会社の経営が傾き…妻が地元の権力者に体を売った話

もう何年も前の話になりますが、良かったら聞いてください。私は1960年代に、ある地方都市に生まれました。

ちょうどバブルの真っ最中に社会人になり、バブルの崩壊を味わったことになります。妻の若葉と出会ったのは中学の時でした。同じクラスになり初めて若葉を見た時、その美少女っぷりに一目惚れしました。

明るい性格で頭も良い若葉は誰からも好かれ、当然のように男にもモテまくっていました。恋のライバルは非常に多く、特に、私の同級生は、粒ぞろい(私が言うのも変ですが)でした。信用組合理事長の息子である庄司、地元の大きな産業である某メーカーの工場長の息子、高野、後に東大へ現役で入る秀才、深沢などが、その代表格でしょうか。

信金とか田舎の企業を挙げても、東京の人にはピンと来ず、え?それがどうしたの?親は関係ないだろ?という感覚だと思いますが、バブルのせいだったのか、それとも地方都市のせいか分かりませんが、私の地元では、その信用組合と、メーカーがかなりの幅を利かせていて、その影響力は凄まじいものだったのです。中学では庄司が生徒会長、若葉が副会長をやっており、二人は一緒に過ごす時間が多かったため美少女でどこか品のある若葉に、庄司はかなり惚れ込んでいました。しかし、強引で我侭なところのある庄司のことを若葉は良く思っておらずかなりしつこく言い寄る庄司を迷惑に思っていたようです。

そんな状況下で、若葉を庄司からさりげなく守っていたのが、同じく生徒会の役員であった私でした。いずれにしましても、そのような同級生達が居るにも関わらず若葉は、中学の卒業式の日、思い切って告白した私に、OKの返事をし、交際が始まりました。それから、3年間付き合い、高校を卒業すると同時に、親の反対を押し切って駆け落ち同然で入籍しました。

入籍して4年が過ぎた時、義父(若葉の父)が癌であることが判明し、私たちは、ようやく許され若葉の家の工場を手伝うようになりました。それから1年程度経って、義父が他界し、私が工場を継ぎました。しかし、私が社長になってから、1年も経たない内に会社はどんどん傾いていきました。

私の経営センスの問題もありましたが、何よりもバブル崩壊とちょうど重なってしまったのです。前年に高額な機械を借金して購入したことや、掛売りしていた大口が倒産していくなどどうしょうもない状態が続いてうえに、信用金庫から貸しはがしまで重なりました。妻と2人で信金や得意先など必死に頭を下げて回りましたが、どうにもならず、諦めかけた時に、若葉が「1件だけ当てがある」と言い出して、一人で出掛けて行きました。

私は、若葉の行き先に検討がついていましたが、どうしても止めることができませんでした。夏の暑い日だったことを今も覚えています。その日、若葉は夜遅くなって憔悴しきった様子で帰ってきました。

私は目を反らしてそそくさと浴室に向かう若葉に声を掛けられませんでした。結局、信金からの返済猶予や、サン○○というメーカーから新規受注などがあって工場は、なんとか持ち直すことができました。しかし、数週間後、事情があって仲違いした同級生から、久しぶりに連絡がありました。

「裸になった若葉ちゃん超可愛かったぞwご馳走様でした。良いカラダに成長したなw」私は若葉が庄司に抱かれたことは、薄々予想はしていました。しかし、現実は、もっと厳しいものだったのです

同じカテゴリのエッチ体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています!貴方が体験したエッチな体験談を投稿しませんか?男性女性どちらも歓迎です!
素敵な体験談をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。