エッチ体験談が10000話を突破しました。

クラブで出会ったちょっとエッチな年上女性とのエッチ

当時のスペック
俺 19歳 フツメンと思いたい。ブンシャカさんに似てると言われてた。
女 29歳 まんま水樹奈々。Cカップだったはず。

3年前の秋の話。まだまだイケイケでクラブとか行きまくりだった。今はクソみたいに踊るのが好きだが、あの頃は女の子を引っ掛けるのが楽しくてたまらなかった。

その日もクラブに行って酒を飲みながら女の子を物色してた。するとそこに気になる子がいた。それが水樹だった。水樹は友達と来ていた様だったが、友達は彼氏らしき人と一緒だったので、勇気をだして水樹に話しかけてみた。

俺「一人できたの?」水樹「友達とだよー。」俺「友達は?」

水樹「彼氏とどこかへ。」俺「ふーん。名前は?」水樹「水樹だよ。」

俺「いくつ?」水樹「いくつにみえる?」パッと見若く見えたしクラブは暗いから多分このくらいだろうと思って24位?と答えた。

すると水樹がもっと上だよー。と、おどけて答えた。かなりかわいかった。水樹「君はいくつなの?」俺「19だよ。」

水樹「若いなー。羨ましい。」俺「でも水樹さんもそんなに変わりないでしょ。」水樹「ハハッ。とんでもない。」

と、たわいもない会話を楽しんでいた。クラブには加藤ミリヤのこのままずっと朝までが流れていた。俺「水樹さん何か飲む?俺出すよ。」水樹「ありがとー。じゃあカウンター行こっ。」

と俺の手をひいて案内してくれた。テキーラとかアホみたいに飲んで水樹も目がトロンとしていた。これは行ける!!!!!と思った俺はとりあえずトイレに行くといってトイレに行った。これが間違いだったorz…俺がトイレから戻ると水樹がいない…。

あれ?と思ってキョロキョロしたら最初に水樹に話しかけたところに水樹はいと。別の男と。( ̄□ ̄;)!!てな感じになった俺はその男を観察してみた。男は身長が175位で顔もシュッとしたハイパーイケメンだった。

俺みたいな身長165のブンシャカよりすごくカッコ良く感じて、水樹を近くからチラチラみながら酒をのんでいた。もちろん水樹に話しかける余裕など無く、チキンな俺はこの男早くどこかいけー。と念を送っていた。しかし現実は非情である。水樹とイケメソはさくっとキスをしてみせた。終わった…俺のお金はあのイケメソのためにあったのだ。水樹に飲ませた分が無駄になったなー。とか思いながらイケメソと水樹のチュッチュッタイムを後ろで何もないふりしながら見ていた。クソブタデブに話しかけられたが無視して水樹を見ていた。全ての神経を水樹に注いでいた。

すると30分もした頃、イケメソは水樹にバイバイしてクラブの外に消えた。これはチャンス!!!!と思った俺だが、すぐに行ったらずっと見てたと怪しまれるかなと思って少し時間をおく事にした。その間もクソブタデブはしつこかった。

頃合いを見て水樹に話しかけてみた。俺「やっとみつけた。帰ったと思ったよ。」水樹「そんな事ないよ。」

俺「ふーん。」まぁ一部始終見ていたけどね!とか思っていたらアッシャーのラブインディスクラブが流れたので、俺「この曲好きなんだー。一緒踊らない?」水樹「いいよー。いこっか。」と言うので一緒に踊ってみた。水樹と真正面から向き合って腰に手を回してチークダンスみたいなやつを踊ってみた。その際にチソコがギンギンだったが、なるべく水樹に当たらない様に注意して踊った。クソブタデブは寂しそうにこっちを見ていた。

まぁ俺も男だもんであんなにきれいな顔が目の前にあったんじゃいつまでも我慢出来るわけがない。思い切ってキスしてみた。OKだった。頭がウオーってなった俺はディープなやつに挑戦してみた。拒否するどころかあっちも舌を絡めてきた。テンションが上がった俺は水樹の手をジーパン越しにではあるがチソコに持っていってみた。すると水樹がみずからチソコを擦ってくれたので、調子に乗って胸を揉んでみた。かなり柔らかかった。ちなみに水樹はCカップと書いたが、お椀形のおっぱおなのでかなりボリュームがあるように思えた。

ある程度堪能した俺は連絡先を聞いて今日は帰ろうと思った。さくっと連絡先を聞いてトイレに行った。用を済ませてトイレから出てくると水樹が4人位の男達に絡まれていてイヤ面全開だった。男達はさっき俺と水樹が踊ってた時に後ろにいたヤツらだった。

多分俺と水樹がイチャイチャしてたのを見て水樹とイチャイチャしたくなったんだろう。サクッと帰るつもりだったけどちょっかい出したくなってそいつらの前で水樹にキスした。男達はみんな(゜Д゜)←こんな顔だった。水樹がもう帰るのと言ってきたので、うん。じゃあまた。と言って帰った。とりあえず帰りがてらメールをしてみた。内容は今日楽しかったよ。また今度一緒に飲もうね。ってな感じだったはず。

返事は意外と早く帰ってきた。私も楽しかったよ。一緒に飲みたいねー。私今日仕事だよー。と返事がきた。その時時間はすでに深夜4時を過ぎていて、水樹さんは8時出勤とか言っていた。29歳どんだけ元気なんだよwwとか思いながら、じゃあ朝にでも電話で起こすさーね。ってメールして家に帰って俺も寝た。朝は多分この位だろと思って7時に起きてそっこーで電話した。水樹さんは3~4コール位で出てくれた。

水樹「もしもし…。」めっちゃ寝起きの声で少しドキドキした。俺「お越しにきたよー。」

水樹「…ほんとに電話してきてくれたんだねwwありがとう。」俺「まぁ暇なもので。人の役に立てれば嬉しいですww」水樹「ハハッwwwwめっちゃ役にたってるよ。ありがと。遅刻しないですみそう。」

俺「良かった。じゃあまた。」水樹「うん。またね。」と言って電話を切った。この日から水樹とのモーニングコール(笑)が始まった。

始めてモーニングコールした日が水曜日位で、土曜日にでも飲もうと言う約束をした。その頃は仕事上夜勤が多かったので、お金に余裕があっていくら遊んでも金はあるし、夜勤は意外とキツく、ストレスも溜まるもので、週末の休みは買い物とか飲み歩きがデフォだった。水樹さんはあいにく土曜日仕事で、俺は会社の同期と飲みながら水樹さんの仕事が終わるのを待っていた。

水樹さんからは9時位にメールがきた。俺達は7時から飲みだしていたので、すでに酔っ払っていた。同期には水樹さんと会うと言っていたので自分だけ抜けだした。確か2月位だったので外は結構寒く、酔いが覚めたような気がした。水樹さんの家は居酒屋のある所から地下鉄で10分位のところで、近くにコンビニがあったので、適当にビールとチューハイ、アイスとお菓子等を買っていった。

奈々様似と聞いてパンツ破り捨てた水樹さんに着いたよー。とメールすると、すぐに迎えに着てくれた。水樹さんの家は某有名マンションで、オートロックだった。俺は会社の寮に住んでいて、12畳位の部屋に風呂トイレ共同という寮だった。水樹さんの部屋は10階位にあり、結構高いんじゃないかと思った。

風邪引かないようにね。10階まで階段で上がる訳も無く、一緒にエレベーターに乗ったんだけど、シャンプーとか、ボディーソープの匂いがふんわり香ってきて軽く愚息が反応した。部屋に入ると、水樹さんはすでにつまみを作っていたらしく、俺の買ってきたものが貧相に見えるくらい、すごいつまみを作っていた。

多分俺が(´・ω・`)こんな顔してるのを気付いてか、水樹さんは大丈夫。私お菓子大好きだから。と、フォローを入れてくれて濡れた。もちろん水樹さんのつまみが不味いはずも無く、つまみやお菓子をつつきながら酒もかなりすすんだ。買っていった酒だけじゃ足りなくなり、水樹さんの冷蔵庫にあった酒も飲んだ。

2人とも飲んだらすぐに顔が真っ赤になるので、それを見合って2人で笑いあった。話は弾み、色々話をして、その時に水樹さんが29歳と知った。クラブで見た時は若く見えたとかじゃなくて、肌のハリ感とか、シワのないキレイな顔は三十路手前の人には全然見えなかったのでかなり衝撃だった。お互いに仕事は何してる?という話になり、俺が電気工事士で水樹さんが設計事務所で働いてると言う事で、建築関係って言う共通点があり、また話が盛り上がった。

設計にも興味があった俺は水樹さんにパソコンを見せてほしいとお願いした。水樹さんは心良く応じてくれた。さすがにいま建築中の建物は見せてもらえなかったが、パソコン上で架空の建物を設計して遊んでいた。2人とも顔が近くにある事も気付かずにパソコンを手取り足取り水樹さんに教えてもらった。

ふと顔が近くにある事に気付いた俺は水樹さんにキスした。ネットリしたヤツだった。水樹さんはすんなり受け入れてくれて、5分くらいずっとキスした。おかげでふとも口周りがベチョベチョになった。(笑)ちなみに部屋にはいった時点で水樹さんはコートを脱いで部屋着姿になっていた。部屋着はふかふかのタオル生地のボーダーの長袖とショーパンのセットアップだった。もうガマンできなくなって水樹さんをベッドに寝かして、部屋着を脱がすとかわいいパンテーさんがおめみえになった。パンテーさんを脱がすと、そこにはアンダー薄めのかわいいアソコさんがそこにはあった。濡れていた。

今まで経験した人は沖縄と宮崎の人で、アンダーが濃いめだったからこんなに薄めのアンダーを見たのは初めてだった。俺はまだクンニで外れた事は無いので、迷うことなくクンニさせていただきました。もちろん無臭のキレイなアソコさんでした。水樹さんのアソコは狭く、指2本入れるのがキツいくらいだったので、指一本とクリの舌責めで責め立てた。

水樹さんは終始あっ…。とか気持ちいい…。とか言ってくれていた。下責めも飽きたので、キレイなお椀形のオパーイを楽しむことにした。今まで女の子は下で感じるものだと思ったが、水樹さんは違った。オパーイが性感体だった。

オパーイを揉みしだくとさっきとは明らかに違う吐息を漏らし始めた。うぅ…。とか、んっ…とか言い出していた。焦らし大好きな俺はオパーイを揉んでも乳頭は責めなかった。まずは乳頭の周りと脇腹、脇当たりをペロペロしてみた。

水樹さんはすごい喘いでくれた。満を持して乳頭を吸ってみると水樹さんはあぁぁっ!!!!!!!!と今日イチの声を出してくれた。びっくりしたが、感じてくれてると思うと嬉しかった。ある程度堪能したあと全身を舐めながら下に下っていき、またアソコさんを責め立てた。特にGスポを中心に責め立てると、イクッと小さく声を漏らして体を痙攣させた。

本当はフェラーリして欲しかったけど、イってしまったらそんな事言う訳にもいかず、さっきコンビニで酒と一緒に買ったコンドームを装着した。もちろんすぐに入れたりせず、オパーイ責めとチソコによるクリ責めで水樹さんを焦らした。すると水樹さんはイジワル…と言って泣きそうな顔をしたので、ガマンできなくなって入れてしまった。挿入すると水樹さんの中はチソコをギュウギュウに締め付けてきた。

酔っ払ってたから良かったものの、酔っ払ってなかったらすぐにイっていた自信がある。その位スゴいマン力だった。もちろん挿入しながらのオパーイ責めも忘れること無く続けた。正常位でしていたが、胸の揺れ方が半端なくエロかった。水樹さんは何度もイっていた。始めはイクッ。とか言ってたのが三回目くらいからになると、泣き顔でイっちゃう。イっちゃうと繰り返した。

水樹さんもたくさんイってくれたので、水樹さんの中で果てた。その時も水樹さんは中でピクピクしてる。とかイってきてエロかった。俺はイった後も10分くらい立ちっぱなしなので、それを見た水樹さんは元気だね~ww若いからかな~とか言っていた。水樹さんにティッシュを渡して、2人で秘部を綺麗にした。その後キスしながらまたムラムラしたけど水樹さんは明日仕事だし、君と違っておばさんだから二回目はムリだよ。と断られたので、キスしたり、イチャイチャしながら寝た。

朝は水樹さんを仕事に送って、俺も寮に帰った。その時は水樹さんから今日来るとー?ってメールが来たので、水樹さんがよければ行くよって送っておいた。7時位には家にいるってメールが来て、どうせ水樹さんの部屋に作業着とか下着の替えは置いてあったので、会社帰りに直行した。

その日は片付けとか明日の準備とかで8時位に会社をでた。20分位で水樹さんの部屋に着くと、水樹さんはすでに1人でチューハイを一本飲んでいる途中だった。酔っ払っているようで、何で遅れるって言ってくれんとーって甘えて言ってきた。

ゴメンゴメンと謝ってとりあえず風呂に入って一緒にごはんを食べた。俺が旨い旨いと言ってごはんを食べるもんだから機嫌を直してくれた。一緒に歯磨きをしたのだが、俺は毎日10分位歯を磨くもんだから先に歯磨きが終わった水樹さんはベッドでゴロゴロしていた。この日の部屋着もまたかわいかった。今度は真っ白のフワフワした生地のパーカーとショーパンのセットアップだった。

ショーパンだから体育座りするとお尻のギリギリラインが見えるのだ。これにむたムラムラした俺は水樹さんに了解を得た。Hしていい?と。水樹さんは笑いながらいいよwwと言ってくれた。また例のごとく水樹さんを責め立てた。この頃には挿入前に水樹さんをイかすというのが恒例になっていた。

水樹さんが2回程痙攣したところでさぁ入れようかねと思ってゴムを付けようとすると、水樹さんがクチでしようか?と言ってくれた。オレは光の速さで頷いた。水樹さんがベッドに寝て。と言うから言われるがままにした。今まで素人のフェラーリではイった事は無かったが、水樹さんはプロと思うくらい上手だった。フェラーリは玉をナメながらの竿コキから始まった。それが絶妙な力加減でとても巧いのだ。

何度もイキそうになったが、意地で耐えた。よくやったと思う。水樹さんは竿コキをしながら足の付け根を舐めたり、裏スジをナメながらさきっぽをいじくり倒すというテクニックを見せ付けてきた。イキそうだったが、まだくわえられてないのでガマンした。するとついに水樹さんがチソコをくわえてきた。

水樹さんの口はとても温かく、唾液がとめどなく溢れてきて、チソコをくわえこむたびにグチョグチョといやらしい音を立てていた。水樹さんはフェラーリの時に手は絶対に使わないのだ。それでもかなり気持ちよかった。イキそうなので、出るよ。って言ったらコクコクと首を揺らしたので、口の中で思いっきり果てた。水樹さんは、んっ、んっ。と言って精子を全て吸い出してくれて、しかもゴックンまでしてくれた。

ぷはっ。と言って顔をあげると渋い顔で苦~いと言ってきた。その後キスをしてきた。初めは精子飲んだ後にキスは…と思ったけどあの顔でこられたら断りきれず、チュッチュッした。その後ゴムつけてHしたが、敏感なチソコにあのマンコは気持ち良すぎて開始3分で果ててしまい、水樹さんは早いよー。と不満そうな顔で言ってきた。しかしもう愚息が反応する事は無く、その日はまたイチャイチャして眠りました。以上。

あの時は二人でもつ鍋を食べに行った帰りだった。もつ鍋屋さんで酒飲みながら色んな話をして、水樹さんにも男として認められた感じでウキウキしながら帰ったんだ。

水樹さんの部屋に着くととりあえず一緒に風呂に入った。LUSHで買ったバスボールを入れて風呂に入った。2人入るとなると結構キツいんだけど、俺も水樹もその狭さと密着加減がとても好きだった。

シャワーを浴びながらの立ちバックも手慣れたもので、水樹さんはいつも立てなくなっちゃうよ~。とか言いながら二人で楽しんでいた。風呂はいつも俺が先にでるので、体を拭いてビールを飲んで待っていたら、今回は下着姿で横に座ってきた。

まだ酒が残っているのか、水樹さんはほんのり色づいた顔で俺の飲んでいたビールを口に含むと、そのままキスをしてきた。いきなりキスされると、更にビールを口移しで飲まされた。水樹さんはテンションが上がっていて、俺をベッドに押し倒した。

しかしそこは男の意地の見せどころ、逆に押し倒し、ブラとパンツをポイポイっと投げ捨てた。俺もテンションが上がっていたので、その後水樹さんの両手首をつかみ頭の上にあげた状態で固定して、舌で身体(特に脇)を舐め回しながら右手でオパーイとかアソコとか触りまくった。水樹さんはいつもと違う強引なHにあえぎ声交じりにレイプされてるみたい…。

とか言って感じてた。その発言に興奮した俺は水樹さんを責め倒してサクッとイかせてみた。するとイっちゃった~。

とか言った瞬間に俺を押し倒してきた。次の瞬間には水樹さんはチソコをくわえていて、すごい勢いでディープスロートしてきた。今日すげーなーとか思って見ていると、いきなり顔を上げて生で入れようとしてきたので、ベッドの上だし流石にゴムをつけねば!と思ってゴムに手を延ばした。

すると私ベッドの上で生でするの初めてかも…とか言って、俺ももういっかと思って身を任せた。すると水樹さんは上に乗ってみずから腰を振ってきた。俺も水樹さんの腰を掴んで下から突き上げた。

生なのと興奮したシチュに水樹さんは仕切りに気持ちいい、気持ちいいと言っていた。オレも何度も突き返してイキそうになったので、さすがに一度抜いて、ゴムをつけようと思った。抜いた瞬間物欲しそうな顔をして目がトロンとしていた。

ゴムをつけようとすると水樹さんが私がつけてあげると言ってくれたので、お願いする事にした。水樹さんはスルスルとゴムを付け終わり、早く続きがしたそうな顔をしていたので、おれは今ならいけると思って言った。バックでやらないか?と。

断る理由なんて無く、水樹さんは恥ずかしそうにコクリと頷いた。バックですると部屋にはパンパンと響く肌と肌の音と、水樹さんの奥まであたるっ…。とか、あぁっ…。とか言う声が響いていた。

俺のチソコは水樹さんの中で一番と言うくらい相性がいいらしく、気持ちいい所にちゃんと届いてくれるそうで、何度もイっていたらしい。一回ノリで計ったら14cmしかなかったけどね!初めて水樹さんにするバックの光景はすごかった。水樹さんも自分から腰を振りながらイっちゃう…。

イっちゃう…。とか言って求めて来たのでペースを上げて腰を振ったらすぐにあぁぁっ!!と叫んで痙攣した。すごい景色だった。綺麗な筋が浮き出た背中がビクビク震えて崩れ落ちていく様はいまだにオカズにさせてもらってますww水樹さんはイってしまったけど、俺はまだイってなかったので、水樹さんの背中にもたれ掛かるようにして前のめりに倒れ、チソコを奥に奥に差しこんで、中でピクピクさせてみた。すると水樹さんは抜いて、イっちゃうから抜いて!とか言ってたけど、構わず中でピクピクさせ続けると、恥ずかsあぁぁっ!とか言って絶頂をむかえてました。

全然元気な俺は構わずに突いて突いて突きまくる事に専念しました。大体10突きに1回はイっていてかなり敏感になっていました。気持ち良くなって水樹さんの中で果てたら、その時のピクピクでまたイっていて、ギュウギュウに絞めてきました。

Hが終わると水樹さんは長距離走った後みたいになっていて、ゼエゼエ言いながら今日激しすぎるよ~wwとか言ってました。もちろんその日もイチャイチャしてキスしたりしてねむりました。以上です。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!