孕ませ屋…とてつもなく美味しいバイト

ぴゅあらば

浦島太郎さんから投稿頂いた「…孕ませ屋…」。

無職の俺は49歳で独身だ。とてつもなく美味しいバイトのお陰で、女とは毎日遣りまくれる事になった。
女は選び放題。只、30代40代が殆どだ。
危険日と、その前後3日間の合計7日間、中出しで1日最低2回しなくてはならない。
女とはその1週間を2人だけで過ごす。
中にはその後でも逢いたいと連絡先を渡して来るのもいるが、余程気に入らない限り会うこと無い。
たまに酷い内容の依頼も舞い込む。
離婚の理由にするためにという奴だ…
此はその時の事を書いてみる。

前の依頼を終えた時、事務所から新しい依頼のメールが届いた。
内容は結婚2年目の奥さんを1週間、拉致監禁して孕ませて欲しいという内容だった。
拉致監禁に関しては、事務所のスタッフも手を貸してくれるし、監禁場所も用意して有るとの事で指定された場所に指定された時間に行く。
1台の車に2人の男が待っていた。
詳しい資料を渡されて読む。
ターゲットは29歳、写真で見る限り可愛い。
監禁して、凌辱している所を全て撮影して欲しいとの事。
此方の顔はマスクで隠す事になっていた。

ターゲットが出て来た。
ゆっくりと車を近付ける。
人通りの無い路地に入ったのを見計らい、後ろのスライドドアを開けたまま近付き車を停める。
助手席からすぐさま飛び出して女を抑え込み、後部座席からはもう1人が引き込む。
暴れる女に薬を嗅がせて眠らせ、監禁場所へと連れ込むとスタッフは帰って行った。
椅子に座らせて両手を頭の上で縛り付ける。
その両手を吊し上げ気付くのを待った。
完全防音の地下室で、女を責める道具は数限りなく置いてある。カメラは8ヶ所に設置されており、入室した時点から録画を始めていた。

服の上から胸を揉んでやるとかなり大きい。
屈辱まみれにして欲しいという内容から気分も高まってきていた。
ボールギグを口に嵌めて気が付くのを待った。
その間にバイアグラを飲み、全裸にマスクだけ着けた格好になった。
身体が動き始めた…気付いて来たようだ…
後ろから胸を鷲掴みにして揉んでやる…
言葉にならない喚き声を発し始めた…
「奥さん…凌辱の館にようこそ…此から、終わることの無い快楽が貴女を極楽に誘いますよ…存分に楽しんで下さいませ…」
状況判断が出来ない女を吊り上げてやる。
つま先立ちしか出来ない様に吊り上げ…鋏を持って女の前に行く…

泣きながら喚いていた…
洋服を鋏で切り始める…
1枚…また1枚…下着だけにしてやる…
胸の谷間に鋏をあて…ブラジャーを切った…
ぶるん…と飛び出した乳房…丸見えになった乳首…
肩紐を切り…ブラジャーを落とす…
左腰に鋏をあて…パンティーの横を切る…右腰にも同じように鋏をあて切った…
唯の布に成り下がったパンティーを前から引き抜いた…
全裸にされ秘部が全てさらけ出された女…
「奥さん…いい身体をしてますね…たっぷりと種付けしてあげますからね…その前に…此でアナルも綺麗にしましょうかね…」
浣腸器を取り出し…グリセリン液を300CC注入して見せてやる…

泣きながら首を横に振りまくっている…
足を開かせアナルにグリセリン液を注ぎ込んでやる…
アナルピースを嵌め込み乳首をローターで玩んでやる…
2分もしないうちに悶絶しながら苦しみ始めた…
吊り縄を緩めて透明の小丸を用意してやる…
アナルピースを抜き取り小丸に座らせた…
我慢の限界が来たのか…勢いよく排泄した…
「汚ねぇ~女…臭ぇ~臭ぇ~見れたもんじゃねぇ~な…」
そう言って女の尻を拭いてやる…
女を立たせてシャワーを浴びに連れて行く…
尻を突き出させて尻を洗いだした…石鹸をつけてアナルを刺激しながら洗ってやる…

アナルに中指を捩じ込む…
中を掻き回してはシャワーを宛がう…
尻を洗い流して元の場所に連れていき、吊り縄を締め直して吊り上げてやる…
小丸を片付けバイブとアナルボールを持って来た…
ローションをアナルボールにつけ…1個…また1個とアナルに埋め込んでいく…
10個全てを埋め込み…バイブでクリトリスを弄り始めてやる…
身悶えしながら割れ目から蜜が滴り始めた…
「奥さん…こんな風にされてんのに濡れてるね…淫乱で好き者なんだね…」
言葉での責めも加えてやる…

バイブを割れ目に挿し込み上下させながらアナルボールを1個引き抜いてやる…
ビクンとして腰が落ちそうになるが吊られていて落とせない…
「奥さん…いい反応だよ…いいペットに仕上げてあげるからね…奥さんに選択の余地は無いんだから…一生飼われるだけの生きたダッチワイフにしてあげるから…」
絶望的な状況に追い込んでいく…
「奥さんの飼育日誌代りに…全部録画してあげてるから…逃げたらネットに流れるだけだよ…無修正でさ…」
言葉で追い込みながらバイブで責め立ててやる…

いい感じに悶え始めてきた…アナルボールをまた1個引き抜いてやる…ビクビクッっと反応する…
「奥さん…アナルで逝っちゃうの…変態の第一歩に足を踏み込んだね…残りの8個を一気に引き抜いてあげるよ…」
そう言ってバイブで責めながら一気に8個のアナルボールを引き抜いてやった…
絶叫と共に腕だけで吊られながら崩れ落ちて気を遣って果てる…
そのアナルに…アナルバイブを挿し込んでやる…
絶叫しながら連続アクメをするようになるまで責め立ててやる…
床は蜜でびしょ濡れになっていった…

バイアグラが効いて来た…
ぎんぎんに怒張したペニスを見せながら…
「今度はこいつを奥さんにぶち込んでやるから…」
吊り縄を外し床に転がす…
バイブを引き抜き…一気に胎内に挿し込んでやる…
何度も逝かされぐったりとしているから抵抗すら無い…
怒張したペニスで弄ばれて、また何度も気を遣らされる…
具合はかなりいい…
締まり…滑り…共に文句のつけようが無い…

「奥さん…そろそろ1回目の種付けしましょうかね…奥さんに中出ししてあげますからね…奥で受け止めて溢すんじゃないよ…」
そう言いながら子宮目掛けて奥深く射精してやる…
ボールギグを外してやる…
泣きながら聞いてきた…
「何で?こんな事するんですか?…私は何も悪いことしてないのに…」
「奥さん…エロすぎる奥さんがいけないんだよ…たっぷり種付けして孕ませてやるからさ…飽きるまで遊ばして貰うよ…素直にしてれば痛い目みなくて済むんだからさ…言うこと聞くんだね…」
バイアグラ効果で、怒張したままのペニスを突き立ててやる…

喘ぎ声が出ている…
「奥さん…こんなに濡れて…したくて堪らなかったんでしょ…たくさんしてあげるから楽しみなよ…諦めてさ…旦那の元に帰っても離婚されるだけなんだし…」
言葉では抵抗を試みるも、身体が感じすぎていて言うことを効かない…
強引に唇を奪い…舌を捩じ込む…
両足を抱え…割れ目にペニスが出入りするところを見せつけてやる…
あっという間に気を遣り果てる…
アナルバイブを挿入されたまま…犯されているのに感じてしまう自分を恥じるかのような仕草がそそる…

「奥さん…2回目の種付けをしようね…気持ちいいマンコだから、何回でも出来そうだよ…それ抜か2の種付けだ…奥で受け止めて溢すんじゃないよ…うっ…」
子宮内に入り込んだペニスから精子が発射された…
同時に痙攣しながら気を遣る女…
身体を密着させ…顔を舐め回してやる…
唾液を垂らし口の中に入れてやった…
女の胎内で脈動を続けるペニス…ゆっくりと腰を振り続けてやる…
何度も逝かされ感じすぎている女は…10回も出し入れすると逝くようになっていた…
感嘆の声を発しながら…
繰返し逝かせながら…
「奥さん…喜んでるね…まだ始まったばかりだよ…」
「もう…ダメ…逝きすぎて…おかしくなる…」
「何言ってるの…おかしくしてあげてるんだよ…ほら…何回でも逝きなよ…」
「あぁあ~…ダメ…ダメ…」
まだ頭では理性が働いているみたいだが…身体は敏感に反応してしまう…

蜜が溢れかえり…床は洪水のようになっている…
「奥さん…抜か3に入ろうかね…奥さんのマンコが…子宮が…種を欲しているよ…」
「イヤ…そんな事ない…」
「身体は正直なんだよ…奥さんのマンコが…喰わえ込んで離さないんだよ…種付けして欲しくてたまらないって…ほら…ほら…」
激しく腰を振ると…直ぐに気を遣り果てる…
容赦なく責め立ててやる…
何度も連続アクメをさせられて…ぐったりと動かなくなるが…歓喜の喘ぎを見せ始めて来た…
3度目の射精を子宮内にした時…大きな痙攣と共に失神してしまう…
ペニスを引き抜く…
バイアグラの効果で萎える事の無いペニスをアナルに捩じ込んで行く…
経験した事の無い激痛に我にかえる女…
見知らぬ男に犯され…3度も中出しされた後に…アナルも奪われ…絶望だけが女に残っていた…

アナルを突きながら…バイブをマンコに突き挿してやる…
絶叫が部屋に響く…
同時に痙攣が…
言葉にならない喘ぎ…絶叫が繰り返された…
何度も繰り返し…アナルからペニスを引き抜き…アナルバイブを挿し込んでやる…
ペニスを口元に押し付け…
「奥さん…マンコとアナルに入ってたペニスを掃除してくれよ…心を込めてさ…」
押し黙り口を開かない女…
鼻を摘まみ…息が出来ない様にしてやる…
息苦しくなり口を開いた…
その口にペニスを捩じ込んでやる…
「ちゃんとしゃぶって綺麗に掃除するんだよ…舌を使って舐めあげろ…」
馬乗りになり…顔を固定するように掴んでイマラチオをしてやる…
嗚咽を繰返しながらも舌を使い始めた…

「奥さん…苦しかったら早く逝かせる事だね…一滴も溢さないで精子を飲み込みな…」
涙目で頷きながら必死でフェラを続ける女…
20分程続けさせた…
まとわりつく舌の感触を楽しみながら…喉奥に射精してやった…
ゴクッ…精子を飲み込む音が聞こえる…
溢さないように丁寧に舌を使いながら…
女の顔から絶望が消え始め…陶酔する顔になって来ていた…
ペニスを引き抜き…
「これで…奥さんの穴は全て俺のものになったんだよ…もう逆らわないで、言うこと聞いて気持ちよくなりな…分かったら返事するんだよ…」
「……はい…」
「いい娘だ…此を着けて休みな…」
そう言って乳首にローターを粘着テープで固定してやる…

バイブ付きの革パンティーを履かせ…バイブを膣内に挿入して…アナルバイブもアナルに挿入してやる…
全てのスイッチを入れてやった…
悶絶しながら痙攣を繰り返す女を見ながら楽しむ…
逝き疲れ声すら出なくなる…
時折…小さな声を発しては痙攣を繰り返す…
そこに居たのは狂喜にうち震える雌の顔をした女だった…
そのまま女を抱き抱え…ベットに寝かせる…
隣に横になり…乳房を揉みながら眠りについた…
目覚めると…女は白眼を剥いて痙攣していた…

シーツはびしょ濡れになっている…
「奥さん…目覚めの1発しようか…」
バイブ付き革パンティーを剥ぎ取りペニスを挿し込んでやる…
身体を仰け反らせ反応する…
直ぐに気を遣り果てる…
女の反応…痙攣を感じながら腰を回し…中を抉るようにしてやる…また直ぐに気を遣る女…
自我が崩壊し…快楽に支配されている…
「奥さんは俺に支配されたんだよ…逆らう事も出来なくなったんだ…」
支配された…支配された…脳内に染み渡るように繰返し言ってやる…
自らの立場を植え付ける…
生きたダッチワイフに成り下がってしまったんだという事を…
繰り返される快楽の波…いくら気を遣っても終わることの無い快楽…永遠に続く言葉に女の理性が奪われていく…
その間も繰返し訪れるアクメに痙攣…
何度目かの痙攣に合わせて…子宮内に射精してやる…
大きく身体を仰け反らせ…激しい痙攣が襲ってきた…

萎えるまで腰を振り続けてやる…
萎えきった所でペニスを引き抜き…バイブ付き革パンティーを履かせてやる…
狂った様に…気を遣り続ける女…
その様子を見ながら楽しむ…
気を遣り続けて動けなくなった女に…
「奥さん…俺のものになった証拠を刻んであげるから…」
そう言ってバイブ付き革パンティーを脱がせ…陰毛を綺麗に剃りあげてやる…
こんもりと盛り上がった土手に…「俺専用」と刺青を入れてやった…

「これで奥さんは誰とも出来なくなったよ…一生俺専用の生きたダッチワイフだ…」
バイブ付き革パンティーを履かせて逝かせ続ける…
繰り返される凌辱にも従うようになる女…
夢うつつの中で自我崩壊させられていった…
その日は胎内に3度の射精をしてやり…バイブ付き革パンティーを履かして眠りについた…
翌日も…その翌日も…3度ずつ胎内に射精され続けた女…
殆ど寝て居ないであろう…
5日目を迎えた朝…私に屈服した女が居た…
縛っていた縄をほどき…シャワーを浴びさせた…
始めて食事も与えてやる…
監禁部屋に連れて来られてから始めて…刺激を与えられない時を迎えた…

食事が終わる…女が座っている私の前に膝まづく…
自らの意思でペニスを喰わえ込んだ…
足を割れ目に当てる…既に蜜が溢れ返っていた…
「欲しいのか?…」
「はい…此が…欲しいです…」
快楽の虜になった女をベットに連れていき…四つん這いにさせた…
「どっちの穴に欲しい?…」
「両方に下さい…」
アナルにバイブを挿し込み…マンコにペニスを挿し込んでやる…
狂った様に悶えて気を遣る…
「お前は誰のものだ?…」
「貴方のものです…」
「見も心もか?…」
「はい…全て貴方のもの…もう戻れません…」
「じゃあ旦那と別れろ…そして俺の生きたダッチワイフとして生きるんだ…俺の種で孕むんだよ…」
「はい…孕ませて…貴方の種で…孕ませて下さい…」
女が堕ちた…

気を遣りながら私に屈服した瞬間を楽しみながら子宮に射精してやる…
その日から…女が自ら求めて来る…何度も何度も胎内に射精を求めて…
5回目の射精を受け止めると死んだように眠った女…
6日目の朝…目覚めると女が私に跨がり腰を振り喘いでいた…
頭の中は…快楽にのみ取りつかれている…
連続アクメの虜になって…
そんな女を押し倒し…両足を抱えて屈曲位で突きまくってやる…全体重を載せて…奥へ奥へと挿し込んでやる…
絶叫し気を遣り続ける女の子宮に精子をぶちまける…
萎えるまでそのまま腰を振り続けてやった…
萎えた所でペニスを引き抜きバイアグラを飲みに行く…
煙草に火をつけ椅子に座る…
近付いて来た女が膝まずく…
トロンとした目付きで…当たり前の様にペニスを口に含み丁寧に舐め始めた…
自らのクリトリスを玩んでいる…

「しゃぶりながら…自慰をして見せろよ…両足を拡げて見える様にして…」
素直に従う…
真っ赤に肥大したクリトリスを玩びながらしゃぶり続ける女…
その日の女は凄かった…
7回も胎内に射精を求め…全てを受け止めて眠りにつく…
7日目の朝…6日目と同じように私に跨がり腰を振る女…
感触が違う…自らアナルに入れている…マンコにはバイブを挿し込んでいた…
狂った様に悶えて何度も気を遣っている…
私が起きた事に気付くと…アナルからペニスを引き抜き…
バイブを抜くと…自らマンコに挿し込んだ…
「中出しして欲しいのか?」
黙って頷く…

セックス浸けの1週間で女は変わった…
私の意のままに動く生きたダッチワイフに生まれ変わったのだ…
今日の夜には離してやる女だが…若いし、具合も申し分ないので手離すのが惜しくなった…
「お前は一生俺専用のダッチワイフだからな…離婚してシングルマザーになって…俺の子種で孕み続けるんだぞ…」
「はい…孕ませ…続けて下さい…」
抱き抱えたまま…バイアグラを飲みに行く…
其からは何度も…何度も…胎内に射精を続けてやる…
夜までに7回…胎内に射精をしてやった…
用意してあった穴明きブラジャーとパンティーを着せ…スプリングコートを羽織らせてやる…目隠しを着け…後ろから胸と割れ目を刺激し続けているとスタッフが来た…
ビデオを回収し車に乗せる…

女の自宅近くで下ろした…
「ここで待ってろ…」
そう言って女を離す…
暫くして私も車からおり、女の元に向かう…
女は待っていた…
目隠しを取り、家に案内させる…灯りは着いていない…
部屋に上がり込み玄関に向けて椅子を置く…
椅子に座り…女のスプリングコートを脱がせた…
自らマンコに挿し込む様に命じれば…素直に従う女…
玄関に向かって結合部をさらけ出しよがり…悶え狂っている…

玄関ドアが開いた…
食い入る様に妻の変わり果てた姿を見る亭主…
「奥さん…旦那になんて言って遣るんだ?…」
恥態を見られパニックになりながらも快楽の虜になった女は…
「貴方…私…もうこの人じゃないとダメ…許して…貴方とは別れます…」
無言のまま近付いて来た…
妻の恥態を見て欲情したのだろう…ズボンを下ろし…自らのペニスをしゃぶらせようとした…嫌がりしゃぶらない女の反応が面白い…
頑としてしゃぶらない女の前でセンズリを始めた…

あっという間に妻の顔に射精して果てた…
「終わりだな…今すぐ出て行けよ…」
そう言って男は出ていった…
8度目の射精を受け止めると女は余韻を感じながら衣類だけ纏めた…
その女を家に持ち帰り弄びつづける…
今では人妻ヘルス勤めをしている…無論本番は一切無い箱ヘルスで…直ぐに逝く女として…週1で店に出ている…
私のマンションの1階下に部屋を借り…娘と2人で…今も妊娠4ヶ月だ…

私は今も孕ませ屋で働いている…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. 匿名 より:

    貸して・・・

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 822記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。