エッチ体験談が10000話を突破しました。

真夜中の密会

土曜日、お得意先と現場の下見で帰りが遅くなってしまった。途中でC3の奥様に携帯でご連絡
僕:あのさ・・・(状況説明)・・・なんで遅くなるよ。
K:そう・・・ご飯いらないの?
僕:この調子だと12時まわりそうだからさ、何か食べて帰るよ。先に寝ててもいいから。

K:うん、なるべく早く帰ってきてね。
僕:わかったよ。いつものお楽しみは明日いっぱいしてあげるから・・・
K:もう(笑)、Hなんだから・・・

それから3カ所の現場をまわり、終わったのが11時少し前。先方の部長さんが気をきかせてくれ、同行した社員さん達も交え4人でファミレスへ言ってお食事。食後のお茶を飲んで談笑している時、僕の携帯に着信が。だれかな?と思って見てみると、何とYちゃんから。こんなに遅くにどうしたんだろう。ちょっと失礼しますと席を外し、ドアの外で電話に出た。

Y:あのさ〜、さっきまでKと電話してたんだ。今日遅いんだって?
僕:ああ。と言っても、もうじき終わりだけどね。
Y:じゃさぁ、終わったらウチに来ない?
僕:え〜・・・これから?どうやらYちゃんのご両親と弟君は、所沢のお爺ちゃん宅へ泊まりらしい。それは願ってもないチャンス!Yちゃんとは2ヶ月以上SEXしてないし・・・

僕:けどさぁ・・・大丈夫なの?
Y:ゼンゼン平気!だって私一人しかいないんだもん。
僕:どうしようかな〜・・・制服着ててくれるんなら行ってもいいかな〜?
Y:いやだ〜!(笑)・・・ならそうしてあげる。

時計を見て、12時半に行くからと言って電話を切って席に戻った。それから5分ほど話をして解散。何と部長さんが「若い者は金ないからな」と食事代を出してくれた。この件は社長である義父に報告しないと大変。お礼を言って3人を見送り、自分の車でYちゃん宅へ向かった。少し離れた100円パーキングに車を止め、あと2〜3分だとと�で言うと、ドアを3回ノックせよとのご指示が。Yちゃん宅の前に到着し、玄関のドアを3回軽くノック。すぐにドアが開いて、制服姿のYちゃんが顔を出してきた。そそくさと玄関に入り、Yちゃんの招きで2階の部屋へ。何か怪しげな雰囲気。まるで子供が親に隠れて悪さしてるみたい。部屋に入ると、Yちゃんが僕に抱きついてきて、いきなりKISS攻撃

Y:久しぶり〜
僕:ホントだね。

KISSしながらYちゃんのお尻を制服の上から撫でまわすと、Yちゃんは腰をクネクネさせて体を押しつけてくる。2人でそのままベッドに倒れ込み、制服の上を捲り上げて乳首をペロペロ。Yちゃんってオッパイがほんの少ししか膨らんでいないけど、乳首はかなり敏感。すぐに可愛い声を出し始めた。右手をスカートの中に差し込んで、パンツの上から大事なところをスリスリ。おや〜?パンツが少し湿ってきたよ。Yちゃんは僕の下半身を脱がせて、元気になってるチンポを掴んで嬉しそうにフェラ。んん、かなり上手くなったな。

右手の人差し指をパンツの脇から差し込んで、クリをさすったり指入れしたりするとクチャクチャと卑猥な音が。Yちゃんを四つん這いにさせ、スカートを捲ってパンツをゆっくり下ろす。久しぶりにYちゃんのオマンコにご対面。うむむ、相変わらず可愛いオマンコ。ヘアーもドテに少しだけ。既に洪水状態で、パンツにネットリと糸が・・・

僕:おやおや、こんなに濡らしちゃって・・・パックリ開いちゃってるよ。
Y:いや〜・・・だめ、そんなに見ちゃ・・・

僕:舐めてほしい?(と言ってクンニ開始)
Y:あん・・・いや・・・ああん

Yちゃんのお尻を抱え込んで、じっくりとクンニ。途中で指入れしながらクリを吸ってあげると、Yちゃんはすぐにイッてしまった。ならばと、そのままバックから一気に生挿入。う〜ん、やはり女子中学生と女子高生は制服姿でやるのが一番だよね。うう、Yちゃんも締まりがいい。ウチの奥様はグニュグニュしながら全体的にジュワ〜っと締め上げるのだが、Yちゃんは入口付近をギュッと締めてくる。同じ○4才のC3でも全然違うタイプ。けど、もちろん両方ともメチャ気持ちいいんだけどね。Yちゃんは枕に顔を埋めて喘ぎっぱなし。もしも近所に聞かれたら大変だから、Yちゃんもその辺には気を遣ってる様だ。制服姿の中学生が後ろから犯されてる姿って最高!ヌレヌレの結合部眺めながらピストンするのが堪らん。Y:うう・・・ああ・・・僕:もうイキそう・・・中に出すよ・・

Y:(コックリ頷いて)ああ〜ん・・・もうだめ・・・ああ・・・

膣口がギュ〜っと締め付けてきたと同時に、奥深くまで突き刺して気持ちよく膣内射精。膣口がピクピクしてるのにリンクして、アナルもピクピク。Yちゃんは上半身をベッドに伏せた状態でグッタリ。暫くそのまま中の感触を楽しんでから、ティッシュを取ってゆっくり抜いた。小さな膣口から中出しした精液が出てくる瞬間が充実感を感じさせる。それが制服姿の中高生からだとホント言うことない。おそらく経験したことがある人しかわからないだろうな〜。

Y:あ〜、気持ちよかった・・・けど、制服着てるといつもより早いんだね。
僕:そう?Yちゃんの中が気持ちよすぎるからさ・・・
Y:だって、Kがいつも言ってるもん。制服の時は早いって。
僕:うう・・・ごめん・・・

Y:もう1回してくれるんなら許してあげる!
Yちゃんが一生懸命フェラしてくれると、すぐに再勃起。2人とも裸になって69したりアナル舐め合い、騎上位・座位・バック・屈曲位といろいろな体位を生挿入で楽しんだ。Yちゃんは3回くらいイッてた様だ。正常位で抱き合ってKISSしてると、両足を僕の腰に絡め奥深く包み込んでくれたので、そのままKISSしながら中出し。ゆっくり後戯を楽しんでたら、気がつくともう午前2時。大変だ、そろそろ帰らないと。Yちゃんのオマンコをキレイに拭いて、僕のチンポもキレイにしてそそくさと帰り支度。

Y:え〜・・・もう帰っちゃうの?
僕:うん・・・ごめんね
Y:・・・泊まっていけばいいのに・・・
僕:そうしたいけど・・・そうだ、今度泊まりでどこか行こうよ。

Y:ホント〜?行く行く!
僕:なら、それまでガマンできるね?
Y:うん!ゼッタイだよ!

Yちゃんが裸のまま玄関までお見送りにきてくれたので、KISSしてから壁に手をつかせてオマンコにも優しくKISS。駐車場から車を出し、自宅まではたったの2分で到着。そ〜っと玄関を開け、着ていたものを洗濯機に入れてお風呂へ入った。髪の毛を乾かし、忘れずに歯を磨いてYちゃんの匂いを消し去ってから素っ裸で寝室へ。彼女は既に寝ていたが、そっと布団にはいると彼女が目を覚まし

K:んん(完全寝ぼけ眼)・・・お帰り・・・大変だったね・・・
僕:うん。まぁ、○○さんじゃ仕方ないよね。
K:そう・・・○○おじさんの仕事だったんだ(彼女もよく知ってるので)。またどこかに連れて行かれたんでしょ?
僕:まぁね・・・もう寝よ。お楽しみは明日の朝な・・・

K:うん・・・
おやすみのKISSをすると、彼女は僕の腕枕でスヤスヤ眠ってしまった。はぁ〜バレなくて良かった。けど、すべてを僕に任せて安心して寝てる奥様の顔を見てると、罪悪感が沸いてくる。そろそろYちゃんにも彼氏ができてくれるといいんだけどな〜。

日曜日の朝は奥様としっかりSEXしてご機嫌取りしたけど。それに今日は久々の平日休み。もうじき奥様が帰ってくる。義父母は仕事でいないので、奥様と制服Hしよ〜っと・・・。

9+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!