エッチ体験談 15,000話 突破!!

高齢者福祉施設で乱れる彼女

名前はアキ、スペックは奥菜恵似B86-DW-58H-85
大切にしてたのに・・・いくら何でも、俺が採用して目を掛けていた直属の部下と俺のデスクで俺の目の前で、あんなにも乱れるなんて・・・

アキとの出会いは昨年春で俺28-アキ20の春でした。

出会いとなる職場は高齢者を対象とした福祉施設でした。その施設は小さいながらも、俺の両親が経営している事から私は管理的な立場で職員の採用や経営の中枢的な立場でした。アキは当年の応募者の中でもズバ抜けて可愛いく、面接時には、はち切れんばかりのEカップの胸と深いスリッドの入ったタイトスカートが印象的でした。

面接段階では天然ボケが目立ち頼りなく感じましたが、笑顔が可愛かったので、半ば私情が入って俺の独断で採用としました。この時の俺の決断が別の面接官からアキに伝わり好意を抱かれ入社2ヶ月程で飲み友達になり二人の距離が近づきました。この飲み機会に、アキの過去を聞いたところ、アキは天然ノリで口説かれるとすぐにその気になり易く、かなり痛い過去の持ち主でした。

複数の友達の前でレイプ同様で処女を失い・・・好きでも無い男に口説かれると断れず・・・飲み会は意識不明の中お持ち帰り・・・

一方、俺はスマートな大人を気取っていましたが、実際は経験人数3人のダサ男で、付き合うに際しては、『この娘は俺とは違う世界の人では?』なんて不安もありましたが初めてのSEXで完全に虜になって思考能力を麻痺させられました。アキとの初SEXは、アキが自分で語った経歴とは異なり、とてもピュアで、お互いに恥じらいながらも、愛情を確かめ合うかのような交わりでした。初エッチ後の「もっと早く翔太(←俺)に出会っていれば余計な心配をさせる過去も無かったのに・・・ごめんね」

なんて、アキの言葉を堺に真剣に付き合うこととなり、俺は結婚を前提にとても大切に交際を続けてきました。何事もなく平穏に過ぎたアキとの時間をぶち壊す次の登場人物、マサシは今年の春に現れました・・・マサシは18才高校卒業と同時に、この業界では珍しく無資格で就職に望んだ強者で、愛想の良さとかなりのルックスの良さが目立つ今時の若い奴って感じでした。

無資格で若年であることから他の2人の面接官は不採用の判断でしたが、アキ同様、素直さと明るい笑顔を評価して俺の判断で採用しました。俺は無資格でこの業界に飛び込んできたマサシを弟のよう想い、アキと同じ現場に配属しアキをマサシの教育係に任命しました。しかし、俺の親心も知らずマサシはアキに興味を持ち、職場には公表していない俺たちの関係に気づくこともなく、あからさまにアキを口説き始めたのです。

アキは当初こそ「マサシは子供だから、相手にしてないよ」と言っていましたが入社3ヶ月の初めての夜勤業務を終えた頃から周囲からも噂されるほど親しく、マサシ「次の夜勤の仮眠中に仮眠室にお邪魔してもいい?」アキ「ばか(笑)私声が大きくて利用者が起きちゃうからダメ」第三者「私も彼と夜勤中にやったことあるよ」

アキ&マサシ「やっちゃう?ちょっと興奮するかも(爆)」なんて会話が飛び交っていました・・・俺は「これは悪い冗談だ」と思い込むようにしていましたが、アキの夜勤前日のデート中にふとアキの携帯メールを盗み見してしまいました。内容はこんな感じ・・・

マサシ「明日の夜勤よろしくッス、明日アキ姉のアソコに入るのはコレ→(ちんちん画像)」アキ「また〜お姉ちんをその気にさせて〜(笑)」マサシ「イイじゃん。次は抵抗してもやめないからね。」

アキ「ダメ、この前のトコまでならやっても良いケド、その先はダメだよ。絶対無理」マサシ「わかったよ〜じゃ盛り上がったらやらせて」アキ「絶対やらせない。翔太にばれたらマサシも私も職場にいられないよ」

マサシ「あいあい。じゃ〜この前の約束通りに黒の下着で来いよ。」アキ「はい。PS:念のためゴム持ってきといて(>_<)」マサシ「やっぱ、アキさんは俺の思った通りの女だね♪」

おいおい・・・この前の夜勤に何があったんだよ?まさか年寄りだらけの職場で本気でヤルんじゃ無いだろーなー。かなりの怒りが沸き上がっていましたが、問いつめたら絶対に別れることになる・・・そう思ってダーツから戻ったアキに確認することもできずに、「とりあえず、明日は俺も泊まり込みで、アキをあの馬鹿の誘惑から避難させないと!」その一心で翌日の夜勤を迎えたのです。

そして運命の夜勤当日・・・その現場となる福祉施設は痴呆性高齢者定員18名を対象とした宿泊施設で、1F=利用者9名:職員1名2F=1F同様3F=事務所と役員室になっています。3F事務所は昼間以外は使用せず、役員室は主に俺が独占している部屋です。

つまり、夜勤帯は職員2名が各階に別れて介護業務を行う訳です。まぁ、夜勤業務と言っても比較的自立されている方が入所される施設の為何も無い穏やかな日は特別な業務も無く、1時間間隔の巡回以外は、2名の夜勤者はいずれかの介護職員室に集まり暇を潰す事となるのです。俺はいつもは、19時頃には退勤するのですが当日は3Fの役員室に残り、利用者の就寝時間を過ぎた以降も、マサシ-1Fとアキ2Fの詰め所に定期的に巡回を行いました。

俺の牽制は功を奏し、当日は落ち着いた夜でしたが2人は各階に別れて仕事をしており、このまま朝まで現状を維持すれば明朝アキとゆっくり話し合おう、そんな矢先にマサシから内線電話が入りました。マ『○○さんが急に吐血して・・・救急車呼んでもらって良いですか?』俺『分かった。病院は俺が付き添うから、アキに家族へ連絡するよう伝えて』こんな場合俺が通院に行く必要も無いのですが、そこは管理者の悲しい習性・・・10分も待たずに救急車が到着し、俺を送り出すマサシとアキが2人並んだ姿を見て『あーヤバイかも・・・でもこんな状況下であり得ない』と自分に言い聞かせました。

そして、通院付添の結果、輸血が必要となり、家族による承諾書が必要となりました。俺はホームに電話してアキに「家族との連絡は? 」と確認しましたが、『家族不在の為、留守電にメッセした』との事でした。しかし、アキとの連絡直後に家族が現れ、俺は必要事項を家族引き継ぎ事後の処理を任せて、用無しとなったのです。

(後から知ったのですが家族は留守電を確認しすぐに病院に駆けつけたのと事・・・)そして帰りのタクシーの中、施設に戻りの報告の電話を入れようと考えましたが、もしこの状況下においてもアキとマサシが間違いを犯すのであれば、「アキとの未来は無い?」そう考えて連絡無しでホームに戻ったのです。俺が戻ったときにはホームの正面玄関は施錠されており1Fの詰め所は電気が消えていました。

俺は裏口にある非常用のスロープを使って2階に上がりました。既に嫌な予感がしていたので、俺は音も立てずに2Fの非常口から館内に忍び寄りました。館内に入り、最初に気づいたのは2Fの照明が消されている事でした。

階下の電気も消され、何故このフロアーも?嫌な予感は的中しました。詰め所をのぞき込むと、マサシが携帯のカメラ照明をアキに向けて照らし、アキは90度のお辞儀をする格好でマサシの陰部に顔を埋めていたのです。俺は詰め所の隣の倉庫に入りました。

詰め所とリネン倉庫はパーテーション1枚挟んで隣接しており声は丸聞こえのはずですが、俺は極度の緊張と怒りにより硬直していました。少し落ち着くまでは頭が真っ白でしたが、徐々に2人の会話が聞こえてきました。そう、会話のみでなく入所者用に施設に常備している高齢者用の電動マッサージの電気音と共に・・・

マ「ねー俺の目を見てよ」ア「うん見てるよ。ねー写メとっても良いけど誰にも見せないでよ」マ「わかってるよ。イクまで頑張ったらイレて上げるからね」

ア「いやだ(笑)ねーこのマッサージ機、外してイイ?」マ「外したい?じゃー何で腰が動いてんだヨ」アキは俺にはしたことのない、いやらしい音を立ててマサシをくわえ込んでいるのが手に取るように分かりました。

俺的には『もうこれで終わりだ・・・』今すぐ飛び出して制止しよう、その時、俺との間柄では口にしたこと無い、甘えたいやらしい言葉がアキのから発せられたのです。「私ってMだから・・・こういうの興奮するんだよね。」その言葉を聞いた時、俺は自分が今まで経験したことの無い程、勃起している事に気がつきました。

今は2人のシルエットと会話しか確認できないけど、テラスを伝わって回り込めば、しっかりと視認できる!異様な興奮の中、テラスの窓からのぞき込むと・・・ガラス越しである為、2人の会話は聞き取れませんが、アキの腰が円を描くように動き、マサシの顔を上目使いで直視している様が見えました。至近距離である為、アキがマサシに垂らす異様な量の唾液すら見えたのです。

その時アキは笑顔で、マサシは怒っているようにも見えました。突然、マサシが立ち上がり、アキの顔めがけて射精しました。何故か?アキは大きな口を開けると同時にTシャツをまくり上げ、『胸にもかけて』と言わんばかりのポーズで迎え入れました。

でも、マサシはアキの顔面に塗りたくるように発射しました。言うまでもありませんが、俺はアキに顔シャしたことも無ければ、おもちゃ使った事もありません。アキは以前『顔に出す人は、愛情よりSEXを優先している人だから嫌い』そう言ったから・・・

そして、アキは顔からしたたり落ちる精液を拭き取る事もせずに、マサシの手を引いて3Fに上がって言ったのです。マサシもアキもほぼ全裸に近く、アキは肩で呼吸しマサシは、あきらかにアキの陰部に指を入れていました・・・こいつら狂ってる。

日付も変わり午前1時頃、夜勤業務中にやる気満々で3Fに上がっていく2人。一人は俺の恋人で、もう一人は俺がかわいがっている弟分。何もこの2人がこんな関係になる事無いだろう・・・この先を黙って見過ごせば大事な人間を2人いっぺんに失う、半ば判断力を失っている俺はここで止めれば元通りになれる?そう考えて2人を追わずに非常口踊り場からアキの携帯を鳴らしたのです。

アキはすぐに3Fから2Fに下りて来て、その後を追うようにマサシが怠そうに着いてきました。オレ「もしもし、家族合流したからもう終わったよ」アキ「本当?どうだった」←オレは状況を簡潔に報告。

オレ「今、○○病院だけど、疲れたから帰るかも・・・どうしようか?」アキ「OK。気を付けて帰ってねー」←かなりあっさりと。オレ「うっ、うん。マサシは何してるの?」

アキ「マサシ?あー今上に上がってきてお菓子食べてるよ?」↑おれが館内をのぞき込むとマサシはアキの隣で自分の口を押さえながらアキを指さして笑ってた。オレ「そうなの?チョットマサシを電話口に出してよ。」

アキ「うん待って。(マサシー翔太さんから電話ー)」マサシ「あーどうもお疲れ様です。このまま帰っちゃうんですか?」オレ「うん。少し疲れたから帰るわ、お前はまじめにやってるか?」

マサシ「やってますよ。明日おれがどんだけ頑張ったかアキさんに聞いて下さいヨ」↑再度館内をのぞき込むと、オレとの会話中にマサシがアキの頭を押さえ込んで膝まづかせている。そんな2人のシルエットだけは確認できました。そしてアキはあきらかに自主的にパイズリを始めたのです・・・

なんとか、マサシに間接的な警告を発しようと会話を続けましたが、アキがマサシのアレを口に含み出したので限界に達しました。オレ「あっそうだ忘れ物してた。アキに代わって。」マサシ「えっ?はいはい、じゃ代わります」

オレ「3Fに忘れ物したから取りいくわ、15分くらいで戻るから」アキ「うっ、うん。今日じゃなきゃダメなの?」オレ「今日じゃないと取り返しつか無くなるから」←心の叫びでした。

電話を切ると2人は何か話しをしましたが、急に3Fに向かって走り出しました。オレは非常口を使って、3Fに上がると、わずか数秒しか経過していないのに、アキはオレのデスクに上半身をあずけて、立ちバックの姿勢でマサシの激しいピストン攻撃を受けていました。おいおい・・・そんなにやりたかったのかヨ?この短時間でコンドームしたのかヨ?アキ、バックは痛いから嫌いなんじゃ無いの?お前等、20分後にオレと平然と顔を合わせられるのかよ?意外と冷静でした。

そうです・・・もしオレがホーム向かっている20分弱の時間でヤルくらいならもう完全に吹っ切ってやる。そう決心していたから・・・この時点でオレは復讐心と激しい憤りから、「最後まで見届けてやると」思い、テラスつたいに2人の死角で声が聞こえる所まで忍びよったのです。古い社員寮を改築した建物の窓から、2人の声にもならない喘ぎが聞こえました。

アキは大きな胸を自ら鷲掴みにして、後ろを振り返るようにマサシの顔を見つめていました。マサシはアキを完全に征服したかのように激しく腰を打ち付けて、薄ら笑いを浮かべていました。マサシ「ねー何分経った?」アキ「もうすぐ帰ってくるかなぁ?」

マサシ「ヤバイよ、明日ラブホで続きゆっくりしてやるから、とりあえずオレのこと逝かせてよ」アキ「うん。じゃー私が上に乗るよ。私の腰使い凄いから(笑)」オレの内心「そうなの知らなかったヨ・・・」

そして、事もあろうにオレのデスクの上にマサシは仰向けになり、アキは舌舐めづりし、自分でマサシのアソコを掴んで騎乗位で挿入しました。アキはいわゆる、M字開脚の姿勢で自分の腰を激しく上下させました。マサシはよっぽど気持ちいいのでしょう、力一杯アキの尻の肉を掴みながら「うぉーぐふ〜逝っていい?これ最高・・・」と情けない声を出したのです。

アキは、マサシの片方の手を自分の胸に誘導しながら、「待って、もっと凄いのするからもう少し我慢して・・・でも逝きそうになったら言ってね〜」そして腰を前後に大きくスライドさせました・・・

その動きは想像を超えて、滑らかで素早く淫乱なものでした。アキがフィニッシュモードに入るとすぐにマサシは、「ダメダメ逝く。中でいいの?」かなりの大声を発し、アキはその声を聞くと素早く自分の腰を上げて、足を大きく広げたまま(不良座りって言うの?)片手でマサシアレをしごきながらジュルジュルと音をさせながらくわえ込みました。「あー逝く〜気持ちいい〜」マサシの声とアキが搾り取るマサシの精子の音がベランダまで聞こえてきました。

その後2人は何事もなかったように、無言で服を着だしました。オレは2人を失ったことを実感しつつ、スロープを降りて1Fに行きました。1Fの非常口から帰ろうとすると、非常ドアの前にお年寄りが一人立っていました。

オレは非常口から中に入ると、館内で迷子になっているお年寄りを部屋まで案内して布団を掛けて、吸い飲みで唇を潤しました。「お休みなさい」そういうと「今夜は少し冷えるね〜あんたも早く休みなさい」痴呆性高齢者の笑顔にはいつも救われます。

オレがナースコールを鳴らすと、少し息を乱したアキが応答しました。アキ「○○様。どうしましたか?」←いつもの優しいアキの声でしたオレ「○号室の○○様に毛布を届けてあげて」アキ「えっ、何?翔太?もう戻ってきたの?」

オレ「あー。今、おまえらの顔みたら間違いなくブチ切れるから5分後に入室して・・・オレは帰るから。」マサシ「えっ何ですか?どうしたんですか?」オレ「お前等2人、自主退社扱いにしてやるから、明日辞表もってこい。」

アキ「何で、どうし?怒ってるの?今すぐ降りるから待ってて」オレ「オレのデスク片づけて磨いていからな・・・」そして、階段を駆け下りてくる足音を聞きながらオレはホームを後にしました。

この後日、アキは粘り強くオレとのやり直しを希望しましたが、それは無理な話で・・・マサシとタッグで言い訳しに来たときはさすがに切れて、警察沙汰になったり、アキの家族が出てきたりで、災難続きで落ち着きませんが、オレ的には終わった話しとしてここに報告するに至りました。そして今、この惨劇が起きたホームに2人の姿は無く、もう二度と職場恋愛なんてしないと固く誓うバカなオレだけが残っているのさ・・・
マジですっきりしたのです。その夜の電話・・・電話は着歴履歴全てアキになってて、メールも30通くらい入ってましたが全て無視。

家にも電話が入りましたが電話線抜いて車で寝ました。翌朝あったときの感じ・・・翌日は2人の顔を見たくないので午後出勤しましが、アキは目を真っ赤にして職場の駐車場で待機してました。

アキ「チョット話しだけ聞いて。」オレ「辞表出した?」アキ「まだだけど・・・出すから最後に話したいことがあるの。」

オレ「オレは話す事無いから、あの坊主と一緒に辞表出して消えてくれ」そして、そのままホームに入ってアキの追跡を避けるかのようにお年寄りの輪に交ざったのでした。アキは夜勤明けなのにオレが退勤する21時頃まで駐車場に待機してました。仕事終えたオレは座り込んでいるアキの正面に土下座して「オレの最後のお願いだから消えて下さい。お願いします。」

そう言うとアキは崩れるように泣き出し、オレも軽く泣きながら帰りました。 みんなあんがとね。その後は良くある話しで、おせっかいな共通の友達がアキが拒食症になったとか、マサシがトチ来るって地元の友達を引き連れて来襲したり、アキ両親が妊娠がどうとかこうとか・・・まるでオレが加害者みたいな扱いなのさ。

補足ですが浮気当夜にオレが現場にいた事は当日のナースコール時点でアキは理解してます。従って、「やってない=おとぼけ言い訳」は一切ありませんでした。アキの主な言い分は「私は病気で翔太と付き合う事でこの性格を治療してた。」と開き直ったかのような言い訳でした。

2 COMMENTS

コメントを残す