エッチ体験談が11,000話を突破しました。

友人の無邪気な娘

PR

幼馴染の友人が癌で急逝した。娘(S5とS2)は奥さんと隣町の実家に戻った。週末のある日、S5の娘(ひかり)が私のマンションへやってきた。母親の許しをもらって泊まりに来たという。一応、母親に連絡を入れ確認を取ると「お願いします」という。

夕方になり、ひかりとレストランで食事をして帰ってきた。終始、亡くなった父親の話で盛り上がった。風呂を入れ、先に入るように促すと一緒に入ると言う。私が躊躇すると、お父さんと一緒に入っていたからという。仕方なく一緒に入ることにした。ひかりは恥ずかしがることなく服を脱ぐ。小さく膨らんだ乳房と無毛のタテ筋に目が行く。

無言のまま、ひかりがシャワーを浴びると「おじさん、洗わせて」と身体にお湯をかける。首、肩、胸、腹とひかりの手が下がるり「もういいよ」と言おうとした瞬間「後ろ向いて」とまた上から洗い出す。「そのままね」といいながらボディーソープを背中に塗り洗い出す。「ひかりちゃんは、いつもお父さんと入ってたの?」「うん・・・」「なんか俺の方が恥ずかしいな」「何で?私の身体見て?」「まぁ〜ね」

「私は気にしてないよ。私、お父さん好きだったから」「そういう問題じゃなくてさ」「おじさんも好きだよ、今でも」「だからね、そういう問題じゃなくて・・・あっ」

突然、ひかりの手がアナルを洗い出した。「ひかり、まずいよ」「大丈夫、大丈夫、もう少し足開いて」ますます躊躇しながらも足を開く。手はアナルから袋と肉棒に伸びる。否応なしに肉棒は硬くなる。

「おじさん、太いね」「生意気言うな。ひかりはお父さんにも?」「うん」そういうとシャワーで洗い流し始めた。流し終わると「おじさん、私も洗って」と背中を向けた。手にボディーソープをつけ背中全体を洗うと、立ち上がって両足を開く。「ここもお願いね」

小さい陰唇が開き濡れていた。手のひら全体で優しく洗うと、中指に小さな突起が当たる。少し力を入れると「うっ」と声を出す。「ごめん、痛い?」「違う・・・感じる」“ドクッ”更に肉棒に血が流れ硬度が増す。前を向くと頬は紅潮し、目を虚ろな感じだった。その瞬間、理性が飛んだ。

「ひかりはお父さんとエッチなことしてたんだ」ひかりは黙って頷く。静かに後ろを向かせ、硬い肉棒を尻に擦りながら、小さな乳房を包み込むように洗う。小さな乳首は硬く起ち息は荒くなる。すぐに泡を流し、バスタブに抱き合うように入る。「おじさん、気持ちいいよ」「ひかりはエッチだね」

「やだ・・・おじさんのオチンチン舐めたい」そういうと潜望鏡スタイルで硬い肉棒を頬ばり始めた。

17+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR