エッチな彼女を露出調教

ぴゅあらば

森本さんから投稿頂いた「エッチな彼女を露出調教」。
ランニングで知り合った彼女との話。

いつものランニングを朝から夜に時間を変え、ほとんど毎日のようにエッチしてます。彼女の女の子の日と、雨の日は無理ですが。

彼女のランニングウェアの短パンの下は必ずノーパン。で、時々ノーブラ。
外でエッチをするようになってから、人に見られるってスリル?ドキドキを覚えてしまった彼女。
この頃は、外の方が興奮するし、気持ちいいとか言ってます。
時には、走らずにエッチばかりしてた時も。

先日、夏の最後にと、プールに行きました。でも、普通にプールなんかに行きません。
まずは水着を買いに行く所から。
もちろん、普通の水着ではありません。
大人のおもちゃ屋さんで買いました。

その日の彼女の服装は綿素材のノースリーブのワンピースにサンダル。
股下5センチ程の短さで、少し前屈みになるだけで、お尻がバッチリ丸見えになるくらいの短さ。
前のボタンは、胸辺りをわざとはめさなかった。
ムチっとして程良い彼女の胸は前屈みになれば、襟元がだらりとして丸見えになります。
あ、その日も朝から会って、すぐにハメたんで、もう既にノーパンノーブラです。
今の、彼女は、どうも性欲が止まらないそうです。

朝早いからか?おもちゃ屋さんの、店内には誰もいませんでした。
彼女は安心したのか、水着をじっくり選んでた。
買ったのも、ほんの少し小さめの水着でしたし、あそこも胸もちゃんと隠れる水着だけど、『裏地がない』のです。
ビキニトップはホルターネックで、背中も丸見え、尚且、後ろで結ぶタイプで、パッド無し。
ビキニパンツは両サイドが紐で、ほどけたらすぐに脱がせる事ができるタイプ。
Tバックではないけど、ハイレグカットがほどこされてるんですが、けっこう際どいけど、丸見えとまではいかないタイプ、
それを購入しました。
色はド派手な色よりも、真っ白。

『店内でお着替え』させました。

露出を知った彼女でも恥ずかしがった・・・
もちろん、店員さんには断りを入れて承諾済み。
彼女は防犯カメラの映らない所ならいいよという事で、店員さんにも見てもらいながらお着替え開始。

彼女『やだー、やっぱ恥ずかしいよぉ』
僕『早くしないと他のお客さんまで来ちゃうよ』

何度も繰り返しましたが、仕切るものも、隠れる所もない店内で裸になった彼女。

店員『パイパンなんですね。とても綺麗ですね』『濡れてるんちゃいますか?ほら?』『水着が汚れちゃいますね、良いんですか?』
彼女『いやん、言っちゃダメっ』
僕『ほら、あそこを広げてもっと見てもらいなさい』
彼女『だめぇ、やっぱ恥ずかしいよぉ』
僕『早くしなさい、他のお客さん入ってくるぞ』
彼女『もぉ、見ないでね、お願いっ』

両手の人差し指を使い、ビラビラ広げる彼女・・・
店員『濡れ濡れですよ。』『せっかくの水着を汚さないようにしてくださいね。』
彼女『もぉ、言わないでぇ』
店員『言葉責めにも弱そうですね』『少し触っちゃいますね』
店員さんの指が彼女の一番敏感なスイッチを弄り始めた。

彼女『いっ!あぁっ!ダメっ、触っちゃ!あぁぁんっ』
店員『気持ち良さそうなのに触っちゃダメなんですか?』
彼女『あぁぁっ!ば、ばかっ!言わないで!』『くぅっ!き、気持ちいいのっ!感じちゃう。』

彼女の腰が淫らに動く。
店員さんの人差し指が、彼女の敏感なスイッチを弄り続けた。

店員『感じやすいんですね』
彼女『いっ、いい!気持ちいいっ』『それ以上しちゃダメダメ』
店員『エロいですね、ほらっ、びちゃびち、クチュクチュ言ってますね。』
彼女『あぁっ、くぅっ、恥ずかしっ、イ、イキソウっ!イクイクっ!』

彼女の身体がビクビクッと脈打つ。
店員さんにイかせてもらって、
でも、彼女はほんとは欲しがってるはず。
溢れ出てきたlovejuiceを、お尻を突き出させて僕の舌で舐めてあげましたが。
興奮しておさまりきらない彼女。
とりあえず、着替えをさせました。
買った水着を着て、お着替え完了。
さらに、着てた服を上に着て、お店を出ました。

彼女『ねぇ、ねぇ!このままじゃないよね?ご褒美は?』『もぉ我慢できないのっ!早くぅっ!ちょうだい!

ズボンの上からおち〇ち〇を強く握ってきた。
なので、彼女にキスをして抱きしめ、彼女を後ろ向きにさせて、スカートをめくり、車に手をつき、後ろから、ハメてあげました。
前戯なしでも、店員さんにイカセテもらってるから、まだ濡れちゃってるから、挿ってくのもスムーズだ。
もちろん、水着のあそこの部分をずらして、朝から、大人のおもちゃ屋さんの駐車場で入れてあげました。

彼女『あんっ、やっぱいい!気持ちいいっ!』『もっと頂戴!いっぱい突いて!』

自らも腰を振る。
今日は、いつもより大胆だった。
ちなみに、ゴムの付け外しは彼女のお仕事。
イッた後の僕の成分で汚れたおち〇ち〇のお掃除も彼女のお仕事。彼女の舌で綺麗に掃除させます。
エッチを終え、満足してる彼女を車に乗せていざ出発。

プールにつきました。

大人のおもちゃ屋さんで着替えた水着・・・
水に濡れたら、思ったとおり、透け透けだった。
というよりも、既に彼女のlovejuiceで濡れて少し透けて見えてた。
当然、プールに入れば、濡れたらモロ見えてるし。前はもちろん、お尻も丸見え。

彼女『だめぇ、これじゃプールから出られないじゃん』
僕『恥ずかしいのかい?』
彼女『いやん、もう、バカぁ、恥ずかしいに決まってるじゃん』

もじもじしてる彼女。
しばらくすると、泳いでた小学生くらいの男の子達が、水に潜って、彼女を見に来るようになった。

僕『ほら、水の中で、子供達に見られてるよ』『手で隠さずにちゃんと見せてあげなさい』
彼女『いやん、こんなおばさんなんか、誰も見てなんかないよ』
僕『そうか?なら、もっと恥ずかしくなっても平気だな』

水の中で、ビキニパンツの紐をほどいて、脱がしてやった。

彼女『ダメダメだったら!返して!』

そんなこと気にしない。

スルスルと小さくして僕の手に入る。
一気に脱がせてやった・・・つまり水中で何も穿いてない状態。取り上げてやりました。

彼女『か、かえして、お願い』
僕『かえしてほしいの?誰も見てないんだろ?ん?それとも見て欲しいのか?』
彼女『もう、バカぁ』

小学生の男の子らが騒いでるのがわかった。
彼女は僕に隠れるように抱きついてきた。でも、お尻は丸見えだ。

彼女『も、もうダメ・・・立ってられないよぉ・・・』
僕『ん?じゃ触ってあげるよ』

水の中で、濡れ濡れのあそこを、触ってあげました。

彼女『あっ、ダメッ、こんなとこで触っちゃダメッ』

首を横に振りながらも、気持ちよさに耐える彼女。

僕『ほら、水の中で覗いて来る彼らにちゃんと見てもらいなさい』
彼女『ダメダメッ』『か、感じちゃうっ』
軽く震える彼女・・・イッたようだ。
抱きしめてくる彼女の腕に力が入る。

ようやく休憩時間になる、が、その前にビキニパンツを穿かせてあげた。
水から上がると、小学生達ギャラリーは、彼女の周りを歩いたりしてる。
だから、銀銀のロールマットで彼女の脚を膝曲げてM字にさせて。

彼女『ダメダメッ、見られちゃうったら』『もう堪忍してぇ、お願いっ』
僕『自分で水着をずらしてごらんよ』
彼女『もう、バカぁ』

その後も、露出したりしながら、プールを楽しみました。
プールにいる時から、ある1人の少年が、彼女の事気になってたのか、じっくり見てた子がいました。マセた男の子だ。
僕らが出る時、彼も一緒に出てきました。
更衣室で、LINEでその事を言ったら、彼女もうすうす気がついてたようでした。

車に戻る前に、隣接してる公園のベンチに、木陰を探して歩きました。
すると彼もついてきてました。
僕も彼女も火がついてましたから、ベンチに座り、彼が見てるの気が付かないフリをしながら、僕は彼女のワンピースのボタンを全部外しました。
後ろから、彼が見えるように愛撫してあげると、火がついてきてた彼女も声を上げ感じてました。

僕『ほら、もっと見てもらいなさい』

しばらくしたら、すぐそばに来ました。

僕『君、こっちに来なさい。』
彼女『いやっ、見ちゃダメっ!』

グチュグチュのあそこを彼が間近で見てる。

僕『見たことあるかい?』

彼が首を横に振りながらも、視線は彼女のあそこに釘付けだった。

少年『ニコ生とかでなら見たことある。』
『あっ!これがエッチな汁なんですか?』
僕『そうだよ、触ってごらん』
少年『え、良いんですか?』

ぎこちない触り方だ。

僕『ほら、教えてあげなさい』

彼女に言うと、触り方をレクチャーし始めた。ぎこちない触り方だ。

彼女『あん、そ、そう。優しくね』
少年『ニコ生みたいに舐めても良いですか?』
僕『いいよ。舐めても。』
彼女『いやっ!恥ずかしいっ、汚いからだめっ』
僕『彼女は舐めてもらいたくて仕方ないようだよ』
少年『はい!舐めます!』
彼女『ああっ、ダメダメっ!』『汚いからっ!あぁ!』

少年の舌が彼女のあそこを舐めだした。

彼女『あぁっ!ウグゥーっそ!そこぉー!』

どうやら、少年の舌が彼女の核心を捉えたらしい。
彼の舌で感じてる彼女・・・
少年は夢中で舐めてる・・・
なので、僕は胸を・・・乳首を摘んだり、指でコリコリ抓ってみたり、彼女を責めてみた。

彼女『ああっ、だっ、ダメダメっ!イグイクぅー』

彼がびっくりしてたが、辞めずにもっと舐めるように言うと、少年は、再び一生懸命舐めだした。
周りを見たが、僕らしかいない。
3人とも汗だくになりながら、少年の舌で感じてる彼女。
欲しがってきてるのがわかる。
少年の前で入れて見せた。
彼は僕ら見をながらおなしてた。
彼に入れてみたいかと聞くと入れたいと。
彼女にゴムをつけさせて入れさせた。
彼女で童貞卒業だそうだ。
まだまだ育成中のおち〇ち〇だから、すぐに天に召された。
少年の舌で、再度綺麗に舐めてもらい、少年と別れました。
満足してない彼女。
ノーパンで車に戻るまでに、いらいら?してるようだ。

彼女『ねぇ?わかってるでしょ?いつも意地悪なんだから・・・』
僕『ん?どうした?』
彼女『もぉ、欲しいのっ!わかってるくせに!』(キスしてくる)
僕『怒るなよ、そんな頼み方じゃしてあげないぞ』
彼女『うーん、もぉー、お願いします。私のエッチな〇〇〇〇に、大好きな〇〇のおち〇ち〇をいれてください。』
いつもと同じキスをしながら頼ませる。

また、バックから入れてあげました。

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1007記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。