エッチ体験談が10000話を突破しました。

何も知らないときに従妹とアソコのいじり合いをして精通した

何も知らないときに従妹とアソコのいじり合いをして精通したエッチ体験談。

最近思い出した昔の話です。
消5の頃毎年お盆に母方の実家へ遊びに行ってました。そこにいとこの二人の姉妹がいて、年齢が近かった僕らはいっつも一緒に遊んでいました(2人の詳細ですが上は一つ下で髪が長くてさらさらで、身長は当時僕よりもかなり高かった。ちょっとわがまま小悪魔的な感じ下は2っした、ショートカットで目がくりくりしていて、すごく活発でした。身長もちっちゃくてまるで子犬のようでした。)

男が僕だけだったからか寝るのも一緒、風呂も一緒。
もちろん異性を意識したことはありませんでした、あの日までは・・

ある日「お父さんの部屋におもしろい本があるよ!」って従姉が凄い大発見をしたかのような勢いで、みんなを
あつめました。すると、おじさんの寝室のベッドの下からいわゆるビニ本が何冊か出てきたのでした。

最初は面白がって眺めていただけでしたが、そのうち「モデルの女の人と同じ格好してみよう!」という話になり、みんなで服を全部脱いで(なぜか僕も脱がされてしまいました)、あーだ、こーだ、と言いながらポーズを取り始めました。

バックのポーズなんかをして「手の位置が違う!」「もっと足を開いた方がいい」とか体育会系の、ノリでみんなで試行錯誤しながら、ひととおりのポーズを取り終えました。

満足した僕らは達成感でむねがいっぱいでしたが、それに対して、みんなハアハアしたりと言うのは全くありませんでした、僕はただお風呂でもないのにみんな裸って言う状況がなんかおかしくてしょうがなかったでです。

それから数日後の朝、叔父さん叔母さんはいつものように仕事に行き、従姉は学校の友達と遊びにいって家には真ん中の従妹(僕は彼女が一番好きでした)と二人になりました(良くあることですが)

午前中のTVアニメをいつものように見ていると、従妹が「この前おもしろい物をみつけたよ、見たい?」と聞いてきました。

ぼくはおもしろそうだったのでノリノリでついていくと、従妹は寝室にあるおばさんの洋服ダンスの奥の方をゴソゴソしはじめました。なにかと思いわくわくしながら見まっもていると、やがて奥の方から小さな茶色の箱を取り出しました。

箱を開けるとその中にはすけすけのパンツや、黒い革のパンツやらがぎっしり詰まっていました。二人で「エローーーっ!!!」と大爆笑しました。

ただどうなってるのか興味津々で全部引っぱり出してしらべてみました。中にはどうやって穿くのか解らないようなパンツもあり、謎だらけでした。

ふと思い「これはいたことあるの?」と僕が聞くと、従妹はぷるぷる首を横に振り「ううん、一人じゃはずかしいもん」と言い結局一緒に穿くことになり、従妹は白いすけすけの股間に穴の開いたパンツを穿きました。

「なんか、はずかしいよぅ・・・もう脱いでいい?」

と言うしぐさがめちゃくちゃかわいかったので、ついいじめたくなってしまい

「じゃんけんで負けた方がこれ穿いて、一日過ごすんね。」
もちろん僕は勝算があっての勝負です、三回勝負でストレート勝ち!

「えーやーだーぁ!!だっておふろとか入るときどうするのぉ?」
たしかに僕らはいっつも一緒に入っていたのでそのままではばれてしまいます。

しばらく考えぼくは「お腹いたいとかいって今日は、後から一人で入んなよ。」とナイス?アドバイスすると、従妹は渋々ですが承諾しました。

「ちゃんと穿いてたか夜寝るときチェックするからね。」
と念を押し、服を着て居間に戻りました。

午後になり従姉もかえってきて、また3人で遊びましたが、短いスカートの下にあんなパンツ穿いていると思うとなんか変な気分でした。

従妹も明らかに不自然で、ばれないか不安になってきます。その不自然さが功を奏したのか、すんなりお風呂にも一人で入れ、ばれることはありませんでした。

そしていつものように、三人並んで寝ました、僕はもちろん従妹も、従姉が寝静まるのをじっと待っていました。やがて従姉の寝息が聞こえて来たと思ったら、従妹がそっと僕の布団に入ってきました、そして僕のからだをぎゅーっとしがみついてきたので、僕は頭をなでてそっとキスしてしまいました。

そして二人で頭からすっぽりかぶりパジャマを脱がせました。

しかしいかんせん、消防どうしだったので、なんの知識もないんですが、ぺったんこの胸を触ったり、なめたりしてみましたが従妹は、くすくす笑ってるだけなので、あまりおもしろくありませんでした。

おしりはやわらかくて、ぷにぷにで気持ちよかったです。ひたすらもんでいるとやがて従妹の息がすこし乱れてきたように思います。

そして手を前のつるつるのワレメに這わせていき、徐々に下げてみました。
おまんこは濡れているというよりは湿っているという感じでした。さらに従妹の息が荒くなり、僕が触るたびに、僕をつかむ手にすごい力が入るのが楽しかったです。

やがて従妹も僕に仕返ししてみたくなったようで、おもむろにティムポをいじってきました。ただ手の中でクニクニとされるだけで、しごいたりはされませんでした。

いままでオナニーをしたことのなかった僕はあまりの気持ちよさにびっくりしておもわず声を上げそうになりました。でもなぜか硬くはなりませんでした。(今にして思うと不思議ですが・・・)

そして体を入れ替え69の体勢になりお互いにいじりあいをしました。ただ顔のすぐ側にあるにも関わらず、おたがいに口に含んだりはしませんでしたし、そのときは不思議としたいとは思いませんでした、今にして思えば、快感(物理的な快感)と嫌悪感(排泄器官という発想)がごちゃまぜになっていたんだと思います。

だんだん僕はおしっこに行きたい感じになった、とおもったら腰がガクガクしてきて、あっというまにイッてしまいました。

最後までチムポは大きくならず、精液もまだ出ませんでした。そして従妹は自分の布団に戻り、手だけつないで眠りました。

次の日、元通りにパンツをしまい何事もなく、夏休みは過ぎていきました。

おしまい

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!