妻を性奴隷に…寝取られ調教

PR

俺が台湾に、仕事で1年も行くことになったのがきっかけで、嫁の奈々を他人に寝取らせて、それをビデオに撮影してもらい、クラウドストレージにアップしてもらうという、とんでもない事を始めてしまった。きっかけは、エロサイトを見て影響を受けたことだったのだが、実際にやるまでには葛藤があった。

だけど、もう2度試したそのプレイは、どちらも恐ろしく刺激的だった。そして、今まで以上に嫁のことを愛おしく、大切に思うようになっていた。この前の5人との連続プレイは、さすがに嫁を傷つけてしまったと思い、深く反省していて、とりあえず次のプレイには取りかからずにいた。

嫁とは毎日ビデオチャットで色々と話をしたが、寝取られプレイのことは、何となく言いづらくて一切話さなかった。そして、嫁が台湾に遊びに来る日がとうとう来た。俺は、浮かれて空港に迎えに行く。

わざわざプリンターで”奈々様ご一行様”と書いたプラカードを持って、出口のところで待っていた。すると、嫁が出てきた、、、俺が手に持っているプラカードをみて、苦笑いしながら出てくる嫁。「恥ずかしいよぉ、、」

照れながらも、真っ直ぐに俺に向かって歩き寄ってくる。俺は、人目も気にせずに抱きしめた。嫁も恥ずかしそうだが、それ以上に嬉しそうだ。

「会いたかった、、」「私も、会いたかったよっ!」さすがにキスまではしなかったが、荷物を持って車まで運ぶ。

そして、せっかくだからとそのまま観光に出る。「孝一郎さん、お仕事ご苦労様!こんなところで、一人で頑張ってるんだね、、」助手席で、俺の手を握りながらそう言ってくれる嫁。

「いや、そんなに悪いところじゃないよ。飯も美味いしね。」「そっか、、、よかった、、、ゴメンね、一緒に来れなくて、、、」「いいよ、それより、おじいさんはどうなの?」

「うん、、、まぁ、もう92歳だしね、、でも、大丈夫だよ!」こんな会話をしながら、とりあえず台北101に連れて行く。「こんな高い建物有るんだ!」

嫁が驚く。意外と台湾は都会だ。西門町などは、渋谷原宿くらいの人混みだ。そして、タワーに登り、ショッピングをして、牛肉麺などを食べて観光をする。

嫁は、久しぶりの海外旅行に楽しそうだ。そして、夕暮れになり、九フンに連れて行く。千と千尋の神隠しの舞台になったと言われる、特徴的な階段の多い町並みに、嫁はもの凄く感動していた。

良い雰囲気になり、町並みを見ながらキスをした。「孝一郎さん、愛してます。」「俺も、愛してる。」

こんな感じで、会えなかった日々を埋めるようにデートをした。そして夕食を食べて、俺の部屋に移動した。「へぇ、結構良い部屋だね。長い髪の毛とか、落ちてないかな?」

嫁が、そんな事を言いながら、ベッドをチェックする。「馬鹿、ないって。」そう言いながら、嫁に抱きつく。

そして、どちらからともなくキスをする。激しく舌を絡め、思い切り抱きしめる。この、俺だけの奈々が、あんな風に多人数に汚された、、、そう思うと、嫉妬と焦燥感で息が止まりそうになる。

そして、キスをしながら、嫁の小さな胸を服の上から揉み、上着を脱がしていく。すると、嫁が俺を押し返しながら、「待って、お土産あるんだ!忘れてたw」こんな事を言う。

「そんなの、あとで良いから!」そう言って、また抱きしめようとすると、するりとベッドを抜け出る嫁。そして、トランクから何かを取り出す。

それは、ただのUSBメモリだった。クラウドが便利になってきて、とんと見かけなくなったUSBメモリに、ちょっと懐かしいと思いながら受け取る。「え?なに?これ?」

なんだろうと思いながら、PCのスリープを解除する。そして、メモリを刺すと、フォルダに動画ファイルが2つある、、、いきなり嫌な予感がする、、、「これって、、、もしかして、、」「へへwなんだろうねぇ?見てみる?w」

いたずらっ子の顔で、嫁が楽しそうに言う。俺は、この感じなら変なモノじゃないと思い、ファイルを再生した。すると、いきなり嫁が映る。

自分でビデオカメラを持って、自分に向けて撮影しているようだ。見慣れた自宅で、嫁が自分撮りをしている。画面は、ほぼ奈々の顔で埋まっている。「えっと、今日は、孝一郎さんに内緒でパーティーです。」

ちょっと緊張気味の奈々が、カメラに向かってそう言った。え?と、思うまもなくカメラが向きを変える。すると、3人の若い男達がソファに座っている。

「お邪魔してます!」『旦那さん、ゴメンねw』【いいから、カメラ置けよ!】この前のプレイの時の3人組だ。イケメンの大学生3人組で、散々嫁に中出しをして、飲精をさせて、失神までさせた奴らだ、、、なんで?連絡先は、俺しか知らないはずだ、、、パニックになる、、、思わず嫁をみると、ニヤニヤしながら俺を見ている。

「どういうこと?」少し苛立って聞くと、「まぁ、見ててw孝一郎さんの希望通りだよw」明るく言い返された、、、モニタを見ると、カメラが置かれて固定になる。

そして、「早く早く、こっち来なよ!」『真ん中に来いよ!』【なに恥ずかしがってるの?そんな格好でw】口々に呼ばれると、嫁がフレームインして、男達をかき分けてソファの真ん中に座る。嫁は、女子高生の制服を着ている。ツインテールにして、ミニスカセーラー服の嫁が、若い男達に囲まれてソファに座っている、、、俺は、この時すでに勃起していた。めざとく嫁が「あれぇ?どうして、大きくなってるのかなぁ?」

と、言ってきた、、、「いや、それは、その、、」しどろもどろになる俺。画面の中では、いきなり一人がチンポを嫁にくわえさせている。

【あぁ、気持ち良いwお姉さん、旦那さんに悪いと思わないの?】「くわえさせといて、それはないだろw」『お姉さん、俺のもくわえてよ』もう一人が、嫁の口に無理矢理チンポを押しつける。【うわっ!きたねーよ!チンポつけんなよ!】先にくわえさせていた男が騒ぐが、もう一人はかまわずに押しつける。

それなりのサイズの二人のチンポを、目一杯口を大きく開けてくわえる嫁。ソファに座って、男のチンポを二本もくわえている女子高生が、俺の嫁だとは、、、信じられない、、さすがにその状態では上手くフェラできないので、片方をくわえて、もう片方を手でしごく、そんな事を交互に繰り返す嫁。夢中でチンポ二本を舐めてしごく嫁。

顔が、エロい感じになってきている。すると、もう一人が嫁の後ろに回って胸を揉み始める。そして、上着をまくり上げると、ノーブラの嫁の胸があらわになる。

小さな胸が、握りつぶされ、乳首をつままれ、責め立てられていく、、、『あぁ、ヤバい、もうイクわw』軽い感じで言いながら、自分でしごいて嫁の顔にぶっかける男、、、「キャン!」嫁が驚いて声を上げる。嫁の顔、髪、はだけた胸が、白く汚れていく、、、【おまえッ!ざっけんなよっ!きったねーなぁ!】手に精子がかかった男が、キレる。『わりぃw舐めてもらえよw』男にそう言われて、嫁に手に付いた精子を舐め取らせる。

嫁は、男の手に付いた精子に、口をくっつけてすすり取る。【美味しい?】「はい、美味しいです、、」嫁は、飲み込んですぐに答える。

「あー、もうたまんねw」後ろから胸を揉んでいた男が、嫁を前に突き倒すようにする。ソファに座った状態で、床に両手を突くと、立ちバックみたいになる。男は、嫁の制服のスカートをまくり上げて、無造作にチンポを突っ込んだ。

生でバックから突っ込まれて、「あ、ひっぃっ!!」と、痛みとか恐怖ではなく、快感の色が濃い声を出す嫁、、、「スゲぇ締まるwヤベ、もうイキそうかもw」「ホ、ホント?締まってる?奈々のオマンコ締まってる?」

前回のプレイで、おっさんに緩マンと言われたことが、よほどショックだったようだ。締まると言われて、本当に嬉しそうだ、、、「超締まってるってwお姉さん可愛いし、ホント、最高っすよw」【ほら、くわえろって。】無駄口を叩くなとでも言いたげに、チンポをくわえさせる男。

精子でドロドロの顔になった嫁が、バックから突かれ、口にはくわえさせられ、企画もののAV女優のような酷い扱いを受けている、、チラッと嫁を見ると、俺の方をじっと見ている。「ど、どうして、、こんな、、、」「ぷっwそんなにさせといて、なに言ってんのw嬉しいくせにw」

確かに、言われるまでもなく、俺のチンポはギンギンになっている。濃い色のズボンなのでわからないが、ガマン汁も染み出ている感じがする、、、目の前でリアルタイムで見るのではなく、動画で見ているので、興奮できるのかも知れない、、、生で、目の前でこんな事をされたら、心臓が止まる気がする、、、「うぅーーっ!んーーっ!」口をチンポにふさがれて、うめき声しか上げられない嫁が、苦しげにする。

パンパンと肉を打つ音、目がトロンとしているのが見える。こんな状態でも、必死で頭を振ってフェラも頑張る嫁。サクッとイッて、休憩していた男が、電マを持って嫁に近づく。

そして、バックで責められている嫁のクリに、電マを当てる。ビいぃぃーーんっ!!と、いきなり強い振動音が響く。「ウウうウウウウうぅぅーーーっ!!!」

チンポをくわえたまま、叫ぶ嫁。だが、さすがに余裕がなくなり、フェラが止まる。【サボんなって。】男は、そう言うと嫁の頭を抱えて、腰を振り始める。

この前の動画でも、嫁にくわえさせながら腰を振っていた男達だが、今日は奥まで突っ込んで、さらに押し込んでいる。AVでは、いつの間にかスタンダードになってしまったイラマチオだが、自分の嫁が、しかも他人にされるのを見るのは、衝撃が凄すぎる。顔が真っ赤になる嫁。

そんな状態でも、電マを当て続ける男、、、『ウオッ!吹いたw』男は、驚いた声を出す。ビチャビチャッと、床に水たまりが出来る。上下の穴をふさがれて、電マまで当てられて潮を吹く嫁。

結婚してからは、俺とアブノーマルなプレイもけっこうしたが、元々の嫁は清楚な感じだった。それが、俺以外の男達とこんな事をしている、、、俺が喜ぶからと言う理由だけなのだろうか?「ヤベ、今のでスゲぇ締まって、、、あぁ、、出るっ!」嫁のアソコに入れていた男は、そう言って当たり前のように中出しをする。

すると、その男を押しのけるように、イラマチオさせていた男がソファに座って、上に嫁を乗っける。座った男の上に、前向きで乗っかる嫁。対面ではない座位だ。

この体勢だと、カメラに嫁の結合部分がよく映る。女子高生の制服は、上着ははぎ取られて、スカートだけだ。それもまくれ上がって、全裸に近い状態だ。

毛のないツルツルのロリマンに、男の大きめのチンポが刺さっている。そして、安めぐみに少し似てる可愛い顔が、精子でドロドロのままだ。髪の毛にも白いものがかかっていて、輪姦されているような感じさえする。

【ほら、カメラに丸写りだぜw旦那さん、喜ぶんじゃね?】下からはめている男が言う。「ヤァァ、、そんな、、、あぁ、、、恥ずかしいです、、、」年下のガキ達に、丁寧語で話す嫁。

男は、はめたまま嫁のアソコを左右に広げた。【ほら、浮気チンポくわえ込んでますって言えよw】男がアソコを広げると、嫁のアソコから白いものが垂れてくる。さっき中に出された精子だ、、、ピルを飲んでいるはずだが、大丈夫かと心配になる。

そもそも、遊んでそうな男達だ、、、妊娠よりも病気が怖い、、、嫁が性病にかかってしまったら、俺はどうなるんだろう、、どけど、俺はそれすら興奮の材料にしてしまいそうで怖い、、、「はいぃ、、あなた、、、ゴメンなさいぃ、、、若い子達の浮気チンポぉ、、奈々のオマンコに入れてもらってますうぅ、、、うぅあぁ、、何回もぉ、、、イキましたぁ、、」【うわwスゲぇ締まるw言いながら興奮すんなよw】突然、他の男が電マを当てる。『ほらほら、話してる暇があったら、もっとイケよw』「ぐうぅアァッ!ダメっ!それダメぇぇっ!すぐイッちゃうもん!イクっ!イクもんっ!あぁぁぁぁっっ!!!!」

嫁が、絶叫しながら痙攣する。そして、はめたまま潮を吹く、、、その顔、、嫁のとろけきって、快感に歪む顔、、、俺しか見れないもののはずだ。潮を吹きながら痙攣している嫁を、下から突き上げ始める男。太めのチンポが出入りするのがよく見える。

「おおおぉぉおおぉぉおお゛お゛お゛お゛お゛お゛ぉぉんんぅぅっっ!!!」嫁は、電マを当てられたまま下からガンガン突き上げられて、だらしなく開いた口からよだれまで流している。【旦那さーーんw嫁さん、イキまくってますよーーw】カメラ目線で、男が言う。

「やりすぎw」『いいから、早くイケよw交代しろw』男達は、勝手に言いたいことを言いながら、嫁を性欲処理に使い続ける。【あぁ、ヤベ、イクw中に失礼しまーーすw】カメラ目線で、まるで俺に向かって言ってるような感じで言い、中出しをした。

悔しいとか、怒りとか、そういう感情ではなく、激しい嫉妬と、それと同じくらいの興奮でおかしくなりそうだ、、、「ンおほっ!おぉぉおおっ!イグぅんぅっっ!!!」中出しをされて、イク嫁、、、グッタリする嫁を、ソファにもたれかからせて、バックから電マを使っていた男がはめる。「ぎぃぃんぅぅっ、、、らメェ、死ぬぅぅあぁぁっ!」

立て続けにぶち込まれて、意識朦朧という感じになってきた嫁、、、『やっぱ、お姉さん良いわwスゲぇ名器w』「う、、あ、ぁ、、ホント?気持ち、、良い?あ、、、ぅ、、」まだ気にしているようだ、、『マジで気持ち良いって!最高っすw』そう言いながらも、パンパン良い音をさせて腰を叩きつけていく。ソファに力なく突っ伏す嫁を、ガンガン責めていると、もう一人が近づいて、嫁の髪をひっつかんで顔を上げさせる。

マジでレイプのような、酷い扱いだ、、、そして、髪を掴んだままフェラをさせる。ソファの上で、乱暴に口を犯されながら、バックでガンガン突きまくられて、うめき声が凄い、、、そして、しばらくそのまま責められ続ける嫁。うめき、背中をのけ反らせ、時にガクガク震える嫁。

『うわっ、漏らした!汚ねっ!かかったよ!』バックで突いていた男が騒ぐ。嫁が膝をついているあたりに、また水たまりが出来ていく。潮ではなく、またこの前の時のように、おしっこを漏らしているようだ、、、ソファに手を付いて、バックでガンガンはめられながら、他の男にも口をオナホがわりに犯され続ける嫁。

『あぁ、イキそう、、どこに出せば良い?』男がそう聞くと、嫁の口に突っ込んでいた男が、口からチンポを抜く。「ぐぁああぁぁ、、あ、ひぃあぁい、、」嫁は、答えられずに死にそうなうめき声を上げるだけだ、、、男が、嫁の体の向きを変える、バックで繋がったまま、嫁を無理矢理歩かせる男。

嫁は、ヨタヨタとカメラに向かって歩いてくる。顔や髪を精子でドロドロにして、とろけて目の焦点すら怪しくなった嫁が、男に肩から抱えられるようにして、はめられたまま歩いてくる姿は、精神が壊れそうだ、、、、そして、カメラが置いてあるサイドテーブルに手を付くと、嫁の顔がアップになる。『ほら、どうなってるか、旦那さんに報告しろよ。』男が、冷たく言う。

「ひ、あぁ、、ご、ごめんなさい、、、若い男の子達にぃ、、代わる代わる中出しされてますぅ、、、ぐぅあぁ、、奈々はぁ、、あ、ひぃ、、数え切れないくらいぃ、、浮気チンポでイッてますぅ、、、あなたぁ、、ごめ、んんっ、、なさいぃ、、また、、イキますぅ、、おおおおおぉぉおおっ!!イッグゥゥッ!!!」どアップで、カメラ目線でそこまで言いきった嫁、、、可愛らしい顔を、快感に醜く歪めて、痙攣している、、そんな状態でも、カメラを見続ける嫁、、、『よし、、イクぞっ!どこに欲しいぃっ!?』「な、中にっ!奈々の子宮にぶっかけてぇっ!!!」カメラ目線で、そう叫んだ、、、そして、そのまま中出しを受ける嫁、、、中出しを受けながら、カメラを見続ける嫁、、、俺の事を見ているのだと思う、、、ここで、動画が終わった、、、「、、、奈々、、、コレ、いつの話?」

「へへ、昨日だよw」「そ、そんな!どうして、、こんな、、」「こんな、なぁに?」

嫁は、俺のチンポをズボンの上から握ってきた。「うぅ、あ、、」「大っきくなってるwそれに、このシミはなぁに?」

目を見つめられながら、こんな風に追い詰められている、、、奈々は、完全に変わってしまった。受け身から、攻め手に、MからSに、、もともと、素養があったのかも知れないが、見事な変身ぶりだ。「俺のこと、嫌いになってない?」

「何で?それは私が聞くことじゃないの?」「あぁ、、、嫌いになるわけないじゃん!変なことさせて、ホントゴメン、、」「変なこと?私も楽しんでるよwイヤイヤやっても、孝一郎さん興奮しないでしょ?だから、私も全力で楽しんでるよ」

「そうか、、、ありがとう、、」「ぷっw変なのw浮気したことにお礼を言うなんてw」「奈々、、、愛してる、、、」

もう我慢できなくなった俺は、嫁に抱きついてキスをした。奈々も、情熱的に舌を絡めてくれる。昨日、3人に輪姦されたと思うと、気が狂いそうになる。

荒々しく嫁の服を脱がしていく、、、「ダメぇ、、エッチw」こんなことを言いながら、ほぼ無抵抗に脱がされていく嫁、、、上着を脱がせると、ニプレスだけでノーブラだ、、、しかも、小ぶりな胸やお腹に、字が書いてある、、、”肉便器””精液満タン入ります!””中出し専用””お漏らししながらイク淫乱女です””チンポ入り口”矢印なんかとともに、黒のマジックで書かれている、、、「油性で書かれちゃったから、消えないんだ、、ゴメンねw」嫁が、楽しそうに言う。

俺は、奈々がおかしくなってしまったのでは?と思い、本気で焦り始めた、、、だけど、それを見てさらに興奮している俺もいる。嫁の下も脱がせにかかる。スカートを下ろすと、さすがにショーツを穿いていた。

だが、すでに色々な文字が見え隠れしている、、、ショーツを脱がすと、”人妻チンポ奴隷””外出し無用””中出し専用”こんな字が躍っている、、、そして、嫁のアソコから、ヒモが見えている、、、「コレ、、、なに?」喉がカラカラで、上手く声が出なかったが、何とか聞いた。「引っ張ってみてwプレゼントだよw」

嫁が、イタズラをする子供の顔で言う。イヤな予感しかしないまま、ヒモを引っ張ると、膨らんだタンポンが抜け落ちた、、、「あんw」嫁が大げさにあえぐ。

すると、すぐに強い精液の臭いが部屋に充満する。嫁は、椅子に座ると足を大きく広げた。嫁の、毛のないロリマンがパックリと開き、中から精子が溢れてきている、、、結構な量が流れていて、椅子に液だまりを作っていく、、、「あ、あぁ、、」

声が出てこない、、「孝一郎さん、喜んでくれた?」小首をかしげながら、可愛らしく聞いてくる嫁、、、俺は、その酷い姿を凝視したまま固まってしまった。すると嫁は、自分のアソコに手を持っていき、精子を手ですくい取った。

指に大量についた精子、、それを、口の持っていき、すすり取り始めた、、、指から全部口の中に吸い取ると、口を大きく開ける嫁、、、「飲んで良い?」口を開けながらなので、変な風に聞こえるが、確かにそう言った。「うぅ、、、あぁ、、良いよ、、、」

俺は、こんなことを言ってしまった、、、嫁は、すぐに口を閉じて、ゴクンと飲み干し、「美味しいw」と、微笑んだ。俺の中で何かがキレた。

嫁を立たせると、荒々しく後ろを向かせ、立ちバックではめようとする。すると、お尻の上に文字が書いてあった、、、アナルに向かって矢印があり、”開通済み!”と、書いてあった、、、立ちバックで犯すつもりが、そのまま床にへたり込んでしまった、、、「どうしたの?入れてくれないの?」「それ、、、お尻でしたの?」

「そうだよw初めてを、孝一郎さんじゃなくて、若い男の子に捧げましたw」「あぁ、、奈々、、、」泣きそうになりながら、ただ嫁の名前を呼ぶ俺、、、「へへw見る?私が後ろの処女なくしたところw」

そう言って、嫁がパソコンを操作して、もう一つの動画を再生した、、、今度は、カメラが手持ちになっている。ベッドに座る嫁、、さっきと違って、顔にも髪にも精子はついていない。さっぱりとした顔だ。

ほぼノーメイクになっている。『ほら、ちゃんとしゃべらないとw』男に促されて、「孝一郎さん、今、4人でお風呂に入ってきました。お風呂でも、いっぱいしました。精子もいっぱい飲ませてもらったから、お肌プルプルです。」嫁がこんなことを言う。3人とも、笑ったり、ひやかしながら聞いている。

【ホント、奈々は良い肉便器だなw】「コレから何するか言わないとw」「はい、奈々はみんなの肉便器です。コレから、孝一郎さんともしたことがない、アナルセックスをします。」言わされている感じが強いが、嫁もカメラ目線で言いながら、上気して興奮した顔になっている。

『よし、カメラにケツ向けろw』奈々は、言われるままにカメラにお尻を向ける。カメラに対して、バックの姿勢だ。男は、カメラをアソコに近づける。

アップになったロリマンは、赤く充血している感じで、お風呂に入ったのに、まだ精子が流れ出ている、、、そして、アナルにピントが合う。毛もなく、色素沈着も少なく、ほぼピンク色の綺麗なアナルだ、、、嫁のアナルなんて、こんな風にマジマジと見たことなどない、、、男がアナルに指を近づける。指はローションがついていて、そのままアナルにくっついた。

「あぁ、、」嫁が、不安そうな声を出す。『力抜けよ。肛門、切れるぞ。』男がそう言いながら、指を動かして、こじ入れようとする。

「はい、、わかりました、、」嫁の力のない返事が響く。『よし、入った、、さすがにキツイなw』「うぅうあ、あ、」

不快感からか、嫁がうめく。男は、そのまま指を動かしていたが、『何か、、、あるな、、』「イヤァァ、、そんな、、、あぁ、、、」嫁が叫ぶ。

すると、男が指を抜く。『あぁ、何かついたw』指を見ながら男が言うと、嫁が男その指を握ろうとする。「イヤぁぁッ!!見ないでッ!見ちゃダメっ!!」

必死で男の指を握ろうとする嫁だが、他の男が羽交い締めにする。男は、指をティッシュでぬぐいながら『やっぱ、綺麗にしないと無理かw』【ン、じゃあ、押さえておいて】もう一人が指示をする。「イヤぁっ!ダメ、そんなのダメっ!離してぇっ!」

バタバタ暴れる嫁を、羽交い締めにしたまま、男が嫁のアナルに小さなイチジク浣腸をした。「イヤぁっ!ダメっ!ダメっ!」嫁が絶叫するが、そのまま4つも浣腸する男。

【洗面器持ってきてw】もう一人に指示をする、、、「ダメ、、苦しい、、、お願い、、、離してください、、ダメ、、」嫁は、顔面蒼白で苦しげな顔で訴える。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1151記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。