいい。

「気持ちいい・・・・」
「俺も・・」

彼女の中がねっとりとしていて、ホントに気持ちいい。
逝く前みたいで、中が動いてるし。。。

彼女「逝っちゃうよ・・」
俺「どうしたい??」
「逝っていい??」

そのまま彼女の中がビクビクして逝っちゃいました。。。
ちょっと休憩して、正上位でゆっくりと動いていたら

「もうダメ、ダメ」

また逝っちゃって。。
その勢いで俺も逝っちゃいました。。。

彼氏とも最近エッチしていないらしく、ついヤッちゃったらしい。
そして彼氏も若いので、俺とのエッチが違う感じでかなり良かったと。。

今度、彼氏といるときに会ったらどんな顔をしたらいいんだろうね。
それはそれで興奮しちゃいそうだけど。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次