主人の命令でノーパンノーブラのミニスカートでSM映画を観に行ったら…

先日主人と映画館に行きました。映画はSMものの上映中、館内は余り混んでなく私は主人が隣に居る事で安心していたので、短いスカートと下着は何もつけていません。椅子の感触が何だか落ち着かなく、とにかくもぞもぞと動いていました。近くの席に中年のおじさんが一人で座っていました。

しばらくたつと主人はトイレに行って来るといって私に「ここでオナニーしなさい」と命令して遠くで視ているからと大丈夫と言いながら行ってしまいました。私は、すぐ帰ってくるものと思い恥ずかしいけど主人の命令なので、指でオナニーしながら楽しんでいました。私は自分の掌でそっと胸を触り、美由紀の最も敏感な部分を 指で刺激しました。

私は思わず声を発しそうになったのですが、近くのおじさんに恥ずかしいので息を飲み込み必死でこらえましたが声が出てしまい「美由紀の淫乱おまんこが濡れています」と小声で言ってみました。お尻には生温い液が垂れてきています。主人がなかなか帰ってきません。不安になりましたが愛液が止まりません。「あぁ!!」私は下を向いて必死で堪えました。私の中で手が動いています。私は堪える事が出来ないで声を出してしまいました。美由紀の淫乱おまんこを触ってくだい。近くのおじさんに聞こえたみたいです。

隣の席におじさんがきました。変態淫乱女オマンコにぶち込んで欲しいのか、厳しい口調で言うので私は下を向いたまま「美由紀は変態牝豚です」と、あえぐのを我慢しながらいってしまいました。美由紀のオマンコ触ってください・・・おじさんは汚いペニスを美由紀の口に押しつけます。主人はどこに行ったのか助けてくれません。

おじさんはトイレに行こうと腕をつかんで、恥ずかしいけどついていきました。主人はまだきません、個室に連れ込まれ美由紀を便器に座らせると足を思い切り開かせ、いきなり挿入・・ああぁ〜〜いいぃ〜〜〜美由紀はおじさんの物が咥えたくてたまらなくなってお願いしました。 「淫乱美由紀はおじさんの物を咥えたいです」。物ってなんだよ?ちゃんと大きな声で言ってみなさい、と言われたので美由紀は大きな声でちゃんとおじさんのちんぽ咥えさせてくださいと言いました。美由紀は其れに飛びついて愛液で汚れたペニスを気にせずに咥え込みました。美由紀の開いた足の真ん中におじさんは指を滑らせました。

「あっ美由紀の淫乱オマンコから沢山愛液が出ています」美由紀は咥えながらもがきました。ご主人様のを一生懸命咥えていたら精液が出てきて美由紀はそれもごっくんしました。おじさんは「お前もいきたいのか?」って言うから美由紀は「お願いします、おじさん、美由紀は盛のついた牝犬です」と懇願するとおじさんは美由紀をどかせて自分が 座って美由紀をその上に座らせました。そして、足を手で開かせ小さい子のおしっこの体制にしました。そしてドアをあけました。人が来たら大変です。

美由紀の頭は混乱してしまいました。「おまえにはこれで充分だ」美由紀はもう、声が我慢できなくって沢山あえぎました。「美由紀は淫乱な牝豚です、「あぁ・・・はぁ!」もっと言いなさい、といわれたので美由紀は沢山淫らで恥ずかしい言葉を叫びました。「おじ様・・・・あぁぁぁ・・美由紀いっちゃいそうです・・・!」おじさんは、まだ駄目と言ってとめてしまいます。それを繰り返します。

美由紀はもう気が狂いそうになって「おじ様!!美由紀の淫乱 オマンコは、もう!!!」とか、あまり覚えてないのですがお願いして、おじさんが、激しく動かして後ろから首にかみつかれて、美由紀は逝ってしまいました。終わった後おじさんが言いました「お前は気がつかなかったけど、「おまえの主人がずっと見ていたんだよ」と言われた時、美由紀は自分の顔が真っ赤になるのを感じました。主人が隣に・・・・・。でも次の日、主人が優しく又行こうねといってくれました。やみつきになりそうです・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 768記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。