キモオタな俺の自慢の嫁がデカチンな友人に寝取られた…

PR

俺は25歳の社会人で、ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。175cm、72kg、ちょっと太り気味の内向的なキモオタだ。

だが、奇跡的に最近結婚した。しかも、嫁はかなり可愛い。嫁のキョウコは、まだ21歳で、ピチピチの若妻だ。

彼女が短大の時に知り合い、卒業と同時に結婚した。知り合ったのは、いわゆるオンラインゲームだ。ゲームの中で知り合い、色々と助けてあげているうちに、キョウコの方から一度会いたいと言い出した。

初めて女性と二人きりで会うシチュエーションに、死ぬほどドキドキした。まともな服も持ってなかったので、ZARAに行ってお姉さんに言われるままに全部そろえたりした。そして待ち合わせ場所に行くと、凄く可愛いキョウコがいた。

今思えば、格好は腐女子っぽかったけど、可愛すぎて美人局と思った。そして声をかけたら、俺以上にガチガチに緊張しているキョウコが、にっこりと笑いかけてくれた。このとき、俺は恋に落ちた。

かなり重度なオタのキョウコと俺との相性はぴったりで、趣味も完全に一致した。そして、トントン拍子に結婚になった。双方の両親とも、オタな俺とキョウコが結婚出来るなどとは思っていなかったようで、ものすごく喜んでくれて、良い結婚式だった。

おまけに、ポンと家まで買ってもらえて、幸せを絵に描いたような生活が始まった。基本、家でゲームしたり、DVD見たり、本を読んで過ごすことが多い。二人とも、友人がほぼいないからだ。

そんな中、俺の唯一の親友が、パソコンを直しに来てくれた。俺は、オタのくせにパソコンに弱い。使うのはエキスパートの先生wだが、メカニカルな部分は全くダメだ。親友のトオルは、俺以上にヤバいオタで、ルックスはそこそこだけど、スーパーオタだ。

結婚式にも来てくれたが、家には初めて来る。インターフォンが鳴り、出迎えると、一見オタには見えない爽やかなトオルがいた。こんななりのくせに、彼女いない歴=年齢、なのは、内面のキモオタ成分が表に見え隠れしているからだと思う。

「悪いね、トオル!助かるよ。」俺が出迎えると、すぐにキョウコも出迎える。「トオルさん、すいません、お忙しいのに、、、」

出迎えたキョウコを見て、トオルが固まっている。たぶん、可愛くて驚いているのだと思う。結婚式の時は、メイクでわからなかったはずだが、キョウコはめちゃくちゃ可愛い。

はっきり言って、自慢だ。トオルは、「あァ、いいえ、忙しくないし、、大丈夫です、、」キョウコに声をかけられて、キョドり気味だ。

女慣れしていないトオルをみて、優越感を覚える。そして、ほぼ無言でパソコンをいじり出す。色々見た後、基盤を開けて部品を変えてくれた。

すると、あっけないほど簡単に直った。「トオルさん、凄いです!頼りになります!ホント、ヒロシとは大違いです。」キョウコが驚いてそんなことを言う。

ちょっとムッとした俺は、「あーー!そんなこと言ってると、もう抱いてやらないぞ!」なんて言った。いつも、どちらかというと尻に敷かれている俺は、こんな事を言うキャラではないのだが、トオルの手前かっこつけてみた。

すると、「ちょっと、何言ってるの!もう!恥ずかしいこと言わないの!いいよ、トオルさんにしてもらうからw」キョウコにこんな事を言われた。思わず「うぐぅ」

と、変なうめき声が出た。それを聞いて、2人とも笑って和んだ。そして、トオルが帰ろうとすると、キョウコが「本当に、ありがとうございました。今度は遊びに来てください。待ってます!」

と、良い笑顔で言った。俺は、ちょっと嫉妬しながら「そうそう、ホント、いつでも来いよ!夕飯も3人の方が楽しいからさw」なんて言ってみた。

そしてトオルが帰ると、キョウコをソファに押し込んだ。「きゃっ!どうしたの?」と驚くキョウコに、強引にキスをした。

柔らかい感触、、、キョウコは、俺と付き合うまでは、他の男とキスはおろか手を繋いだこともない。ずっとオタで、大学も短大で男がいなかったからということもあるのだろうが、本当にラッキーだった。と言う俺も、全く同じで、キョウコが全てにおいて初めての女だった。

キョウコの口の中に舌を差し込む。すぐにキョウコも舌を絡めてくれる。キョウコも言っているが、舌を絡めるキスは大好きだそうだ。

たかがキスが、こんなに気持ち良いなんて、想像もしていなかったそうだ。それは俺も同じで、キスでこんなに感じてしまうなら、セックスしたら気持ちよくて死ぬんじゃないかと思ったくらいだ。だが、後日期待していたセックスが、それほど気持ちよくなかったのは、オナニーのやり過ぎだからだと思う。

「どうしたの?ヒロシ、ちょっと怖いよぉ。」キョウコが驚いている。俺は、さっきキョウコが”いいよ、トオルさんにしてもらうからw”と言った言葉に、ムキになって嫉妬しているのだと思う。

「トオルにしてもらいたいのか!?」ちょっと強めに言う。「え?ふふw嫉妬してるの?可愛いw冗談に決まってるじゃん!」

「ホント?だって、あいつの方がイケメンだし、、、」「ぷっwそんなに変わらないからwそれに、ちょっとトオルさんキョドり過ぎw」「なぁ、キョウコ、愛してる。」

「へへw愛してるよ。ねぇ、ベッド行こ?」そんな風に可愛らしく言ってくれた。そして仲良く寝室に入り、ベッドに倒れ込む。

キスをして、抱きしめる。「ヒロシは、嫉妬すると男らしくなるんだねw」「ゴメン、怖かった?」

「ううん、、そう言うヒロシ、好きかもw」その言い方に、ちょっとゾクッときた。キョウコは、可愛くて清純な感じの割に、たまに小悪魔的なところを見せる。

そう言うところも、たまらなく好きだ。そして、キョウコの服を脱がしていく。キョウコは、すぐに電気を消してくれと言う。

いまだに恥ずかしがるキョウコが、可愛くて仕方ない。だが、キョウコの体を、明るいところでじっくりと見たいという気持ちもある。キョウコは、童顔で可愛らしい感じだが、胸が大きい。

そして、驚いたのだが、下の毛が生まれつきない。そんな、ロリなところも俺の好みにぴったりだ。電気を消した薄暗い中で、キョウコの大きな胸が揺れている。

こらえきれずにむしゃぶりつき、乳首を舐める。可愛い小さな乳首は、硬くなっていて、キョウコの興奮が伝わってくる。「あ、くぅあ、、ん、、」

控えめなキョウコのあえぎが俺を刺激する。我慢出来ずに、コンドームを取り出して装着する。そして、「キョウコ、行くよ、、」

とささやいてから、正常位で挿入する。スルンと全部入ると「ああぁ、ヒロシィ、、気持ち良いよぉ、、」と、泣きそうな顔で言ってくれる。

キョウコが恥ずかしがるので、下の方を愛撫することはない。どうも、クリトリスが大きめなのが凄く気になっていて、見られたくないようだ。別に、普通サイズだと思うが、他の女性のアソコを見たことがないので、イマイチわからない。

挿入すると、もうイキそうな気配が来る。初体験の時こそ、あまり気持ちよくないなぁと思ったのだが、慣れてくるとやっぱり気持ち良い。もともと早漏気味の俺なので、もうイキそうなのだが、さすがに早すぎると思い頑張った。

「あっ、あっ、、あん、、ん、、ヒロシ、愛してる、、」可愛らしくあえぎながら、そんなことを言ってくれる。嬉しくて、キスをした。

舌を絡め合うと、もう限界だった。「イク、、出るっ!」そう言って、射精した。

「え?あァ、、イッてぇ!」一瞬、”もうイクの?”という感じになったが、すぐに抱きついてくれた。そして、腕枕でいちゃつきながら、「ゴメンね、早くて、、、」

と、謝った。「ううん、、、嬉しいよ。興奮してるから早いんでしょ?私で興奮してくれてるって、嬉しいよw」健気なことを言ってくれる、、、「ありがとう、、、でも、欲求不満にならない?」

「ならないよ!あ、でも、不満解消に、トオルさんにしてもらっちゃおうかなぁw」と、小悪魔モードで言われた。「そ、そんな、、」

思わずどもる。「ふふw冗談w」こんな事を言われたが、トオルに抱かれるキョウコを想像して、嫉妬で狂った。

キョウコにまた抱きついて、荒々しく四つん這いにさせた。「いや、ダメ!恥ずかしいよ!」本気で嫌がるキョウコ。

今まで、正常位以外でしたことはない。無理矢理四つん這いにして、ゴムをつけると後ろから挿入した。「あぁぁつ!!ダメぇっ!!」

気のせいではなく、バックで入れるとキョウコはいつもより激しく反応した。すぐに夢中で腰を振り始める。「こうされたいのか!トオルにこうされたいのか!」

こんな事を口走りながら、荒々しく腰を振る。生まれて初めてのバックでのセックスだが、ヤバいくらいに興奮した。征服欲が満たされるというか、支配している感じがたまらない。

「そんなことないもん!ダメぇ!あぁっ!アッ!あァっっ!」キョウコは、否定しながらもいつもより大きくあえいでいる。「キョウコ、愛してる!俺だけ見てろよ!」

そう言って、腰を振りながらもうイキそうだ。「あァ!愛してるっ!ヒロシ!好き!好き!あぁっ!気持ち良いよぉ、、くっ!あぁっ!」背中を少しのけ反らせて感じるキョウコ。

初めて、セックスでキョウコを感じさせられたような気持ちになれた。そして、あっけなくイッた、、、また腕枕になる。「ゴメン、ホント、ゴメン!」

冷静になった俺は、とにかく謝った。「ううん、、、嫉妬してくれて、可愛かった、、、それに、、、男らしかったよw」顔を赤くして照れながら言うキョウコ。

「気持ち、、、よかった?」おそるおそる聞くと「うん!気持ちよかった!」元気いっぱいな笑顔でそう言った。

しかし、俺もどうかしている。トオルなんかに嫉妬するなんて、ばからしい、、、確かに、顔は少しだけあっちが上だと思うが、後は全部俺の勝ちのはずだ。だが、さっきの感覚はなんだろう?キョウコがトオルに抱かれているのを想像した時、嫉妬や怒りの他に、快感もあった気がする、、、こんな感じで、日々過ごしていた。キョウコは、嫉妬した俺が少し荒っぽく抱くのが気に入ったようで、あの日以来毎日セックスをするようになっていた。

俺たちのセックスは、ちょっとずつエスカレートして、ハメながら「トオルにこうされたいんだろ!?はめられたいんだろ!?」と俺が言うと「そう!して欲しい!トオルさんにメチャメチャにされたいの!」などと言うようになっていた、、、もちろん、あくまでプレイの時だけで、実際にはそんなことは全く思ってもいないそうだけど、そう言われることで、俺は嫉妬に狂ってかなり激しくキョウコを抱く。

それがキョウコもたまらないようで、色々と嫉妬させるようなことを言うようになっていた。そして、色々と言われると、なぜか興奮する俺がいた。キョウコを抱くトオルを想像して、怒りよりも興奮するようになっていた、、、そんなセックスを繰り返していたが、トオルが遊びに来ることになった。

俺が誘って約束した。キョウコが、トオルとこの前みたいに話をするのを見て、嫉妬したかったからだ。もちろん、それ以上のことをするつもりもないし、キョウコに指一本触れさせるつもりはない。

そして、トオルが来る日、キョウコが可愛らしい露出が高い格好をして「ねぇ、可愛い?トオルさん、気に入ってくれるかなぁ?」などと、小悪魔みたいな顔で言ってきた。もう、嫉妬で興奮する俺がいた。

思わず抱きしめて、荒々しくキスをすると、キョウコはトロンとした顔で「ふふwヒロシ男らしくてドキッとしたよw」と、嬉しそうに言う。俺は、俺なんかと一緒にいてくれる感謝の気持ちから、キョウコに対して必要以上に優しく丁寧に接しすぎていたのかもしれない。

キョウコは、ある程度、男らしくと言うか、ワイルドなところも俺に求めているのだと思った。すると、インターフォンが鳴り、トオルが来た。手土産に酒を持ってきたトオル。

ミニスカで肩丸出しのキョウコが出迎える。トオルは「こんばんは。お邪魔します。キョウコちゃん、可愛い格好だねw」と言いながら家に上がった。

トオルの視線は、ミニスカートからのぞく、キョウコの生足に固定されていた。それだけでもすでに興奮してる俺wそして、キョウコの手料理を食べ始める。酒も飲みながら、昔話に花を咲かせる。俺たちの高校時代は、黒歴史的な感じなのだが、キョウコも同じようなモノなので、凄く盛り上がった。

そして、食事が終わって、リビングに移動して床に座って飲み始めた。俺は、ちょっと飲み過ぎだったと思うが、キョウコの自慢ばかりしてしまった。「キョウコ、可愛い顔してエロいから、毎晩やってるんだよw身体もたねーしw」

こんなことを言ったのは、トオルに自慢したかったからだと思う。すると、キョウコが顔を少し赤くして「ヒロシがやってくるんじゃん!私はエロくないもん!それに、ヒロシすぐ終わるから疲れないでしょw」などと言う。

すぐ終わると言われて、微妙に傷ついたが、事実なので仕方ない、、、「はいはいw俺が早くイったらもう一回とか言うくせにw」悔し紛れにそう言った。するとすかさず「中途半端だからだよwでも、2回目もマッハだよねw」

こんな風にからかわれた。確かに、実際に俺は愚地克巳も驚くほどのマッハぶりなので、何も言い返せない。言い返せない俺をニヤニヤ笑いながら見て、キョウコがトオルに「トオルさんは早いんですか?w」と、愛嬌たっぷりに聞く。

「イヤ、俺はオナニーのしすぎで、遅いんだよw」トオルは、動揺することもなくそう答えた。なんか、今日のトオルはこの前のトオルと違う感じだ。妙に自身が現れているというか、キョウコに対してキョドらない。余裕がある感じがする。

「へぇ、いいなぁ、、、ヒロシもオナニーいっぱいしてよw」妙に真剣な口調で言うキョウコ。「バカ!お前がいるのにするわけないじゃんw」

俺は、なんとなく馬鹿にされているような気持ちでそう答えた。「そっかぁ、じゃあ、ずっと早いままだねw」すると、キョウコがこう言った。もう、完全に馬鹿にされている感じだ、、、なのに、密かに勃起している俺はどうしてしまったんだろう?「うるせー」

苦し紛れにそう言った。多少の心の葛藤はあったが、楽しい時間を過ごしていた。キョウコが、床に座って飲みながら、姿勢を変えたり、足を組み直したりするたびに、パンツが丸見えになっている。

それとなくトオルを見ると、チラチラキョウコのパンツを見ているw俺は、優越感を持つ。そのパンツの中身は俺しか知らないんだぜw天然パイパンで、スゲェエロいんだぜwこんな事を思いながら、飲み続ける。「ホント、ヒロシが羨ましいよ。こんな若くて可愛い嫁さん、どうやって知り合った?」

トオルが、羨ましそうに聞いてくる。俺は、自慢げに「運命だよw」と、言ってやった。

すると、キョウコがニヤつきながら「ゲームじゃんw」と、正直に言ってしまう。別に、出会ったのがオンラインゲームでも良いと思うのだが、なんとなく恥ずかしいと思ってしまう俺がいた。「そうなんだ、でも、キョウコちゃんモテそうだからライバル多かったんじゃないの?」

だが、トオルはそんな事関係なく、キョウコを褒め続ける。「そんな事ないです、、、私、人見知りだし、オタだし、」キョウコが照れながら言う。

俺は、キョウコのことを褒めるトオルに、優越感全開で、おそらくドヤ顔で「そうだぜ、俺が初めての男wしかも、キスも手をつないだのもw」と言った。「ちょっと!そんことまで言わないでよ!ヒロシだって童貞だったじゃん!」

キョウコが、照れて慌てながら言う。「お前と出会うために生まれてきたんだから、当たり前だろ?」俺は、こんな恥ずかしいセリフを言った。ちょっと、酔いすぎかな?トオルが持ってきてくれた酒は、飲みやすいからぐいぐい飲んでしまう、、、「へぇ、初めて同士なんて、最高じゃんw」

トオルがそう言ってくれた。やっぱりコイツとは気が合う、、、、、、、、、、そこで意識が途切れた。キョウコの声に、目が覚めた。すると、なんか変なことを言っている。

「ホント!?え?信じられない、、、指、回らないよぉ、、」キョウコが何かに驚いている。そっと目を開けると、トオルがチンポ丸出しで寝ていて、そのチンポをキョウコが握っている、、、一気に目が覚めた。キョウコが、トオルのチンポを握っている?夢でも見ているのかと思った。

だが、キョウコはさらに怯えたような声で「それに、、、、堅い、、、全然違う、、、なんか、、、怖い、、、」こんな事まで言った。全然違う?何が?と思って目をこらすと、トオルのチンポが明らかにデカい。

作り物と疑うレベルのでかさだ。そう言えば、あいつデカかった。と言っても、勃起したところなんて見たことないので、普通サイズの時の話しだが、それでもブランとデカかった記憶がある。俺のよりもデカいチンポを、嫁のキョウコが好奇心いっぱいの感じで握っている。

俺は、すぐに止めるべきだったと思う。だが、息が苦しくなるくらいの興奮に包まれていた俺は、黙って薄目で見続けた。黙って手を上下に動かすキョウコ。

しばらく続けて、「これは、、無理、、かな?ていうか、無理だw外人さんみたい、、、」何が無理なんだろう?入れるのが無理って事か?入れるつもりだったのか?頭が混乱する。だが、この興奮はなんだ?俺は、どうしてしまったんだろう?すると、いきなりトオルが寝返りを打ちそうになり、ムニャムニャと言う。

慌ててキョウコは手を離して寝たふりをする。良かった、、終わった、、、ホッと息をつくと、もっと衝撃的な光景が俺を襲う。トオルが、キョウコの胸を躊躇なく揉み始めた、、、トオルに胸を揉まれるキョウコ。

寝たふりで、起きているはずだが、キョウコは何も言わない。何も動かない。何故?どうして止めない?俺がパニクっていると、トオルがキョウコのキャミソールを一気にまくり上げた。キョウコの可愛いブラがあらわになる。

そして、躊躇なくノータイムでブラを外すトオル。なんで、こんなにも躊躇がないんだろう?起きるかも?とか、思わないのか?意味がわからない。キョウコの真っ白な胸、、、ロリっぽい見た目に反して馬鹿デカい胸、、、小さな乳輪と小さなピンクの乳首、、、俺だけが見ることが出来る宝物のはずだ、、、トオルに見られてる、、、そう思うと、嫉妬と怒りがメラメラとわき上がるが、俺は寝たふりを続ける。

魅入られていたのだと思う。キョウコが、他の男の手で汚されるのを、見たいと思っていたのだと思う、、トオルはまた躊躇なくキョウコの乳首を責め始める。トオルは、たぶん童貞のくせに、弾いたりさすったり、上手に乳首を責めているように見える。

俺は、ヤバイと思っていた。キョウコは寝ていない、、、寝たふりなので、トオルの乳首責めで火がついてしまうのではないか?そんな心配をしていた。すると、思った通りというか「んんーーんフゥンハァ、、ハァ、、、んん、、、」

と、キョウコがエッチな声を出し始めた。だが、トオルは手を止めない。普通なら、寝てる女にイタズラをしていて、起きてるような声を出したら、慌てて止めるはずだ。

何故止めない?不思議だし、ちょっと怖い。すると、トオルはエスカレートして、指ではなく舌でキョウコの乳首を舐め始める。俺は、絶望的な気持ちになった。

俺だけの乳首が、、、キョウコが傷物になった気がした。だが、トオルは手を止めない。普通なら、寝てる女にイタズラをしていて、起きてるような声を出したら、慌てて止めるはずだ。

何故止めない?不思議だし、ちょっと怖い。すると、トオルはエスカレートして、指ではなく舌でキョウコの乳首を舐め始める。俺は、絶望的な気持ちになった。

俺だけの乳首が、、、キョウコが傷物になった気がした。「んんーーっ!」キョウコが、こんな声を上げる。だが、まだ寝たふりを続けるキョウコ。

「フーーーンフーーーゥんんっ!くぅーーーあぁ、、」キョウコの声がドンドンでかくなる。どう考えても、起きてるのがわかるはずだ。

トオルは、キョウコが起きてるのをわかってる?そんな疑念が浮かぶ。すると、キョウコが仰向けに寝返りを打つ。二人の頭上から覗くような感じで見ているが、キョウコが仰向けになったので、より見やすくなった。

キョウコは、そのまま舐められるに任せている。トオルは、舌や指で乳首を責め続ける。「ふーーん、、あぁ、、、っ、、くぅあぁっ!ンあっ!う、くあぁ!」

もう、感じているのは間違いない。俺以外の男の愛撫で感じてしまうキョウコ。愛がないのに感じるなんて、信じられない。

泣きそうになっていると、トオルは無慈悲にキョウコのスカートをまくり上げた。止めてくれ!と、叫びそうになったが、何とか思いとどまった。この角度からは、どうなっているのかイマイチわからないが、トオルが移動してキョウコのアソコに顔を近づけた。

下着は脱がしていないので、パンツの上から舐めている感じだ。キョウコが下着の上からとはいえアソコを舐められている。俺もしたことがないことをしている。

もう、衝撃で世界が歪みそうだ、、、パンツの上から舐め続けるトオル。「フゥン!フゥン!フッ!フッ!ふ、ハァッ!」キョウコの声が大きくなる。

もう、止めてくれ、、、そんな俺の祈りは届かず、トオルがキョウコのパンツを脱がそうとした。すると、信じられないものを見てしまった。キョウコが、微妙に腰を浮かせて、パンツを脱がすのを手伝った、、、この角度からでは、キョウコの顔は見えないので、もしかしてもう寝たふりを止めているのかと思うくらいの、協力っぷりだった。

そして、トオルがとうとうキョウコのアソコに直接舌を這わせる、、、すぐに、「ハッ!ハッ!ハ、フッ!フーーーぅっ!フーーーーぅっ!」キョウコがあえぎ始める。だが、まだ声を必死で抑えようとしているのが伝わる。

キョウコの腰のあたりが、ブルブル震えているのも見て取れる。すると、キョウコの腰が浮き始める。腰を微妙に浮かせながら、ブルブル震えるキョウコ。

「んんーーっ!んぐぅーーっ!ぐぅーーっ!ご、あぁぁっ!!」聞いたこともない声を上げて、キョウコがビクンとひときわ大きく震えた。俺は、キョウコがイカされた事を理解した。

俺が、一度も出来ていないことだ。セックスで、俺はキョウコを満足させられていない自覚がある。イカせた事も無いとわかっている。

それをトオルが、あっけなくやってのけた、、、トオルに対して、優越感を持っていたのだが、そんなものは消えてなくなった。だが、俺はどうしてしまったんだろう、、、勃起が収まらない、、、止めなくちゃ、、、そう思っても体が動かない。すると、トオルが剥き出しのままのチンポを、キョウコのアソコに押しつける。

まさか!そんな!そこまでするつもりか!?ゴムは?避妊は!?頭の中をこんな言葉がグルグル回る。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1365記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。