彼女と自分の家でエッチ

ぴゅあらば

16才の彼女がいる
僕は彼女と同じバスケ部で、部活終わりに彼女と帰るのが日常だった
部活終わりは、彼女も汗びっしょりで、汗臭く、興奮し、自分の家まで連れて行きました
彼女には、話そうといって呼んだのだが、俺の顔色から悟ったのか、困惑した表情だった

いきなりベッドに行くのはなんだと思い、飲み物を用意し軽く話した
『今日まだ時間ある?』
と聞くと、うんと答え、俺はついに切り出した
『俺としない?』
彼女は同様して、見えていた胸元を隠した
『だめかな?』
と聞くと、興奮したのか彼女の口からよだれが垂れた
『やりたいんじゃないの?』
そう言って僕はベッドに行かずフローリングの床に彼女を押し倒した

彼女の口からまたよだれが垂れた
軽くキスをして、服を脱がせた後、おっぱいを揉み、匂いを嗅ぎ、乳首を舐めまわした
『あぁん…』
今まで一言も喋らなかった口から声が出た
『気持ちいい?』と聞くと、首を振った
そして、ズボンを下ろし、濡れたパンツを触った
そして匂いを嗅いで、『おしっこ臭いよ?』
と虐めると、
『臭くないよ…』
と否定した
こうして見ると僕が責めているように見えるが、彼女も俺の背中に手を当てて、舐めてと言わんばかりに押してきた

それからパンツを下ろし、舐めまわした
彼女はよだれを垂らして、ヨガリはじめた
見ているだけでイキそうになってくるので、無理矢理モノをぶち込んだ
『あぁああぁん??』
口の両端からよだれを垂らし、ヨガリながら喘いだ
『汚いなあ…よだれ拭けよ』
『よだれなんて…出てない!』
そんなのは無視してピストンの速さを加速した

『あぁあああ??ダメ!』
バックに変わるとさっきよりよだれが出ていた
床がよだれだらけになっていた
10分くらいやっていると彼女も狂い始めたようで
『もっど??もっど責めて??まんこグチャグチャにして??』
唾を飛ばしながら、下品におならをして、床を爪でひっかいていた

『そろそろ出すぞ』
『いいよ??出して!精子いっぱい出して!』
中には出せないので一回モノを出して、自分でシゴいて彼女の背中にぶっかけた
抜かれたのに怒った彼女は
『なんで抜くの??死ね??死ね??』
と言い始めた
普段は死ねなんて絶対言わないのに、その時はふと言ってしまったようだ

『仕方ないなぁー』
そういってもう一度入れ直し、再びピストンした
彼女の口から何本も糸を引いてよだれが垂れていた
汚れていく床を気にせず喘ぐ彼女の姿は、メスだった

『もうイク??ダメ??』
彼女が出した後、俺も背中に出した
彼女はよだれだらけの床に倒れ、そのまま寝てしまった
しばらくして、彼女は目を覚まし、僕に
『いきなり酷いよ…』
と言ってきた
『あんなに感じてたじゃん、床見てみ?全部お前のよだれだよ?』
『えっ…やだ…』
彼女は慌てて汚れた床をティッシュで拭いた
『あーあ、臭くなっちゃった』
椅子に座って呑気に彼女を虐めていたが、心の中には罪悪感もあった
『ごめんね…、床掃除するから…すごい気持ち良くて…よだれ抑えられなかった…』
『そんなに気持ち良かったんだ、なら良かった』
最後は丁寧にファブリーズまでかけてくれて、僕も謝った
その後も、何度かエッチしたが、そのたびに床やベッドのシーツを汚している

たかしさんからの投稿

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1018記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。