エッチ体験談 12,000話 突破!!

野外オナニーとワンちゃん

早朝の遊歩道で全裸になったあの日・・・あの極限の緊張感と興奮は、私の気持ちをすっかり虜にしていました。

自分のマンションまで戻って来た時点で『土曜日の朝もまた行く』と、すでに決心していたぐらいです。『屋外でヌードになる』こんな大胆なことをできる機会は、もう二度とないかもしれないのですから。あの興奮を味わう唯一のチャンス・・・

引っ越し直前のこのチャンスを絶対に逃せませんでした。そして3月22日、土曜日の朝・・・もちろん私は、早起きをしていました。

前夜から興奮してしまっていて、夜明け前から目が覚めてしまいました。今日は引っ越しの前日です。屋外で服を脱ぐというチャンスは今日が最後です。

今日も遊歩道に行くことにためらいはありませんでした。前回のように『数日後には、この町からいなくなる』というのと、『明日、引っ越してしまう』というのとでは、また一段と気分が違いました。たとえ誰かに見られたりするようなことがあったとしても、その場さえ切り抜ければどうということはありません。

もちろん、万が一に見つかった場合に直面する危機が薄れるわけではありません。決して『見つかってもいい』というわけでもありません。そこのところはきちんと認識しています。

ただ、少なくとも『そんな行為をしたことがばれて町を歩けなくなる』というような心配はありません。このことは気持ち的にもずいぶん大きくて、大胆になれそうな気分でした。(まだ少し早いかな。。。)そう思いつつも、目が覚めてしまっていた私はベッドから出ました。

心配していた天気ですが、おとといとは違って今日は晴れのようです。たったそれだけのことでも、ずいぶん嬉しい気分でした。やはり先日のような雨だと、服装からしてどうしてもやりづらい部分が多いのです。

私は、着ているものを全て脱ぎました。部屋の中で全裸になります。(部屋の中なら、なんでもないのに。。。)(どんな格好だってできるのに。。。)まだ3月ですので、普通でしたら上下ともトレーニングウェア(というかジャージ)を着るべきところです。

でも下半身はジャージではなく、競技用のショートパンツをはくつもりでした。Sパンツの中には、インナーの下着をつけませんでした。肌に直接Sパンツをはいたのです。

このSパンツは、丈が非常に短いのに、ぶかっとした形をしている陸上競技用のものです。次に、裸の上半身に、そのまま直にジャージを着ます。少し迷ったのですが、スポーツブラをするのはやめました。

これだと走ったときに胸が跳ねて走りづらいのはわかっています。ただ、スポーツブラを着けたり外したりするときの煩わしさは、おとといの行動の際にもそれなりにネックでした。そもそもジョギング自体が目的なわけではありません。

変な話、走らずにずっと歩き続けでもいいのです。鏡の前に立ちました。上がジャージで、下がSパンツ。

季節的には、下もジャージをはくべきなのですが、あえてそうしません。アンバランスといえばその通りですが、思ったほど不自然でもありません。それと、今日はほんの少しだけですが、ナチュラルな程度にメイクをしました。

特に意味があるわけではないのですが、こうすることによって自分の気持ちが高まるような気がしたのです。準備を終えた私は、いよいよマンションから外に出ました。時間帯としては、前回より30分以上早いはずです。

外はまだ真っ暗でしたが、予想外に寒さはほとんど感じませんでした。冷たい雨が降っていた、おとといの寒さが嘘のようです。特にSパンツから伸びる両脚は、太腿のほとんどつけ根まで生肌を丸出しにしていますので、寒かったらつらいところでした。

私は遊歩道へと向かって歩きはじめました。まさか『慣れ』だとは自分でも思いませんが、頭は非常に冴えて落ち着いていました。でも一方では、無意識に『早くあの場所に行きたい』という気持ちがあるのか、どうしても自然と早足になってしまっていました。

マンションから遊歩道まではそれほど遠くありません。夜明け前の時間帯ということもあって、道路に人の姿はありませんでした。歩きながら、おとといの行動を思い出して興奮してきます。

遊歩道の真ん中で、服を全部脱いで丸裸になったのです。まともなOLとして日々を過ごしているこの私がです。常識の殻を破る行為に、考えるだけで胸がドキドキしてきます。

(今からまたあの興奮を味わうんだ。。。)思わず、ぶかっと広がっているSパンツの裾に手を忍ばせていました。極端に裾の短い、競技用Sパンツです。すぐにデリケートな部分に指先が届きます。

指先に触れるのが下着の布地ではなく素肌だということが、私の気持ちを煽ります。早くあの四つん這いポイントに到着したくて、いてもたってもいられないような気持ちになってきました。誰に急かされるわけでもないのに、気持ちが昂ぶってきて焦るような気分になってきます。

遊歩道の入口に着きました。そこには、車止めの金属の棒が設置されています。地面から伸びるように立っている棒の間をすり抜けます。

これでもう、車やバイクを気にする必要はありません。そのままS字カーブを目指して歩き続けました。遊歩道は、住宅街の中を通る川沿いにあります。

遊歩道を歩いていく私の左側が川のフェンス、そして右側はずっと住宅の建物が続きます。今日は雨の音もなく、静かなものです。遊歩道に入ってからずっと人の姿はありませんでしたが、1度だけ犬を散歩させているおじさんとすれ違いました。

まだ何もしているわけではないのですが、人の姿を見ただけで『ドキッ』としました。あらためて『いつ人が通ってもおかしくない場にいる』ということを自覚させられます。10分も歩いたころ、後方の空が少し明るくなってきました。

やがてS字カーブの入口が見えてきます。それだけで何だか息苦しくなってきました。無意識に緊張感が高まってきているようです。

(いよいよね。。。)カーブの入口にさしかかりました。いままで歩いてきた後ろの直線を振り返ります。だいぶん明るくなって、かなり遠くまで見渡せますが、直線にはずっと人の姿がありません。

ここからは時間との勝負です。すぐに駆け出して、そのままカーブを走り抜けます。S字の出口まで走り着きました。

その先の直線に目を凝らします。こちらサイドからも、やって来る人の姿はありませんでした。これで少なくとも数分の猶予はあるはずです。

(よし。。。)すぐに反転し、急いでS字の中央部分に走って戻ります。カーブの真ん中まで来ました。住宅街の遊歩道・・・、その唯一の死角です。

ついに、待ち遠しかったこの瞬間が来たのです。何も問題はありません。(大丈夫・・・、できる。。。)前開きのジャージのファスナーに手をかけます。

いちばん下まで降ろし、外しました。心臓のドキドキが普通ではありません。ジャージを脱ぎ捨てました。

上半身がヌードです。ストラップに付けて首からぶらさげた鍵以外は何も身につけていません。おっぱいが震えるように『ぷるぷる』しています。

誰もいないのに恥ずかしくて、めまいのようなクラクラ感に襲われます。前回と違って、今回は雨が降っているわけではありません。あのときにはわかりませんでしたが、雨はある意味カーテンのような役割を果たしていて、精神的な部分で裸になるうえでの助けになっていたようです。

薄暗くて視界が悪い分、周りに気をとられず、行為に集中しやすい環境だったのかもしれません。でもこの日は晴れていました。周りの状況が非常に気になって、過敏に警戒心が働きます。

すごいプレッシャーでした。この状況で下まで脱いでしまおうというリスキーな行為に、心をときめかせている私がいました。気持ちが昂ぶります。

躊躇することなく、おへその下に手を持っていきました。Sパンツのウエスト部分の中に通っているひもの結びを解いたのです。ウエスト部分を広げます。

手を離すと、Sパンツは太腿から足首のところへと『すとん』と落ちました。下半身が丸出しになります。でも、まだまだです。

Sパンツまで完全に脱ぎ去ってこその、全裸の興奮なのですから。気をつけなければいけないのは、足首から抜くときです。裾がぶかぶかした競技用とはいっても、注意しないとすぐにシューズが引っ掛かってしまうからです。

ですから足首の関節を伸ばしながら、Sパンツの布地を引っ張るような感じでシューズごと裾から抜かなければなりません。自分では落ち着いているつもりでいても、やはりどこか冷静さを欠いているのでしょう。ちゃんとわかっていながら気をつけて脱いでいるのに、シューズを裾に引っ掛けてしまいました。

落ち着けばすぐに直せますし、全然たいしたことでもありません。でも、こんなにほんの些細なトラブルをきっかけに、急に頭がパニックになります。(やっ、いやっ)『服を着ていないことによる恐怖心』が、パニックを加速させます。

それでもなんとか足首を抜きました。脱いだSパンツを、ジャージの上に落きます。ついに完全にオールヌードになりました。

(あ、あ。。。)(やっちゃった。。。)一糸まとわぬオールヌードの心細さで堂々としていられません。ついつい内股になって、背中を丸めたような姿勢になってしまいます。前回も書きましたが、体の一部を露出するのと、完全に服を脱ぎ捨てて全裸になるのとでは、100倍も緊迫感が違います。

体の一部でも服に通っている状態と違って、全裸だと『いざというとき』にどうにもなりません。不安感がものすごく強いのです。この『屋外で全裸でいることの恐怖心』は、きっと経験した人にしか理解できないことでしょう。

身につけているのは、シューズとソックス、そして首からぶら下げた鍵だけです。心臓がすさまじい速さで鼓動しています。さっきのちょっとしたパニックから、まだ気持ちが収まっていません。

(落ち着いて。。。落ち着いて。。。)時間はあまりありません。時間が経てば経つほど、人が通りかかるリスクは高まるのです。私は前方のS字カーブの入口を見ながら、その場で四つん這いになりました。

このポーズが、私がいちばん羞恥心を煽られる態勢なのです。ものすごい緊迫感です。誰かが通りかかったら、ひどい姿を見られてしまいます。

極限の緊張感と恐怖感が、私を襲います。四つん這いになっているのに、立ちくらみのようにクラクラしました。私の視線は前方のカーブの入口に向けられています。

あまりの緊張に、もうそこから目線を外せません。でも、そうすると今度は後方のカーブの入口の様子も気になって仕方ありません。一瞬だけ振り返っては、また視線を前に戻す、そんな状態でした。

前回のときもそうだったのですが、不思議なことに、なぜか普段いつも接している職場の同僚の顔が次々と浮かんできます。それも男性の社員の顔ばかりです・・・私のこんな姿、誰が想像できることでしょう。

スーツ姿で秘書室にいるのが、彼らにとっての私の姿です。おしとやかで清楚な女の子、それが私です。でも今の私は、一糸まとわぬ姿で遊歩道の真ん中にいるのです。

しかも大股を開いての四つん這い・・・秘書室の○○恭子が、こんなに下品な姿を晒しているのです・・・体の恥ずかしい部分が、すべて剥き出しです。

私は、すっかり陶酔感に浸っていました。右手の手のひらを地面に置いて、その手の上に顔を載せました。手の甲に頬を押し付けながら、思いっきり背中を反らします。

背中の真ん中を中心に、ものすごいエビ反り状態です。(いやぁん、私ったらぁ。。。)無理な体勢に、左右のお尻のお肉が両側に開ききっています。口を開いてしまった性器から、恥じらいのおつゆが垂れてきました。

(ああん、恥ずかしい。。。)限界以上に開ききった股が、痛いほどです。(いま後ろから人が来たら、恥ずかしくてわたし死んじゃう。。。)今の私の姿は、まさに羞恥の限界のような格好でした。お尻の穴が広がって、肛門まで丸見えです・・・

ここは、道路といっしょで、誰でも自由に通る場所なのに・・・スリルと背徳感に、そして言いようのない興奮に、性器から恥じらいのおつゆが溢れて止まりません。濡れてしまっているせいで、性器の部分に『風とはいえないほどのかすかな空気の流れ』が当たるのを感じ取ることができました。

それでも、だからと言って恐怖心が消えるわけではありません。地面に置いた手の甲に頬を載せていて見えるのは、アスファルトと川のフェンスだけです。前後の様子を窺うこともできません。

今この瞬間にも人が現れるんじゃないかという強いプレッシャーに胸を締め付けられます。私は、どんどん興奮してきていました。オナニーをしたくてたまりません。

安全を考えれば、そろそろ中断して服を着るべき頃合いです。でも、もう止められません。私は、頬を載せていた手の上から顔をあげ、上半身を前にずらします。

さらに態勢を低くするようにして、乳首の先をそっと地面に触れさせました。硬く飛び出した乳首の先端で優しくキスするかのように、そっとアスファルトにタッチします。独特のざらざら感です。

かなり厳しい態勢なのですが、乳首を離しては、またタッチしました。私の乳首が何度もアスファルトにキスします。(誰かが汚い靴で歩いたところかもしれないのに。。。)アスファルトの上で乳首を転がすようにそっと動かしました。

ざらざら感が、私の乳首を刺激します。快感でした・・・シチュエーションのせいもあるのでしょうが、この行為にものすごく興奮します。

おっぱいを押し付けるのではなく、乳首の先端だけをアスファルトに触れさせるのです。下半身には触れてもいないのに・・・乳首にあたる微妙な刺激だけなのに・・・

通常のように徐々に快感の波が高まってくるのではなく、いきなりクライマックスがやって来たような感じでした。次々に快感の波が押し寄せてきます。(イっちゃう。。。すぐ、イっちゃう。。。)乳首をアスファルトに押し付けます。

もう絶対に止められないところまできていました。人が来ないと信じるしかありません。(こんな場所で、イク。。。)(私ったら、私ったら、こんな所で。。。)快感の波動が、絶頂となって体の内部を埋め尽くしました。

私はイってしまいました。思わず、声が出そうになってこらえます。「んっ。。。」

「ん、んっ。。。」奥歯をかみしめて声が漏れないように耐えました。体が『びくん、びくん』と痙攣します。

口を閉じている分、どうしても鼻息が荒くなってしまいます。とにかく声を出さないように、必死でこらえます。(こんな場所で、オナニーしてイクなんて。。。)絶頂の満足感に陶酔していましたが、その余韻に心を委ねる気持ちの余裕がありません。

ずいぶん時間が経ってしまっているはずです。焦燥感が募ります。早く恐怖から解放されたい思いでした。

急いで服に手を伸ばします。湿ったアンダーヘアが、ごわごわしていました。まだ体がびくびく痙攣します。

なんとか元どおりにSパンツとジャージを着ることができました。ジャージのファスナーを上げたところで、肩から力が抜けたようにほっとします。脱力感にも似た安心感に包まれます。

『やっちゃった』という気持ちと、快感の余韻で、十分に満足な思いでした。満たされた気分に、(このまま帰っちゃってもいいな。。。)そう思いましたが、服を着た安堵感と、イったことによる充実感が、私を後押ししていました。(せっかくだから。。。)(無理そうなら、すぐにやめればいいんだから。。。)私は、S字カーブの入口まで歩きました。

再び、その先の直線の様子を確認します。やはり私は幸運なのでしょうか、ずっと先まで誰の姿もありません。ここから再び時間との勝負が始まります。

(ダメで、もともとだから。。。)Uターンして走りました。S字カーブを走り抜けます。もうすぐカーブが終わるというときに、犬を連れたおばさんの姿が現れました。

おばさんとすれ違い、カーブの出口を抜けて直線に入ったところで足を止めます。振り返ると、おばさんの姿がカーブに消えていくところでした。公共の遊歩道ですから、人が通るのはあたりまえのことです。

百も承知でわかっていたことのはずなのに、それなりにショックでした。(もしも、もう少しあのまま、あの状態でいたら・・・)結果論ですが、私は単に運が良かっただけなのかもしれません。自分が冒したリスクの大きさをあらためて実感した一瞬でした。

運の良さに、心から『ほっ』としました。いまさらですが、あまりの怖さに涙がにじんできていました。(泣くぐらいなら、はじめからこんなことしなきゃいいのに。。。)気持ちが弱くなってきます。

(でも、やってみるなら引っ越し直前の今しか。。。)(無理と思ったら、その瞬間にやめよう。。。)カーブの出口を抜けたすぐのところにベンチが設置されています。私は、そのベンチの後ろにまわりこみました。民家の壁の隙間に押しこんであるビニール袋を取り出します。

おととい、下見に来たときに隠しておいたものです。ビニール袋から中身を取り出し、ジャージのポケットに入れました。さらに上流の方向に直線を走ります。

すぐに、ある住宅の前に着きました。この家には庭があります。そして遊歩道と庭との境界が、鉄のフェンスになっているのです。

フェンスの向こう側の庭の部分には、小さな犬がいます。これまで何度もこの家の前を通ったことがありますが、この犬は、私が前を通りかかるといつもフェンス際まで近づいてきます。そして、フェンスの鉄の棒と棒の間に顔を突っ込んで私を見るのです。

もちろん私に限らず、誰が通りかかっても同じなのでしょう。犬の習性なのか、それとも単に通行人に興味があるだけなのか、私にはわかりません。(ワンちゃん、起きてるかなぁ。。。)こんなに早朝ですが、私が近づくと、フェンスに駆け寄って来ました。

やはり、いつものように棒の間から首を出して、私を見上げます。私はフェンスに近づき、犬の前にしゃがみました。いつもは無視して通り過ぎていましたので、実際にここまで接近したのは初めてです。

私は犬の種類にはうといものですから、何という犬なのかはわかりません。でも、かわいらしい小型のワンちゃんです。罪のない顔で私を見上げています。

(私に何を求めているの?)おそるおそる、私はそのワンちゃんの頭をそっと撫でました。撫でながら、吠えたりしないか、噛みついたりする犬ではないのか、様子をみたのです。ワンちゃんは、気持ちよさそうに私に頭を撫でられています。

なにも問題なさそうです。私を見上げるワンちゃんの眼差しは、ストレートで無垢そのものです。(私のことが好きなの?)私は、周囲を見回して、誰もいないことをきちんと確認しました。

ジャージのポケットに手を入れ、隠していた物を取り出します。チューブのバターです。ふたを外して、少しだけ搾って中身をはみ出させます。

またおそるおそる、噛まれたりしないように気をつけながらワンちゃんの顔の前に差し出しました。ワンちゃんは、少しの間、突き出されたチューブの先をクンクンと嗅いでいました。やがて『ぺろっ』と舐めました。

もう少し搾って、顔の前に出します。『ぺろ、ぺろっ』小さい舌を伸ばして舐めました。私は、今度は自分の手の甲にバターを少し出して、ゆっくり差し出しました。

まさかとは思いましたが、ここで噛みつかれたりでもしたら最悪です。細心の注意を払いながら慎重に手を近づけます。『ぺろっ、ぺろっ』ちろちろと小さい舌が、私の肌を舐めました。

小さい割には、長くよく伸びる舌です。私はもう一度だけ試しました。右ひざにバターを塗って、静かにワンちゃんの口の前に出します。

もちろん注意は怠りません。期待通り、『ペロペロッ』と舐めてくれました。異常にドキドキしてきます。

ひざを舐められて、異様に興奮していました。(できるかも。。。)このとき初めて『できっこない』と思っていたこのチャレンジの可能性を、頭の中で現実のものとして捉えていました。ワンちゃんの顔を見ながら、手応えに近いものを得ていました。

私は立ちあがりました。目を細くして直線の先を見通します。誰の姿もありません。

反対側も見ます。遠くにS字カーブの出口が見えますが、やはり人の姿はありません。異様な興奮と緊張感がありました。

(チャンスは今日しかない。。。今しかない。。。)ありえないと思いながらも何度も頭の中で繰り返してきたことを思い出します。(やっちゃおう。。。)空想でしかなかったシュミレーションを再生するのです。Sパンツのひもをゆるめて、太腿の下まで降ろしました。

お尻が丸出しです。とっさにはけるよう、それ以上は脱ぎません。その場にひざをつきます。

常に冷静なはずの私の呼吸が乱れています。ひざ立ち姿のまま左手でチューブを持ち、右手の中指のはらにバターを出しました。ちょっとだけ腰を突き出すような姿勢をとります。

そして、バターを塗った指先を、お尻の穴にあてました。私はお正月に、小学生にお尻の穴を触られるという経験をしました。それ以来、私は誰かにお尻の穴を触られるシーンばかり想像するようになっていました。

お尻の穴などという『よりによってそんなところを誰かに触られてしまう』という屈辱をイメージしながらオナニーしたりしていました。そして私のイメージの中で、『触られてしまう屈辱』は、いつしか『舐められてしまう屈辱』へとエスカレートしていました。でも現実にはもちろんそんな機会はありません。

誰かに頼むこともできません。実際の本音の部分として、誰かに舐めてもらうことを望んでいたわけではありませんでした。あくまでも、想像の中のことで、現実に望んだわけではなかったのです。

相手が誰であろうと、そんな屈辱的な行為を許すことはできるはずもありません。一昨日は祝日で、引っ越しの片付けをしていました。そんな中で、冷蔵庫の中身の整理もしたのですが、使い切れなかったこのチューブ式バターを捨てようとしたとき、このことを思いたったのです。

バター犬・・・いつか何かでそんなことを読んだことがあるような気がします。現実的に可能なのかどうかは、自分でも半信半疑でしたが・・・

私は、自分のお尻の穴にそっとバターを塗っていました。理由は説明できませんが、なぜか目から涙がにじんできていました。心臓の鼓動の激しさが半端ではありません。

(このまま倒れてしまうんじゃないか)自分で心配になるくらいです。もう一度、左右を見渡します。誰もいません。

私はアスファルトの地面にひざをついたままワンちゃんに背を向けています。お尻の穴にはバターが塗られています。両手を地面に置きました。

後ろ向きのまま、フェンスに体を寄せます。体重を支える腕が震えていたように思います。『ハッ、ハッ、ハッ・・・』というワンちゃんの呼吸音が、私を緊張させます。

私のお尻を舐めたがっている者の存在に、羞恥心が湧きあがります。私のお尻の穴・・・そんな恥ずかしい部分・・・

『カーッ』と頭に血が昇っていく感じがしました。(やっぱり無理。。。)(こんなの無理。。。)これほどにまでアンモラルな行為は経験したことがありません。ここまできて、どうしてもプライドが許しません。

(お尻の穴を舐められるなんて。。。)涙がぼろぼろこぼれてきました。泣きそうな気持ちになりながらも、私はお尻を浮かせていました。お尻を後ろに突き出しました。

最初、ワンちゃんはすぐにバターを舐めようとはしませんでした。『フグフグ(?)』というような音を立てながら、私の股の間に鼻先を押し当ててきます。私の股間の匂いを嗅いでいるようでした。

(いやぁだっ、もう。。。)どうしても周りが気になって、左右を見渡してしまいます。こんな場面、人に見られるわけにはいかないという思いで、もう心臓がドキドキです。股間の匂いを嗅がれるなんて、生まれて初めての屈辱です。

ワンちゃんは自分の鼻(?)を、私の股間の柔らかい部分にぐいぐい押しつけます。(ちょっと、いやっ)次の瞬間には『ぺろっ』とお尻の穴を舐められました。(あっ)と思いましたが、リアクションする間もなく続けざまに『ぺろぺろぺろっ』、ワンちゃんは私のお尻の穴を舐めました。

思わず、お尻を引っ込めました。ワンちゃんの舌は想像以上にざらざらしていましたが、実感としては、『水っぽいナメクジのようなものにくすぐられた』という感じでした。ワンちゃんには本当に申し訳ないのですが、言葉にできない『おぞましい感覚』でした。

ぽろぽろ、ぽろぽろ、涙が落ちます。すべて自分でやっておきながら被害者意識を持つというのもおかしな話なのですが、とても屈辱的な気分になってますます涙があふれてきます。強い自己嫌悪の気持ちでした。

(最低。。。)自分を責めます。(最低。。。最低。。。)自分を責めながら、中指の上にバターを絞っていました。お尻の穴にべっとり塗ります。

このときの場面では、自分のいろいろな感情が微妙に入り混じってしまって、上手く文章に表すことができません。自分を責める気持ちでいながら、行為は続けていました。遊歩道の様子を窺って、周りの安全を確かめます。

お尻を突き出しました。『ちろ、ちろっ』舌が、私のお尻の穴を舐めます。(いっやぁ。。。)柔らかい物が、肛門に押し当てられ、動きます。

なんという感触でしょう・・・『ぺろぺろぺろっ』(いやん、ひどい。。。)ワンちゃんは飽きることなく、私のお尻の穴を舐めています。期待していたような気持ちよさがあったわけではありません。

ただただ、『こんな部分を舐められてしまっている』という精神的な満足感だけがありました。私は、さらにチューブを絞りました。指に載せます。

ワンちゃんからちょっとお尻を離して、お尻の穴にたっぷり塗りました。ワンちゃんの欲求が背後から気配で伝わってきます。この子は、目の前のこのバターを舐めたがっているに違いないのです。

私のお尻の穴を舐めようと待ち構えているのです。私の後ろに、私のお尻の穴を舐めようとしている子がいます。そんなふうなイメージをしながら、またお尻を突き出しました。

『ぺろぺろっ』柔らかいざらざらが、お尻の穴を遠慮なく舐めまわします。(イヤっ、なにするのよ。。。)(そんなとこに口をつけないでよぅ。。。)被害者気分に浸ります。(やめてよぅ。。。)私のプライドを無視する、あまりに屈辱的な仕打ちです。

私は今、『べろ』で、肛門をなぞられているのです。涙がポロポロこぼれっぱなしです。(最低。。。最低。。。)私は『お尻の穴』などという、私にとっての一番の恥ずかしい部分を舌で弄ばれ、泣いてしまうほどの屈辱に心を震わせていました。

体温と舌の動き(?)で、ついにはバターが溶けてきたようです。だらだらと流れています。溶けたバターなんて、『液体の汚い油』以外の何物でもありません。

お尻の穴から垂れるようにして、性器に伝ってきているのがわかりました。(ああん、まずいな。。。)案の定、ワンちゃんが私のデリケートな部分にも鼻先を押しつけてきました。(それはない)(そこは舐めさせられない)潮時だと思いました。

お尻を舐められても、性的な快感を覚えていたわけではありませんでしたので、頭が『フィニッシュ』を決定すれば、その瞬間に気持ちも切り替わりました。私は、立ち上がってワンちゃんから離れます。周りを見渡しながらSパンツを引っ張り上げました。

おへその下でひもを結びます。帰るほうに向かって歩きはじめました。溶けたバターで股間がぎとぎとでした。

きっとべとべとのはずです。振り返りました。ワンちゃんが見ています。

当然、犬には何の意識もないのでしょうが、あの子は私のお尻の穴を舐めたのです。私という女の、小さくて皺だらけの恥ずかしい穴を・・・このときの私は複雑な心境でした。

(あの子ったら、ヴァージンの私の割れ目に鼻を押しつけた・・・)(私のお尻の穴をペロペロした悪い子・・・)そんなふうに無理やり意識して、気持ちを満足させようとしている部分がありました。できっこないと思っていた行為を現実にやってのけることができたという事実には、多少の達成感はあったのですが・・・『本当に100%満足できたのか』と聞かれれば、答えは『No』でした。

屈辱感はいっぱいでしたが・・・うーん、上手く説明できません・・・。行為としては相当に過激だったように思いますし、私としてもかなり無理をして頑張ったと思います。

でも私は、他人に恥ずかしい姿を覗かれて羞恥心に身を焦がすほうが、よっぽど快感を得ることができるような気がします。私は、そのままマンションまで走って帰りました。さもジョギングしているかのように・・・

S字カーブを抜けるとき、(もうここを通ることもないんだなぁ。。。)と、ほんの少しだけセンチメンタルな気分になりました。本当に興奮してきたのは、帰ってきてからです。バターでギトギトになってしまっているSパンツを脱いだとき・・・

そしてシャワーを浴びても下半身についたバターの油分がなかなか落ちなかったとき・・・(本当にあんな事やっちゃったんだ私。。。)このときあらためて実感したのでした。長文に最後までお付き合いくださってありがとうございました

1 COMMENT

コメントを残す