哀願する女

遠藤健次さんから投稿頂いた「哀願する女」。

愛人募集サイトで見付けた女と何度かやり取りして会う事になった。
就職も決まり、大学卒業迄の約束で、半年程関係を持つ事になった。
妻を無くして早4年。息子も就職して2年。
誰も居ない家に帰るより、と思っての愛人だ。
週2日、泊りで遊びに行く契約になった。
若い身体は素晴らしく…出来る限りの開発をしてやった…
淫らな性技を覚えて行った彼女…名前すら忘れてしまうには充分の月日が流れた…

別れの日から3年…
今では会社と家の往復が日課になっている。
息子から嫁さんにする女性を紹介すると言って来た。
もうそんな次期かと思い、日時を聞いた。
「今から連れてく…」
そう言って電話が切られた…
慌てて着替えて、到着を待っていた。
玄関ドアが開いた音が聞こえると同時に話し声も…
リビングのドアが開いて息子が入って来た。
「失礼します…」
続いて女が入って来た…
「親父…こいつと結婚するから…真弓…俺の親父…」
「初めまして…真弓ともうします…至らない所ばかりですが宜しくお願いします…」
「初めまして…直之の父です。此方こそお願いします」
挨拶を交わして顔を見る…見たことがある様な気がして仕方が無かったが談笑しながらその場をやり過ごした。

息子が、結婚したらここに住むと言い出した…
家賃の節約とか言ってはいるが、遊ぶ金欲しさであろうと思っていた。
すっかり話しは出来ていたらしく、嫁も納得していたみたいだった。
既に引越の段取りすら終わっていたのには驚かされた。
「真弓さんのご両親は納得されているんですか?」
「2年程前に他界しまして…身内はだけなんです…」
「失敬…お姉さんは了解されてるんですか?」
「はい、喜んでくれてます」
「直之…式はどうするんだ?」
「こいつがあげなくて良いって言うから、年末にでも旅行に連れてってやりたくて、ここに越して来ることにしたんだよ。」
「2人が構わんのなら何も言わないから、2階を使いなさい。」
談笑のうちに帰って行った。

嫁さんの事が頭から離れないが思い出せないまま…引越の日が来てしまう。
業者がテキパキと作業をこなす中、軽い荷物を運んでやっていた…嫁さんがショートパンツで動き回っている。
2階か息子が嫁を呼んだ…
私の前を2階に上がって行った…あっ…はっきりと思い出した…
3年前に…半年愛人契約をした女だ…全く同じ所に痣が見え隠れしたのだ…
向こうは気付いて居ないのだろう…私も今気付いた程なんだから…
引っ越しが終わり、同居生活の始まりを祝って寿司を取っての細やかな祝宴をする…
内心は穏やかで無いものがあった…
なるべく避けて生活をしようと気遣い始めた…

何事も無く何日かが過ぎた日の夜、食事をして、家に帰ると息子夫婦が食事の最中だった…
「親父…一緒に喰おうぜ…真弓が気にしてるんだよ…」
「夫婦水入らずがいいと思ったんだが…」
「お義父さん…良かったらご一緒して下さい…お願いします…」
「悪かったね…気を使わせてしまったみたいで…明日からは遠慮無く、一緒に食べさせてもらうから。」
そう言って着替え風呂に入る事にした。
風呂から出てキッチンに行くと、嫁が食器を洗い始めていた…冷蔵庫を開けビールを取り出し、息子の居るダイニングに行く。
親子での乾杯だ…
後ろに気配を感じて振り返ると、嫁がツマミを持って立っていた…
様子が違う…驚いた様な感じで立っていたのだ…
ツマミを息子に渡すと、慌ててキッチンに戻って行った…
ビールを飲み終え寝室に戻ってTVをつけて見ていた…
ドアがノックされた?小さい音がした様な気がしてドアを開けると…嫁がいた…

「お義父さん…少し良いですか?…」
「どうしたんだね?…」
「ちょっと…失礼します…」
部屋に入り込み、私を見ながら…
「パパだよね?…3年前の…黒子で分かった…」
「分かっちゃったか…そうだよ…引越の日に気付いた…」
「直之さんには言わないよね…」
「言わないよ…早く戻りなさい…」
そう言って真弓を部屋から追い出した…
足音が遠ざかる…
翌朝…気まずい雰囲気になりながらも一緒に朝食をとり、息子が先に出掛けた…
見送りから戻った真弓が…
「お義父さん…あの時の事は秘密にして下さいね…」
「誰にも言わないさ…とんだ再会だったけど…今は息子の嫁なんだから…」

時間になり仕事に出掛けた…
業績の悪化に伴ったリストラが断行される事が決まっていた会社だが、まさか自分が肩を叩かれるとは思っていなかったのだが、子会社に出向するか、早期依願退職での退職金倍か選ぶように言われてしまう。
都会暮らしになれてしまっている私に、子会社に行くのは不可能だった。
当月の〆日で、依願退職する事にし、退職日当日まで有給を取る事にした。
余りに早い帰宅に嫁が驚いたが話す気にも為らなかった。
脱け殻のようになり、部屋から出る機会も減った。
何日か経った昼だった…
嫁と昼食を食べていると…
「お義父さん…元気だして下さい…まだ老け込む歳じゃないですよ…」
「ああ、真弓さんありがとうね…また青春を謳歌するとするか…」
「そのいきです…元気なパパが好き…あっ…御免なさい…」
「あの頃…真弓さんが良く言ってくれた言葉だね…あの半年は夢のように楽しかったのを覚えてるよ…」
「私も…夢みたいな日々でした…毎回会うのが楽しみで…心踊らせてました…約束の期間が終る頃には本当に好きになってましたから…」
「だったら何故言ってくれなかったんだい?…」
「何度もいいかけました…けど…パパに惹かれてく自分が怖かった…だから…」
「そうだったんだ…気付いてやれなくてすまなかったね…自分が有頂天になってて気付いてやれなかった…」

「最後に会った日…覚えてます?…」
「覚えてるよ…真弓さんが行きたがってた夜の公園で…ライトアップされた道を一緒に歩いたね…手を繋いでゆっくりと…」
「繋ぎ止めて欲しかった…離さないで欲しかった…でも私からは言えなかった…」
「もう…止めよう…今の真弓さんは息子の嫁だ…それ以上の感情は持ってはいけないんだから…」
「パパ…私は終わってない…あの日からずっと変わってない…変わろうとしてもいつもパパが心に居る…直之さんて付き合っても…いつも何処かにパパが居た…結婚すれば変われるかと思ったけど…パパへの想いが大きくなっただけだった…そんなパパとの再会が…」
「真弓さん…もう止めなさいな…余計に辛くなるだけだからね…」
「パパ…今も辛いよ…直之の顔まともに見れない…」
話の腰を折り…席を立って部屋に戻った…
息子が戻るまで部屋からは出ないようにしていた…
息子が帰宅し、夕食の時…
「明日から研修で1週間の出張だからさ…いつもみたいに仲良くしててくれよな…」
愕然とした…昼間の真弓の言葉に、自分を抑える自信が無かったからだ…

「気を付けて行って来いよ」
そう言って部屋に戻った…
布団に横たわり、天井をボーっと見詰めながら眠りについてしまったようだ…
気付くと夜が明けていた…
2階から慌ただしく息子が降りてくるのが分かる…
始発で出発か…そう思いながら転た寝をしてしまった…
目が覚めると真弓が隣に寝ていた…
「パパ…おはよう…久し振りにパパの寝顔見れた…」
微笑みながら語りかけてこられた…
「真弓さん…何をしてるんだい?…駄目だって…」
「もう…言わないから…もう少しだけ…パパの温もりを感じさせて…」
胸元に頭を寄せ…身体を密着させて来た…

3年前振りの香り…甘く切なく…どこか甘美な真弓の香りに…当時の記憶が鮮明に甦ってしまう…
理性をなんとか保つので精一杯だった…
「やっぱり落ち着く…この温もり…臭い…あの頃に帰りたいな…」
黙って天井を見詰めていた…
30分程すると真弓が起き出した…
「パパ…ありがとう…」
部屋を出て行った…
顔を洗ってダイニングに…真弓が朝食の用意をしてくれていた…
ふと錯覚に陥りそうになる…
この時のまま止まってしまえはいいのに…
時間が逆行して…3年前に遡ったようにさえ感じた…
「みーちゃん…」
当時呼んでいた呼び方で呟いてしまった…
「今何て?…」
真弓が問いかけて来た…
咄嗟に出た言葉に嘘は無かった…
「ふと思い出したから…みーちゃんってね…」
泪を潤ませながら大きな瞳で見詰めて来た…
顔を背けて外を眺める…

「パパ…ずるい…よ…必死で我慢してるのに…思い出させて横向いて…」
振り返りながら真弓を見て…
「ごめん…意識より先に言葉が出てしまって…すまなかったね…」
深い沈黙が訪れた…
暗い空気が漂うなか朝食を済ませて部屋に戻った…
悪い事をしたなと思いながら布団を片付けた…
気分転換に散歩に出てみた…
頭の中から真弓の言葉を忘れようとして…
暫く歩いていると、突然の雨にずぶ濡れになってしまい…慌てて帰宅してシャワーを浴びに行った…
浴びて出ると着替えが用意されている…
何で?持って来なかったはずなのに…
真弓が用意してくれたみたいだった…
用意されてた服を着てみる…
真弓が1番お気に入りだったシャツに近い柄の物だ…
懐かしさが込み上げてくる…
ダイニングに行ってみる…
真弓は2階に居るらしく居なかった…
もし今、真弓が居たら…
そんな思いを胸に部屋に戻った…

TVをつけて横になる…
ただTVの音が聞こえるだけ…何も身に入らない…
頭の中は当時の回想が巡るだけだった…
静かに時は流れているが…思いだけは募って行った…
このままではまずいと思い…再び家を出て映画を見に行った…笑えるものを探して入っていく…
回りから笑い声が聞こえる…
ただ見ているだけの私…
映画も終わり、ぶらぶら街を歩いていた…
あるショップが目に留まる…
当時真弓を連れて入ったジュエリーショップ…
懐かしくなり入ってみる…
店員が近寄って来た…
「お久し振りです…本日はお連れ様はいらっしゃらないのですか?…」
「えっ?…3年前に来ただけなのに覚えてたんですか?」
「先日、お連れ様がお見えになったんですよ。お買い求め頂いたジュエリーの定期クリーニングに…2ヶ月に1回は必ずお見えになってます。」
「そうだったんですか…」
「本日は何かご希望は御座いますか?」
「彼女に似合いそうなの有ります?…」
不意に出てしまった…

「ございますので、此方へどうぞ…」
カウンターに座らされ何点か持って来た…
確かに似合いそうなジュエリーばかりだ…
「先日お見えになった時に、此方を見てらっしゃいましたよ。」
彼女の気に入りそうなデザインだった…
「じゃあ、それを下さい…」
「畏まりました…お待ち下さい…」
綺麗にラッピングして持って来たのを購入して帰宅した…

丁度、真弓が夕食の支度をしていた…
私に気付くと…
「お昼居なかったね…何処行ってたの?…」
「映画見てきた…暇人だからね…」
「そっか…」
「真弓さん…これ…結婚祝い代わりにプレゼント…後で開けてみてね…」
逃げるように部屋に戻った…
支度が出来たようで呼びに来た…
席に着く…テーブルの上にはラッピングされたままのプレゼントがあった…
「開けていい?…」
「後にしなよ…照れ臭い…」
「開ける…見たいから…」
丁寧にラッピングを剥がしていった…中から出てきたケースを見て気付いた…

「あのショップ行ったんだね…」
「寄ってみた…懐かしくなってね…」
「そっか…私はたまに行ってたよ…」
ケースを開いて驚いた…
「これ…欲しかったのだ…何で?…」
「店員が覚えてたから…それがお気に入りみたいだって教えてくれた…」
「パパの事を?…」
「みたいだね…2ヶ月に1回は来てくれてるとも話してくれたよ…大事にしてくれてるんだね…」
「うん…今でも1番お気に入りだよ…身に付けてるとパパと一緒に居るような感じになれるから…」
「それは、余計だよ…それも身に付けて楽しんでね…」
「パパ…優しすぎるよ…私…辛すぎる…このままじゃおかしくなっちゃうよ…」
「息子の嫁にプレゼントしただけなんだから…思い詰めないで…気楽に考えて…」
「そうじゃない…パパと一緒に居ると思うと…直之の事避けてる私が居るの…パパの事で頭が一杯になって…直之と居るのが辛いの…」

「真弓さん…どうすればいいの?…私が家を出て済むならそうするから…」
「違うの…分からない…パパと一緒に居たいの…直之よりパパと…」
「それは無理だよ…」
「分かってる…直之に悪いって思ってる…けど直之じゃないの…パパと居たいの…」
「真弓さん…泪を拭いて…どうにもならない事でしょ?」
「パパ…抱いて…お願い…」
「無理だよ…息子の嫁は抱けないよ…」
「直之の居ない今だけ…昔の様に抱いて…お願い…じゃないとおかしくなりそう…」
「それは無理だよ…みーちゃんの事ばかり思い出すけど…息子の嫁だという事実は拭えない…部屋に戻るからね…」
部屋に戻り真弓をダイニングに置き去りにした…
内心は抱きたい気持ちで溢れかえっていた…
必死で真弓に対する気持ちを圧し殺していた…
真弓が2階に上がる音が聞こえた…
静寂が部屋を包み込んだ…
静かすぎる事に耐えられなくなり風呂に入った…
珍しく長湯をして頭を冷やしていた…

風呂からあがり、ビールを取りにキッチンに行く…
真弓が居た…
空気が重たい…
ダイニングでビールを飲むのが辛くなる程だ…
真弓がキッチンから出て行った…風呂に入るみたいだ…
独りビールを煽る…
飲み終わり部屋に戻って布団を敷いた…
TVをつけて横になる…
TVの音が響いていた…
部屋のドアが開いて…全裸の真弓が入って来た…
「パパ…見て…変わってないでしょ…」
言葉では抑制しようとしているが…真弓から目が離せないでいる…
「駄目だよ…みーちゃん…」
泪を潤ませながら崩れ落ちた真弓の姿に胸が熱くなる…
「パパ…お願いだからか…おかしくなっちゃうよ…」
哀願して頼む真弓に理性が崩れて行くのがわかる…
肩を震わせ哀願する真弓…
粒羅な瞳から流れ落ちる泪を見せつけられた時…理性は飛び散り…真弓を抱き寄せていた…

愛しむように抱き締め…唇を奪っていた…
時が戻ってしまったかの様に互いを求めあった…
何度も何度も唇を重ねながら互いのツボを刺激し合う…
何も言葉は要らなかった…
互いのツボを知り尽くした2人…
優しく…時に激しく…長い前技が続いた…
3年の時を埋めるかのように果てしなく続いている…
真弓が私に股がり…割れ目にペニスを宛がい胎内に導いて行く…
身体を起こし…唇を重ねる…
見詰め合い…身体を密着させながら…唇を重ね合う…
真弓の1番好きな体位だ…
繋がったまま抱き合い…何度も気を遣る真弓…
変わらぬ抱き心地に溺れていく私…
時の経過も忘れて求め合う…
やがて我慢の限界が近付いて来た…
真弓を横にしようとするが嫌がり…両手で身体を支えてしまう…
「パパ…中に…このまま…一緒に…ねっ…」
その言葉に必死で我慢をしていたが…限界を越えて真弓の中に発射してしまう…

足を絡ませロックしながら肩に腕を回して来た…
唇を求めてくる…
抱き締めながら唇を重ねた…
真弓の中でピクピクしているペニスの感覚に合わせる様に痙攣する真弓…
たがが外れた2人に理性は無くなって居た…
真弓は何度も求めてくる…
応えるように何度も真弓の胎内に射精を繰り返す…
寝ては抱き…食べては抱き…繰り返される淫靡な時はとてつもなく甘美だった…
直之の帰宅まで繰り返された淫靡で甘美な時が終わろうとしていた…
全裸で過ごした時が終る…
耐え難い…
互いに無くてはならない存在になっていた…

直之の帰宅時間が近付いて来た…
2人は服を着て室内の空気を入れ替えながら…
「パパ…明日からは昼間だけだね…」
「もう戻れないよ…みーちゃん…」
「うん…気を付けようね…」
平静を装った…
息子が帰宅して来た…
真弓の様子が明るい事に気付いた…
「やたら明るくないか?…」
焦りながら聞いていると…
「お義父さんが結婚祝いにってくれた物があるから…」
「何それ…」
「1番欲しかったアクセサリーなんだ…だから笑みが溢れちゃうの…」
「大事にしてたのあるじゃんか…」
「うん…あれは一生の宝物…お義父さんがくれたのが2番目かな…」
「俺があげた奴は?…」
「その次になるかも…」
「ひでぇ~の…でも親父…ありがとな…」
「ああ…」
言葉が出て来なかった…

3人で夕食を取り、出張の話を聞いて過ごした…
何とかやり過ごし風呂に入って横になった…
2階からは物音すら聞こえて来なかった…
翌朝…何事も無く息子が出勤して行く…玄関先で見送る真弓に悪びれた所は無かった…
2人での朝食…息子が居なかった日に巻き戻された…
黙って服を脱ぎ捨てる2人…
どちらからともなく抱き合い唇を重ね合う…
「パパの子供が欲しい…」
「みーちゃん…」
言葉はそれで無くなってしまった…
時間の許す限り互いを求めあった…
食事すら忘れて求めあっていた…
真弓は妖艶に燃え上がり…抱けば抱くほど美しさを増していった…
夕方まで求め合い…一緒にシャワーを浴びて買い物に行く事が日課になっていった…
近所でも評判になる程、仲のいい親子だと…
真弓の心も身体も私に向いているんだからそうだろう…
直之に抱かれた日は直ぐ分かる…翌日の燃えかたが激しさを増すからだ…
直之では満足出来ていないからだろう…
ただ…直之とは安全日以外はスキンを着けるようになったようだ…
時は流れ…真弓の妖艶さに磨きが掛かって来たある日…
妊娠を告げられた…
逆算すると…直之が研修で居なかった時期に相当した…
喜ぶ真弓が愛しくて堪らなくなる…
息子の嫁がいつしか私の嫁に変わっていた…

これからも…ずっと…
愛を確め合う2人だった…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ポチ君 より:

    なんや~~、姉が愛人で最後は4Pかと思ったわ(笑)

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 768記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。