中学生の思い出

ぴゅあらば

ややこさんさんから投稿頂いた「中学生の思い出」。

中学1年の時でしたか、僕は勉強そこそこで、体育も苦手のものを除けばまあまあでした。やや小柄でお坊ちゃんタイプ。比較的痩せていてきゃしゃな感じでした。目鼻立ちはそれなりにはっきりしていましたが、童顔なので、笑うと女の子によく間違えられていました。
当時は、勉強、受験、運動、趣味のことなどで、友達とよく競争をしていました。そして、女性の話も。

僕は、他の友達と違って、クラスの誰それではなく、保健の先生が大好きでした。
先生は目鼻立ちが綺麗に整い、とても美しい人でした。大人っぽい感じで正統的な日本美人であり、着物がよく似合いそうです。目が切れ長で、細面で色白、長い髪を後ろで束ね、鼻筋通り口元品良く麗しく、うつ向いて含み笑いをしたときの頬筋の美しさは見事なものでした。
しかし、何故か先生はいつもピリピリとした感じがあり、薄く眉間に皺を寄せ、口数は少なく、射るような目で相手を見つめるところがあるため、少し怖いような印象を皆に与えていました。

先生は、よく通るハキハキとした口調で話すことが多かったですが、開放的に笑うということはあまりなく、いつも押し黙っている感じでした。
何よりも僕の一番の気を引いたのは、その見事に大きな乳房でした。
先生は、いつも地味な服装でしたが、それは隠しようがありません。先生は、比較的体の線が読み取れる服装が多かったのです。
先生の乳房は、大きいだけでなく、少し垂れ下がっているような感じでした。

僕はそれがたまらなく大好きでした。先生の毅然として高貴な顔立ちとは相反していて、当時宝物にしていた非常に下品な外国のポルノ写真に出てくる巨大な乳房の金髪女性を強く思わせました。顔立ちの美しさと乳房のアンバランスな厭らしさが子供の目にも見てとれたのです。。
朝礼のときなど、先生が後ろ手でゆっくりと生徒の間を歩いているときは、生徒だけでなく、男性教員も目で追っていたのを覚えています。

僕は、すでに自慰を覚えていましたので、毎晩のように先生の乳房を想像しながら、自慰に耽っていたのです。
先生は、よく僕に気遣ってくれることがありました。
ぼくは、あまり体が強い方ではありませんでしたので、担任の許可を得て、保健室で寝ることがたまにありました。そんなときは、ベットの中に横たわり、机に座っている先生と色々な話をしていました。引っ込み思案の僕にはとても優しくしてくれました。

先生は物静かでとにかく影のあるミステリアスな美しさを持っていたのです。
そんなある日・・・。
大掃除の時間に、ものの弾みてで後ろから押され、机の角に急所をぶつけてしまいました。角は丸みがありましたが、かなり痛かったです。
担任の指示で、友達の肩を借りて保健室に運ばれました。そして、保健の先生に促されてベッドにゆっくりと座りました。

友達が教室に帰った後、先生は、
「大丈夫?。痛くない?。」
「ええ・・・。大分良くなりました・・・。」
僕は暫くうなだれて傷みを我慢していました。でも。それほどではなかったのです。
先生は僕の前に膝まづいて黙って眺めていましたが、うつむいたまま何も言いません。
そのまま長い時間が過ぎました。先生は、吐息が感じられるほど間近であり、とても美しかったです。僕は、この時間がいつまでも、永遠に続いて欲しいと思いました。

と、先生は突然顔をあげると、
「大丈夫か見てあげましょうか?。」
「えっ?。」
「恥ずかしがらなくていいの。大事なところだから何かあったら大変よ。さあ・・・。」
僕はとても動転しました。どうしてよいかわからずに躊躇していると、先生は尻込みする僕の腰に手を回し、ベルトに手をやると、手際よく外し、膝まで下げ、勢いパンツも無造作に下げました。あまりに突然のことなので、僕は無抵抗でした。

「あっ!・・・。」
先生は、小さく呟くと眉間に皺を寄せて動かなくなりました。
僕の男根は唸りをあげて飛び出し中天を貫き、先生の目の前で旋回していたのです。僕は、恥ずかしながら勃起していたのです。当時は仮性包茎でしたので、亀頭が半分だけ覗いていましたが、興奮のため真っ赤に膨れ上がり、先端からは汁漏れがしていました。

自慢ではありませんが、僕のものはかなり大きい方で、小学生の頃銭湯に行ったときも、オバサン達から
「なにこの子、大きいわね。主人のよりも大きいわ。厭らしい・・・。」
友達とふざけて比較したときも、友達の数倍はあって、
「デカくて気持ち悪い。」等と言われたものでした。

先生は恐い形相で見つめていましたが、次第に息遣いが荒くなり、肩で息をしていました。すると、
「ねえ・・・。」
と言って、男根に手を伸ばして触れました。
「ああっ!。」
僕の男根は、勢いよく奮い立ちました。先生は男根を掌で撫で回し、優しくまさぐりました。そして、指先で軽く袋をつまんだり転がしたり、根本をつかんでそっと握りしめたり。
「先生!、先生!。」
「大丈夫。今見てあげるから・・・。」
先生は顔を近づけたので、暖かな吐息と荒い息遣いとが混じりあって股間に芳香のようにまぶされました。先生は僕の太股、尻を絹のような手触りで撫で回し、そして、片手で僕の猛り狂った竿を真綿のような右手で繰るんだのです。

先生は僕の股間の脇に顔を埋め、吐息を吹きかけながら右手の人差し指の先を、棹の先端にはかなく乗せました。そして、液にまみれた口を、その親指と人差し指の指先で優しく優しく何度もつまんだのです。これは自慰の比ではありません。
「あっ!、あっ!。」
僕は悦びの痙攣と共に大きな声をあげました。頭の中が真っ白になりいくつもの火花が弾けました。先生の頭を両手で鷲掴みにし、大きく体がのけ反ったとき、白い粘膜が勢いよく渦を巻きながら、2度3度と先端から吐き出されました。先生の巧みな指先は容赦がなく、指先の所作だけにもかかわらず、その快楽に意識が弾け、さらに続けて射精しました。

全てが終ったとき、僕は肩で息をしながら直立不動で喘いでいました。目の前の床には夥しい白く冷たい残骸が、幾つもの沼の大きな淀みのように散らばっていました。
ぼんやりした意識がようやく戻ってくると、先生は項垂れて無言で身動きひとつしませんでした。ふと見ると、先生の右手は僕の男根をしっかりと握りしめ、その握られた拳は、僕の飛沫でまみれており、その先端から幾筋もの白い柱のような粘液が、牛の涎のように滴り落ちていました。
「大丈夫。心配ないわ・・・。」
先生は顔をゆっくりと上げ、優しく微笑み、汚された手をハンカチで確かめるように拭いていました。

「先生、ご免なさい。こんなに汚しちゃって・・・。」
「ううん、いいのよ。貴方の体の方が大事でしょ。」
「あっ!。」
僕は思わず声をあげました。先生が体を起こすと、先生の胸元のボタンはおへその辺りまで外されており、巨大な乳房が誇らしげに露わになり、垂れ差がっていました。
この乳房は先生の頭程もあり、左右に大きく別れ、たっぷりとヘチマのように垂れ下がっていました。
目を見張ったのは巨大な乳輪で、薄桃黒いぶつぶつの乳輪は僕の顔程もあり、中心に黒い野イチゴのような乳首が反り勃っていました。そして、その巨大な乳房のありとあらゆるところに僕の射精が飛び散っていて、蜘蛛の巣のように絡んでいました。

僕の頭は再び真っ白になり、先生の体を引き寄せると、はち切れんばかりの男根を巨大な野イチゴに強引に押し付け、断末魔の叫び声と共に、再び何度も射精しました。
「乱暴に・・しないでね。」
鼻を鳴らしながら腰をゆっくりとはなすと、先生の胸の谷間には、糊のようにべっとりとした大量の射精物が、渦高くとぐろを巻き、汚ならしくボタボタと床に落ちていました。

先生は立ち上がると、足元のバケツの中の雑巾を取り出し、床の始末をしました。そして洗面に行き、湯気のたつような巨大な乳房を、満遍なく何度も拭き取り、手を洗い、身だしなみを整えて戻ってきた時にはいつもの毅然とした先生に戻っていたのです。
「さあ、もう大丈夫だから、早くしまって教室にお戻りなさい。」
これは、夢のような体験でした。憧れの先生に射精を導いて貰ったのです。僕だけの大切な思い出です。

その晩は、その甘美な想い出に耽り、美しいと同時にとても淫靡で厭らしい先生の信じられないような巨大な左右に垂れ下がった乳房、そして赤いゴム草履のように巨大な粒ぞろいの乳輪、これらに思いを馳せながら、寝床で何度も何度も先生の名を呼びながら、狂乱の射精を朝まで繰り返したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 921記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。