高校時代の初彼女は部活の先輩…年上なのにウブで可愛くて…

PR

俺が高校時代の話を言いまふ。エッチまでちと長くなるけど付き合ってくれ。 俺は中学の頃、地元の高校に行くのを拒否しました。うちの学校は良くも悪くも普通で、担任はお前は何を考えてるだと言ったりして、地元の高校に行くように諭したりしてました。

でも俺は、親父も母親が離婚しても毎回ゴタゴタしてた家が嫌いで、中学を卒業したらさっさと遠い高校に行って一人暮らしをしようと考えたわけです。 一人暮らしは出来ませんでしたが、俺は外の高校に受かり3年間、親達と別れる事にあの頃は狂喜してましたね。

新しい高校に入って俺は転入生の気持ちが痛いほどわかりましたね。なんせ知りあいが誰も居ない。 しかし遠い県から来た人間って事で、地元の人間より女子に興味を持たれていた事が俺の三年間を楽しい日々(もちろんHな意味で)になったと思う。

俺は寮の先輩の勧誘(強制的だったが)でボート部に入部した。そこで2つ年上のN先輩と出会う。 N先輩はボート部女子の中では1、2位を争う容姿を持っていて、髪はポニーテール、そして容姿に似合わないハスキーボイスがボート部員の男子に人気があった。

男子と女子は合同に練習する事が多く女子と男子が仲が良くなるのもあっという間だった。 ある日授業が早く終わり、部活のトレーニングルームに来たものの誰も居なかったので暇だった俺は筋トレを始めた。すると「H君、今日は早いんだね」とN先輩がいきなり声をかけてきた。 「授業が早く終わったし、先輩達が来るまで暇だから筋トレでもしておこうかと」とクールに言ってるつもりでもN先輩の顔を見ると心臓はドキドキもんでした。

「H君ってよくがんばってるね。私も見習わないと」と言いN先輩は柔軟を始めた。 俺は黙々と筋トレを続けていたら、N先輩が「H君。柔軟手伝ってくれる?」といきなり言って来て気の抜けた俺はペンチプレスが上に上がらず死にそうになった。後ろからN先輩の柔軟を手伝っていると柔らかな肌が当たり、「もうちょっと、強く押してもいいよぉ」とか「ンッ!ちょっとキツイかな」とか甘い声で言って来て(壮感じたのは俺だけだと思うが)俺のチンポは一気に勃起状態。

先輩を後ろから押し倒してぇ欲望にかられたが、そんな事が出来る訳も無くクールに装い「これぐらいは行けますか?」とか言っていかにも冷静ですって声でN先輩の柔軟の相手をしていた。 部活で会うと言ってもN先輩は3年で俺は1年。話す機会なんかも余り無かったので今がチャンスとばかりに俺はN先輩に話し掛けた。

「N先輩も今日は早いですね」と言うと「うん。私も今年で最後の大会だし、個人でも団体でも優勝したいから気合が入ってるんだよ。」と笑顔で俺に言ってきた。そのN先輩の笑顔に俺の心は奪われた。それから俺は死ぬほど練習をするようになった。

ボート部の練習が終わっても先輩らといっしょに居残り、筋トレや室内ボート練習器具を使ってレギュラー入りを目指した。 そして休みの日を返上して練習をしていたら、いきなり冷たい感触が頬に当たりおもわず「うわっ!」と声を出してして勢い良く後ろを振り返るとN先輩がスポーツドリンクを持って笑い「がんばってるね」と言ってきた。

「N先輩。今日は部活は休みですよ」と言うと「なんとなく練習場を除いてみたら、H君が頑張っていたからコレを差し入れ」と言い俺に缶を投げた。俺は缶を受け取りスポーツドリンクを開け飲んでいたらN先輩が唐突に「H君は頑張り屋さんなんだね」と言って来て、俺はN先輩の興味を引きたいからがんばってますとは言えず「寮に居ても先輩達にこき使われるだけだし(苦笑」と言うとN先輩はクスクスと笑ってくれた。

N先輩は「練習のしすぎは、逆効果だからほどほどにね」と言い帰ろうとすると「N先輩、ジュースありがとうございます」と言い俺は空になった缶を軽く振った。「がんばってね」と笑顔でN先輩は練習部屋から出て行った。

俺はN先輩の笑顔で3倍は頑張れる気がした。3年は最後の大会なので遅くまで練習する日がほとんどだった。そしてある日夜が遅くなりすぎてしまって「おまえ達。頑張るのも良いが、もう遅いからそろそろ終わっとけ」と先生が言うと、寮の先輩が「H!もう外が暗いし遅いからお前がNを送ってやれ!」と俺にニヤニヤしながら言ってきた。

「別に1人でも大丈夫だし、そんな悪いよぉ」N先輩は断ろうとしたが、「H!寮の先輩の命令だ!Nを送って来い」の一言で「解りました!N先輩を送ってきます!」と先輩命令だからを理由にN先輩を送る事になった。「本当にごめんねぇ」と俺の横でN先輩の声がする。俺は「N先輩とこうやって話せるし、俺は嬉しいですよ」と軽口を叩くと、N先輩は「アハハ」と照れ笑いをし俺の言葉を流した。

練習の事やフォームの事など色々話していたら「そういえば…H君もしかしたらレギュラー入りするかもよ」のN先輩の衝撃的な一言にビックリした俺は「マジ!?」とタメ口調で聞き返してしまう。「マジマジ。部長や先生がH君はいい感じだって言ってたもん」笑いながら俺のタメ口調の言葉に合わせてくれた。

「もしレギュラーになれたら一緒に試合がんばろうね」と言いN先輩と会話が弾んでいた俺は「もちろんですよ。俺がレギュラーになったら優勝して見せますよ」と調子に乗って言うと「たのもしいなぁ〜。」と笑顔でN先輩笑った。 寮に帰って先輩に色々と吐かされたが、N先輩と2人っきりの状況を作ってくれた先輩に死ぬほど感謝した。

そして大会メンバー発表で、俺はダブルスカル(2人乗りボート)のレギュラーを手に入れた。 大会1週間前ぐらいになると、先輩達は決起会として飲み会を開くことになった。 これはボート部の伝統らしく(今思うとふざけた伝統だよ)夜に公園でみんなで飲む事になりボート部女子も参加していて俺はN先輩の姿をさがしていると、N先輩の私服と何時ものポニーテールじゃなくて下ろされ綺麗なストレートの髪のN先輩に俺の心臓が高鳴った。

先輩達には「H!一気飲みだ!」と言い焼酎5連続一気飲みやビール缶5秒飲みなどベロベロに酔うぐらい飲まされ死にそうになったが「大丈夫?」とN先輩が気付かい「これぐらい大丈夫ですよ」とベロベロだったが強がって見せた。(結局吐きましたが…)「すると警察が見回りに来た!」とある先輩が言いみんなその場から逃げ出した。

俺はN先輩と建物の影に隠れて時間が過ぎるのを待っているとN先輩が「みんな大丈夫かな…」と心配そうに言うと「大丈夫でしょ。でもN先輩が飲み会に来るとは思いませんでしたよ」と言うと酔っているのか頬を赤くしたN先輩は「私が真面目っぽいから?」と意地悪そうに言い返してきた。

俺は「先輩はポニーテールだと可愛いけど髪を下ろしたら綺麗ですね」と酔いがかなり回っていたのか俺は先輩の髪を触った。 先輩も酔っていたのもあったのか「ありがと…」と言い俺に髪を触られるままだった。 かなり良いムードになっているなと感じていて気持ちも止められなくなってしまい「N先輩キスしても良いですか?」と言うと先輩の大きな目で俺を見つめ返した。

それは一瞬だったかもしれないけど永遠に感じるぐらいの時間を待ち俺はN先輩の言葉を待った。N先輩が「………い」と口を開く瞬間、「居た居た!探したよ〜。もう大丈夫らしいよ〜」とボート部で一番不細工でデブの女が邪魔をしにきた。俺は「てめぇ!絶対殺す!このデブがっ!百回死ね!」と口に出して言いたかった。結局、N先輩の答えを聞く事も無く決起会という無茶な飲み会は終わった。

みんなと帰る時、N先輩が「H君…」と言い振り返ると、チュと柔らかい感触に触れN先輩は「私…H君の事嫌いじゃないよ…」と言って女子達の中に戻っていった。俺は今あった出来事が幻じゃないかと思い口を触ってしまったが、N先輩と別れる時に俺に向けた笑顔がさっきの事を真実だと物語っていてその日は死ぬほど嬉しくて有頂天になったが次の日、二日酔いで死にそうだったのは言うまでも無い。

そして大会の日になり俺は寮の先輩とコンビを組み優勝目指した。 予選は1位、準決勝は2位、敗者復活で1位になりなんとか決勝に進めた。N先輩も決勝まで残り、午後の決勝に備えていた。決勝に進んだ人は、昼飯に重い物を入れられないためカロリーメイトと食いがら俺はN先輩と話をしていて「N先輩決勝ですね」と言うと「H君もね」と微笑みながら俺を見た。

N先輩の微笑みに俺は飲み会の出来事を思い出しパニック状態になり「…N…N先輩」噛みながら言うと「ん?」と聞いてきて「あの…俺頑張ります」我ながら意味不明な事を口走っていた。 「やっぱり緊張する?」とN先輩は落ちついて聞き俺は正直に「ふぅ。やっぱり緊張しますね」と答え 「大丈夫だよ。H君ずっと頑張ってきたじゃない。勝てるよ。私はH君をずっと見てたから保証する」とN先輩は俺の緊張を解そうとしてくれた。

しかし俺の中では「H君をずっと見てたから」と言う言葉に余計に心を乱されてしまう。(笑N先輩は決勝で優勝し俺達の番が回って来る。俺たちは他のチームより一試合多くしていて体力も消耗しきっていたが、おれは絶対に勝つということとN先輩の言葉を意識し決勝戦に挑んだ。 最後の最後まで勝負は拮抗していて同時ゴールぽかったが、アナウンスで俺たちの名前が一番に呼ばれ逆転優勝をした。

俺はボートの上からN先輩を探し、部員と一緒になって手を振っているのを見てN先輩…俺が優勝して嬉しかったかなと考えた。 その後も俺達の学校は結果を残し総合優勝をもぎ取った。帰りの車の中ではみんなが盛り上がり優勝を称えあったが疲れからか速攻でみんな寝てしまった(もちろん俺も)。あとで写真を見せてもらうとN先輩が俺の肩に頭を乗せて眠っていた写真があり、N先輩は「恥ずかしいよぉ」とか言っていたが、俺はかなり嬉しかった。だが俺が上を向いて寝ていたのが余りにダサく目も当てられない写真でもあった。

結局県大会は準決勝で負けで終わり、N先輩は県3位の成績を残しN先輩は引退した。祭りが近くなり寮の先輩に「今度の祭りお前も行くんだろNを誘ってみろよ。あのNをお前なら落とせそうだ」と言われ「行けますかね?」と聞くと先輩は「Nはかなりお前を意識してる見たね」と言い「犯ったら報告しろよ」と言い先輩は茶化した。 練習場に来ていたN先輩に俺は思い切って祭りに誘う事にした。「N先輩。祭りって誰かといく予定があるんですか?」

「ん〜。とりあえず部活の人と行こうかと思ってるけどなんで?」と聞いてくると死ぬほど緊張したが「俺と祭りに行きません?」と言い先輩の顔を見るとN先輩は顔を真っ赤にして「……いいよ」と一言だけ言って立ち去った。

祭り当日待ち合わせに行くべく準備をしていたら、「ほら!Hコレを持っていけ」と言い先輩はコンドームを俺に手渡して「避妊はしないとな」と言い俺は「ありがとうございます」と言い財布の中にコンドームをしまった。 待ち合わせに10分前に行くとすでに先輩は居て、知らない男にナンパされていた。

俺が「N子」と呼ぶと先輩は俺のほうに来て腕にしがみついた。するとナンパ男はさっさとどっかに行き「N先輩。遅くなってゴメンね」と言うと「私が早く来すぎたのが、いけなかったんだし…さっきは助けてくれてありがとう。」と笑顔を俺に向けてくる。 「んじゃ行こうか」と言うとN先輩は俺の腕にしがみついていた事を思い出し離そうとすると 「N先輩腕に手を回していてくださいよ」言うとN先輩は顔を真っ赤にしながらも俺の腕に手を回した。

N先輩のおっぱいの感触が俺の腕にプニプニと当たるたんびに、俺のアソコはギンギン になりつつあった。俺はN先輩に勃起していることを悟られまいと笑顔で色々と話して 屋台を色々と歩いて回っていく。 花火が打ちあがる時間が近づいてきて、俺とN先輩は飲み物を買い海辺に移動し、ビール缶を軽く当て「乾杯」と俺が言うとN先輩も「乾杯〜」と言い飲み始めた。 砂浜にいるのはほとんどがカップルでちと恥ずかしかったが先輩と軽く冗談を言いあいながら花火の時間を待っていた。

花火が始まるとN先輩は「綺麗…」と呟き打ち上がる花火に夢中だった。俺は花火の光 に照らされたN先輩をじっと見つめていてN先輩が俺の視線に気付く。「どうしたの?」と聞くとN先輩の耳元で「N先輩にキスがしたい」と決起会と同じ言葉を呟きました。 N先輩は真っ赤な顔をして目を瞑り花火が上がる中、俺はN先輩とキスをした。

唇を一度離しもう一度俺はN先輩にキスをする。そして3度目のキスはN先輩の口に舌を入れた。N先輩はN先輩は驚いて口を離そうとしたが、俺は手で頭を抑えN先輩の唇を貪った。N先輩はちょっとだけ抵抗していたが次第に力を抜き俺の舌に合わせるように自分の舌を絡めてきた。 時折「ん…」と言うN先輩の声が漏れ、俺はあのN先輩とディープキスをしている事にいたく興奮を覚えていた

花火大会も終わり俺はN先輩とHをするべきか、それとも素直に家に帰すかで悩んでいたらN先輩は俺に向かって「今日は友達の家に泊まりに行くっていったから大丈夫だよ…」 と呟くと俺の中でN先輩を抱く事に決めて、適当なラブホテルに入っていた。

先輩は緊張した感じで「…シャワー浴びるね」と言い風呂場にいく。俺は自分があのN先輩とラブホテルに居る事がすでに信じられなくて、テレビをつけたり便所にいったり忙しなかったと思う。 N先輩はバスタオル一枚でベットに座ると今度は俺が「んじゃ俺も風呂に入ってきます」 と言い風呂場に直行した。風呂場でシャワーを浴びる俺は自分のアソコが痛いくらい勃起しているのがのが解る。風呂に上がるとN先輩は布団の中に入っていた。

N先輩は緊張してるだろうなと思い俺も布団の中に入りN先輩の緊張を解すため脇を擽り始めると先輩は「もうH君てばっ!くすぐったいよぉ」と笑いながら俺の方向に顔を向けた。 俺は自分のデコをN先輩のデコに引っ付けて「N子が寝たふりをするからだろ」とN先輩を呼び捨てすると、仕返しとばかりにN先輩は俺の脇を擽り始めた。

「だってH君がいきなり脇を擽るんだもん」と言うと「君づけは辞めて呼び捨てで良いよ」と俺は言う。N先輩は脇を擽るのを辞め「H…」と俺の事を呼び捨てにする。俺も「N子…」と言いN先輩の唇にディープキスをし始めた。 「ン…ん…」と舌を絡めながら微かな喘ぎ声を出すN先輩…俺が唇を離すと今度はN先輩の舌が俺の唇に入ってくる。唾液を交換したりひたすらキスを繰り返すN先輩と俺。

唇を離すと俺はN先輩に覆い被さりバスタオルを剥ぎ取る。N先輩は程好い大きさのおっぱいとピンク色の乳輪…毛も薄めでマジで綺麗としか良いようが無かった。 N先輩は真っ赤になって顔を隠していたが俺は「N子…マジで綺麗…」と言い乳首に口を近づけた。 右の乳首を舐めながら左手でもう一つのおっぱいを触る。

時折聞こえてくる「…ン…アッ……ン…」と言う微かな喘ぎ声と勃起していく乳首にN先輩が感じていると言う証拠が俺の我慢汁をドンドン沸きあがらせていく。 勃起した乳首軽く噛むとN先輩は「…アッ!…」と少し甲高い声を上げる。

俺は顔を上げてN先輩に「気持ちいい?」と聞くとN先輩は小さい声で「………うん」と答える。 いよいよN先輩のマンコに手を近づけるとマンコはすでに濡れていた。 俺は「触るよ」と言うとN先輩は頷く。俺がN先輩のマンコを触っていると「…アッ!……アン…」 と徐々に先輩の喘ぎ声も大きくなってきた。

空いた左手で髪を触りN先輩にディープキスをするとN先輩は貪欲に舌を動かしつづけた。 そしてN先輩のマンコに中指を入れ動かし始めると「……アッ…ん……アンッ……アッ!…」 N先輩の喘ぎ声も断続的に出るようになっていった。これでもかと言うぐらいに中指がふやけて、俺は「N子入れるよ」と言うと「…うん」と一言だけ返してきた。俺はコンドームを着けてN先輩の両足を持ち上げた。 N先輩は恥ずかしかったのだろう…顔を隠して俺に入れられるのを待っていた。

俺は自分のチンポをN先輩のマンコに宛がって一気に貫く。N先輩はいきなり奥まで入れられたのが感じたのか入れられた瞬間「アッ!!」と大きな声を上げた。 俺は始めは軽めに動いたり回したりしてN先輩の反応を見ていると「……アッ…ア…ンッ…」 と出来るだけ声を抑えようとしているのか小さく喘ぐぐらいに留まっていた。

俺はN先輩を突きながら「気持ちよかったらもっと声を出して良いよ」と言うがN先輩は「……ン…ア…ンッ……あ…」と小さく喘ぎ続ける。俺はもっとN先輩壊れて欲しいと思い一度抜けるか抜けないかギリギリのところまで出し一気に突くと「…ヤッ!」と大きな声を再び上げた。俺はこれでN先輩は奥が弱いんだなと思い激しくN先輩のマンコ突き始めた。

すると「あっ、あっ、あっ……あはぁァァ………ぁあんッ!」と大きめな喘ぎ声をだすようになり始める。時折空気が入るのだろう…マンコを突く度ブピュ!と音がなりその音が一層卑猥に聞こえ俺を燃え上がらせる。 逝きそうになってきたのかN先輩は「アッ、あっ、アン…H!ダメ!ダメ!ダメ!それ以…上は…ダメ!…」と意味不明な言葉だし始めた。で

も俺は容赦せずN先輩の奥突き続けるすると「ダメ!おかしくなる!ダメ!」と言いつづけ体をビクンッ!ビクンッ!と震わせる。 するとN先輩は力尽きたように体がフニャフニャになっていった。しかし俺は逝ってなくてチンポは硬いままだったので、疲れきっているN先輩のマンコにを再び突き刺しました。 俺はさっさと逝くべく一気に腰を振り逝こうとしましたが、N先輩は「アッ!アッ!H!辛いよ!お願い休ませて!」と哀願してきましたが、「後ちょっとで逝くから我慢して」と言いドロドロになっているN先輩のマンコを突き続けました。

N先輩は「…もう…アッ…ダ…メ……ほん…ンッ…とに…壊れちゃ…う…あっ」と意識朦朧気味で喘ぎ、俺も限界が来て「N子!出すよ!」と言った後流れるように精液を吐き出し続けました。その後コンドームを処理して裸のままN先輩と抱き合い朝まで寝ました。

朝起きると腕が痺れてるなと思い横を見ると全裸のN先輩がいて、俺昨日はマジでN先輩と犯っちまったんだなぁと考えているとN先輩が起き「…Hおはよう」と言い軽くフレンチキスをする。俺も「N子おはよう」と言いフレンチキスをお返しするとN先輩は笑顔で俺の顔を見た。 とりあえず長かったけど俺の高校で最初に付き合った人との話です。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. ポチ君 より:

    N先輩が卒業したら同学年や後輩とやりまくったのかな?

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1159記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。