エッチ体験談 13,000話 突破!!

とうとうピザ屋に露出しちゃった…

とうとうやっちゃいました…、宅配ピザ屋さんに露出…。    昨日はバイトが休みだったんで朝からずっとインターネットしてたんですけど、    露出体験の告白のサイトを見ている内に何だか我慢出来なくなって…。

特に宅配ピザの男の子に露出したりする告白はすごいですよね。    私もいつもは露出の想像でオナニーしたりするんですけど、実はいつか実際にやってみたいと思ってたんです。    昼前、私は早速色んな準備を始めました。まず玄関の邪魔な荷物をどけて綺麗に掃除しました。

(これからここで私はとんでもなく恥ずかしい事をするんだ。。。)    そう思うだけで、もうおまんこがじわっと熱くなっていくのがわかりました。    そしてすぐ全裸になりました。さすがに冬なのでかなり寒かったんですけど、それでも欲求には勝てません。    次に実際に露出の練習をしてみました。ここのスレにも書いてあった、バスタオルストン!ってやつです。

私は色々考えて、出来るだけ体から落ちやすい様に重たい素材の、そして少し丈の短い物を選びました。    このタオルがまた丁度良くって、おっぱいを隠すと陰毛が、また陰毛を隠すとおっぱいが…、    という絶妙の長さなんです。だから本当にギリギリです。タオルを巻いたままでも十分いやらしい感じで。    それでもどうしても、ストン!がやりたかったんで、タオルの結び方、そして緩め方も練習しました。

この時点で私のおまんこはもうぐちゅぐちゅに濡れてしまってました。クリトリスも剥き出しの状態です…。    そしていよいよピザを注文しました。いつも取ってるピザ屋さんはやはり避けて、初めての所にしました。    電話口にはおじさんが出ました。私はアメリカンベーシックのMとアイスクリームを注文しました。

この時私の心臓は急に、どんっ!どんっ!と音を立てて、声も少し震えてました。こんなの初めてでした…。    ピザは40分くらい掛かるらしかったので、私はその間にお風呂で頭の中を何度も整理しました。    (いよいよ、露出する時が来た。。。どんな子が来るんだろう。。。一体どんなに気持ちいいんだろう。。。)    シャワーを浴びながらすごく興奮していました。乳首はもう痛いくらいに反り返って、おまんこはじんじんと熱くって。

その時はオナニーする余裕なんて全くなかったです。でもオナニーよりももっとすごい快感を全身で感じていました。    何もしなくても想像だけで自然に喉の奥からあえぎ声とも何とも言えない様な声が洩れて来るんです。    「…ああぁ…、ん…は…はぁああん…、んはっ!…」

体の内側や喉元、本当の意味で私は全身に快感を覚えていました。    そしてそんな状態が暫く続き、そろそろかなあと思い始めたその時、インターホンが鳴りました。    …ピーン、ポーン…    私は飛び上がる様に腰を上げてお風呂の扉を開けました。そして全裸のまま玄関へ向かってドアの穴から外を覗きました。

そこには緑色の帽子を被った20歳くらいの真面目そうな男の子がキョロキョロとしながら立っていました。    私は心の中で、やった!と思いました。彼のその大人しそうで少し年下といった風貌に少し優位な気分になりました。    (ああ、こんな男の子を待ってたの。。。この子に私の裸を、恥ずかしい姿を見せてあげたい!見てもらいたい!)    そう思うと、また全身が震え上がる様に興奮してきました。いっその事、そのままドアを開けたいくらいでした。

でもここは落ち着いて、告白サイトの内容を思い出しながら対応しました。    「はいー。」    『ピザ○○ですけど』    「あ、ごめんなさい。ちょっと待って下さいね」

『…』    やっぱり私の声は半分上ずっていました。でもそんな事は全然不安ではなく、むしろそれがより自分の興奮を高めました。    私はすぐに用意していた例のバスタオルを体に巻きました。結び目は結局作らず、左の脇と腕で挟むだけにしました。    そして姿見に自分の姿を映してみました。髪以外はまだ殆ど濡れたままで、全身からは湯気がもくもくとあがっていました。

(まるで自分じゃないみたい。。。なんていやらしい姿なの。。。)    がくがくと小刻みに震えている足で私は玄関に向かいました。心臓の、どん!どん!というすごい音が耳の中に響いていました。    とうとう玄関のドアノブに掛かった白い右手は血管が青く透けていて、私は自分自身に何か病的なものを感じ、震えました。    そしてこの時、初めてはっきりと自分の事を、変態だと思いました…。

…ガチャ…    間髪を入れずに男の子はドアの隙間からこちらを覗き込む様に全身を寄せてきました。    私は怪しまれない様にすぐ、しかし明らかに震える声で言いました。    「あ、ごめんなさい。…ちょっと、お風呂入ってたから…」

彼は、ハッ!とした様子で目を丸くしてバスタオル姿の私を見、そしてすぐに視線を下としました。    (ああーん。。。もっと見て!しっかり見てぇ!)    中に入っていいものかどうか躊躇している彼を私は入ってくれる様に促しました。    そして彼の後ろでドアが自然にガチャと閉まりました。するとすぐに商品を取り出そうとしています。

彼はどうやらこの状況に本当に動揺している様子でした。さっさとお金貰ってすぐ帰ろうというような感じでした。    でもそれでは私は満足出来ません。少し大胆だけど、すぐに行動を起こそうと思いました。    私はまずタオルを少し下に下げて、いきなり片方の乳首を露出さたんです。そして全く気付いてない振りで床に膝をつきました。

彼は荷物を袋から取り出しながら商品説明を始めます。    『ええ〜っと、こちらがアメリカンベーシックになります…』    と彼がそれを床に置こうとした瞬間、その目は確実に私のピンク色の乳首がバスタオルから出ている事に気付きました!    彼の動きが一瞬止まっています。乳輪ごと丸出しの乳首にその視線が止まっています!    (あ〜ん、もっとー!もっと見てー!!私の乳首をもっと見て!!)    気が狂ったように脳内でそう思っていた私ですけど、表情はあくまで冷静に装っていました。    乳首を露出させたままで床に置かれた興味もないピザの箱を触っていました。

彼の行動は明らかに変化していきました。急にそわそわと袋の中の商品に触れながらそれをなかなか出そうとしません。    そして確実に私の乳首をちらちらと何度も何度も盗み見しているんです。    私の乳首がみるみる変化していきます。まるでそれ自体が生き物の様に勃起していくのがわかります。

(あああ!あ〜ん!)    そしてお尻の割れ目から生温かいお汁が次々じわ〜と溢れてきます!それだけでイキそうでした!    彼は何とか次の商品を取り出しました。    『ええ、こ、これ…、アイスクリームです』    その声は完全にさっきとは違って動揺を隠せていません。しかしその時も彼はしっかりとまた乳首を盗み見しました。    「はい、ありがとう」

『ええっと…、2,050円になります』    「はーい、ちょっと待っててね」    私は恥ずかしくなって彼の顔を直視出来ないまま立ち上がりました。その時!何と私の股間から、くちゅっ!という音が出たんです!    顔面がみるみる真っ赤になってしまいました。彼は果たしてそのおまんこの濡れた音を聞いたんでしょうか…。    私はもう逃げ去る様にお金を取りに行きました。

背後に感じる彼の視線が痛いです。しかしそれでも私は本当に腰が抜けそうな程の興奮を味わっていました。    耳の中ですごい音を立てっぱなしの鼓動。視界も何だかぼやけている様な状態でした。    財布のある部屋にたどり着くまでが異様に長く感じられました。そして何も考える事が出来ないまま財布を持って玄関に戻りました。

片方の乳首はまだ露出させたままです。彼の視線は再び乳首を捉えていました。    全く私が気付いていないと思っているんでしょう…、もう全然遠慮の様子がありません。    その時、彼の股間が少し膨らんでいるのを私は確認しました。

(ああ、あのズボンの中はどうなっているんだろう。。。彼、おちんちん、勃起させてる。。。ああ。。。)    そしてここから欲求は一気に爆発しました。    「ええ〜と、いくらだったかな…」    私はそう言いながら床に置かれた伝票に近づき、しゃがみ込んだんです。

と同時に彼も靴脱場で条件反射的に伝票に近づき、しゃがみ込みました。    横手にある伝票を首を伸ばして見ながら少し震える手で財布のお金を確認します。    しかし体は正面、つまり彼の方を向いたままです。しゃがんで、足のつま先だけでバランスを取っている状態です。

この時私は興奮の為、ふ〜、ふ〜という鼻息を抑える事が出来ませんでした。    そして少しずつ、少しずつ足を開いていったんです。視線はあくまで財布の中に向けたままで。    (ああ〜ん、私のおまんこ、おまんこに風があたってる〜)    私は彼を横目で確認しようとしました。するとその時、またさっきの様に股間から、くちゅっ!という音が出たんです!    その瞬間、彼は完全の私の股間に視線を移しました!そして、はっ!と口を大きく開けてしまいました!    今、私は今日初めて出会ったこの男の子に、乳首だけでなく、とうとうおまんこまで見せてしまったんです!    彼は大きく空けた口をぎこちなくゆっくり戻し、しかし視線はしっかりそのままで、間近でおまんこを凝視しています!    しかもその私のおまんこはぐちゅぐちゅに濡れた、更にクリトリスまで剥き出した、余りにいやらし過ぎるおまんこです。

私の心臓は本当に口から飛び出しそうな程でした。そして全身がぶるぶるぶるぶると震え始めました。    「あぁぁう…、は、はい…、2,050円ね…」    急に恐くなり、私は咄嗟にお金を出しました!    彼は慌てふためいた様子で視線を戻し、全く無言お金を受け取ります。お互いの手がぶるぶると震えています。

それでもこの状況に異様な程の快感を感じていた私は、最後にとんでもない行動に出ました。    それはお金を渡し終えた、その瞬間でした!    「きゃっ!!あああ〜!!!」    私は不安定な体勢のバランスを崩してしまった振りをして、後方へひっくり返ったんです。しかも大きく足を広げて!    更にその時、どさくさに紛れて体に巻いたバスタオルまでも剥ぎ取って、全くの全裸になったんです!    私は生まれたままの姿、本当の全裸を彼に晒したんです!    彼はもうあっ気に取られた様子でした。でも確実に私の大きなおっぱい、そして大きく開かれた股間をあっちこっちと見ています。

『あ…ああ…』    私はまだ演技を続けました。彼に向けて両足をピーンと大きく左右に開きっぱなしで、    「ごご、ごめん!…ごめんごめん!ああ〜ん」    動揺してしまって何をどうしたらいいのかもう分らなくなってしまった、という演技を続けたんです。    こんな状態どう考えてもおかしいんですけど、それでも私は殆どイキっぱなしの様な快感に襲われていて、    どうしても、裸をすぐに隠すなんていう勿体無い事は出来ませんでした。

頭の中がクラクラとしていました。本当に味わった事のない、最高の快感でした。    僅か10秒くらいだとは思うんですけど、私はその10秒の快感の天国を存分に味わいました。    ぐちゅぐちゅになってしまったおまんこをまじまじと見つめている彼の姿を、今度は私が遠慮なく凝視していました。

「あっ!ああぁぁぁ〜ん!!!」    そして私は恥ずかしそうに右手で股間を隠す振りをしながら、どさくさに紛れておまんこの中に指を入れてしまいました!    グチュ、グチュグチュ…クチュクチュ…    玄関の狭い空間にいやらしい音が大きく響き渡りました。    彼はそんな私の姿をすごい表情で十分に堪能した後、さすがにもうやばいと思ったのか、    『あ、ありがとうございましたぁぁ…』    そう言ってドアを開けて出て行きました。

「あ…、ごめん!…ごめんねぇ、ご苦労様…、あ、ありがとう…!」    震えた声で叫ぶ様に私はそう言いました。    …ガチャ…    無機質なドアの閉まる音がしました。

(ああっ!とうとうやっちゃった。。。とうとうこんな事やっちゃった。。。でも、気持ちいい!気持ちよ過ぎるよぉ!!)    少しの罪悪感とは裏腹に興奮は一向に収まりそうにありませんでした。    私は我慢出来ず、玄関の鍵を開けっ放しでその場でオナニーを始めました。    「あああーーーん!!!あああーーーん!!!イク〜!イクーーーーー!!!」

とんでもなく凄い大声であえいでいました。    もう外で誰かが聞いていても、たとえ誰かが急に入って来ても構わないと思いました。    私は靴脱場の地べたに滑り落ち、おまんこに指を何本も入れながらすぐにもの凄い絶頂を迎えました。

全身が、ビクンッ!ビクンッ!…と何回も何回も大きく跳ね上がりました。    そして数分後、私はようやく正気に戻ったんですけど、暫くは放心状態でした。    近い内に、またやりたいと思いました…。

コメントを残す