彼に頼まれしぶしぶ体験したレズプレイで覚醒してしまいました…

PR

24歳です。今付き合ってる彼(あ、もう過去かも)からいきなり、レズが見たいって突然の事に「何言ってんの?正気?」 彼はしつこく 「いいだろ1回だけだから」って あんまり言うんで1回だけならって・・・。

彼ちゃんと用意してたみたいで3日後の午後その娘と逢いました。 雑誌の中にいるような娘で名前はチカ。まあ本名かどうかはわからないけど。 逢うと。とってもいい娘で・・。

彼の見てる前で抱かれました(抱かれてって言うより支配されたかな?) 舌の動き今まで経験した事がないくらい・・。 何度も声上げました、 心じゃなく身体奪われました(こんな若い娘に・・。って思っても身体は正直でした。。、 今も続いてます。こんな若い娘に・・。

本人は言わないけど15〜6かな。 彼の前で抱かれた後、こっそりアド採られて・・・。チカちゃんに抱かれた後、興奮した彼がしてきたけど、直前までの快感とは比べようもなかった。

そんな私をチカちゃんは、唇に微笑みを浮かべながら見てました。きっと私の心の中わかってたんだと思う。その夜、ベッドの中で寝られずにいたらメールが。

(今日のゆうこ素敵だったよ。あんな可愛い声出すんだ。指1本でもキツイくらい締まるしジュースも多いんだね。ひょっとして今、思い出してる?でも自分でしちゃ駄目だよ。ゆうこを導くのはチカだけなんだからね。

乳首の横に付けたマークが消える前に又会いたいな。○○抜きで二人だけでねチカ)あわてて寝巻きはだけて見ると乳首の横に赤い印が・・。メール読んでるときから固くなってた乳首にまるでマーキングのように・・。しばらく躊躇ってましたが返信しました。

(私も逢いたい)って。 間髪をおかずメールが。 (明日19時○○駅前のミスドで。) 一方的な通告でしたが、逆らえない私がいました。19時にミスドに行くとチカちゃんはもういました。

一番奥の席に制服のまま。 私を見つけると、ちょっと首をかしげながら手を振りなした。 引きずられるように席に着くと「会社帰りのゆうこも素敵だね」

って、手握られながらじっと目を見て言われます。それだけで心臓音聞こえるんじゃってくらい・・・。 気がつくと公園のベンチでした。

明かりのあまり届かないベンチでチカちゃんに腰抱かれてました。 呪文のように囁く声に首何度も縦に振ってました。 何を言われたか覚えてないんだけど、「行こうか」って言葉だけは耳に残ってました。

「行こうか?」って言われて行ったのは、私の部屋でした。 「ふーん、セキュリティーもしっかりしてんだ。」 玄関・エレベーター・ドア、すべてをまるで侵入者のように見ながらチカちゃんが言います。

ドアを開け、中に入ると、いきなり後ろからギュって・・・。 「ゆうこ判りいい。欲情が匂いになって出てる・・・。」って、耳たぶを甘噛みするんです。

右手で胸を、左手であそこを、じれったいくらいにやさしく触るんです。 玄関で靴も脱がずに高まっていきました。そのうちチカちゃんの指がショーツの中に・・。

濡れてるの判るの恥ずかしかったけど、クチュクチュって音出てきて。。、 立ってられなくなるのと、逝くの同時でした。その後、キッチン・トイレ。お風呂最後にはベッドで散々イカされました。 「ゆうこがいつも私の事思い出すようにね」

って。 不思議なのは、私は真っ裸なのに、チカちゃんは制服着たままなんです。 後でわかったんだけど、チカちゃん、中学入試のときの家庭教師の先生(女性)にしちゃったんだって。

初体験は小5、ネットで知り合ったおじさんだって。丁寧にしてくれたから快感を覚えたって。でも、だんだん受身から、攻める快感に・・。で、家庭教師の先生に仕掛けたんだって、まだ処女だった先生イカせた所から今のチカちゃんが形成されたんだって、だから、私との時、(彼氏さんより感じさせてやれ!)って思ったんだって。

チカちゃんに散々、いろんな所でイカされて、最後には唾飲まされて、精神的な支配受けました。 耳元で「逝く時はチカって言うんだよ」 「唾下さいって言える?」

すべて首縦に振ってました。チカちゃんの指魔法の指です。そして、声も。

こうしてる時でもチカちゃんの支配続いてます。 彼とは、付き合っているって言えるのかな? 一応映画にいったりショッピングしたりはしてます。でも、身体の関係はあれ以来1回きり。 身体が求めないってのか、したいって思わなくなった。 私だって生身の女性ですから、以前は身体が(抱いて欲しい)って思う時あったよ。

そんな気持ちが湧かない。と言うより身体が欲しない。 身体だけじゃなく頭も心もかな?チカは私の事玩具にして喜んでるみたい。 以前聞かされたんだけど、エリートぶってたり、生意気な女性、それも絶対人に頭さげるの嫌!って女性を堕とすのが好きなんだって。

男性じゃなく女性から、しかもまだ若い子供のような女性から身体も心も堕とされ跪かせるのが最高の快楽なんだって。 私の場合は彼の前で彼以上の快感を与えたかったんだって。ちょっとは抵抗あるかと思ったけど、あっさり堕ちちゃったんで拍子抜けしたみたい。

「でも、いろんな事試せて楽しいよ」って。この前は、散々イカされた後ヘア剃られて・・。 「ゆうこ、いくつぐらいからオナニーしてるの?」

「好きな娘はいなかったの?」 「オナニーする時は何考えてする?」 「私の舌思い出して濡れた事ある?」

矢継ぎ早の質問されて、 「そうだ、いい事考えた」って。 会社の制服に着替えさせられてトイレにつれていかされた。 「会社のトイレだと思って、オナニーしてごらん」

一瞬躊躇ったけど、便器に腰下ろしました。はじめはショーツの上から。やがてショーツの中に手入れて・・。ヘアが無いのが妙な感じで、でも新鮮な感じで指うごかして。

「ふーん、ゆうこって、そんな感じでオナニーするんだ」 気がつくとチカが傍で見ています。 「仕事中なのにトイレで私の事考えてするんだ。」

会社の制服着てトイレでオナニー。 本当に仕事中している錯覚に陥り、声漏らさないように上り詰めました。 「ゆうこって可愛いんだね」

手をひかれて連れて行かれてのはデスクの前でした。 「今度はここ。デスクワークの最中だよ」って、またオナニーさせられました。

台所では「給湯室だよ」って。 洗面所では「更衣室だよ」って。 何回もオナニーさせられて、現実との区別がつかなくなっちゃいました。

最後には、立ったままのチカの前に跪いてスカートの中に頭を・・。 考えたら、彼の前でした時もそれからもチカに責められるばっかで チカにした事無かったって急に思い出した。ショーツを下ろして一生懸命舌動かす私に、スカートをたくし上げ「ゆうこは誰のモノかな?」

頭上からの声に「チカのモノ、チカだけのモノ!」って夢中でチカのあそこに口中で奉仕しました。その夜ひとりでベッドの中で「チカのモノ」って言った私は本当の私だったのか それとも快楽に流されて出た言葉なのか? 考えながら、それでもあそこは熱く火照ってました。

彼からは「もう1回だけレズ見せてよ」って言われました・ での、「1回だけって約束でしょ」って逃げてます。もちろん今のチカとの事なんか想像もつかないでしょけど・・。

チカとの事があった翌日、朝からメールがありました。 「今日、会社のトイレでオナニーするんだよ。逝く時はチカって言って。」 出来ないって思った。

すぐにメールが。 「出来ないかな?でもいいよ。できないなら。」って会社で仕事に追われてると「した?してないな。いいよ。しなくても・・。」って。

正直、するもんかって思ってた。での、昼休みになると身体の芯からマグマが湧いてきて、トイレに入ったの。 見越したようにメールが。 「ゆうこのイク時の顔思い出してる。逝ったら返事頂戴」

もう我慢できませんでした。その夜、ネットカフェのツインのブースでエッチな画像見せられながら、チカのモノになった。 私って、どうなるんだろう。こんなにエッチだったの? 快楽と引き換えなら、こんな若い娘にされてもいいの? 自問自答しました。

結果、わかりません。チカの愛撫に身悶えて、大きい声上げてフィニッシュ迎える私です。チカが言います。

「ゆうこって本当にMだね。」って。そうです。でもいいんです。与えるより与えられる方が楽なんです。チカに従ってるほうが楽なんです。

中3の女の子から支配されてる24の女性です。チカの指が入ったまま2回3回って絶頂を迎える事に抵抗なくなってきた。それどころか、望んでる。

チカが言います。 「映画館や電車でゆうこ責めたい」って。そんな言葉に股間濡らしてる自分が怖い。

チカは私を甚振るのが好きみたい。私の口からの言葉好きみたい。それもいやらしい言葉とかじゃなく、真実の言葉が好きみたい。 耐えかねて発する言葉好きみたい。

この前観覧車に乗りました。 私K州のK県に住んでるんだけど、新幹線の駅に隣接してる複合施設の・・。ゴンドラの2つがスケルトンなんです。

1周20分くらいかかる長い観覧車なのね。 乗ってすぐ「一番感じる事想像してオナニーして」って。 天使のような微笑で言われたら我慢できないよ。

観覧車でいきなりオナニー見せてって正直焦りましたが、逆らえない自分にも気づいていました。ショーツを取られ、座席に足乗せて・・。

「さあ、一番感じた事思い出してしてごらん」って、私の目じっと見ながら言われた。 催眠術にかかったみたいに指動かすと「何考えてるか口に出して言ってよ」って。

「チカに私の部屋の玄関で服着たまま・・。」 途切れ途切れに答える私を、口元に微笑み浮かべて「ゆうこは本当にエッチなんだね、そんな事考えて指動かしてるんだ。」って。 私の大きく開いた足の間にしゃがみ込んで「このゴンドラ」スケルトンだから全部見えちゃうね」って。

たしかに上を見れば青空の下に上のゴンドラ、下見れば横になれば見えちゃいそうなゴンドラがならんでます。 「ほら、大きい声出して逝ってみて。」チカの言葉に抵抗するすべもなく、あっと言う間に「チカ!」

って、逝ってしまいました。そんな私の隣に座ったチカが、優しく髪をなでながら「本当にゆうこって可愛いね。」ってキスしてくらます。ゴンドラが着く直前までキスされて、降りた時には足、ふらついてました。

ふらつく足で連れていかれたのはショッピングモールの靴屋でした。 「ゆうこに似合う靴選んであげる。」いくつかの靴選んでくれて試着(?)です。

足の高いストゥールに腰掛ていくつかの靴店員さんに試着されました。 「これ似合うよ。これはいまいち。」とか言いながらチカがスカートをたくし上げるんです。ストゥール、足高いし店員さんしゃがんでるし、(見えちゃう) 店員さん気づいてたと思う。

靴、選んでもらって、連れて行かれたのは身障者トイレ。 「ゆうこってわかりやすい。興奮してくると目の周り欲情サインギンギンだもん。」 後ろから胸触りながらチカが言います。

「さっきの店で濡らしてたでしょ。」チカの指がスカートの中に入ってきた時、ショーツを取られたあそこは音を立てるくらい潤ってました。そのまま鏡の前で自分の逝く姿を3度も見せられ、ブラも取られた格好で外に出ました。

興奮が冷めないまま、ブラウスに擦られ、乳首は立ったまま、ショーツ着けてないスカートの中は火照ったまま。そんな格好のままショッピングモールから出ました。 次に連れて行かれたのは川の辺にある公園。

地元では結構カップルの集まる場所で有名なとこなんです。ベンチに腰を下ろしてしばらくすると、周囲の状態が把握できます。あっちのベンチでキスしてるカップル。

こっちの芝生じゃ触りあってるカップル。そんな中、女性同士のカップルなんてどこにもいない。そしたらチカが時計見ながら「そろそろいいかな。」って、私の手引いて立ち上がりました。

公園の一番奥にある女性用のトイレでした。 身障者用のトイレに入ると、ドア閉まらないようにドアに石挟んで。いきなりキスされて、胸触られて・・・。

気がつくとドアの隙間に何人もの目が・・・。 「いいよ、入って来ても。でもお触りは駄目だよ。」って、初めて聞くチカの野太い声。 大勢から見られながら何度も逝きました。

「あの娘、可愛い顔してるのに、いい声だすね。」 「腰あんなに動いてる。」 「美味しそうに唾のんでるじゃん。」

いろんな声聞きながらチカにしがみついてました。 土曜日だったせいもあって、地下が初めて泊まってくれたんだけど、 「あんあに大勢の女に見られて逝くなんて、ゆうこ、やっぱ変体だよ。」 「本当は別の娘に、触られたかったんじゃない?」

「あのままトイレに放置したらどうなったかな?」いろいろ責められて、結局眠りについたのは朝日が昇ってからでした。 今、チカの指示で自分で触りながら打ってます。

観覧車の一件があった後、しばらくしてチカに温泉に連れて行かれました。 温泉って言っても最近はやりのスパリゾートみたいなとこ。 朝から温泉三昧で、お昼ご飯食べた後しばしの休憩。

お肉に魚、もうお腹いっぱい。 大広間の角で横になってたんだけど、チカがしかけてくる。 見えないようにショーツの上から摺りすり。

半分寝ぼけながらも逝きました。やがて、手を引かれて又温泉三昧でも、違ったのは最後に連れて行かれたのがサウナ。 誰もいないサウナのすみでチカの指が全身這ってきます。

足大きく広げられ、キスされながら・・。サウナのドアが開き、女性2人が入ってきました。ビックリして足閉じたんだけど、その2人は気にする風もなく入り口に近いとこに座った。

チカはやめる事なう、ってか、前よりまして触ってくる。チカの耳元で「声出ちゃうよ。やめて。」って言うけど、やめてくれない。だんだん、近づいてくるの。

「だめだよ、我慢できないよ。」チカに懇願しました。チカは笑いながら、「いい声、きかせてあげなよ。」って。

入り口の方を見ると、2人連れも触りあってます。そこで気づいたんだけど、1人はチカと同じ位の女の娘。もう1人は私より上、30歳位でした。

我慢できなくなって、(もういい!)って大きな声で「チカ逝く!」って逝った後、我に返ったら、その2人もすごかった。 「はるか逝かせて逝っていい?逝くよ逝くよ!」 全身痙攣させて逝ってた。

チカが、 「ゆきの方が手に入れてるね。」って。 何のことかわかんなかった。 後で分かるんだけど、2人で競ってたんだって。どっちが、自分の好みの女性手に入れるかって。

スパから出ると、駐車場にゆきと呼ばれた娘とイクときに自分をはるかって言ってた女性がいました。チカはゆきになにか話しかけると私の手ひいて車の後部座席に乗り込みます。

私でも分かるような高級車だった。 運転ははるかさん。助手席にゆき。 後ろも向かずにゆきが「こっちがはるか。あなたがゆうこさんね?」って。

思わず「はい。そうです。」って敬語使ってた。 運転中のはるかさんのスカートの中にはゆきの手が・・。 時折、甘い声だすはるかさんがやがて「もう、駄目だよ。」って。

「だったら、どうするの?」 優しい声でゆきが言います。 何回か同じ台詞が繰り返された後、 「でも、今日は後ろに・・・。」

か弱い声で哀願するはるかさんに「だから行くのよ。わかった?」って最後通告するゆきでした。 車が入ったのは高台にある結構有名なホテル。 慣れた様子でチェックインをすますと、最上階の部屋に。

部屋に入るなりゆきがはるかさんベッドに押し倒すと「脱いで。」って。おどおどしながらも、はるかさん全部脱いだ。ゆき、はるかさんの上に被さるように耳元で何か言ってます。

その度はるかさん、首振ってましたが、そのうちコクンって。ゆき、はるかさんの後ろに回ると両膝を広げるんです。ビックリしたのは、はるかさんのあそこ、もう光ってるんです。

ゆきの指がゆっくりクリをなぞると、はるかさんの口からため息が・・。 「気持ちいいんでしょ?」ゆきの問いかけに「気持ちいいです。」

って。中学生に人妻(後からわかった)が指1本で支配されてる。 私たちに見せ付けるように、指1本だけで追い込みながら、ゆきの瞳は私をじっと見てた。 気がつくと、ショーツの中にチカの手が入ってた。

そこはもう大変な事になってるの分かってたけど、チカがわざとの様に音たてて・・。 何回も逝かせて、ぐったりしてるはるかさんベッドに置き去りにして、ゆきが近づいてきた。 私の唇に触れるまで顔を近づけてきた。

耳元でチカが「キスしたい?」って意地悪く聞くんです。 首振ったけど、実際はチカの指で最後が近づいてたから、どうでも良かった。と、言うより唇が寂しかった。

「キスしたいんでしょ?」とどめ刺すように言われた時、唇が触れてた。 「どう?私の?いいキスするでしょ?」

ショーツの中で指動かしながらチカがさきに言います。さきに舌吸われながら逝きました。チカの指でイカされても、ゆきのキスは止まりません。 「ゆきってば、しょうがないな。今回だけだよ。」チカは困ったような、それでいて半分微笑ながらソファーから離れました。

ゆきはすかさず私のショーツに手を入れると、的確にクリ責めてきます。 舌絡めながらの刺激に出口を失った声が喉の奥に溜まります。 息苦しさに口を離すと、いままで溜まっていた声が堰を切ったように・・・。

「チカが言うとおり良い声で啼くんだね」 私の目見ながら指を浅く入れてきます。 感じる場所を探すように、ゆっくりと動かす指に声が止まりません。

やがて、私の一番感じるポイントを見つけ「ここなんだ。ほら。」ってゆっくり圧をかけてきます。ゆきの肩に顔埋めて抱きつく私のアゴに手を添え顔を上げさせると「逝く顔見せてよ。いやらしいゆうこ。」って。 「女の子に、それも中学生に服着たまま逝かされるんだ・・。」

言葉で責めてきます。でもそんな言葉が快感を倍増させます。 「そうだ、逝くときはゆき!って言って。」 首を左右にふりますが、もう限界でした。

「駄目逝く!」 指の動きが止まります。 「違うでしょ。ゆき!でしょ。」

物欲しげに動かしていた腰に新たな刺激ご加わります。 何度かのやりとりの後ふとチカの方を見ると、妖しい微笑みで私を見ています。 「チカごごめんなさい・・。駄目逝く!ゆき!ゆき!」

腰痙攣させて、大きな声出して逝っちゃいました。 「可愛いね。」ゆきが私の耳元で囁きます。そうしながらも、指の動き止りません。

前よりも激しく指動かしながら、親指でクリ刺激するんです。 「駄目又逝っちゃうよ。」そんな私の顔を自分に向かせると、 「ちゃんと私の顔みながら逝くんだよ。」って。

もう、抵抗も反発の何もできない状態のまま、ゆきの瞳見つめて「逝く!又逝っちゃう!ゆき!ゆき!」 絶頂を迎えゆきに抱きついていました。 気がつくとソファーにすわったゆきの前に跪いていました。

ショーツだけ取ったゆきのあそこはとっても綺麗で(そうか、中学生なんだ・・。)って現実に引き戻された。 「何て言うのかな?」 頭上からの声にキョトンとしていると、 「チカ教えてないの?」って。

振り向くとチカ、さっきまでの妖しい微笑みのまま、 「ゆきゆうこには奉仕あんまりさせてないの。」って。 「そっか、じゃあゆうこ教えてあげるね。」 私のアゴに手を添え、上を向かせると。

「ゆうこにゆきのオマンコ舐めさせてください。って言うの。分かった?」ゆきに言われるままの台詞言った後、ゆこが逝くまで舐めさせられました。その間、ベッドの上のはるかさん、チカは何を考えてたのか、ちょっと怖かった。

車で部屋まで送ってもらって、玄関開けたとたんチカに抱きつかれた。 「ゆうこ誰のものなんだ?」って。顔真剣なんです。 「チカだけのものだよ。」答える私ににっこり笑うと、 「よかった。じゃあ。」って帰っていったの。

夜いつもなら来るメールも無し。 不安なままベッドに入ってもなかなか寝付けませんでした。どおいう事か後日分かるのですが・・・。

チカからのメールは2週間ありませんでした。いつもは、チカからのメールに私が返すって感じでした。

でも、我慢できなかった。メール送ると、すぐ返信があった。でも、素っ気無いもの。 「どうしたのかな?欲しくなった?」って、それだけ。

もう、どうでもいいって、「欲しいよ。欲しいです。」って返信した。 返事なかった。 返事が来たのは3日後でした。それも仕事中。

職場に届いたチカからのメールは「下着を取って。今日一日下着付けずに仕事するんだよ。」って。トイレに行って、下着取りました。

幸い制服は、上にベストはおる形なんで、ブラしてないの誤魔化せます。でも、下着付けてないって意識するだけで、乳首固くなるし あそこも湿ってきます。 退社時間の寸前に又メールが届きました。

「制服のまま、この前のミスドに来て。19時ね。」 更衣室で制服のまま帰ろうとする私を見て、怪訝さおうな同僚に「クリーニング出すから。それに今日着て来た服、口紅付けられちゃって・・。」 自分でも訳のわからぬ言い訳しながらミスドに急ぎました。

ミスドに着くと久々に見るチカが笑顔で迎えてくれました。でも、そこにはゆきもいたんです。ここここって感じで自分の隣をポンポンってたたくゆきのとなりに腰降ろしました。

チカと久しぶりに逢える嬉しさが、妙な感じに・・。 「着けてないんだよね?」 笑顔のまま言うチカに一瞬何のことかわからなかったけど、(下着?)って分かったら急に恥ずかしくなった。

コクンって頭下げるのと、ゆきの手が太ももに触れるのが同時だった。ゆきの指は躊躇いなく奥まで進んで来た。 「本当に着けてないんだ。それに湿ってるね。」

耳元に息吹きかけるように囁くゆきに身体がピクンって反応します。 「ゆうこ、ここでオナニーしてよ。」チカの言葉に一瞬耳疑いました。

一番奥の人目に付き難い席とはいえ、大勢のお客がいるミスドです。 出来っこない。首を横にふりました。 「ゆうこは誰のものだったけ?何でも出来るって言わなかった?」

チカの言葉が追い込みます。 周囲を見渡し、誰もこっちを見てないの確認して恐る恐るスカートの中に手入れました。 触れた途端、電気が走った様な快感が全身を貫き、何よりびっくりしたのは、あそこが十分潤ってた。

「いやらしいね。こんなとこでもオナニーするんだ。」 「ほら、みんな見てるよ。」ゆきが耳元で囁きます。そうしながらブラを着けてない乳首をギュって挟んだんです。

その瞬間、足をピンってのばして逝っちゃたんです。 声、ちょっと出たかもしれないけど、幸い店の雑踏にかき消されてバレなくてすんだみたい。 「よく出来たね。」

チカの言葉に、小学生の時、金賞を取ったときの感じが蘇り、甘えたい気分になってきました。 3人で私の部屋に着きました。 「ここがチカとゆうこの愛の巣か?」

ベッドにバタンって倒れ、匂い嗅ぎながらゆきが言いいます。 「あっ、ゆうこのスケベな匂いがする。」からかうゆきに「してないもん。違うもん。」

およそ年下に言う言葉じゃありません。言った後、顔真っ赤になった。 「今日は、ゆきがもう一度だけゆうことしたいって言うから、最後だよって事で連れてきたんだ。」ちかが言います。

「何で?チカいいの?嫌だよ。チカの前でなんて。」 抗議する声無視して「もう、決めたことだから。」 冷たく言い放ちました。

「さあ、こっちこっち!」ゆきに手引かれベッドに引き入れられました。 手馴れた様子で服全部脱がされるとゆきも全裸になり覆いかぶさってきました。

チカを見ると笑ってもないし怒ってもない。何か複雑な顔で見ています。ゆきの唇が重なってきます。はじめは啄ばむように。やがてゆっくり唇をなぞるように。 舌先で私の唇確かめる様に、そして口の中に進入すると私の舌絡め取るように動くんです。

(この娘、キス上手。上手すぎる。) 舌先絡め取られながらゆきの太ももは私のあそこを圧迫してきます。 左手で耳たぶ、右手で乳首。全身からの刺激に、キスされながら軽く達しました。キスしてた舌は乳首に降りて行き、そこにも歓喜のザワメキを起こします。

どれほど経ったのか、ゆきの舌がクリに到着する頃には、憚りのない声上げてたと思う。クリを舌でぺロって舐められた瞬間「逝く!」って・・。 何度も何度も逝かされた後、上体を起こされ、チカに向かって足大きく広げられた。

後ろから抱かれ、乳首とクリ刺激しながら耳元で「チカより良いでしょ。クリも乳首もこんなに起って・・。」ゆきの言葉に首振ったけど、正直ゆきの方が堕とされてるって背徳感があった。 「もうじきでしょ、逝く時なんて言うのかな?」

指入れながらクリ刺激してゆきが言います。 言わせたい言葉は分かってます。チカの前で「ゆき!」って叫ばせたいんです。ゾクゾクと背徳感が襲ってきます。

生まれて初めての女性体験、そこから味わった事のない快楽を与えてくれたチカ。そんなチカの前で敗北の叫びを上げる。 考えただけで全身から集まったマグマが子宮からあそこを通じて放出されそうです。

チカの瞳はすべてを見通したように冷たく光ってます。 「駄目逝く逝っちゃうよ。ゆき!!ゆき!!」 逝ったあと、ちょっと失神したみたい。生まれて一番の快感だった。

ゆきに優しくキスされながら気がつくと、玄関から出て行くチカがいた。あわてて追いかけようとしたんだけど、ゆきが上からおさえつけて・・。 「まだ一杯良くしてあげる。」

ゆきの舌が耳這うと全身から力抜け、何にも考えられなくなっちゃった。 結局、朝まで、声が枯れるまで愛しあってゆきに支配sれるようになっちゃった。ゆきが帰ってすぐ、チカからメールが来た。まるでゆきが帰るのを見てたようなタイミングだった。 「もう、ゆきに染まっちゃてるんだよね。」

で始まったメールにはチカがゆきとちょっとした賭けをして負けて、ひとつだけ言う事聞くこと、そしてそれが、私をゆきに抱かせる事だった事が書いてあった。サウナの後、ホテルでの時から私の事気に入ってたんだって。そして、抱いた時に完全に堕とせたら、ゆきのものになる、って約束までしてたんだって。

「ゆき!ゆき!」ってイカされて失神した姿見て、ゆきに譲る決心したって。メール読み終えて、何か喪失感で一杯だった。メールの最後に書いてあった「ちょっとはゆうこの事、好きになってたのかな?」

が、そうさせたのかもしれない。 堕とす事が好きで、堕ちた後はあんまり興味ないって言ってたチカだったけど、1年近く一緒にいてくれた。チカとの事、思い返すと身体の中から熱くなってきた。

でも、そんなチカの前でゆきにイカされた、って考えるとあそこが潤ってくるのが分かった。ゆきに散々イカされて、身体も心もグッタリしてるのにあそこだけはヒクヒクって・・。 「チカ見て!ゆきにイカされるんだよ。ゆきのものになったんだよ!」

声にしたら、それだけで軽く逝っちゃた。 結局、メール返すこともなく一日中ベッドの中で死んだようになってた。 毎週末、私の部屋でゆきに愛される日々が続いた。

何度もイカされて、最後には「ゆきに奉仕させて下さい。ゆきのおマンコ舐めさせて下さい。」って言わされてゆきが満足するまで舐め続けた。 1ヶ月くらいした時だった、ゆきがチカを連れて部屋に来た。

久々に見るチカは何か雰囲気変わって、普通(?)の娘みたいだった。 「今日は久しぶりにチカにゆうこ見せてあげようと思って。」 上機嫌に言うゆきに、チカは何だか浮かない表情だった。

「さあ、言いつけは守ってるかな?」ベッドに腰おろし私のスカートを捲くるゆきの姿、チカは床に体操座りのポーズで見てる。ゆきの言いつけで部屋の中では下着を着けるのを禁じられたあそこが丸見えに。

ゆきは私のあそこ指で虐めながら、目はチカの方だけ見てた。ゆきは、チカの目見ながら私を責めるんです。

「ほら、チカに見られてるんだよ。」 言葉で責めながら、指の動き早めてきます。チカを見ると複雑な顔で見てます。

心なしか、太もも摺り合わせてるような・・。 何回かイカされた後、四つん這いにされながらチカの方に誘われました。チカの身体が近づくと、チカの息遣いがハッキリと聞こえてきました。

四つん這いの私の顔がチカの膝に触れようかとした時チカの膝がゆっくり開くのがわかりました。 ?何だか判りませんでした。でもスカートの中着けてなかったんです。ゆきに後ろから責められながら、チカとの距離がどんどん近づいて来ます。

ちょっとづつチカの足が広がり、そこに誘い込まれるように私の顔が。 数センチまで近づいた時、濡れて雫が光ってるあそこが目の前に・・。 我慢できずに舌のばして舐めました。瞬間「あっ!」って声が。

いままで聞いたことないチカの声でした。 夢中で舐めてると、何回も腰くねらせて、逝ったんだと思う。 「チカはね、敏感な自分の身体、知られるの嫌で。だから、優子にもあんまり、させなかったんだよ。」

頭上からゆきの声がします。 「私に逝かされてから、ちょっとは素直になったかな?」 続けて言うゆきの言葉も耳に入らないくらい夢中で舐め続けました。

今なで、私の前では女王だったチカが、私の舌で声上げてる、それだけで、興奮しました。 「チカ何て言うのかな?」グッタリしたチカの上に私の身体乗せると、ゆきが言います。

しばらく言いよどんでたチカが「ゆうこ唾ちょうだい」って。しばらく、耳疑った。あのチカが・・。

「ゆうこじゃないでしょ。年上の人なんだから。それに、下さいでしょ。」ゆきが追い討ちかけます。 「ゆうこさん。唾下さい。」

途切れ途切れに言うチカに妙な興奮覚えました。 絶対女王として私の前にいたチカが、今、普通の中学生になっているんです。それも、唾強請って・・。

口大きく開けたチカに唾液一杯垂らしました。 喉鳴らして飲み込んだ後、又口を大きくあけるチカに何度も唾、飲ませた。 「ゆうこ、何してるの、まだまだだよ。」

ゆきの言葉にチカにそっと指入れました。 熱く火照ったあそこ、指動かしながら乳首にキスすると、可愛い声あげて何度も痙攣するんです。 仰向けになったチカの顔の上に跨らせられた。

チカの舌をあそこで感じながら、ゆきがチカのあそこ責めるんです。チカの悲鳴にも似た叫びが私を刺激して、二人して暗い闇に落ちて行きました。 気がつくと、チカと抱き合うようにされてた。そして二人のあそこにはゆきの指が。自然にキスしてた。まるで操られるマリオネットのように・・。

「ゆうこ、唾は?」って、すべて操られるままチカを責めた。 身体だけ震わせて、目も焦点の合わなくなったチカを、それでも責めなきゃいけない自分に妙な興奮も感じてた。ここまでが、過去。そして今に繋がってます。

あれ以来、3人の立場がはっきりとするようになった。ゆきが頂点、その下に私。一番下にチカ。チカは私を「さん」づけで呼ぶようになったし、私を責める事も禁止された。

ゆきは、自分でチカを責めるより、私に責めさせるのがお気に入りでした。 今までと立場が逆転して私に責められるチカを言葉で追い討ちかけるのが好きみたい。この前、私の部屋に来たときは、ミニスカートのチカを連れてきた。

可愛い中学生って感じだった。(実際中学生なんだけど・・。) 「今日は痴漢プレーが見たいな。」ベッドに腰下ろしながら言うゆきに逆らう事なんかできません。 立ちすくんでるチカの後ろに回ると、ミニの上からそっとお尻撫でました。

それだけでピクンってなるチカ。 本当に女子中学生を痴漢してるみたい・・。ミニの中に手を入れてショーツの上からお尻全体を揉みまわすとチカの息が荒くなってくるのがわかった。

クロッチ部分に指伸ばすと、ちょっと湿ってたんです。 「感じてるんだ、エッチなんだね。」 耳元で囁くと両手握り締めて強張ってるチカは、本当に痴漢されてるみたい。

妙に興奮して、ショーツの中に手をいれました。しっとり湿ったあそこ全体手のひらでゆっくりと揉みこむと、 潤みがひろがってくるのがわかります。 人差し指と薬指であそこを広げて、中指でクリを掘り起こしたの。

ピクンピクンってなりながら、声出すの堪えてるチカ見てると私も感じてました。 指を浅く入れながらクリ刺激してると、チカはもう逝きそうです。そんなチカの前にゆきが来ました。

チカの股間で蠢く私の手を確認すると「痴漢されて感じちゃうんだ。それも女性にされて。」チカの耳元に唇寄せて、ゆきが言います。 首を横に振るチカだったけど、私にはわかるんです。

もう逝きそうだって。 指の動きを早めると、チカの腰が揺れ始めます。 前に立ってるゆきの肩に手を置き、顔を埋めてる。

そのままピクンって大きく背中反らせて・・。逝ったみたいです。 部屋の真ん中から、壁に押し付ける形に位置を変えて、痴漢プレー続けさせられた。 正面からチカのショーツの中に手を入れて。

チカの顔見ると、目のふち赤くして、半開きの口からは、荒い息遣いが聞こえます。 唇を寄せていくと、チカの方からキスしてくるんです。 「本当にスケベだね。女の痴漢に逝かされて、自分からキスするんだ。」

いつの間にかゆきが傍に来て言います。その言葉に刺激されたのか、チカの舌がウネウネと動き回り、 腰も大きくグラインドさせてきた。チカの中にある私の指が締め付けられると同時に「駄目駄目逝っちゃう逝く!!」

そのままズルズルってしゃがみ込んじゃった。 次のプレーはトイレだった。 狭いトイレで抱き合って、又逝かせた。

「お姉さん大好き。お姉さんのものにして下さい。」ってプレーにはまり込んで言う(言わされる?)チカを、もっと責めたいって感じ始めてました。 服着たままのプレーは3時間近く続きました。

その間3人とも、来た時のまんま。 違ってるのは絞れば垂れるほど愛液を含んで重くなったチカのショーツだけ。そのショーツのクロッチ部分を口に当たるように被せられ、 立ったままオナニーを命じられ、素直に従うチカはもう、私の知ってるチカじゃなかった。

「チカはスケベで淫乱な中学生です。逝くとこ見て下さい。」 教えられた台詞を躊躇いなく口にして「ゆき!ゆうこさん!逝っちゃう逝く!!」 叫びに近い声だして逝くチカ見ながらゆきの指は私のクリ刺激してました。

チカが逝く姿みながら、ゆきの指で刺激されふと思った。ゆきはチカの事好きなんじゃないか?って。ゆきが私に逝かされるとこ見てる時も自分で触ってたことあるし、 今も私のこと後ろから抱きながら、股間を押し付けてくる。

もし、そうなら私は?2人の刺激剤?そんな考えもゆきの指で消えてしまいました。 「お腹すいたよ。何か食べ行こ。」ボーとしてる3人の沈黙破ったのはゆきでした。

芸もお金もなく、いつものミスドに行きました。この前の席。 「チカオナニーしてよ。」

ドーナツでお腹満たした後、ゆきがボソって言ったの。まるで以前の焼き直しみたい。チカもちょっと躊躇ってたけど、結局ミニの中に手いれました。

ショーツ着けてないのは以前の私と同じ。そんなチカ見ながらゆきは目細めてた。 「声出ちゃう・・。」

か細い声で言うチカに「いいよ出しても。」ゆきは冷たく言うんです。もうどうしていいか分からない私が出来るのは、ただ見てるだけ。

そのうち身体振るわせながら、 「逝く逝っちゃうゆき逝く」 小さいけど、はっきりした声で言いながらチカ逝ちゃったんです。 聞こえてない?って周囲見回したけど幸いバレなかったみたい。

「トイレ行ってくるね。」ってゆきがチカ連れてトイレに行って20分位たった。 帰ってきたチカは目の周囲赤くして、じっと見る人がいたら一発でわかるくらい欲情が表れてました。 「帰ろうか?」

半分強引に席立たされ、部屋に戻りました。 「ゆうこさん、奉仕させて下さい。」 部屋に帰るなり、ベッドに突き飛ばされ、馬乗りになったチカが言うんです。

??? 訳わかんないまま裸にされ、いきなり股間に顔を埋めてくるんです。いきなり凄い速さで舌動かしてきて、すぐに波が襲ってきそう。ゆき見ると微笑浮かべながらみてるんです。

「ゆうこ逝っていいんだよ、久しぶりでしょチカの舌。」 言われるまでもなく、もう限界でした。 「チカゆうこが好きなんだってよ。」

ゆきの言葉にハッとしました。 最後のメールにあった言葉。それが蘇ってきました。 2回逝かされた後、チカが上に乗って私の顔覗き込みながら。キスします。

正直、キスだけならゆきの方が上手なんだけど、その時のキスは違った。いとうしむ様な、優しくて刺激的なキスだった。30分くらいキスしてたと思う。

「はいはいお仕舞よ。」ゆきの声が2人を離します。 「今度はこっち。」

足広げてチカを誘導します。チカもフラフラって、ゆきの股間に顔埋めていくんです。 仰向けになったチカの顔に股間押し付けながら、ゆきが何度目かの絶頂を迎えたのは10時を回ったころだった。

「最近、彼氏さんとは連絡してないの?」 何回か逝かされた後の気だるさの中、私を抱いたままのゆきが聞きます。

首を縦に振る私のあそこに指入れて、 「ここ満足しちゃってるからかな?」 意地悪く聞きます。 「どうなの?満足してるの?」

追い討ちをかけるゆきに「はい。」って答えた。 「はい。じゃ分からないでしょ。ちゃんと言いなさい。」じわじわ追い込んできます。

「満足してます・・。」 答える私に「それだけ?中学生の、それも女の子にされてるんだよ。」しつこく続けて聞きます。

「ゆうこは、中学生の女の子に逝かされて満足してます。」 「ゆきの事想って、いつも濡らしてる24歳のOLです。」 「心も身体もゆきだけの、変態な女です。」

続けて、叫ぶように言う私を笑みを浮かべて見てるゆきに自分から抱きつきました。 頭の中で(女子中学生に支配されてる。)って考えただけで抱きついていないと、身体の振るえが止まらなくなりそうで・・。 「本当にゆうこエッチなんだね。」

何回か逝かされた後、私の顔に跨って、顔全体にあそここすり付けながらゆきが言いいます。 精一杯舌伸ばして奉仕する私を覗き込んで「そのまま、オナニーして。逝く時はチカって言うんだよ。」 ??? 意味わかりませんでした。

でも逆らえません。クリに指伸ばすと、すぐに逝きそうです。 「逝く逝っちゃう。」ゆきの股間に塞がれた口で叫びます。

「逝っちゃう逝くゆき!!」 自分でも驚きでした。 直前まで、チカって頭の中では・・。でも最後に出たのはゆき!でした。

気がつくとゆきの舌が口中を支配して、唾喉を鳴らして飲んでる私がいました。ゆきの身体下から思い切り抱きしめてました。これからどうなるんだろう?でもいい。この快楽は手放すことなんて出来ない。

そんな事考えてた。 続き又

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. クロ より:

    凄く良い話だよ。アニメ化にできたら良いね。男だけど、こう言うのは好きだ

  2. 読んだ感想 より:

    誤字脱字が多々あった

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1196記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。