肝試しでおもらししちゃった女子を脅して口止め料に…

中学のキャンプで肝試しをした時に ペアになった女子といいことをしました。 その子は極度の怖がりですでに半泣き状態。 クラスのみんなはすでに終わって、それぞれの部屋に戻っていました。 

俺は、その肝試しで仕掛けを作る係りだったので、やる予定はなかったんだけど らちがあかないので「俺が一緒に行ってやるから行こう」と言って 彼女は「○○君が行くなら」と言って一緒にいきました。 

ロッジからゴールまで200mくらいあって 俺は彼女を励ましながら歩いた(聞いてなかったと思うが・・・。) 半分ほど進むと、何か鼻につく匂いがした。何かと思い下を見てみると 彼女の股間は濡れていた。俺の視線に気付くと彼女は 「お願い。何でもするから誰にも言わないで」と、俺はその時悪魔に魂を売った。

「何でもする?じゃ、ヤらせて何でもするって言ったよね?」と 彼女はしばらく沈黙したのち「最後までしないって約束なら」とほぼokサインしてくれました。 そのキャンプは3泊4日で肝試しの夜は2日目の夜でした。 3日目の夕方まではその子との接触はありませんでしたが 夜になってテントからコテージに移動になったんです。 

その時に彼女と仲のいい女子が俺に「○美が呼んでるよ」と言い テントとコテージまでの距離に道具をしまう倉庫があるんです。 そこに彼女はいました。 彼女は「約束だから・・・」と言い 着ていたジャージを脱ぎ、下着姿になりました。 

その姿に抵抗と罪悪感を感じたが、興奮の方が強かった 数メートル先にはクラスメートや先生がいたから、 時間がないと思った俺は素早く彼女の下着を脱がせた。 かなり震えていたが、俺も初めての体験で興奮していた。 エロビデオは数回しか見ていなかったから、やりかたもあまりわからなかった。 

みようみまねで胸を触り乳首を舐めたり色々していたら、 彼女の手が俺のものを握ってきた。 俺は勢いに任せて彼女の中に入れた。 運良く一発で入ったが、彼女は痛がっていた 「痛い…?」 「大丈夫…」と弱々しい声が返ってきたが、 俺は腰を振り続けた・・・。 

俺はすぐに射精して、彼女の中に出してしまった。 彼女は素早く服を着て、何も言わずにコテージに帰ってしまった。 そのまま言葉を交わすことなくキャンプが終了して、学校に戻った。 

キャンプが終わり俺たちには2日間の休みがあった。 休みが終わり登校すると、昇降口で彼女と遭遇した。 彼女は俺の手を取り中庭に連れて行かれた。 そこで、いきなり俺のチンポを舐め始めた。 どうやら彼女は興味があったらしい。 

それから1年間、保健室や職員用のトイレでやった。 今でも時々だが色々やってる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 771記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。