スーパー銭湯のマッサージで元カノにイかされた話

ぴゅあらば

俺のよく行くスーパー銭湯で<昔付き合ってた彼女(瞳)>が働いてた。ちなみに松島奈○子似。「あれ?みっちゃん?何やってんの?」

「そりゃ、俺のセリフだ、瞳はなにやってんだ?」「あたしは、仕事。マッサージの資格取ったの。やる?今日は空いてるし割り引くよ」「おお、じゃあ風呂でたら行くよ」

俺たちは後腐れのない別れをしたので、久々にあったが普通に話せた。俺は風呂に30分ほど<つかり>、一服した後に浴衣を着てマッサージ室に入った。そこは6畳ほどの個室になっていて、女のマッサージ師が二人。まだ見習いみたいで若かった。練習がてら来ているのだろう。二人とも21くらいか?俺はそう思いながら瞳を探したが見当たらない。俺の他に客はいないみたいだ。キョロキョロしていると美乳の女が俺に寄ってくる。女の格好はチャイニーズ服風だった。短めなのがそそる。

「こんにちは、それじゃあうつ伏せになってください。中国式は始めてですか?痛かったらいってくださいね」俺は言われたとおりにうつ伏せになった。女は俺のふくらはぎ辺りに腰を軽く下ろし、俺の腰を揉み始めた。「んっ」

結構力強い・・そして背中、肩と順番に揉んでくる。女はその体制から俺の腕を揉むために背中に上半身をつけてきた。胸が当たり息遣いが聞こえる。「んっ、はあ、どうですかっ、気持ちいいですか?んっんっ」「んっ、あっ、はい」

俺は別の部分も気持ちよくなっていた。それが終わると今度は仰向けになってくれと言われた。俺は半立ち状態になっていたので、ちょっと<やべー>とか思ったが、戸惑っていると余計に恥ずかしいので意を決して仰向けになり目を閉じた。恥ずかしいので絶対に目は開けない、と誓った。

今度は女の子は足首の近くに座った。このお尻が軽く乗ってる状態、お尻の柔らかさが気持ちいい。仰向けになった俺の上半身を、手のひらで揉んできて乳首の周りを円を描くようにそっとさすったり揉んだり・・徐々に下半身に手が移動してくる。やばいと思った。俺は脚の付け根が弱い。女の手が太ももを揉む。「んっ」俺は声が出てしまった。恥ずかしくなり腕で目を隠す。女のその手が徐々に足の付け根にきた。

「はあはあ・・」すげえ、くすぐったいような気持ちいいような・・頭がボーっとしてきた。この時点で完全勃起!すげえ恥ずかしい。女が気づいていない分けがない。女は俺の息子に触れないように息子の周りを揉んだ。それがまた焦らしのようで気持ちよすぎる。他に客がいないのがせめてもの救いだ。「んんー」

時折、俺は声を漏らしてしまう。その時・・、女の手が息子に軽く触れた。「あっ、んー」俺は女のような声を漏らしてしまった。女は一瞬、手の動きが止まったが構わずに息子の周りを擦っている。

「ああー、やばい」ついに俺は声をはっきりだして目を開けた。するとそこにいたのは瞳・・「あれ?」

「へへー」周りを見渡すと誰もいない。「おまえ何やってんの?」

「何って?マッサージだよ、ほら」そういうと瞳は息子を細い指で包み擦ってきた。「んー、やばいやばい」

「えー、感じてるのー?」瞳はわざとらしく聞いてきた。「おまえ・・」

「ほらー」瞳はさらに激しくこすってきた。「だめだー我慢できない」俺は上半身を起こし瞳の肩を引き寄せキスをした。・・激しく。「んっんっ」

「あー、気持ちいい」「んっ、駄目だよ、こんなとこで」「おまえが火をつけたんだろ」

「だーめっ」そう言い瞳は俺をまた寝かせた。「久しぶりだね、キスするの」

「はは」「ねえ、逝っていいからね」そう言うと、瞳は俺の<はだけた浴衣>をめくりパンツの隙間から息子をだし咥えた。

「おおおー、はあはあ」「どう?」「すげえよ、すげえ気持ちいい」

「でしょー」「こんなとこでしてくれるなんてっ、はあ、うおっ、んーーーー、駄目だ、いくっ、いくっ」「んっんーーーいいよ、いってー」

瞳は息子から口を離し、業務用のローションを息子につけた。「うわ」ひんやりした感触が俺の息子を襲う。

「いいでしょう、これ」「ああ、すごい」そういうと瞳は激しく息子を擦った。

「あっ、あっ、いくっ、うっうっ、あーーーー」ぴゅっ!「はあはあ」「どうでした?うちのマッサージは?」

「すごかったです・・w」「ははは」瞳は立ち上がった。

「いいよー、でておいでー」「えっ?」瞳が声をかけると、最初にいた女二人がカーテンの奥からでてきた。

「どうだった?」「すごかったです」「何、何?」

俺は状況が分からない。「彼女たちにね、あなたの事、昔の彼氏だっていったら逝くところみたいっていいだしたの。だから、ねw、サービス」「・・・ったく」

俺は股間を隠しながら言った。「じゃあ、彼女たちに抜いて貰いたかったな」俺がそういうと「いいんですか?w」

美乳の彼女が言った。相当興味あるみたいだ。「もちろんだよ。今日はあれだから、今度来たときにしてくれるかな」「はーい」

彼女は嬉しそうに答えた。「まったく・・」瞳はちょっと寂しそうに言い俺の股間を引っぱたいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 912記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。