人妻デリを呼んだら上司の嫁

ぴゅあらば

孝太郎さんから投稿頂いた「人妻デリを呼んだら上司の嫁」。

外回りの営業中、アポ取りした時間まで間が空いた日の事だ。
前日パチンコで稼いでいた俺は、久し振りに人妻デリに行こうと思い立ち、鴬谷に降り立った。
近くのホテルに入り、ネットで嬢を探していた。
ある店で「お試し入店、本日初出勤」の文字が目についた。
33歳の人妻で葵、小柄でスリムとあった。写真はなかったが呼んでみる事にして、店に電話を入れた。
何故呼んでみる気になったのかというと、12時出勤となっていたからである。
12時5分前に電話が入れられたので、口開けで楽しめるかもと思ったからだ。
電話を入れてみる。
直ぐに行けるとの返事が返って来た。

ホテル名と部屋番号を告げると、10分程で来れるとの返事。電話を切って到着を待った。
部屋をノックする音が聞こえた。
ドアを開け迎え入れた。
お辞儀をしていたので顔が見えないまま迎え入れてしまったのだ。

「私で宜しいですか?」
顔を上げ挨拶された瞬間に、お互い気付いた。
気まずい雰囲気に立ち竦む。
善からぬ思いが駆け巡っていた。最後まで出来る。日頃の鬱憤を晴らしてやれる。そう思い立っていた。

「私、帰ります…」
「いいですよ、2時間で店に電話して下さい。」
「えっ?でも…」
「良いって言ってるんです、客の言う事が聞けないの?早く電話しなよ。」
店に電話して2時間でと伝えた上司の嫁。

「奥さん、部長が知ったらどんな顔するんだろうね?歳が離れてるから欲求不満なのかな?金には困ってないだろうしね。」
「主人には、内緒にして下さい…」
「何でデリに?教えてよ。理由はなんでよ?」
「夜の方が…」
「欲求不満って訳ね。だったら本番有りの店に行けば良かったんじゃない?」
「それは…主人に悪くて…」
「そうなんだ。誰かの紹介?ネットで?」
「友達の紹介です…」
「ふぅ~ん…今度紹介してよね。」
「えっ?…」
「既婚なんでしょ?その女性も。」
「ええ…」
「次に来た時に呼ぶつもりだからさ。」
「それは…」
「まぁ、楽しませて貰ってからでいいや。脱ぎなよ。」
「はい…」
服を脱ぎ始めたのを仰視しながらにやついていた。
スレンダーながらもいい身体をしている。
これからこの身体を自由にしてやると思うと気分も高まった。
全裸になりマニュアル通りにシャワーを浴びさせようと風呂場に誘われるのを拒否して引き寄せた。

「奥さん…シャワーなんか浴びないよ。早くしゃぶれよ…洗ってないチンポもアナルもよ…」
弱みを握られ言うなりになるしかない部長の嫁。
竿から始まり、玉、アナルと丹念に舐めてくれる…

「奥さんのも見せろよ…」
シックスナインの体勢になると、膣からは汁が滲み出ていた。
指でクリトリスを弄びながら舌を挿入して味わってやる。

「しょっぱいね、尿の味も入り交じってる。奥さん感じやすいのか?M気質なんだね…凄い濡れてるよ。」
「久し振りにフェラしてるから…硬いのを舐めるのが好きなの…」
「そうなんだ…じゃあ良かったじゃん…」
「何が良かったの?」
「決まってるでしょ…」
「決まってるって?何が?」
「お金目的じゃないなら俺が毎日舐めさせてやるよ…」
「えっ?…」
「体験なんだから辞められるだろ…」
「それは…辞められるけど…毎日って…」
「奥さん…察しが悪いね…部長に知られたく無かったら、俺の言いなりになれって事だよ。」
「そんな…」
「じゃあ知られても構わない訳?まぁ、俺には関係ないから知らせても構わないけど…あっ、このままここで働けばいいだけか…」
「そんな…秘密にして…下さい…お願いします…」
「だったら言いなりになるって約束しろよ…毎日抱かれに来るってさ…」
「抱かれるって…セックスまでですか?…」
「そうだよ…毎日抱かれに来るんだよ…友達と一緒に慰み者にしてやるんだよ…生で中出しを受け止めて貰うんだからよ…」
「そんな…出来ません…」
「じゃあバラしてやるよ…部長が知ったらどうなるかな…部長にイビられてる同僚に教えるのもいいな…どうするんだよ?…言いなりになるのかならないのかはっきり答えろよ…」
かなり強い口調にビビる奥さんだが、重い口を開いた…
「分かりました…せめて私だけにして下さい…お願いします…」
「それは奥さん次第だよ…先ずわ飽きさせない様にしてもらわないとだな…」
「はい…分かりました…」
無口になりフェラを再開し始めた…
開き直った女の凄さなのか、欲求不満が溜まりすぎていたのか分からないが…無我夢中で貪りついている…

「これから奥さんの中に入るんだから…カチカチに成るまでしゃぶらないとだよ…部長より硬いだろうけど…」
「硬くて大きい…です…」
「しゃぶるのはその位にして入れなよ…奥さんの腰振りダンスを見せてくれよ…」
無言のまま跨がり、膣にチンポをあてがうと…ニュルっと呑み込んだ…
物凄い喘ぎ声が部屋中に響き渡る…
貪欲な迄に腰を振り…自分が感じる場所を擦りまくってくる…
「これから毎日楽しませるんだからな…奥さんの家で…」
「そんな…家でですか…」
「そうだよ…俺がしたくなったら何時如何なる時もなんだよ…毎晩勝手口の鍵は開けとけよ…夜中にしたくなったら行くんだからよ…」
「主人が…」
「関係ないよ…分かったのかよ?…」
「はい…分かりました…」
背徳感が女の気分を盛り上げたのか、更に激しく濡れ始めた…
クチャ…グチュ…
婬猥な音だけが鳴り響き…久々の感触を貪っている…

「余程餓えてたんだね…凄い乱れようだよ…チンポを喰わえ込んで離さないじゃないかよ…毎日いたぶられるって俺のチンポをよ…」
「言わないで…久し振りなのよ…今は何も言わないで…」
印象的な言葉を残して快楽を貪っている…
「あっ…ダメっ…イク…逝っちゃう…」
言葉と同時にビクッビクッっと身体を震わせ逝ってしまった…なおも喰わえ込んで離さないまま腰を使い続ける…
貪欲な迄に快楽に憑りつかれている…
「部長に見せてやりたいな…奥さんのこの姿をさ…」
「言わないで…あの人の事は言わないで…」
「部長に悪いと思わないのかよ?…部下のチンポを生で喰わえ込んでよ…これから中出し喰らわされるんだぜ…」
「あぁ…悪い妻よ…まさかこんな事になるなんて…これから貴方に蹂躙されつくされる女になるなんて…あなた…ごめんね…」
「そうだよ…これから蹂躙し続けてやるよ…先ずわ奥さんを孕ましてやらないとな…」
「あぁ…あなた…ごめんなさい…あなたの部下に…妊娠させられてしまう…私を許して頂戴…」
言葉責めを喜ぶかの様に悶えまくる奥さんの中に、大量の精子をぶちまけてやった…

「良いって言うまで抜くなよな…キスしろよ…」
無言のまま口を重ねてきた…
下を捩じいれ絡めてやる…
「奥さん…良かったな…もう欲求不満にならないぜ…俺の慰み者だけどな…今晩夜中に行くからよ…部長の横で遣ろうぜ…」
「そんな…それは許して下さい…」
「駄目だよ…隣で寝てる部長の前で中に出してやるかんだからよ…分かったのか?…」
「はい…分かりました…」
もうすぐ時間になるので着替えさせながら…
「店に戻って辞めて来いよ…駅で待ってるから…」
「はい…分かりました…」
一緒にホテルを出て駅で待っていた。
15分程で駅に来た奥さんを連れて電車に乗り、営業先の駅で待たせた。
営業の挨拶を終えて駅に戻ると、奥さんが待っている…
近くに有る公園の公衆トイレに連れ込んでしゃぶらせてやった。
そのまま発射して精子を呑み込ませてやる…
「いい奥さんだ…夜行くからな…何時に部長は寝る?…」
「11時には…」
「じゃあ12時に行くからな待ってろよ…」
そう言って別れた。
会社に戻り、部長の顔が目についた。
ほくそえんでやる。
心の中で、お前の嫁は、俺の慰み者なんだよと叫んでやった…

仕事が終わり、時間まで最寄りの街で時間を潰し、時間になったので出向いた。
勝手口の鍵は開いている…
そっと入って行くと奥さんが寝室の前に待っていた…
「せめて下の部屋で…主人が目を覚まします…」
無言のまま寝室のドアを開け放ち、奥さんの華芯に手を差し入れてやる…
既に濡れ祖母っている…
クチャクチャ…
婬猥な音をたてながら膝をがくつかせている…
ズボンを降ろしてチンポを差し出してやる…
首を振りながら哀願する奥さんの頭を掴んで口に含ませてやる…
喉の奥まで突いてやる…
嗚咽しながら涎を垂らしまくる奥さんを横にして…膣口にチンポをあてがって挿入してやった…

「あぐっ…あっ…」
必死で喘ぎ声が漏れないように堪えているが、身体の方は敏感に反応し、直ぐに逝ってしまった…
構わずに抜き差しを繰り返してやる…
面白いように逝きまくる奥さんの膣奥目掛けて射精して果てた…
直ぐには引き抜かずに余韻を楽しんでやる…
充分余韻を楽しんでから引き抜いて口元に運んでやる…
黙って口に含んで掃除を始めた…
丹念に舐め掃除をさせてから引き上げた…
翌日出勤して直ぐに外回りに出る…仕事ではなく、凌辱しに行くためだ…
勝手口に回り室内に入る…
洗濯中なのか洗面所に居た…洗面台に映った私を見て言った…
「好きにして…満足させて…何でもするから…」
そう言いながらスカートを捲りあげる…
下着すらつけていない膣口からは既に愛液が滴り落ちていた…
それ以来私は外回りにかこつけては部長の嫁を蹂躙し続けている。
今では何でも言うことを聞く都合のいい女になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 828記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。