幼馴染みの家の様子の異変に気づき覗いてみたら…レイプ現場だった…

PR

この話は体験談ではなく目撃談です。 俺の幼馴染にチカって子がいたんだ。幼稚園児の頃から周りから浮き立つほ どの可愛さでね。性格はかなり大人しかったけど、そこにいるだけで人の目を 集める子だった。

小学校高学年の頃には可愛いというより奇麗って感じになっ てて、中学の頃にはチカの色香に狂ってか、やたらと纏わり付く若い男性教師とかもいたよ。 俺が3歳位の時、チカの家の近所に引っ越してきた頃から、俺はチカのばあち ゃんのお気に入りさ。チカが一人っ子だったこともあって、いつも一緒に遊ん でいた。

幼稚園児のころの俺は女の子の遊びばっかしてたなw チカの両親は共稼ぎでいつも家を空けていて、毎日のようにチカの家に行っ ていたのに殆ど馴染みがなかった。 チカのばあちゃんが亡くなる前は半分自分の家のように上がりこんでいたけ ど、亡くなってからは俺がチカの家に上がり込むことはなくなって行った。

ガキの頃は気付かなかったんだけど、俺の両親とチカのばあちゃんとは仲が 良かったんだけど、チカの両親とはあまり折り合いは良くなかったようだ。 というより、チカの両親は近所の人達からどうも白い目で見られていたみた いだ。 だからって訳じゃないけど、ばあちゃんが亡くなって暫くした頃から俺とチ カがお互いの家を行き来することはほとんどなくなった。相変わらず仲は良か ったけどね。

チカはトロいと言うか、おっとりしていて運動は苦手だったけど、学力は優 秀で絵を描くのが巧かった。美術部に入っていて、展覧会か何かで賞を取って 全校生徒の前で表彰されたりもしていた。 それが中2の3学期辺りから突然美術部の部活に出なくなり、絵も描かなく なった。絵を一枚描き上げる度に俺に見せに来ていたのにそれもなくなっていたからね。

学年トップクラスだった成績もガタガタに落ちて中の下くらいにまでなって いた。心配した美術部の顧問が俺に様子を聞きに来たりもしたよ。 美術部の先生に様子を聞かれても俺は答えようがなかった。以前は友人やク ラスメートに冷やかされるくらい一緒にいたのに、その頃はチカが俺を避けて いたんでね。 学校も休みがちになり、登校しても暗くて誰とも話そうとしなかった。

俺も チカの友達に小一時間問い詰められたりもしたけど原因は判らなかった。 中3の2学期、チカが俺のクラスの教室に来て「放課後、ちょっと付き合っ て」と言った。チカは何か疲れ切った感じでげっそりしていたな。 俺は「判った」と答えたんだけど、担任に呼び出しを喰らったんで、チカと 仲の良いクラスメートの子に「チカの家に帰りに直で寄るから、先に帰ってい てくれ」と伝言を頼んだ。

担任の話が長引いたので俺はダッシュでチカの家に向かった。 チカの家に着いてインターホンを鳴らしても何の応答もない。俺は庭に回っ た。元々、ばあちゃんが生きていた頃からチカの家に上がる時は縁側から上がっていたからさ。 縁側に回ると窓もカーテンも閉まっていた。家の中の明かりはついてるのに おかしいなと思ったけれども、時間も遅かったし、夕食の買い物にでも出たか なと思って、一度家に戻ってから出直すことにした。

門の方に足を向けたその時、かすかにだけど、家の中から確かにチカの声が 聞こえたんだ。俺は靴を脱いで縁側に上り、カーテンの隙間越しに家の中を覗 いた。 そこに俺は信じられない、というよりも信じたくない光景を見た。 居間の床の上で、バーコード頭のオッサンが、白のハイソックスを穿いた、 白くて細長い足の間で、肉の弛んだ汚いケツを振っている。 ソファーの上には制服のセーラー服のスカート。

片足の足首のところに脱が された白い下着が引っかかっている。オッサンの体に隠れて見えないけど、姦 られているのはチカに間違えないだろう。 俺はショックで自分の顔から血の気が引いて行くのが判った。膝の力が抜け てガクガクしたさ。

食い込んだ爪が痣を作るほど強く拳を握り締め、噛み締めた 唇から血が流れ、口の中に鉄臭い味が広がった。 オッサンは更に激しく腰を振り立て、オッサンの体の下からチカの「あっ、 あっ」という微かな声が聞こえた。時間にすればほんの5分か10分のことだっ たのかもしれないけど、俺には何時間にも感じられる苦痛の時だった。

見たく ないのに瞬きも忘れて俺は2人のことを凝視した。 上体をぴくっと震わせるとオッサンは不意に腰の動きを止めた。そのまま暫 く重なったままでいてからチカから離れた。オッサンの顔を見た瞬間、俺はそ の場に凍りついた。チカを犯していた男はチカの父親だったのだ!

冬服の紺のセーラー服の上着だけを着て臍から下は裸という姿のまま、チカ は呆然と天井の方を見ていた。開かれたままの股の間からは放たれたばかりの 大量の白濁液が流れ出していた…。 俺の目はチカの股間に釘付けだった。その時、不意にこちらを見たチカと俺 の目が合った。その瞬間、チカは背中を向けて「嫌、お願い、見ないで!」と 叫んだ。

チカの父親が「誰だ!」と言って窓を開けた。奴が俺を捕まえようと手を伸 ばしてきた所に俺は思い切り右の拳を叩きつけた。 俺より頭一つ背の高いチカの父親は顔面にモロにパンチを食らって吹っ飛ん だ。俺はブチ切れて訳の判らない状態で馬乗りなって、チカが「止めて!」と 叫ぶまで、無我夢中で殴り続けた。チカの父親が動かなくなったところで、俺 はチカの泣き声を振り切って靴も穿かずに走って逃げた。

家に帰ると俺は朝まで部屋に閉じ篭った。チカを放って逃げ出してきて、部 屋に閉じ篭って何をしていたか? 涙をボロボロ流して泣きながらセンズリかいてたんだよ! 我ながら情けねえ! 靴も穿かずに帰ってきて、メシも食わずに部屋に閉じ篭り、朝、目を真っ赤 に腫らしてた俺を見て、俺の親は俺を問い詰めてきたが俺は頑として口を割らなかった。チカの父親を殴った右の拳は骨折していたので結局、学校は休んだけど。

チカの父親は警察にも学校にも連絡しなかった。俺の親に文句を言いに来る こともなかった。まあ、できっこなかっただろうが。 あの日以来、チカが学校に来ることはなかった。それでも、かなり程度の低 い私立の女子高に進学は出来たらしい(推薦か?)。卒業式にも結局現れなかった。 チカは俺だけでなく、他の女友達とも音信不通になった。同じ学校に行った 子の話だと1日も登校してきたことはなかったそうだ。

俺が高1の夏休み、夜逃げでもするかのようにチカ一家は引っ越して行った。 それからのチカ一家の音信は完全に途絶えた。やがてチカの家のあった一帯は 取り壊されてマンションになった。 俺が高校を卒業する頃、俺の一家も再開発で住んでた家を引き払い、隣の市 に引っ越した。その頃には、バブルの不動産狂乱に巻き込まれて他の幼馴染も、 俺やチカのことを可愛がってくれた近所の人達も皆、バラバラになってしまっ ていた…。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1198記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。