夏の日の思い出…電車でいつもパンチラしてるキレイなお姉さんと予想外の初体験

PR

森本さんから投稿頂いた「夏の日の思い出」。
高校生の時、あれは忘れはしない夏の出来事だった。

親の仕事が忙しくて、放課後、手伝ってました。電車に乗って、親の働いてる仕事場まで行き、手伝いして、親と一緒に帰ってくる感じ。

学校が終わって、だいたい、いつも同じ時間帯の電車に乗るんだけど、時々会うんです、あるお姉さんと。
そのお姉さんは、背が高くて、脚も長くて、とても綺麗で、香水つけてて、服装はいつもぱんチラならぬ、パンモロするくらいの短かいスカートに身体にピッタリな服を着てました。
時には背中が丸出しの服もあったり、
エロくて、ド派手な感じの服装もあったりで・・・

とにかく、めっちゃ綺麗なんです。

お姉さんの短かいスカートから覗く下着は、高校生の僕には刺激的でした。その時は気が付かなかったんだけどね。
いつも乗る電車は、あまり人が乗ってない?時間帯で、彼女はだいたい僕の前に座るし、僕も彼女の前に行き座ったりもしました。

『パンチラが見たいから』

彼女は、わざと、脚を開いたり、組み替えたりして・・・僕も目が釘付けでした。
僕が覗き込んでるのわかってて、彼女もやっていたみたいで。途中目が合うと恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。
彼女とは、電車に乗る駅も、降りる駅も同じでした。

夏休み前の期末テストが終わったある日、いつもの電車に乗ったら、その日彼女は乗ってませんでした。
駅を降り、親の働いてる仕事場に向かう途中、トイレがしたくなりました、駅のトイレですればいいんだけど、すぐ駅を出ちゃうんです。
する時は、だいたい同じ場所で立ちションしてました。
駅から出て、裏路地を入った家と家の間の垣根に。
路地から少し入って、人目につかない場所。
そこで立ちションするんだけどね、
たまたま?その日は垣根側の住人の方に見つかったんです。ビックリしました。
なんと、その時、出てきたのが、その例の綺麗なお姉さんだったんです。

その人の名を『智子』さんとします。

智子『あんた、こんな所で何してるのよ、ダメじゃない、嫌だわ~、勝手にうちの敷地に入ってきて、おしっこなんかして』『あら?あなた、どこかで見たことありそうな子ね』
僕『ごめんなさい、ついおしっこしたくなって・・・』『あの、電車でよく会ってる・・・』
智子『あぁ、いつもの坊ちゃんじゃない』

彼女の服装を見て、ビックリした・・・
スカートの意味がない程に超ミニで、パンティーが少し見えてて、キャミソールみたいな服だと思うんだけど、首の所で結ぶホルターネックだった。
おしっこの途中から見られた、あかの他人に、しかも女性に見られるのは初めて、しかも彼女の服装見て、すぐ勃起しちゃいました。

智子『あら?怒られてるのに大きくしちゃって、もしか、私を見て、勃っちゃったの?あなた、変態だわね』
僕『ご、ごめんなさい』
智子『私を見て大きくなったんなら許してあげなくもないわ』

おち〇ち〇、しまえなくて、出したままでいました。少しの時間だったけど、長く感じました。ドキドキしたの忘れません。おち〇ち〇にそえる手が震えてました。

智子『あら?怖いの?心配しなくても大丈夫よ?』

彼女の手が震えてた僕の手を触りながら、ついには、大きくなったおち〇ち〇を触りだした。

智子『まぁ、硬いわ、素敵なおち〇ち〇ね』
『まさか、こんなふうに会えるなんて思わなかったわ』

香水の香りもきついけど、嫌味もなく、手も温かく、もうドキドキでした。

智子『ねぇ、触られるの、もしか、初めてなの?』
僕『は、はい。』
智子『綺麗なピンク色だわ。汚れてない感じね。可愛いわ』

彼女の手が・・・おち〇ち〇を擦りだした。

僕『ああっ』
びくびくと震えました。

智子『え?もお?イキそう?』
僕『え?いや、なんかわかんないですっ、でも気持ちいいですっ』
智子『あら?本当に初めてなの?』
僕『は、はい、女性にされた事ないです』
智子『あら、ごめんね、ついつい触っちゃったわ』『ほら、このままだとおさまんないから、出しちゃいなさい』
智子『やっぱり、あなた、可愛いわ』

いきなりキスされました。ビックリでした。

智子『あ、ごめん、もしかファーストキスだったかしら?』

恥ずかしさのあまり、声も出せなかった。
頷きました。

僕『あっ、あぁ、イキますっ!』

ドクドクっと出ちゃいました。

智子『わっ!すごっい量!』
僕『あぁ、すいません、き、気持ちよかったですっ!ごめんなさいっ』
智子『謝らなくって良いのよ』『うふっ、可愛いわ』

あんなに気持ちよかったのは初めてでした。
すると、みるみる萎んでいきました。

智子『まぁ、信じられない、こんなに可愛いくなっちゃった。さっきとは大違いね』
『あら、まだ僕のエキスが出てくるわよ、待ってなさい』

その場にしゃがみこむと、彼女は、僕のおち〇ち〇を見つめながら、近づいてきた。

僕『え?な、何するんですか?』
智子『うふふ、私に任せなさい』

小さくなったおち〇ち〇が、急に生温かく感じた。
初めてのフェラチオだった。

僕『あっ、き、汚いですよ、あっ、あっ!』
咥えながら、智子さんが、大丈夫よ、私に任せなさいと言った。彼女のお口の中で、また大きくなった。

智子『うわっ、凄い!やっぱり若いって凄いわ!』『ねえねえ?ちょっとおいで』

彼女に引かれ、彼女の住む家に入りました。
彼女のベッドルームに連れていかれ、彼女に服を脱がされました。

智子『四つん這いになりなさい』
『じっくり教えてあげるから』

言われるままでした。
後ろから、股の間からおち〇ち〇を弄ったりしながら、四つん這いになった後ろから、彼女のお口で、おち〇ち〇を咥えてもらった。
おち〇ち〇を曲げるのではないけど、お尻を突き出した格好で、後ろからおち〇ち〇をフェラされました。
なんとも言えない恥ずかしいカッコでした。

僕『ああっ、気持ちいいです!こんなの初めてです!』
智子『うふふ、可愛い』『2回目でもすごく硬いわ』

ジュルジュル音を立てながら、人生初めてのフェラチオ。

僕『あぁ、気持ちいいです。』
智子『うふふ、こっちもしてあげるわ』
たまたまをお口で含まれ、彼女の手で、おち〇ち〇を擦ってもらった。
僕『ああっ気持ちいいですっ!イキそうですっ!』
智子『まだまだだめよ、これからなんだから』
と、お尻の穴をも舐められました。
お尻の穴を舐められるのは気持ち良くて、でもくすぐったて、でも気持ち良くて。

僕『ああっ気持ちいいです・・・もう出そうです・・・』
智子『あら、もう?いいわよ。出しなさい』
僕『ああっ、はい、イキマス!イクっ!イクっ』
彼女のお口の中で果てました。

また萎んでいく。

彼女は僕のおち〇ち〇を弄ってました。
しばらくしてもらってたら、また萎んでいったおち〇ち〇が大きくなってきた。
また、後ろから、彼女のお口が、おち〇ち〇に含まれました。

智子『凄いわ!また大きくなったわ』
『ね?私も我慢できないわっ!』
『うふふ、ビックリするわよ』
彼女が服を脱ぎ始めた。
着てるか、着てないかわかんない様な服を、目の前で脱ぎ始めた。
綺麗なおっぱいだった。
超ミニのスカートに手がかかる。
スルスルと脚を通りながら脚元にスカートが落ちました。
薄く暗い部屋だった。
後ろを向きながら、パンティを脱ぎ始めた。
ビックリしました。

智子『ね?ビックリしたでしょ』

そうなんです。おち〇ち〇がついてました。
ほんとに、ビックリしました。
でも、なんか分からなかった。
嫌な気分にもならず・・・
見た目も、声も、胸も・・・女性なんだよね。
でも、おち〇ち〇がある・・・たまたまも。
大きさも僕よりも大きいし。
ほんとにビックリでした。
自分でも、わかりませんでした。
智子さんのおち〇ち〇を咥えてました。
そして人生初の浣腸、初アナル奪われました。

なんとも言えない体験でした・・・。

PR

コメント

  1. セブン王子 より:

    衝撃的で面白い展開だなぁ。本当ならね。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1199記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。