27歳の童顔幼児体型のロリ妻に高校生の彼氏を作らせてみた

僕の妻は、よく未成年に間違えられる。実際の年齢は27歳で、とっくの昔に成人式を終えた人妻だ。でも、夫の僕から見ても、美魔女とかみたいに無理矢理若作りしているだけの化け物ババァとは違って、本当にロリに見えると思う。

妻の環奈は身長148cm、体重は教えてくれないが、下手したら40kgないんじゃないのか?と思うような軽さだ。そして胸は、Aカップ……もないかもしれない。服屋さんで、店員さんにAAカップだと言っているのを聞いた気がする。そんな体型で、顔も童顔なので、本当に子供みたいだ。顔も体型も含めて、見た目は子供の名探偵に出てくる、同じく見た目は子供の元悪の組織のメンバーの女の子に似ていると思う。

そして、ただでさえロリキャラなので、僕は常々やめた方が良いと言っているのだけど、かたくなにツインテールをしている。ツインテールは、20歳以上がするのは痛いと言われる髪型だが、良い悪いは別にして、環奈はツインテールをするために生まれてきたくらいに似合っている。

こんな見た目なので、さっきも書いたが、未成年に間違えられることが多い。間違えられることが多いと言ったが、実際は間違えられるのがデフォみたいな感じだ。女子大生とかではなく、女子高生に間違えられて、警察の人や補導の人に驚かれるパターンにも慣れてしまったようだ。そして僕は、嫁の環奈より2歳若いけど、常に年上に思われる。実際に夫婦生活をしている上でも、僕がすべてリードする感じなので、僕自身も年下だという事は忘れがちだ。自分の嫁が若々しくて、可愛いロリ嫁なのは、友人に言わせると羨ましいらしい。僕も、環奈との毎日の生活は本当に楽しくて幸せだと思っている。

『パパぁ、今日ね、高校生の男の子にナンパされちゃったよw』環奈は、僕が会社から帰宅するなり、楽しそうにそんな事を言ってきた。でも、そんなセリフにもすっかり慣れてしまった僕は、「また?今月3回目じゃない?」と、サラッと流してしまった。結婚して、最初にそんな話を聞いた時は、凄く不安になり、怒りすら覚えたモノだったけど、あまりに多いその報告に、すっかりと感覚が麻痺してしまったみたいだ。『もう!心配してくれないなら、ついてっちゃうからね!』ツインテールの環奈が、頬を膨らませてそう言っても、子供がすねている風にしか見えない。

「そんな事出来ないでしょ?ビビりなんだからwほらほら、座って、すぐ夕ご飯作っちゃうから」僕はそう言うと、ワイシャツ姿のままネクタイを外し、腕まくりをして夕食を作り始める。『そんな余裕かましてると、後悔するかもよ〜』環奈は、ちょっとイタズラっぽくそう言う。でも、料理を始めた僕のことを、まぶしそうに見ている。環奈は、料理が出来る男を、凄く評価してくれる。メチャメチャ格好いいと言ってくれる。

そんな言葉に気をよくした僕は、どんどん料理の腕を上げていった。フライパンをあおりながら、キッチン越しに見る環奈が、椅子にちょこんと座って足をブラんブラんしてる姿を見ると、本当に微笑ましいと思う。子供かwと言いたくなるような仕草だが、本当に可愛くて抱きしめたくなる。環奈とは、結婚して3年たつが、結婚して本当に良かったと思っている。大学卒業後、就職してすぐに結婚するのは、結構冒険だった。でも、あの時思い切れた自分を、誉めてあげたい気持ちだ。そして、手早くパスタとスープとサラダを仕上げ、テーブルに運ぶ。あとはワインを運べば完了だが、涼子はキラキラした目で僕を見ている。

その期待のこもった目に、少し笑ってしまいながら、チーズの塊と削り機を持ち、環奈の横に立つ。「お客様の好きなところでストップと言って下さいね」と言いながら、少し高い位置からチーズを削り飛ばしながらパスタに振りかけ始める。その様子を、無邪気な満面の笑みで見ている環奈。雪のようにチーズがパスタの上に降り積もっていく。

『はい、OKです♡』環奈が、嬉しそうに言う。「じゃあ、召し上がれ」『いただきま〜す』環奈は、美味しそうに食べ始めてくれる。

このやりとりは、僕と環奈の出会いの時の再現だ。僕は学生時代、小さなリストランテでバイトをしていた。もともと料理が好きだった僕は、そのバイト先で、いつの間にか簡単なメニューは作ることも任されるようになっていた。僕が作ったパスタを、お客さんとして食べに来ていた環奈に持って行き、さっきと同じようにチーズを振りかけた。その時の環奈は、女の友達と二人で来ていた。でも、僕は二人はだと思っていた。可愛い中学生だなとか思った記憶がある。

その後、店の常連になった環奈に、実は年上だと聞かされて、驚きすぎて無言になったのをよく覚えている。『やっぱり美味しい〜。ホント、パパは天才シェフだね!』環奈は、冷やかす感じでもなく、本気でそんな事を言ってくれる。そこそこ美味しいモノを作れる自信はあるが、天才は言いすぎだと思う。でも、考えてみれば、好きな人が作ってくれるモノは、なんでもより美味しく感じると思う。環奈は、本当に僕のことを好きでいてくれているんだなと嬉しくなる。

少し遅れて、僕も食べ始めた。確かに、今日のは出来が良いなと思いながら食べていると、環奈は豪快に頬をクリームで汚していた。本当に、子供みたいだ。僕は黙ってそれを自分の指で拭うと、そのまま舐めた。『へへwなんか、キュンとした♡』環奈は、男っぽい仕草に凄く弱い。多分、壁ドンなんかしたら、濡れてしまうと思うw「その高校生は、どんな子だったの?」

僕は、今日のナンパの様子を聞こうと思ってそう聞いた。さっきはあんな態度を取ったが、実は結構興味がある。あり得ないことだと思うが、もし環奈がナンパした男について行ったら、どんな感じなんだろう?そう思うこともある。『うん!すっごくイケメンだったんだよ!とおり君そっくりだったんだよ!』環奈は、凄くテンション高くそう言った。でも、とおり君が誰なのかわからない……。適当に話をあわせながら聞くと、環奈はどんどんハイテンションになって行く。自分の嫁が他の男のことを楽しそうに話しているのに、嫉妬も怒りもなく聞いていられるのは、環奈があまりにも無邪気に話をするからだと思うし、環奈の僕への気持ちが揺るぎないものだと確信を持てるからだと思う。

「じゃあさ、一回くらいデートしてあげたら?」僕は本気ではなく、この話をそろそろ終わらせようというくらいの気持ちでそう言った。『えっ!?良いのっ!?』でも、環奈のリアクションは僕の想像したものではなかった。

”するわけないじゃん!パパ、変な事言わないでよぉ〜!”環奈はこう言って、笑って流してくれると思っていた。「してみたいの?」僕は、かなり動揺しながらそんな事を聞いてしまった。

『してみたい!だって、パパ以外とデートしたことないもん!すっごく興味あるよ!』環奈は、キラキラした目で僕に言う。童顔にツインテールの環奈。本当に子供みたいだ。でも、その子供みたいな無邪気さで、他の男とデートをしたいと言った……。「なに馬鹿な事言ってるの。だって、デートするにも連絡先知らないでしょ?」なんとか話を終わらせようとする僕。

『……ゴメンね。こんなのもらちゃったんだ……』そう言って、破った紙の切れ端を見せてきた。それは、学校とかで使うようなノートの切れ端で、メルアドと電話番号が書いてあった。「な、なんでそんなの持ってるの?」本当は、怒ればいいと思うけど、性格的に怒鳴ったりすることが出来ない……。

『だって、無理矢理渡されたから……』「そんなの、捨てれば良いじゃん」『うん……ゴメンなさい……。嫌いになっちゃった?』環奈は、目の端に涙をあふれさせて謝ってくる。環奈は、うそ泣きとかではないと思うが、すぐに涙を出す。得意技なのかもしれない。そうわかっているのに、僕は慌てて”怒ってないよ”と言い、環奈をなだめる。

「環奈は他の人とデートしてみたいって、ずっと思ってたの?」僕は、目を赤くした環奈に聞く。『うん。デートって、パパとしかしたことないから……ゴメンね。変な事言って……』しょんぼりと反省する環奈。確かに、環奈は僕と付き合い始めるまで、誰かとキスすらしたことがなかった。

可愛らしいルックスなので、けっしてモテないことはないと思うが、話を聞くと、大学時代からずっと子供扱いをされていたらしい。サークルなんかでも、下ネタになってくると、他の女友達が環奈の耳を手で塞ぎ、”ダメダメ、環奈ちゃんには早すぎる!”とか言って、下ネタにくわえてくれなかったそうだ。環奈がサークルの男を好きになり、告白をしたこともあったらしいが、”妹としか思えない”と言われて撃沈したらしい。中学高校はお嬢様女子校だったので、結果的に誰とも付き合うことなく、僕と付き合い始めた。

それは、僕にとっては本当に幸運で、最高に嬉しいことだと思っていた。そして僕も、すべてが環奈が初めての女性だった。僕は中学高校とイケてないグループだったし、大学に入ってデビューしたつもりだったけど、全然モテなかった。環奈いわく、僕はルックスは悪くないが、真面目すぎるのがモテない理由だと思う……とのことだ。

そんな環奈が、他の男とデートをしてみたいという発言をしたのは、かなり衝撃的だった。でも、落ち込み反省する環奈を見て、つい同情してしまい、「いいよ、一度だけなら」と言ってしまった。

『え?いいの?本当に?』ビックリしたように聞き返してくる環奈。でも、やっぱりデートはしたいみたいだ……。「環奈がしたいなら……。でも、キ、キスとかしたらダメだからね」僕は、自分で何を言っているのかわからなくなってきた。

『するわけないよぉ!そんなの浮気でしょ?』環奈が、はてな?というような顔で言う。デートしただけでも、充分浮気だと思うが……。『じゃ、じゃあ、メールしてみるね!』環奈は、緊張しながら言う。え?もう?僕は、そう叫びそうになったが、「いいよ。まだ時間も早いし、大丈夫でしょ」と、ズレたことを言ってしまう。

『うわぁ、緊張する〜。パパ以外にメールなんてしたことないから……』と言いながら、一生懸命にメールを打つ環奈。この時僕は、不思議な感覚だった。そのスマホの向こうには、僕が知らないイケメンがいる。そして、そのイケメンと環奈は、デートをしようとしている。嫉妬と戸惑い……でも、それだけではなかった。確かに僕は、興奮を覚えていた。

『よし、送信!』そう言って、スマホを操作した環奈。「え?もう?どんなの書いたの?見せてよ」僕は、戸惑いながらそう言う。

『ダメだよぉ〜。そんなの恥ずかしくて見せられないよぉ!』環奈は、子供みたいな顔で言う。この些細な秘密が、僕の妄想を加速させる。何を書いたんだろう?たいしたことは書いてないと思うが、それでも環奈が他の男にメールをしたのは間違いない事実だ。僕は、脇の下が猛烈に汗ばむのを感じた。そして、すぐにメール着信音がした。

『わっ!わっ!もう来た!パパ、どうしよう!?』スマホを手に、慌てふためく環奈。微笑ましい光景に見えるが、あのスマホの中にはイケメンからのメールがある……。僕は、立ちくらみがしてきた。環奈は、ひとしきり騒いだ後、スマホを見始めた。そして、ニヤぁっという感じで笑うと、『パパ、デートしてくれるって!日曜だって!』と、大騒ぎした。

僕はなぜか、”良かったね”と言ってしまった。そして環奈は、イケメンからのメールを見せてくれなかった。恥ずかしいそうだ。僕は正直ムッとして、泣きそうな気持ちにもなった。その後は、浮かれる環奈を尻目に、食器を片付け風呂に入った。いつもは環奈と一緒に風呂に入るが、すねた僕は、シャワーだけ浴びてさっさと出てしまった。

脱衣場で、全裸の環奈が、『え?もう出ちゃうの?一緒に入ろーよー!』と誘ったが、僕は無言で寝室に向かった。チラッと見えた環奈の裸は、相変わらずのロリボディで、着衣の状態よりもさらに幼く見える。正直、環奈とセックスをしていると、いつも犯罪をしている気分になる。でも、その背徳感がたまらない……。僕はダブルベッドの端に、環奈が寝る方に背を向けて寝転がる。そして布団をかぶり、寝ようとする。でも、時間もまだ微妙に早いし、何よりも悪い妄想で寝られるような気分でもない。

すると、ドアが開き、環奈が僕の横に滑り込んでくる。『パパ、怒ってるの?』不安そうに聞いてくる環奈。でも僕は、寝たふりを続ける。すると、小さなため息の後、環奈はリモコンで電気を消した。

暗闇の中、僕はどうしよう?止めるなら今かな?なんて言うことを、ずっとループで考えていた。すると、いきなりパジャマの上からペニスを握られた。驚く僕に、『やっぱりカチカチwパパ、どうしてこんなにしてるのかなぁ?』と、イタズラっぽく環奈が言う。僕は、慌てて環奈の手を押しのけようとするが、環奈のもう片方の手が、僕の乳首を触り始める。一瞬でスイッチを入れられてしまった僕は、抵抗をやめた。

『さっきも、環奈がタケル君のこと話してる時、大っきくしてたよね?』と、僕のペニスと乳首をパジャマの上からまさぐりながら言う。「ゴメン……」僕はどう答えて良いのかわからず、謝ってしまった。

『どうして?私がデートするの、喜んでるの?』巧みに僕のペニスをしごきながら、環奈が言う。「そ、そんなこと……」図星をつかれて、言葉が続けられない……。

環奈は、”セックスのことなんか全然知りません”みたいな純粋無垢なルックスからは想像もつかないくらいに、エッチな女だ。僕とのセックスも、今では環奈がリードする感じだ。初めて結ばれた時は、当然マグロ状態だった。でも、好奇心と性欲が旺盛だったのだと思うが、初めて結ばれた日から2ヶ月後には、環奈は騎乗位で僕をイカせるまでになっていた。そして、半年ほどで中イキ出来るようになると、毎日のようにセックスをするくらいに、セックスが好きな女の子になった。

結婚して3年たつが、今でも週に4回くらいはセックスをしている。そして最近では、環奈は僕を色々な手段でイカせてくれるようになっていた。寝たふりをしていた僕なのに、環奈の指がもたらす快感で、すでにあえぎ声を出してしまっている。『ふふw可愛い声wねぇ、環奈が他の男の人とデートするの、興奮する?』環奈は、パジャマの中に手を突っ込み、僕の亀頭と乳首を直接コンタクトで刺激しながら聞く。

「そんなわけない!するわけないよ!」僕は、泣きそうな気持ちで答える。環奈が他の男とデートするなんて、想像しただけで泣きたくなる。でも、さっきから想像しただけで、自分でも不思議なほど勃起してしまう自分がいる。『どれどれ?お姉さんが見てあげるw』そう言って、僕のパジャマを脱がせにかかる環奈。僕はなすがままだ……。

『ほらぁwこんなになってるwカッチカチ♡』環奈はそう言って、僕のペニスをペロッと舐めてくれた。「ゴメン……なんで興奮しちゃうんだろう?」僕は、素直に認めて、逆に質問した。すると環奈は、部屋の電気を付けた。

急に明るくなって、思わず目を細めてしまったが、目が慣れて環奈を見ると、ピンクのスケスケのキャミソールだけを身につけていた。それは、環奈のお気に入りのランジェリーだ。でも、貧乳で童顔の環奈が身につけていると、違和感しかない。子供が無理矢理着せられているような、過激なジュニアアイドルのPVの撮影コスチュームみたいな感じだ。

そんな背徳感あふれる格好を、環奈は僕を喜ばすためだけにしてくれる。環奈は、基本ロリ属性の僕のために、今日みたいなギャップ系で迫る時もあれば、ストレートに、ランドセルや黄色の帽子をかぶって迫ってくるパターンもしてくれる。27歳の人妻が、小学生や園児の格好をするのは相当無理があるはずだけど、環奈はあまり違和感を感じない。

エロゲームとかで、どう見ても小学生くらいの女の子が、”このゲームに登場するの女の子は、みんな18歳以上です。絶対に小中学生じゃないんだから!”と、注意をする感じだ。環奈が今着ているランジェリーは、ある程度胸がある人が着るものだと思う。でも、環奈みたいにぺったんこの胸の女の子が着るのも、それはそれで興奮する。『それって、寝取られフェチって言うんじゃないの?』環奈は、僕の質問にそう答えた。

「ち、違う!寝取られたいなんて、思ってない!」僕は、必死で否定する。すると、黙って環奈が僕のモノを口に含んだ。僕の標準サイズのペニスでも、環奈の小さなお口だと、結構ギリギリな感じになる。何となく、自分のモノが大きくなったような感じがして嬉しくなる。

環奈は、その幼い見た目からは想像もつかないほどのテクで、僕のペニスを責め立てる。軽く噛んでみたり、舌でカリ首を巻付けるように舐めたり、僕は声が漏れるのを押えられなくなる。環奈は、見た目は子供の名探偵のアニメに出てくる、同じく見た目は子供の元悪の組織のメンバーの女の子みたいな感じで、子供の見た目なのに、中身は成熟したエロい女性……そんな感じだ。『どうする?環奈がタケル君の、こうやってお口でしたら?』子供みたいな顔をして、とんでもない事を言う環奈。でも、僕はそれを想像してしまった。環奈がその小さなお口で、僕以外の男のペニスを頬張る姿を……。

僕は、環奈の質問に答えることが出来なかった。『あれれ?ビクンビクンしてるwそれに、いつもより全然固いよw』環奈が、からかうように言う。そして、ニヤニヤ笑いながら、僕のモノを手でしごき続ける。「そんなこと……」

僕は、”そんな事ない”と言いたかったが、言えなかった。『あるみたいだねwじゃあ、日曜日、タケル君のお口でしてあげるねw』さらに悪ノリする環奈。僕は、その言葉に絶望と嫉妬を感じた。でも、それなのになぜか爆発するように射精してしまった。『きゃっ!ふふwイッちゃったんだwパパって、変態なんだねw』環奈はそう言って、僕の飛び散った精液を口で集め始めた。僕の腹や胸にまで飛び散った精液を、環奈の小さなお口がすすり取っていく。

酷いことを子供にやらせているようで、背徳感が凄いことになっている……。そして環奈は、あらかた白濁液を口に集めると、僕に見せつけるように手の平に全部吐き出した。可愛らしいお口から、だらぁっと流れ出る白濁液。そのシーンだけでも、児童ポルノ法で摘発されるのでは?と思うほどのエロさとヤバさだ。とても27歳の人妻がしているようには見えない。僕は、慌ててティッシュを取り、環奈の手の平の上のモノを拭き取る。

「ゴメン……急に出ちゃった……」僕は、気恥ずかしくて謝ってしまった。『自分ばっかりズルイwじゃあ、大きくしてあげるから、環奈もイカせてね♡』

—–

僕には、見た目が未成年……どころか、子供にしか見えないような妻がいる。実際の年齢は27歳という、そろそろおばさんと呼ばれる年齢だ。でも、いまだによく補導員や警察官に声をかけられるし、夫の僕から見ても、正直子供に見えてしまう。AAカップのぺったんこの胸に、やめた方がいいと言ってもかたくなに変えないツインテールの髪型も、より環奈を幼く見せていると思う。

環奈は見た目と同じく、中身も子供そのもので、無邪気で純真だ。昔リストランテでシェフのまねごとをしていた僕が、環奈のために夕食を作っている時、椅子に座ってブランブランと幼児みたいに足を揺らす仕草が、僕は大好きだ。27歳にもなって見た目も中身も子供なのは、本当ならば問題なのかもしれない。でも、ロリ属性の僕にとって、環奈は理想の天使なのだと思う。そんな環奈との毎日は、幸せそのものだった。でも、環奈が高校生のタケル君にナンパされたことで、僕と環奈の関係に大きな影響を及ぼし始めた。

——『ダメだよwタケル君が先だもん♡』環奈は小悪魔のような顔でそう言うと、手の平に垂らした僕の精液をティッシュで拭い始めた。僕は、まだ環奈に飲精してもらったことがない。そして環奈は今、僕のを飲むよりも先にタケル君のを飲むと宣言した。もちろんそれは、僕が寝取られフェチであると断定した環奈の挑発だと思う。本気でそんな事をするつもりはないはずだ。結婚して以来、一途に僕だけを愛してくれている環奈が、他の男のモノを飲むなど、あり得ないと言い切れる。

でも、僕はその光景を想像すると、信じられないくらいに興奮してしまう。『なんでもうこんななの?』環奈は僕のペニスを握ると、可笑しそうに笑いながらそう言った。「い、いや、その……」

僕は、環奈がタケル君のモノを飲む姿を想像して、実は興奮したなどとは言えず、ただ言葉を濁した。『ねぇ、今度は環奈がしてもらう番だよw』環奈はそう言うと、ベッドの上で大きく開脚をした。そして、ピンクのスケスケのキャミソールをまくり上げる。剥き出しになった環奈のアソコは、へアがなく、より強く環奈を幼く見せていた。環奈のへアは、もともと極端に薄かった。その上、環奈は永久脱毛をして、常にツルツルの状態に保つようになった。ただでさえ幼い見た目なのに、わざわざそんな事をしたのは、単に僕に喜んでもらうためだった。

ロリ属性の僕が喜ぶという理由だけで、痛みにこらえてそんな事までしてくれた。そしてそれは、本当に僕を興奮させてくれるし、最高のギフトだった。27歳という年齢が信じられないほどに幼く見える環奈とのセックスは、あまりにも背徳的で僕を狂わせる。僕は、吸い寄せられるように環奈のアソコに顔を近づけた。環奈のアソコは、とても綺麗なピンク色で、ビラビラもとても小さい。へアがないことと相まって、自分が犯罪に手を染めているような気持ちになる。

環奈は僕が躊躇しているのを見て、自分でアソコを広げた。環奈の膣中はピンク色にヌラヌラ光っていて、言葉では言いあらわせないほどにやたらとエロかった。僕は、夢中で環奈のアソコに舌を這わせた。柔らかく、ヌルヌルに湿ったアソコは、驚くほど熱を帯びて熱かった。『あんwパパ、いきなり激しいよぉ♡』環奈が、可愛らしい声で言う。その声に刺激を受けて、僕は環奈のクリトリスを舐め始めた。環奈の小さなクリトリスは固くしこっていて、舌で引っかけるように舐めると、環奈は小さな体をビクンと跳ねさせた。『んフゥッ!パパ、気持ち良いよぉ♡もっと、もっと舐めてぇっ!』とても人妻とは思えないような、可愛らしい幼い声であえぐ環奈。僕は、ピチャピチャと大きな音がするくらい、必死で環奈の固くなったクリトリスを舐め続けた。

環奈のアソコの蜜は、本当に美味しかった。塩気とか生臭さを感じることもなく、ただ夢中で舐めて飲み込んでいく。僕の舌の動きで、可愛らしい声であえぎ続ける環奈。でも僕は、環奈がタケル君にアソコを舐められ、あえいでいる姿を想像してしまった。顔も知らないタケル君が、環奈のアソコを舐めている姿。想像力の乏しい僕は、学生服を着たタケル君が必死で環奈のクリトリスを舐める姿を想像した。その瞬間、僕は嫉妬と興奮で、狂ったように環奈に覆いかぶさった。そして、熱っぽい目で僕を見つめる環奈に、荒々しいキスをした。いつもは優しく唇を奪うのだが、今は興奮しきっていて、舌をねじこむような荒っぽいキスになった。

でも環奈は、そんな荒っぽいキスでも嬉しそうに受けてくれる。それどころか、僕の舌に小さな舌を絡ませてくれる。いつもとはまったく違う興奮状態の僕は、そのまま凄く長い時間キスをした。そして唇を離すと、『すっごいキス……パパ、愛してる……ねぇ、そのまま……来て♡』環奈は僕の荒々しいキスに、発情したような顔をしている。見た目は少女の環奈が、少女がしてはいけないような卑猥な顔になっている。僕は、環奈の言葉に完全に理性が飛んで、そのままコンドームも付けずに環奈の中に押し入っていった。

『ンンッ、ふぅ……あぁっ!パパぁ、入ってきた♡』環奈は初めての生挿入にもかかわらず、嫌がるそぶりも不安そうな顔もせずに、嬉しそうにうめいた。僕は、初めての生の膣肉の感触に、腰が抜けそうだった。ゾワワワという感じで、亀頭が生の膣肉に絡め取られるような感じになる。それは、信じられないくらいに気持ち良かった。直接肉と肉が絡み合う感触は、コンドームをしていては、絶対に感じることの出来ない感覚だと思う。世のカップルが、ついつい生でしてしまい、赤ちゃんが出来ちゃったりするのがわかる気がした。僕は、そのまま腰を動かし始めた。ただでさえ、身体の小さい環奈の小さな膣はキツキツなのに、生挿入で刺激が増しているので、入れて攻めている僕があえぎ声を出してしまう有様だ。

『パパぁ、すっごく興奮してるねwいつもよりカチカチ♡』環奈は、快感でうわずった声でそんな事を言う。環奈は僕に正常位で挿入されながら、背中をのけ反らせ、微妙にお尻を上げるような仕草をする。それは、僕への指示みたいなモノだ。僕は、そっと環奈のお尻の下にクッションをかませる。こうして、身体よりもお尻の位置を高くすることで、気持ち良いところに当たるそうだ。セックスの時に、ペニスが当たる位置にまでこだわりを見せる環奈は、本当にセックスの好きな女の子なのだと思う。幼い見た目とのギャップに、僕の興奮がさらに強くなる。僕は、さらに環奈の気持ち良いところを刺激出来るように、身体を起こして腰を振る。こうすると、挿入部分が丸見えになる。胸もぺったんこで、ツインテールをした少女のような環奈が、大人の娼婦が着るような透けたキャミソールを着て、快感に顔を歪めている姿は、いつ見ても強烈に背徳的でエロい。

僕はイキそうなのを必死でこらえながら、腰を振り続ける。そろそろ、子供を作ろうかという話もしているので、いっそこのまま中に出してしまおうかと思ってしまう。『すっごく大っきくなってきた♡でも、まだダメだよwもっとしてぇ♡』環奈は僕がイキそうなのを見抜き、そんな要求をする。僕はピストン動作を止めて、腰を押しつけ、廻すような動きに切り替え、射精感を逃がそうとする。『パパ、ホントはタケル君とエッチして欲しいんでしょw』「なっ、何を……」

『ふふw身体は正直だねぇ。ビクんってなったw』エロマンガの中年男性みたいなセリフを言う環奈。本当に心から楽しそうだ。僕はタケル君とセックスをする環奈を想像して、今までに感じたことのない興奮を感じていた。そしてそれを環奈に見透かされて、動揺もしていた。『代わってあげるね♡』動揺して動きの止まった僕と、体勢を入れ替える環奈。騎乗位になった環奈は、その小さな身体を動かし始める。軽すぎて、子供が乗っているような感じしかしないが、環奈がもたらす快感は強烈だった。

ただでさえ小さくキツい膣が、軽い痛みを覚えるほどにギリギリと僕のペニスを締め付ける。もう、僕はイク寸前だ。環奈は腰を妖しく動かしながら、僕の乳首まで舐め始める。環奈は、ロリ痴女みたいな感じになっている。「ダメだ、出ちゃうよ……」

僕は、情けない声で環奈に言う。すると、環奈は動きを止めて僕を見つめる。「どうして?もうイキそうだよ……」僕は、イキそうな状態のまま焦らされて、泣きそうな声を出してしまう。

『パパ、ちゃんと教えて。タケル君として欲しいの?』笑顔も何もなく、能面のような無表情でそんな事を言う環奈。いつもニコニコしている童顔の環奈がそんな表情をすると、正直すごく怖かった。僕は、動揺や恐れで何も言えなくなる。環奈は、微妙に腰を動かしながら、『どっち?』と、また無表情で聞いてきた。地獄……いや、天国だろうか?僕は、激しい興奮と快感で、頭がボォッとしてきた。環奈は、微妙に腰を動かし続ける。無表情だった環奈も、次第に上気した顔になってきた。

『して欲しいんでしょ?』環奈は、真っ直ぐ僕の目を見て言った。「……うん……」僕がそう答えた瞬間、環奈はゾクッとするような笑顔を見せると、腰を前後に強く振り始めた。

「うぅあ、あ」僕は情けない声を上げながら、環奈の膣中に射精してしまった……。『すっごいビクビクしてる……ふふw中に出しちゃったね♡』環奈はそう言うと、僕に倒れかかってきた。僕の胸の上で、甘えたような顔で僕を見つめる。

「ゴメン……」思わず謝る僕。『それ、一番やっちゃだめなことだよwモテる男は、謝るんじゃなくて、ありがとうとか言うんだよw』環奈は、可笑しそうに言う。

「ゴ、ゴメン……」懲りずにまた謝ってしまう僕……。『ふふwまた謝ったw』環奈は、本当に楽しそうだ。

「でも、出しちゃったし……」『夫婦でしょ。問題でもあるの?』環奈は、少し悲しそうな顔になる。「ない……。環奈、子供作ろう!」

僕は、力強くそう言った。環奈は一気に笑顔になり、僕にキスをしてくれた。その後は、抱き合ったままイチャイチャしていたが、『中に出されても、全然わかんないんだね』と、環奈が言い出した。話を聞くと、別に熱くもないし、液体が注がれている感覚もないそうだ。エロマンガとかだと、”熱い”とか、”出てるのわかる”など、定番中の定番のセリフだけど、全然そんな事はないそうだ。僕は、何となく夢を打ち砕かれたような気持ちになった……。

「そういえば、日曜はどうするの?」僕は、日曜のタケル君とのデートをどうするのか、気になってしかたなかった。『え?どうしようかな?公園でボートでも乗ろうかな?』などと言う。てっきり、もうデート自体取りやめになると期待していたので、急に不安になってきた。

『アレ?何か当たるんですけどw』環奈が、イタズラっぽく言う。僕は、ボートに乗る環奈とタケル君を想像して、もう勃起していた。「ゴメン……」『いいよwパパの性癖も全部好きだよ♡』環奈は、満面の笑みでそう言ってくれた。

そして、あっという間に土曜日になり、僕は落ち着かない時間を過ごしていた。環奈は、可愛らしいヒヨコのワンポイントが入ったエプロンをして、家事をしている。幼妻という言葉があるが、環奈が家事をしていると、子供がお手伝いをしているようだ。『パパ、何見てるの?』環奈にいきなり声をかけられて、ビクッとしてしまった。

「い、いや、可愛いなぁって……」ごまかす僕。『ふふwありがとう。明日はいい子にしててねw』環奈にそう言われて、僕はいよいよ明日なんだなと、気持ちが重くなってしまった。

『パパ、止める?本当はイヤなの?』心配そうに言う環奈。僕は、返事に詰まる。すると環奈は僕の横に来て、シャツの上から僕の乳首を触り始めた。それだけのことで、あっさりと僕のスイッチはオンになってしまう。

「あぁ、環奈……」休日の平和な昼下がりの光景が、一気に淫靡なモノに姿を変えたようだった。『ふふwじゃあ、デートはするね。どこまでして欲しいの?』僕の乳首をシャツの上から触りながら、あどけない顔の環奈が煽る。

「な、なにも……して欲しくない……」僕は、絞り出すように言う。『お口でしちゃダメなの?』環奈は、上気して発情した顔で僕に聞く。

「そ、そんなの……」ダメと言葉を続けることが出来ない僕。環奈は、僕のペニスも握ってくる。ズボン越しでも、的確に僕のカリ首あたりを刺激する環奈。ロリ痴女と言う言葉があるのかわからないが、環奈の姿はそれだった。

『してもイイよね?するからねwお口に出されたのは、どうすればいい?』環奈は、僕の答えなど関係なく話を進めていく。僕以外の男にフェラをする環奈……想像しただけで、吐きそうな気分になる。でも、それ以上に興奮するのを自覚する。「……飲んで……」結局僕は、この前と同じ事を言ってしまった。

『変態wいいよ。全部飲んじゃうねwパパのもまだ飲んだことないけどw』環奈のその言葉で、僕はうめきながら射精してしまった。直接しごかれたわけでもないのに、下着の中に大量に射精した僕……。もう、僕に寝取られ願望があることは間違いないと思う……。『うわぁwイッちゃったねw私がタケル君の飲むの、そんなに嬉しいんだwキスもしちゃおっかなぁ?』いじめるような口調で言う環奈。僕は、キスはダメだと叫びながら、環奈を押し倒した。『ふふwパパ可愛い♡』嬉しそうな環奈。僕は環奈のスカートをまくり上げ、ショーツを脱がそうとした。もう、僕は興奮が高まりすぎて我慢出来なくなっていた。

『ダメだよ。今日は我慢しなきゃw明日、タケル君とのこと話しながら、いっぱいしてあげるから♡』環奈は小悪魔のような顔で、そんな事を言った……。結局環奈の言う通りにして、それ以上のことをしなかった僕は、本気でタケル君とのことを期待しているのかも知れない……。『じゃあ、行ってくるね。あぁ、すっごい緊張するよぉ〜』環奈は、可愛らしい顔で無邪気に言う。今日の環奈は、淡い花柄のフレアミニスカートに、白のブラウスを着ていた。いつものようにツインテールにして、小さな肩掛けのバッグを持つと、どう見ても女子学生だ。

そして環奈は、悪びれる風もなく、他の男とのデートに緊張していることをアピールする。僕は、本当に複雑な気持ちだった。自分の愛する妻が、他の男……しかも高校生のイケメンとデートをする。大人としては、余裕を見せたい……子供とのデートなんか、気にもしてないよ……そんな風に思っているとアピールをしたい。でも、悪い想像ばかりが膨らむ一方だ。環奈は、他の男に心を奪われたわけでもなんでもない。浮気願望も持っていないはずだ。ただ単に、デートというものに対する好奇心だけで、今からデートに向かおうとしている。夫としては、止めるべきなんだと思う。でも、寝取られフェチの僕は、それを拒否する。

「気をつけてね。キスはダメだから……」僕は、弱々しく念を押した。『ふふwしないよぉ〜。キスはパパとだけだよ♡』環奈はそう言うと、僕にキスをしてくれた。でも、”キスは〜”という言い方が、キス以外はするという意味に聞こえて、僕は立ちくらみがしそうだった。

環奈が出ていきドアが閉ると、胸が苦しくなってきた。なぜ?どうしてこんな事になってしまった?猛烈な後悔をしながら、どうしても勃起が収らない僕……。僕はコーヒーを飲んだり、本を読んだり、気を紛らわそうとした。でも、今頃環奈が、タケル君と手を繋いだり……それ以上のことまでしているのでは?と思うと、何も手につかなかった。ふと窓際を見ると、写真立ての中で環奈が笑っている。どの写真を見ても、環奈は無邪気に子供のような笑顔を見せている。そしてその笑顔は、僕だけのモノのはずだ。

タケル君とデートして、笑う環奈……妙にリアルに想像してしまった。そして長い時間が過ぎ、泣きそうな気持ちになっていると、メールの着信音が響いた。僕は、跳ね起きるように立ち上がり、メールを確認する。“寝室のクローゼットに隠れててね♡”メールには、それだけが書いてあった。僕は、一瞬意味がわからなかったが、理解した途端、貧血で倒れそうだった。

まさか……そんなわけがない……考えすぎだ……。僕は感情を整理出来ずに、パニックのまま寝室のクローゼットの中に隠れた。そして、嫌な予感に押しつぶされそうなまま、ひたすら待った。ガチャガチャッ玄関の方で、カギを開ける音がした。僕は、息を潜めて身じろぎ一つしないでいた。

『いいよ。上がって。やっぱりいないから大丈夫だよ!』環奈の、妙に明るい声が響く。環奈は、誰かと一緒のようだ。誰かはわかっているが、違いますようにと祈る僕。「いいんですか?本当に、大丈夫?」その祈りを打ち砕くように、男の声がした。それは若い男の声で、敬語とため口が混じっている感じだ。確かに、環奈相手に話しをすると、そうなるかもしれない。見た目は年下なのに、実は年上の人妻……相当インパクトは大きいと思う。

『平気だよ。今日は夜中まで帰ってこないから。アレぇ?ビビったの?』からかうように言う環奈。僕は深夜まで帰らないそうだ……。「ビ、ビビってねーし。じゃあ、お邪魔します……」タケル君は、モロにビビった口調で言いながら、部屋に上がったようだ。

『じゃあ、お茶入れるね。そこ座ってて』環奈は、緊張もない感じで楽しそうに言う。「あ、はい……すいません……」それに引き換え、タケル君は緊張のピークみたいだ。確かに、人妻の自宅に、夫が留守の時に上がるのは、大人でも緊張するシチュエーションだと思う。

僕は、あまりにも大胆な環奈の行動に、本気で驚いていた。いくら公認のデートとはいえ、相手の男を自宅に招き入れるなんて……。『今日はありがとうね。本当に楽しかったわ』環奈は、素直な口調で言う。年上ぶっているのが妙に可愛い。と言っても、実際に年上だ……。それにしても、クローゼットの壁のすぐ向こうがリビングなので、声が丸聞こえだ。安い部屋なので、壁も薄いのかもしれない。

「僕の方こそ、最高でした!!」タケル君は、元気いっぱいで言う。案外素直な性格なのかもしれない。『でも、ゴメンね。実はこんなおばちゃんでw』環奈は、見た目と実年齢の違いを謝る。

「そんな事ないです。俺、本当は年上の方が好きですから……」『ホントにぃ?じゃあ、なんで私なんかナンパしたの?』「すっごくタイプだったんで……モロ俺の好みのタイプです」ストレートに言うタケル君。

『でも、人妻でガッカリでしょw』「……はい……マジでショックです……」『ゴ、ゴメンね……でも、タケル君モテるでしょ?相手なんて、いくらでもいるんじゃないの?』「そうですね……でも、恋人はいないです」『恋人はって、何ならいるの?』環奈は、好奇心いっぱいの感じで聞く。

「それは……エッチする相手とか……」『えぇ!?それって、セフレさんとかってこと?』「はい……すいません……」『い、いや、別に謝らなくてもいいけど……何人もいるの?』「5人くらいです」

『えぇっ!?ま、まだ高校生でしょ?なんでそんなに?』環奈は、思いの外タケル君が経験豊富のようで、驚いている感じだ。僕は、心臓が痛いくらいにドキドキしだした。たかが高校生……まだまだ子供じゃんwそんな風に思っていたのに、想像を裏切られた……。同時に、環奈を奪われる?と、焦り始めた。「声かけられたりするんで」

タケル君は、サラッと言う。『どこで?』環奈は、本当に驚いている感じだ。「ショップとか、美容室とかですかね?」

『同年代じゃないの?社会人とかなの?』本気で驚く環奈。「そうですね。美容師と、ショップの子と、ナースと、主婦と、先生です」軽い口調で衝撃的なことを言うタケル君。

『先生?』「そうっす、学校の英語の先生です」『そ、その……エッチしてるのよね?』「もちろん!」『……私とも、そのつもりなの?』環奈は、ドキッとするようなことを聞く。

「え?違うんですか?」逆に質問するタケル君……。環奈は、おそらく童貞の男の子をからかうみたいなイメージをしていたはずだ。急に空気が重くなったように感じた。

『ち、違うに決まってるじゃない!』本気で焦る環奈。気がつくと、初めは緊張でガチガチな感じだったタケル君は、余裕の口調になっていた。あれは演技だった?僕は、心配で吐きそうになってきた。環奈がコントロールしているはずが、実は罠にはめられていたような感じだ。「へ?じゃあ、いいことってなんですか?」不思議そうに聞くタケル君。何となくわかってきた。環奈は、いいことしてあげるからウチにおいでとか言ったんだと思う。

『それは……いいからおいで!』「え?どこに?え?え?」少し焦るタケル君に、響く足音。そしてドキドキして待つ僕……。すると、寝室のドアが開く音がした。慌てて隙間から覗くと、環奈がタケル君の手を引っ張って入ってきた。僕は、理由はどうあれ、環奈が他の男の手を握っているのを見て、激しく動揺した。すぐにでも飛びだしていきたい……そんな気持ちだった。

「やっぱりするんじゃんw」タケル君が、軽薄な口調で言う。高校生なのに、このセックスに慣れた感じはなんだろう?『手だけだよ!エッチはしないから!』環奈は、ムキになったように言う。環奈は僕に色々と危機感を煽るようなことを言っていたが、実際にはそんな勇気がなかったんだと思う。僕には、タケル君のを口でしたり、飲んだりするとか言ったくせに、手でするくらいが精一杯だったんだと思う。それだけでも、充分に浮気で、裏切り行為だとは思うが、環奈の中ではギリギリセーフなのかも知れない……。「え?それじゃ、環奈ちゃん気持ち良くないでしょ?」

不思議そうに言うタケル君。『そんなの、必要ないよ!』動揺している環奈。僕は隙間から覗き続けるだけで、止めることもなく息を潜めている。「だって、俺とエッチしたら、凄く気持ち良いみたいだよ。みんな夢中になってくれるけど……」

『い、いいから、早く出しなさいよ!』環奈は、もうどうしていいのかわからないのだと思う。今さら、引くに引けないという感じなのだと思う。もう、こんな風になってしまったのなら、止めればいいのにと思う。でも、僕をクローゼットの中に押し込めたことも、引くに引けない気持ちを加速させているのだと思う。

同じカテゴリのエッチ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 匿名 より:

    えっ?続きはぁ(°▽°)?

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています!貴方が体験したエッチな体験談を投稿しませんか?男性女性どちらも歓迎です!
素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。