先生たちの見回りをくぐり抜け、夜中のマンコ見学

ぴゅあらば

中2の移動教室の時に学年で一番かわいい子達に夜這いしたことがあった。元々夜這いしに行こうとしていたのは同じクラスのヤンキー?2人だったが、消灯後に部屋から出るその2人を見かけたので、気になって布団から出ると強引に参加させられた

(今まではこんな人達と関わることなんて有り得なかったが、レクリエーションの時に同じグループになり、自分の顔がツボにはまったらしく、馬鹿にされつつも自由行動を共にしたりということもあって冗談半分で誘ってくれたのだと思うクラスでも地味な自分にこういう人が話しかけてくれただけで舞い上がってしまい、断ろうとは思わなかった)


まず女子フロアまで行くのが一苦労だった。午前1時にも関わらず先生が見回りしているので、音を立てずに且つ迅速に行動しないといけなかった。途中で懐中電灯がないことに気づき取りに戻った(もちろん自分)

女子フロアには見回りは偶然いなかったので、懐中電灯で部屋番を確認しつつ405号室に入っていった(どうでもいいけど事前に405号室と聞いた時に、4ま○こかぁと思ったので部屋番は間違いないです)

当然のごとく部屋は真っ暗なので女子たちの顔は見えない。その為懐中電灯で確認していくのだが、うっかり目を照らしてしまったら起きかねないので作業には尋常ではない正確さと冷静さが必要だった。運良く一人目の子が学年で一番の美少女だったので、すぐに布団を捲ることにした。布団を捲るのは問題なかったのだが、ズボンを脱がすのが一番の問題であった。

当時かわいいグループの女子達は火をつけたら一瞬で燃えるようなシャカシャカうるさい素材のジャージを根巻きにしていた。ほぼ無音の中であのズ、ズリュ、サカサのような音がとてつもない音量に聞こえて、ひどく焦った。ちなみに脱がしたのは自分で身体が勝手に動いた、と言っていい。

身内以外のパンツを見たのは初めてだったが、そんなことはどうでもよかった。頭の中ではひたすらに、ま○こま○こま○こ、とそれしか考えてなかった。そして先程の冷静さはどこへ行ったのか、一気にパンツを脱がした。その後は懐中電灯で照らして3人で食い入るように股間を凝視した。

破裂するような心音と、痙攣のような手の震えよりも、どんな形をしているのかが気になった足を開かせないと見えないのでどうにかしようとしていると、一人が足を60°くらいに開かせてくれた。正面からでは確認出来なかったが、足を開かせると横の方に毛が確認出来た(当時の自分はそれがショックだった)

自分は極度の興奮状態で、懐中電灯を必死に照らして2人より早くま○こに触れたい、と思い手を伸ばして触れた。あまりの柔らかさに頭がおかしくなりそうだった。ま○こは硬いものだと思っていたので、もうなにがなんだかワケが分からなかった。サッと手を離すときに汗ばんだ手に引っかかり、完全にま○こが見える状態になったその瞬間、自分は射精したパンツはぐちょぐちょで気持ち悪かったが、全く萎えずにガン起ちだった。しかし、その時その子のツバを飲む音が聞こえた一瞬で我に返った。

2人もそう思ったのか、そのままの状態で逃げるように部屋を出て行った自分もとたんに怖くなってしまい、布団だけ戻して下着などはその中に入れて走り去った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。