実の母と…禁断の母子相姦

PR

ユウタさんから投稿頂いた「実の母と…禁断の母子相姦」。

中学に入った頃に母を意識するようになってからというもの、毎日母のおしりやむねのあたりを見てしまうようになっていた。それは中学3年になっても変わらなかった

中学3年の最後の夏休みに入った時だった。
夏休みの勉強を済ませた俺は、母がいるリビングのドアを開けると、母は、ソファーに座ってテレビをみていた。

俺「お母さん、夏休みの宿題終わったよ?」
母「あら、早いわね~」
俺は母が座っているソファーに腰を掛け、夜だったこともあり
俺「ねぇ…お母さんと親父ってさ、いつまでHしてたの?」
それを聞いた母は、俺の肩を軽く叩いてから
母「なんてこと聞くのよw」
と笑いながら注意してきたが、俺はお構いなしにしつこく聞き続けると諦めたのか
母「ユウタができてからしてないわよw」
と案外、正直に答えてくれた。

俺「性欲とか溜まってないの?」
母「う~ん…ちょっとは…ってなんで実の息子にこんな会話してんのよ」
と再び軽く肩を叩いてくる母に、かわいいと思ってしまう自分がいる。
俺は、断られる覚悟で、
俺「ねぇ~お母さん」
母「ん?」
俺「Hしたい」
と告げると、母はきょとんとした顔をして
母「えっ・・・え!?お母さんと?」
と人差し指で自分(母)を差した。

俺「うん!」
そう頷く俺を見た母は、
母「だめだって!そういうのは好きな人とやりなさい」
と強く注意する。
俺「え~!!母さんがいい!!ねぇ一回だけでいいからさ!しよ!」
俺は母にそう何度もお願いすると、10分くらい考えてから
母「今晩だけだからね?」
俺「うん!いいよ…じゃあ今から俺の部屋でしよ」
母「うん…」
母の手を握って自分の部屋に行き、ベッドにすわり母をやさしく抱きしめてから唇をそっと重ねる。

(後から母に聞いたのだが、このとき、母はものすごく興奮していたらしい。)
俺は母にキスをしながら母の胸を上からもんでみた。
俺にとって初エッチなので初めてさわる胸の感触は、柔らかくまたすこし弾力があり、興奮を掻き立てる。

その次に、まんこを触ると、母は少し喘ぎはじめた。
(やばいがまんできない)そう思った俺は、ちんこを出してまんこにいれようとするが入らない。
母は手でちんこをつかみ「ここに入れるのよ」と導いてくれた数秒足らずで俺は果ててしまった。母は笑顔で「最初だからしかたないわよ」と言って、口できれいにしてくれた。

その後、母と二回してから眠りについた。

翌日、俺は「今日もやりたい」と、二人きりの時にいうと、母は「だめ、約束したでしょ」と断ったが、俺は母を押し倒し、むりやりHをした

次の日もその次の日もHをしつづけた。
3か月やり続け、俺から母に告白し、付き合うようになった。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1197記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。