エッチ体験談 12,000話 突破!!

モロに幼女体型なバスケ部の1年

バスケ部の1年リーダー麻里奈は、身長140ちょいで、髪を二つに分けてお下げにし、 モロに幼女体型。 
1月3日、体育館の掃除に1人だけ呼び出し、朝8時から昼過ぎまでひとりぼっちにし て、体育館の掃除を強要。外からカギをかけて、トイレにもいかせないようにした(ウチの体育館の中にはトイレなし、オンボロ)。 

昼過ぎにチンポを膨張させながら体育館に入ると、泣きながら、しおらしく掃除していた。 「ステージの上、全然きれいになってねーじゃねーか」 と叱ると、ワンワン泣きじゃくり始めたが無視。ステージを雑巾がけさせることに。 

冷たい水での作業なので、麻里奈の手は真っ赤。あの冷えた手でチンポをシコシコ させることを想像しただけで射精しそうだ。 四つん這いになったジャージ姿の彼女。パンティラインがクッキリ。そろそろやるか。 麻里奈をマットのある体育倉庫に連れて行くと、すでに疲労困憊。 マットに押し倒し、いきなり、ジャージの下とパンティを剥ぎ取る。

 「いやっっいーやっセンセーやめて!」 とは言うものの、体には力が入らず、スポーンと下半身が露わに。 色白の下腹部にうっすらと陰毛が、地肌にまとわりつくように、生えている。 「麻里奈は、いつから陰毛生えてんだぁ?」 とエロエロに質問すると 「いやっ見ないで、センセやめて」 と懇願するばかり。彼女におおいかぶさり、かわいい唇を奪い、レアチーズケーキのよ うに柔らかい触感の、誰にも強く揉み潰されたことのないムネを堪能する。 

すると、当然のように息づかいが荒くなる。 「麻里奈はまだ12歳なのに、もう感じてんだ。オマエ、すげーエロ女だな」 と言葉でもいたぶり、指を陰毛に這わせる。そして挿入。 やっぱり。しっかり濡れている。 指を動かし始めると、処女のクセに、気持ちよさげな声をあげ始めた。 これだからC1とのセックスは止められない。 

ジャージごしにボッキしたイチモツを彼女の性器にこすり当てると、 「やめてっやめてっ」 の連発。ズブリと挿入したら今度は、 「イタイッイタイッ。せんせい、お願い、痛いから抜いて…」 なんて懇願してくる。無視してヒッかきまわすと、結局、アンアンと、また声をあげる。 夕方、暗くなるまで、3時間ぐらいヤッていただろうか。合計4回。 

最後は、バケツに排尿もさせたし、陰毛もハサミで刈り込んだし。 バラしてもいいけど、そしたら、こういうこと全部言わないと信じてくれないぜ。 と脅すと、 「センセイのこと好き。Hもしたかった、私Mだから…」だって。 麻里奈の方が一枚上手だった。 

3 COMMENTS

匿名

そんな奴が街の中にのさばっているとは思えない。
其れってただの犯罪じゃん。

返信する

コメントを残す