エッチ体験談が10000話を突破しました。

修学旅行で聞こえてきた喘ぎ声は、片思いの相手だった寝取られ

修学旅行で聞こえてきた喘ぎ声は、片思いの相手だった寝取られエッチ体験談。

高校2年の修学旅行、ホテルは安物だったけど全員ツインルームだったもんで、彼女がいるヤツは同室のヤツに飯おごって出てってもらったりしてた。僕はと言えば飯おごってもらうほうだったんで、毎晩野郎ばかり集まって朝まで飲んで騒いでた。

2日目の夜、男4人で飲んでたら隣の部屋から喘ぎ声が。安物のホテルなんで結構良く聞こえる。隣の部屋はオトコマエで女好きのヤマダともう一人はブ男の部屋だったもんで、コレは絶対ヤマダがヤッてるに違いない。ヤマダは悪い奴じゃないんだけど、自分が女にもてるってことをしっかり自覚した行動を露骨に取るもんで、僕はあんまり好きじゃなかった。しかもヤマダはバスケ部の一年生のマネージャーと付き合ってるはず。コレは面白いってことで男4人で聞き耳を立ててた。

ヤマダの「気持ちいいよぉ」って声にみんなで爆笑したりしてたんだが、女の子の方は「あっ」とか「イヤッ」とか言うだけであんまり良く聞こえなくて、誰なのかは全然わからなかった。30分くらいで終わっちゃたんだけど、当時AVもロクに見たことなくてもちろん童貞だった僕は初めてこういうの聞いたもんで、えらく興奮してシャワー浴びるとか言って3回もオナニーしてしまった。

次の日の夜は僕と、昨夜のことを聞いてたワタナベ、そしてヤマダを含む男6人で飲んでた。2時間くらい経った頃、ワタナベがヤマダの前で昨夜のことを話し始めた。ヤマダは最初は否定してたけど、一年生の彼女にバラすぞ、って言ったらヤッてたことはあっさり認めた。でも相手が誰だったかはなかなか口を割らなかったんだけど、一人がヤマダの彼女に電話しようとしたところでついに白状した。それを聞いて僕は・・・

ヤマダは「里美とやった」と白状した。里美は僕と同じクラスだったかなりカワイイ子で、何よりも僕が片思いしてた子だった!僕と里美は仲は良かったけど里美は僕のことを恋愛対象とは見てなかったみたいで、一年の終わりに告白したときはすごくビックリされちゃって「好きな人がいるから」って言われて振られた。でもその後も普通に友達として仲は良かったし、僕はまだ里美のことが好きだった。

ヤマダが里美としてたと白状して、みんな結構ビックリしてたけど、僕はビックリなんてもんじゃなかった。僕が里美を好きだってことを知ってる奴はその場にはいなかったもんで、僕は必死で平静を装ってその場から逃げようとしたんだけど、なんだかショックで体が動かないほどで結局逃げられなかった。その後ヤマダはどんどん調子に乗って色々と喋りだして、僕は聞きたくないと思いながらも全部聞いてしまった。

一日目の夜も一緒にいたこと、その日の夜はヤマダが里美にフェラしてもらったこと、それは何故かって言うと里美は処女だったもんで一日目はうまくいかなかったこと、つまり僕が聞いた2日目の夜は里美の初体験だったってこと、里美はヤマダに彼女がいるのはもちろん知ってたけどそれでもヤマダとしたこと・・・

結局僕はヤマダの話を全部聞いてしまった。あの女好きのヤマダと里美がSEXしてたっていうショック、しかも里美は初めてだったってことに対する嫉妬、それを隣の部屋で聞いてて、しかもそれを思い出しながらオナニーまでしてしまった自分に対する嫌悪感、それに飲みすぎたビールのせいもあって僕はものすごく気持ち悪くなって、やっとのことでその部屋から逃げ出してホテルの外に出て、今までこんなに吐いたことないってくらい吐きまくった。

その夜は寝れなくて修学旅行最後の日は最悪だった。その日はクラスごとにバスで移動して観光だったんだけど僕は体調が最悪だったし、何より里美を見ることすらできないような状況で、一日中バスの中にいた。そしたらみんなが帰ってきたときに里美が心配してお茶買ってきてくれて、でも僕は里美の顔も見れないし話もできないし、とにかく最悪だった。もう死にたい気分だった。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!